2018年最新!おすすめクレカランキング→

ワンランク上のデビット!「楽天銀行ゴールドデビットカード」とは?

クレジットカードにはゴールドカードやプラチナカードなど、一般的なプロパーカードのワンランク上のカードが存在します。デビットカードの場合は唯一「楽天銀行」だけでゴールドカードのデビットカードがリリースされています。それ以外のデビットカードはすべて一般クラスのデビットカードとなります。

一般カードとゴールドカードの違い

最初にクレジットカードにおける一般カードとゴールドカードの主な違いを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

①年会費や特典の違い

クレジットカードで一般カードとゴールドカードでは何が違うのかと言うと、これは主に年会費や特典の違いがあります。
一般カードでは割引を受けることができない場合でも、ゴールドカードになると様々なお店で割引を受けられるようになることがあります。また、保険の補償額が高額になったり、旅行に向けて空港ラウンジサービスを利用できるなど、いろんなサービスが用意されていることがゴールドカードの魅力です。
一部年会費が無料のゴールドカードがありますが、基本的に一般カードよりもゴールドカードの方が年会費が高い傾向があります。

②ワンランク上は審査も厳しい

ゴールドカードは高所得者向けに作られていることから、一般カードよりも審査が厳しいことも特徴です。プラチナカードになるとさらに審査基準が高くなり、インビテーション制のクレジットカードにおいても同様です。
ゴールドカードからは審査が難しくなることからレア度が高くなります。要するに年収等において一定基準を満たせる人でなければ所持することができないため、自分のステータスの証明としても求める人が多いのが特長です。

デビットゴールドカードの内容

上記のクレジットカードにおける一般とゴールドの違いを参考にしながら、デビットゴールドカードの内容をチェックしてみてください。

①年会費は3086円

「楽天銀行ゴールドデビットカード」の年会費は3086円(税込)です。他のデビットカードの年会費はいくらほどなのか?
答えは大体1000円前後です。年会費が無料のデビットカードもたくさんあるので、それに比べるとゴールドデビットカードの年会費は少々高いです。

②ゴールドも審査は無し

クレジットカードであればゴールドカードになると審査が厳しくなっていくわけですが、デビットゴールドカードは審査がありません。申込条件をクリアできれば誰でも所持することができます。
申込資格については16歳以上から申し込めるようになっているため、未成年でも高校生以上であればデビットゴールドカードを作ることができます。

どうして審査がないのか?

デビットゴールドカードはどうして審査がないのか気になりますね。これはそもそもデビットカードの機能に理由があります。
クレジットカードはその仕組みから返済能力が非常に大きく影響してくるわけですが、デビットカードの場合は返済能力が関係ありません。
なぜなら口座から買い物した金額を即時で引き落とす仕組みなので、口座にお金がなければ使えないようになっています。そのため、返済能力に左右されることなく誰でもデビットカードを作れるというわけです。

③最大のメリットは特典

デビットゴールドカードには6つの特典が用意されています。
簡単に特典内容を紹介すると、「空港における一時荷物の預かりが15%OFF」、「特典サービスに入会すると1500ポイント贈呈」、「海外モバイルの通信料金が20%OFF」、「空港の荷物宅配が15%OFF」、「京都駅キャリーサービスが750円から300円に割引」の6つです。
他のデビットカードの内容をリサーチしても、ここまで特典内容が充実しているデビットカードは他にありません。年会費が高くなっているだけ特典のボリュームも厚くなっています。

スポンサードリンク

デビットゴールドカードは作るべき?

間違いなく他のデビットカードに比べると、楽天銀行のデビットゴールドカードはワンランク上です。しかし、必ずしもデビットゴールドカードを作る方がお得とは限りません。
まず、年会費が有料になっている時点で申し込むかどうか悩む人は多いと思います。デビットカードがゴールドカードになっても利用枠を持てるわけではありませんし、クレジットカードに近いステータスになるわけでもありません。デビットカードの機能性には変わりがないため、特典内容に魅力を感じるかどうかが決め手になります。

旅行へ行くなら便利なカード

「楽天銀行ゴールドデビットカード」の特典内容を見ると分かりますが、どちらかと言えば旅行者向けの内容ですね。
例えば、空港に関する特典や荷物の宅配割引が備わっているわけですが、これらの特典は毎日の日常で使えるサービスではありません。一般的に旅行や出張へ出かける際に恩恵を受ける特典です。そのため、旅行が好きな人や出張へ行くことが多い人にとってはメリットが高いデビットカードとなりますが、そうでなければさほど特典のメリットは感じないと思います。

意外に決め手となるのは見た目

クレジットカードにおける一般カードとゴールドカードの違いでも紹介しましたが、ワンランク上のカードというのは自分のステータスの証明でもあります。「ゴールドカード=すごい」、こうした認識を持っている人は多いのではないでしょうか?
デビットゴールドカードの見た目は名前の通り「ゴールド」です。見た目からして普通のデビットカードと何かが違うということが一目で分かり、それは他人からすると羨ましく感じます。
人によっては特典内容よりも見た目のかっこよさの方がデビットゴールドカードを作る決め手になると思います。

ポイント還元率は平均的

「楽天銀行ゴールドデビットカード」のポイント還元率は至って普通です。ポイント還元率は0.5%となっているので、他のデビットカードと大差ありません。
楽天銀行にはJCBのデビットカードもありますが、こちらのデビットカードはポイント還元率が1.0%です。デビットゴールドカードの2倍の還元率になっているので、ポイントを重視するなら「楽天銀行JCBデビットカード」の方がお得です。
こうして比較をすると、ゴールドデビットカードのメリットはやはり特典や見た目となります。上記で紹介した特典の数々やゴールドに輝く見た目、これらのポイントに魅力を感じる場合はデビットゴールドカードを選びましょう。

レア度が高いことも1つの魅力

デビットカードはいろんな銀行から発行されていますが、ゴールドデビットカードがリリースされているのは楽天銀行だけです。国内のデビットカードの中でも唯一のデビットカードとなるため、レア度が高いことも魅力の1つとなります。
今後においては他銀行でもデビットゴールドカードがリリースされる可能性がありますが、今は楽天銀行でしかデビットゴールドカードを作ることができないことを覚えておいてください。

まとめ

様々なデビットカードが発行されている中でも、ゴールドデビットカードはたった1つしかありません。その唯一のゴールドデビットカードは楽天銀行から発行されています。

インターネットから申し込むことができますし、年齢制限は16歳以上となっています。ゴールドカードなのに審査が行われないため、誰でも簡単にデビットゴールドカードを作ることができます

また、ゴールドカードならではの特典が6つ用意されているのが魅力です。しかし、ゴールドデビットカードは年会費が約3000円となっているので、少々維持費がかかってくるのがデメリットでもあります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪