2018年最新!おすすめクレカランキング→

わざわざ現金を降ろす必要なし!Jデビットカードを詳しく解説!

Jデビットカードを持っておけば、ショッピングでの際にざわざ現金を降ろす必要がありません。Jデビットカード一枚で買い物ができるようになるので便利です。
Jデビットカードとはどんなカードなのか?その詳細に迫ってみましょう。

Jデビットカードの詳細

Jデビットカードは日本のデビットカードブランドです。「日本デビットカード推進協議会」がサービスを開始しました。
Jデビットの詳細を各項目ごとにチェックしていきましょう。

Jデビットの歴史

Jデビットというのは「富士銀行」を筆頭に「NTT」や「ジェイティービー」、「ゆうちょ」や「大垣銀行」などが共同で設立した組織です。2000年より「J-Debit」という名称になってデビットカードをリリースしています。

Jデビットの仕組み

Jデビットの仕組みは「J-Debit」というブランドでその提携銀行が発行しているデビットカードです。そのため、Jデビットの申込先は提携銀行となるため、まずはここを抑えておかなければなりません。
Jデビットを作りたいならまずは、提携銀行を選ぶ必要があります。

①支払方法

Jデビットの支払方法は一括払いです。一括払い以外の支払方法を選択することができません。一括払いで即時に銀行口座から代金が引き落とされるようになっています。

②利用枠

Jデビットには利用枠がありません。ショッピングでいくらの金額を使えるのか?これは銀行口座にいくらの残高が入っているのかに寄ります。
ただし各銀行で1日の利用上限額を設定することが出来るため、その上限額に抵触しないのであれば、貯金がある限り永久的にJデビットで買い物ができます。

③利息

Jデビットはクレジットカードのように利息が発生することはありません。
そもそもクレジット機能がなく、支払いの仕組みとしては現金払いと実質同じです。通常、現金払いというのはレジでお金を渡すわけですが、Jデビットを使うと店頭で現金のやり取りをする必要がなく、口座から引き落としてもらうことができるわけです。

提携銀行は多い

現在、Jデビットを発行している銀行はかなり多いです。「ゆうちょ銀行」や「みずほ銀行」、「三菱UFJ銀行」や「三井住友銀行」、「りそな銀行」などが有名どころです。
また、各地域に点在している地銀や信用金庫、労働金庫や農協や漁協などの組合いでもJデビットを作れます。

Jデビットのデビットカードセービスを利用できる金融機関は以下のとおりです。

fireshot-capture-140-%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bc%9d%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%80j-deb_-http___www-debi
(出典:http://www.debitcard.gr.jp/about/circumstances.html

一部の銀行はJデビットを発行しつつ、独自のデビットカードもリリースしています。三菱UFJ銀行などは、その一例です。

Jデビットはキャッシュカード

Jデビットの機能は、各銀行において発行されるキャッシュカードがに搭載されるため、キャッシュカードがデビットカードとなります。キャッシュカードの表や裏に「J-Debit」のマークが付いており、このマークが付いているならJデビットの加盟店においてデビットカードを使うことができます。
申し込みや発行方法などは、各銀行で直接確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

基本的に仕組みや使い方に関してはどの銀行でJデビットを発行しても同じです。また、Jデビットのメリットについても各銀行に完全に起因することになるため、ポイントや特典などは発行元で調べる必要があります。

Jデビットの共通事項

すべてのJデビットに共通することはその仕組みや使い方です。特典内容についてはJデビットが公表している内容に限り、共通事項となります。例えば、抽選で総額500万円が当たるキャンペーンが実施されています。
これとは別として各銀行が行うキャンペーンもあるため、基本的にメリットを見出すならJデビットと各銀行の両方から情報をチェックしておく必要があります。また、特例としてJデビットの加盟店が独自に行うキャンペーンもあるため、様々状況でお得に利用できます。

年会費等は完全無料

これもすべてのJデビットに共通する内容となりますが、Jデビットは年会費が完全に無料です。また、デビットカードを使う際に手数料や利息は発生しません。維持費は完全にゼロとなるので覚えておきましょう。
もし、申込先の銀行で手数料等が発生するなら、それはJデビットに関する費用ではなくキャッシュカードの発行手数等となります。また、繰り返しになりますが、利息は絶対に発生しません。

Jデビットに国際ブランドはない

Jデビットには国際ブランドがありません。他社のデビットカードでは「VISA」や「JCB」などのブランドが付帯されていますが、Jデビットはすべてのカードにおいて国際ブランドが付帯していないので注意をしておきましょう。

国内で買い物をする場合、Jデビットの加盟店のみでデビットカードを使うことができるので「VISA」や「JCB」の加盟店であってもJデビットの加盟店でなければ使えません。また、海外においてはJデビットを使うことができません。

Jデビットは年齢制限と審査なし

Jデビットは年齢制限がないため、キャッシュカードを作れる人なら誰でも所持できるデビットカードです。また、Jデビットは審査がないためキャッシュカードを発行できるのであれば誰でも作ることができます。

Jデビットは便利であることに間違いはないが・・・

さて、ここからは実際にJデビットを使う場面を見ていきましょう。

①Jデビットを使う機会は少ない

Jデビットは使い方次第で便利であることに間違いはありません。お金を降ろす必要がありませんし、うまく使えばATM手数料を節約することもできます。
しかし、こうしたメリットはあくまでもJデビットを使って初めて享受できるものです。Jデビットは加盟店が少ないことからも、人によっては日常の生活でJデビットを使いたくても使うことができない場面が多くあると思います。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

②結局は加盟店が全てである

どれだけ工夫をしてJデビットを使おうとしても、結局はJデビットの活用シーンはJデビットの加盟店のみとなります。
これは他のデビットカードも同じなわけですが、「VISA」や「JCB」はこの点について悩む必要がありません。何故なら、日頃の生活で使うことが多いスーパーやコンビニなど、様々なジャンルのお店において多数の加盟店を持っているからです。

③オンライン決済がない

ネットショッピングでもデビットカードが使えると便利です。しかし、ネットショッピングの場合、店頭と同じようにJデビット加盟店でしか使うことができません。

また、そもそもJデビットにはオンライン決済の機能がないため、ネットショッピングで支払いをする場合は代引きのみ使えることになります。代引きだと配送業者が自宅にやって来た時に対面から暗証番号を入力することでJデビットを使えます。
オンライン上で決済を完了することはできないので、注意点として覚えておきましょう。

まとめ

上記の隅々まで目を通すと多くの人はJデビットは使えないという結論に至ると思います。確かにこれはその通りであり、どれだけメリットを列挙しても「VISA」や「JCB」など国際ブランド付きのデビットカードよりは使い勝手が悪いことは間違いありません。
しかし、提携銀行においてはキャッシュカードに自動付帯されるサービスなので、もし日頃の生活でJデビットの加盟店を利用することがあるなら、Jデビットを活用すると便利になります。
とはいえ、かなり人を選ぶ、あるいは状況を選ぶデビットカードだと言えます。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪