2018年最新!おすすめクレカランキング→

限度額は存在するの?初心者のためのデビットカード入門編

これからデビットカードを始める人にとって、「デビットカードのって上限額はあるのな?」など分からないことがたくさんあると思います。

今回はクレジットカードとの違いにスポットを当てながらデビットカード入門編を紹介します。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

デビットカードはいくらまで使えるのか?

デビットカードの「上限額」は基本的に預金口座の残高となります

まず、デビットカードを作る時に引き落とし口座が必要となり、銀行で口座を開設しなければデビットカードを使えません。
ただし、Jデビットの場合だと、デビットカードへ申し込まなくても銀行でキャッシュカードを作るだけでデビット機能が搭載される銀行もあります。

①上限額

デビットカード利用分は、即時に口座からの引き落としされます。
口座にお金が入っていることが前提のカードであり、上限額については口座の残高が上限にあたります。預金口座に10万円入っているなら10万円がデビットカードの上限額となります。

これがデビットカードの上限額に関する基本となるので覚えておきましょう。

クレカの上限額

クレジットカードの上限額は利用可能枠の範囲内となります。

クレジットカードには審査がありますが、審査によって利用可能枠が決定します。利用枠が10万円に決定された場合、10万円までならクレジットカードを使うことができます。
キャッシング枠についても同じシステムとなっています。

②銀行によって制限がある

銀行によってはデビットカードの上限に制限が設けられている場合があります。

これは銀行によって上限の制限の有無から制限額について違いがあるため、各銀行において上限額の制限を確認しておく必要があります。

クレカの制限

クレジットカードには基本的に制限がありません。利用可能枠が使える金額の上限であり、1日における制限というのは基本的にありません。

③増額というシステムは存在しない

デビットカードには増額というシステムがありません。その理由は、デビットカードには利用枠がないからです。デビットカードで使える金額を増やしたいなら、これは引き落とし口座に設定している預金口座にお金を入れれば良いだけなので簡単です。

クレカの増額

クレジットカードには利用可能枠が存在するため、もっとたくさんのお金を使いたいという場合はその枠を増額することができます。
ただし増額する場合は改めて審査を受ける必要があり、増額審査に合格できれば今以上の利用枠を持つことができます。

④海外で使う場合も同じ

「JCB」や「VISA」のデビットカードなら海外でも使うことができますが、海外でデビットカードを使う場合も利用枠や上限額については上記の通りです。そもそも利用枠が存在せず、上限額は登録している預金口座の残高となります。

国内でデビットカードを使う場合との違いとしては、海外でデビットカードを使うと事務手数料が発生します。その手数料の金額は銀行によって異なるため、これも各種銀行で確認しておく必要があります。

ただし、国内でデビットカードを使う場合は手数料は一切掛かりません

クレカも海外手数料がある

クレジットカードを海外で使う場合、利用枠については国内と同じです。海外用として利用枠が設けられているわけではありません。

手数料についてはクレジットカードも海外における事務手数料が発生します。

どのくらいの手数料が掛かるのか?
これはデビットカードと同様に各発行元によって手数料が違います。

デビットカードは現金払いと一緒

上記の項目を見ると分かりますが、デビットカードというのは現金払いと実質同じです。
現金払いとの違いは、買い物をする時に現金ではなくカードだけで支払えるという点です。必要な金額は口座から即時に引き落とされるので、クレジットカードとは仕組みが大きく異なることが分かりますね。

スポンサードリンク

デビットカードは複雑なシステムのカードではなく、キャッシュレスで買い物ができるというシンプルなカードです。

金利はあるの?

デビットカードを作るにあたり「金利」について疑問を感じる人は多いと思います。
やはり、金利があることで支払い時に利息が発生するため、ここはしっかりと内容を把握しておく必要がありますね。

①デビットカードは金利なし

デビットカードには金利はありません。金利がないので利息は絶対に掛かりません。
クレジットカード風に例えれば、「完全無利息のデビットカード」です。

また、上記で紹介したように海外でデビットカードを使う場合を除き、手数料が掛かることはありません。

クレカは金利あり

クレジットカードには金利があります。
具体的にはショッピング枠において分割払いを利用する際の手数料、そしてリボ払いを利用する際に金利がかかってきます。キャッシングの場合も金利がかかるめ、どんな返済方法を選択しても必ず利息が発生します。

クレジットカードで利息が発生しないのはショッピング枠の一括払いと2回までの分割払い、そしてボーナス払いがセオリーです。
それ以外の返済方法では何かしらの手数料や利息が発生することを覚えておきましょう。

②デビットカードは延滞行為がない

金利に関連する内容として延滞行為についても紹介しておくと、デビットカードには延滞行為がありません。むしろ、延滞行為をしようと思ってもできないカードです。
何故なら、預金口座にお金がなければデビットカードを使えないからです。

延滞行為ができないことからも信用を落とす、遅延損害金が発生する、こうしたケースが絶対にありません

クレカは延滞行為がある

クレジットカードは毎月「約定日」が設定されており、その日を境に延滞が決定します。約定日に支払いができなければ延滞行為となり、延滞行為とみなされた瞬間に遅延損害金が発生します。

また、長期的な延滞行為をすると信用をなくしてしまうので、強制的にクレジットカードを利用停止されたり解約されたりします。
ちなみに延滞行為は遅延している支払額を完済するまで継続します

どんなデビットカードもコストは年会費だけ

デビットカードのコストというのはどんな銀行でデビットカードを作っても「年会費」だけです。年会費が無料のデビットカードを選べば、コストゼロで所持できます。

金利が設定されているデビットカードはありませんし、国内において利用手数料を取られるデビットカードもありません。利用枠が設定されており後払いが可能なデビットカードも存在しません。

何を見てデビットカードを選べば良い?

どこでデビットカードを作っても基本的な仕組みは変わらないわけですが、それなら一体何を見てデビットカードを選べば良いのか迷いますね?

これは年会費を見ておくことが第一です。

次にデビットカードの国際ブランドを見ましょう。「JCB」か「VISA」か「Jデビット」、この3種類のブランドがあるので加盟店が多いブランドを選びます。

現状は「Jデビット」が最も加盟店が少なく、「JCB」と「VISA」は大差ありません。海外でデビットカードを使う場合は「VISA」の方が加盟店が多いです。

さらに言うと、ブランドを吟味しつつもポイントプログラムも見ておくと良いでしょう。

様々なポイントプログラムがある

デビットカードを使うことによって得られるメリットの1つに、ポイントプログラムがあります。各デビットカードによってキャッシュバックや独自ポイントなど、様々なポイントプログラムが搭載されています。

ポイントプログラムが搭載されている方が絶対的にお得です。次にポイントの種類によってポイントの使い道が変わるため、しっかりとポイントの種類を見ておくことが大切です。

また、好みのポイントが決まればポイント率までチェックしておけば完璧です。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード