2018年最新!おすすめクレカランキング→

返金されない?デビットカードでキャンセルをする時の注意点とは

デビットカードでショッピングをした際に購入をキャンセルしたらどうなるのか?

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

これはみなさん疑問に思うと思いますが、安心してください。しっかりと購入代金が返金されるので心配ありません。
ただし、返金されるまでに数日から1か月ほど時間が掛かるケースがあります

デビットカードは返金できないと言われることがありますが、それは正しくはありません。商品を購入したお店において購入キャンセルが了承されているなら、絶対に返金してもらうことができます。

購入キャンセルとはどんな状況なのか?

最初にショッピングにおける「購入のキャンセル」について触れておきます。

買い物というのは自分と相手の両方が納得した上で成立します。
基本的にお金を支払ったら売買が成立することになりますが、買い物を間違えることがあります。そうした場合に購入キャンセルを行うわけです。

一度購入した商品をキャンセルできるかどうか?
これはお店によって対応が違います。

基本的にデビットカードで返金を求める場合、お店が購入キャンセルを了承しなければ返金してもらうことができません。これはネットでも店頭でも同様であり、商品を購入する場合でも何かのサービスを利用する場合でも全く同じことなので頭に入れておいてください。

①商品の取り換えは返金不可

欲しい商品ではない商品を購入してしまった場合、その対応はお店によって異なります。

基本的に商品を返品して支払った代金を返金してもらうことができるお店が多いですが、購入代金が全く同じならそのまま商品の取り換えで問題を解決できることがあります。この場合、当然ながらお店は返金を了承しているわけではないのでデビットカードで返金してもらうことはできません

②そもそも返金不可のお店の場合

いろんな理由や状況が考えられますが、買い物の失敗において落ち度が自分にある場合、お店によっては返金を了承してくれないことがあります。

例えば、すでに購入した商品を開封してしまったり、一度でも使用してしまった場合などに良くある失敗ですね。こうした場合も上記と同様にお店は返金を了承してくれないので、デビットカードの発行元にクレームを付けても絶対に返金されません。

どうしてお店の了承が必要なのか?

デビットカードで返金してもらうためには絶対にお店の了承が必要となります。

一般的にデビットカードの返金についてトラブルが発生すると、真っ先にデビットカードの発行元へ相談したりクレームを付ける人が多いです。これはデビットカードの仕組みとして全く意味がありません。

デビットカードの返金というのは、お店から返金に関するデータを受信してから返金が実行されます。そのため、買い物をしたお店が返金を了承しなければ返金に関する手続きを進めないため、どれだけデビットカードの発行元に相談をしても事が進みません。

スポンサードリンク

まずは目先のトラブルを解決するために買い物をしたお店としっかりと話を付けましょう。

お店が返金を了承した場合

ショッピングをしたお店が返金を了承している場合、その手続きが進められます。一旦、口座からショッピング代金が引き落とされていても返金の手続きが実行されることで、いずれはショッピング代金が口座に戻ってきます

その日数についてはお店の手続きの早さ、あるいはデビットカードの発行元の処理能力によるため、ひたすら待つしかありません。数日ほどで返金されることがあれば、約1か月ほど掛かることもあります。

稀にある2重引き落としはスルーしてOK

デビットカードの返金手続きにおいて、稀に2重に引き落としが実行されることがあります

例えば、5,000円の買い物をしてその金額を返金してもらうことになった場合、すでに口座から5,000円が引き落とされているわけですが、返金手続きにおいて新たに5,000円が引き落とされることがあります。

これは返金手続きの処理上のエラーなのでスルーしても問題ありません。
しっかりと5,000円×2=10,000円が返金されます。

ただ、やはり本当にきちんと返金されるのか心配になりますよね。
一応、2重引き落としが実行された場合はデビットカードの発行元へ連絡を入れておきましょう。不正使用の可能性も否定できないため、事実確認をしておく方が安心です。

デビットカードの返金はどうやるのか?

さて、肝心の返金の手続きのやり方について知っておく必要がありますが、デビットカードの返金手続きは自分でやるべきことがありません。
上記を読むと分かりますが、返金手続きというのは買い物をしたお店が購入キャンセル了承しているなら、そのお店が返金手続きをしなければなりません

店側が返金手続きをすることでデビットカードの発行元にデータが届けられます。それをデビットカード会社が確認をして返金を実行するわけです。

もし、どれだけ待っても返金されない場合は買い物をしたお店に返金手続きが進んでいるかどうかを聞いてみてください。数か月など、あまりにも時間が掛かるなら催促しても問題ありません

デビットカードでキャンセルする時の注意点

デビットカードで買い物をすると購入代金はすぐに口座から引き落とされます。これを念頭に置いておくことが何よりも大事です。

基本的にデビットカードでのキャンセルでお店との話が付いているなら、確実に返金されます。
しかし、返金されることが確定している場合でも、実際に返金されるまでに長い時間が掛かることがあるため、出来れば返金を避けたいところです

また、利用したお店や購入した商品&サービスなど、その状況によっては返金自体を拒否される可能性があるため、デビットカードの返金とは全く異なる点においてトラブルを解決しなければなりません。

違法なお店かもしれないと思ったら消費者センターなどへ相談をしてトラブルを解決してください

トラブルがどこで発生しているのかを把握すること

デビットカードの返金に関してトラブルが起こった場合、そのトラブルはどこで発生しているのかを把握することが肝心です。

要は自分とお店とデビットカード、このどれかの間でトラブルが発生するわけです。
デビットカードの仕組みとして返金についてはお店とデビットカード会社の間で処理が進むということを覚えておき、その処理を進めるためには自分とお店の間で返金について話をまとめることが必須となります。

今の状況を整理しながら、どこの問題を優先して解決しなければならないのかをしっかりと把握するように努めてください。

デビットカードの使用を拒否するお店もある

これは余談ですが、デビットカードというのは返金に関する手続きが非常に面倒です。

その仕組み上、デビットカードは即時に銀行口座からお金が引き落とされるので、支払いにミスが生じた場合は返金の手続きをしなければなりません。これは利用者にとってはクレームの発端となりますし、お店によってはそうした事態を想定してデビットカードの使用を拒否しているところもあります。

デビットカードは加盟店であれば原則、どこでも使うことができますが、それにも関わらずデビットカードを使えないお店もあることを豆知識として覚えておきましょう。

まとめ

デビットカードの返金は少々複雑な仕組みとなっていますが、もし返金してもらう必要がある場合はしっかりと購入先のお店と話を付けるようにしましょう。

ここを飛ばしてデビットカード会社に相談しても返金は実行されないので注意をしておいてください。デビットカード会社に相談をするのは購入先のお店が返金を了承してからとなります

参考記事

手ぶらで買い物!コンビニでデビットカードを使う方法とその心構え
多額の現金を持ち歩く必要なし!家電量販店ではデビットカードを使おう
カード社会アメリカでデビットカードを使う時の注意点・使用方法

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード