2018年最新!おすすめクレカランキング→

カードフェイスも重要!デザインが素晴らしいデビットカード総集編

デビットカードをデザイン重視で選ぶなら、「楽天銀行VISAゴールドデビット」が真っ先に候補となります。
ゴールドに輝くデビットカードなので、他を圧倒する貫禄のデザインが魅力です。

他にデザインが素晴らしいデビットカードとしては「ソニーバンクウォレット」もおすすめです。「グリーン&ブラウン&イエロー&パープル」が虹のようになっており、とてもオシャレで珍しいデザインになっています。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

デビットカードはデザインの選択肢が少ない

クレジットカードの場合は1社でも複数のカードフェイスが用意されていることがあるため、すべてのクレジットカードを対象とした場合に非常に多くのデザインの選択肢があります。

しかし、デビットカードの場合はデザインの選択肢がかなり少ないです。

クレジットカードのサブ的な立ち位置

デビットカードは各社において、自社の顔となる商品ではありません
カードに焦点を当てた場合、やはりクレジットカードかキャッシュカードに力が入れられていることが多いです。

どちらかと言えば、クレジットカードやキャッシュカードをトップに置き、そのサブ的な立ち位置でデビットカードがリリースされている印象が強いです。

Jデビットのデザインはキャッシュカード

Jデビットは日本のデビットカードですが、Jデビットのデザインは基本的に提携銀行のキャッシュカードのデザインとなります。
みずほ銀行なら「ブルー」を基調としたみずほカラーがデビットカードのデザインとなります。

「JCB」や「VISA」に比べるとJデビットはデザインの選択肢が非常に狭く、自然とキャッシュカードのデザインがデビットカードのデザインとなるのは少し残念なところです

しかし、これは後に記述しますが、各銀行のキャッシュカードのデザインに的を絞ると「VISA」や「JCB」よりも素敵なデザインを見つけやすいことがあります

こちらもオススメ

みずほ銀行デビットカードの使い方について詳しく解説します!

VISAやJCBのデザインはクレジットカードの影響が強い

「VISA」や「JCB」のデビットカードのデザインはクレジットカードのデザインをモチーフにしているケースが多いです。

例えば、冒頭で紹介した楽天銀行VISAデビットカードも楽天銀行のクレジットゴールドカードのデザインとほとんど同じです。
また、イオンデビットカードの場合なら、イオンセレクトというイオンの代表的なクレジットカードと同じようなデザインになっています。

各社のデザインは自社のモチーフカラーを考慮している

さて、デビットカードのデザインというのは開発者の独断で好きなデザインを決めているのか?それともしっかりと細かいところまで考慮してデザインが決められているのか?
色々と疑問に感じますね。

実際、いろんなデビットカードのデザインを見ると、やはりモチーフカラーというのは考慮されているようです

セブン銀行はシルバーとグリーン

セブン銀行のデビットカードの場合、デザインはシルバーを基調としてグリーンで「セブン銀行」と中央に書かれています。
セブンのモチーフカラーは間違いなくグリーンでしょう。

イオンデビットカードはパープル

イオンデビットカードは非常にシンプルであり、パープルを前面に押し出したデザインになっています。
クレジットカードについても同様のデザインになっているので、イオンのモチーフカラーはパープルでしょう。

SMBCはミドすけ

SMBCは「ミドすけ」というモチーフキャラクターが存在します。テレビのCMでも登場しているので見たことがある人は多いと思います。
SMBCデビットカードのデザインはシルバー基調にミドすけがデザインされており、やはり見た目でSMBCが分かるように作られています。

数種類のデザインを用意している銀行

デザインを重視するなら複数ののデザインが用意されている銀行を選びたいですね?

スポンサードリンク

1つのデザインだけしか用意されていないデビットカードが多いですが、りそな銀行なら2つのデザイン三菱UFJなら3つのデザインが用意されています。

申込先によってはデザインの選択肢を持てるので、デビットカードを比較検討する際に注目してみてください。

合わせて読みたい

デザイン重視は地銀がおすすめ

上記でJデビットについて解説しましたが、デザインを重視するならJデビットを「地方銀行」で作るのがおすすめです。

地銀は非常に数が多く、口座開設の対象者も主にその都道府県に住んでいる人が対象となるので、他府県の地銀でデビットカードを作ることができません。その一方で、もしかすると自分が住んでいる地域にある地銀において素晴らしいデザインのデビットカードが見つかるかもしれません。

地銀のキャッシュカードには独特なカードがちらほらとある

地方銀行のキャッシュカードは独特なデザインがちらほらとあるので、個性的なデザインを求めるなら非常に魅力的でなカードが多いです。
青森銀行なら「aomo」キャラクターのデザインがありますし、七十七銀行ならバスケットのプロチーム「89ERS」のデザインを選べます。

各地方の顔となる独特のデザインを色々と見つけられるので、デビットカードを作る際に地銀のデビットカードについてもチェックしてみてください。

デザインでデビットカードを選ぶのはダメ?

デビットカードをデザイン重視で選ぶと失敗することもあります。
その大きな理由となるのは加盟店です。

特に注意をしておきたいのがJデビットです。上記で紹介したようにデザインを重視するならJデビットから各銀行のキャッシュカードデザインを見る方が好みのデザインを見つけやすいことがあります。

しかし、Jデビットというのは加盟店が非常に少ないので、あまりデザインばかりを重視するとデビットカードを発行しても日常生活でデビットカードを使う場面を持てないことがあります。

合わせて読みたい

Jデビットカードを持っておけば、わざわざ現金をおろす必要なし!?

加盟店が多いのはJCBとVISA

デビットカードで加盟店が多いのは「JCB」か「VISA」となります。

Jデビットと比較した場合にこれらのブランドのデビットカードを選んでおけば、使い勝手という意味において不便に感じることはありません

Jデビットを選んで各銀行のキャッシュカードデザインを取るか、それとも「JCB」や「VISA」を選んで各発行元のモチーフカラーからデビットカードを作るか悩みどころですね。

コストについても見ておく方が良い

使い勝手以外にもデビットカードのコストについても見ておきましょう。

Jデビットは加盟店が少ないですが、どの銀行でデビットカードを発行しても年会費は無料です。一方で、「JCB」と「VISA」は発行元によって年会費が必要となるので、少なからずコストについても考慮しておく方が納得できるデビットカードを見つけられると思います。

まとめ

デビットカードは各銀行によって様々なデザインが用意されています
どの銀行も自社のイメージを彷彿させるようなデザインに仕上がっているため、それを意識しながらデビットカードのデザインを見ていくと楽しめると思います。

また、素晴らしいデザイン総集編としては冒頭に紹介した「楽天銀行VISAゴールドデビット」とソニーバンクの「ソニーバンクウォレット」が非常に魅力的です。

どんなデザインのデビットカードにするのか迷った時はこれらのデビットカードのデザインをチェックしてみてはいかがでしょうか。デビットカードとしてのステータスも魅力的なので、デザインとステータスの共に素晴らしいデビットカードとなっています。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード