2018年最新!おすすめクレカランキング→

支払いのためだけじゃない!デビットカード別の特典を徹底比較

デビットカードはただ支払いのためだけのカードではありません。ポイントシステムや特典からメリットを得られるデビットカードもあります。

デビットカードを作るなら、こうした魅力溢れるデビットカードを選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

Jデビットは論外

今回はデビットカード別として、ポイントシステムや特典の魅力が高いカードを紹介しますが、最初に「Jデビット」について触れておきます。

Jデビットは日本のデビットカード推進協議会が運営するデビットカードであり、提携銀行においてカードを作ることができます。国内でしか使うことができないデビットカードですが、国内においても加盟店が少ないため使い勝手がかなり悪いです
また、ポイントシステムや特典が基本的にないため、あまりおすすめできるデビットカードではありません。

①Jデビットのポイントシステムと特典

Jデビットには全く特典がないわけではありません。
各銀行が独自にJデビットにおけるポイントシステムや特典を用意していることがあるため、しっかりと発行元の銀行を選べばお得なJデビットを見つけられることがあります。

しかし、Jデビットに共通するポイントシステムや特典は基本的にないため、発行元やJデビットの加盟店に依存する形のメリットとなります。

②オンラインショッピングで使えないのが痛い

Jデビットは加盟店が少ないため、毎日の買い物でJデビット払いができないケースが多いです。
また、店頭だけの話ではなくJデビットはオンライン決済というシステムがないことからオンラインショッピングで使うことができません

あくまでも、店頭などにおいて対面で暗証番号を入力できなければJデビットで支払うことができないことを覚えておいてください。

Jデビットはただ支払うカード

上記のような理由から、Jデビットだけはただ支払いのためだけのデビットカードとなります。
1つだけJデビットの良いところをピックアップしますと、これは年会費が無料なことです。

メインバンクを見つけて口座を開設するとき、その銀行がJデビットの提携銀行になっているなら自動でJデビットが搭載されます

必要ないならJデビットを外すことができますが、基本的に年会費が掛からないのでちょっとした便利な機能として付帯させておけば良いと思います。

合わせて読みたい

共通するデビットカードのメリット

Jデビットを除外すると国内のデビットカードの選択肢は「JCB」ブランドか「VISA」ブランドとなります。

どちらも発行元によって様々なポイントシステムや特典がありますが、デビットカードとしての共通するメリットはATM手数料の節約です

これはデビットカードの機能性を見ればすぐに理解できると思います。
買い物をするためにATMからお金を引き出す必要がない、それがデビットカードの特徴ですね。だから、JCBやVISAを選んでおけば加盟店が多いことからもATM手数料を節約できる機会が多くなります。

ATM手数料は一回の手数料は100円や200円程度ですが、回数を重ねると手数料の金額が大きくなります。長期的に見るとデビットカードを使うことでかなりATM手数料を節約することができます。

合わせて読みたい

デビットカードの特典は各社の差が大きい

カードの特典と言えば、やはりクレジットカードのインパクトが強いです。
「世界中の様々なお店で○○%の割引を受けられる」、この手の特典が充実しているのがクレジットカードです。

もちろん、特典が付帯されていないクレジットカードもありますが、全体としては何かしらの特典が備わっているカードの方が多い現状があります。
デビットカードの場合は真逆な現状があり、割引きや優待の特典が備わっていないカードの方が圧倒的に多いです。

ここでは特典有りのデビットカードを2つ紹介しておきます。

①楽天銀行ゴールドデビットカード

デビットカードで特典が充実しているカードと言えば「楽天銀行ゴールドデビットカード」です。
名前からして何かしらの特典が付帯されていることが分かりますね。

このデビットカードは旅行シーンにおいて、荷物の宅配を優待価格で利用できるなど、いくつかお得な特典が備わっています。クレジットカード並みに充実している特典ではありませんが、デビットカード界では最高峰の特典ボリュームであることは間違いありません

スポンサードリンク

特典を重視してデビットカードを選ぶなら必ずチェックしておきたいデビットカードです。

②イオンデビットカード

「イオンデビットカード」はデビットカード自体にお得な特典が付いているわけではありませんが、イオンならではの特典を活用できるのが魅力です

イオンの対象店舗でイオンデビットカードを使うとポイントが常時2倍となります。また、毎月5%割引が実施される日があるため、イオンで買い物をすることが多い人にとっては魅力的なデビットカードとなります。

イオンには同等の特典が備わっているクレジットカード「イオンセレクト」がありますが、それと同等の特典をデビットカードでも得られるというのはデビットカードとして破格な待遇でもあります

合わせて読みたい

定番の2つの付帯保険

デビットカードの特典として保険に関することも紹介しておきますと、デビットカードには「ショッピング保険」と「不正使用補償」の2つの定番の保険が付帯されていることが多いです。
割引等の特典とは異なる性質の特典ですが、安心という意味では保険料を取られることもなく無料で万が一に備えられるのは嬉しいポイントです。

この2つの付帯保険は各デビットカードによって補償額に違いがあります。年間でいくらまでの補償額を使えるのかをチェックしておきましょう

デビットカードのメリットを左右する特典はポイントシステム

ここからが本題となりますが、デビットカードのメリットを大きく左右するのはポイントシステムです。
上記のようにちらほらと割引等の特典が使えるデビットカードがありますが、かなり種類が少ないのが現状です。

ほとんどのデビットカードはポイントシステムからメリットを見極めることになるため、しっかりとポイントシステムを比較してデビットカードを選びましょう。

①ポイント率でメリットが変わる

ポイントというのはいくらの金額でどのくらいのポイントが付与されるのか?ここが重要です。
これをポイント還元率orポイント率という表現をしますが、基本的にポイント率が高いほど少ない金額でもポイントを貯められるようになるのでお得です。

②ポイントシステムの種類に注目

いくつかのデビットカードを比較すると分かりますが、それぞれのデビットカードにはどんなポイントシステムが備わっているのか違いがあります。

上記で紹介した2つのデビットカードを例にしますと、

  • 「楽天銀行ゴールドデビットカード」 → 楽天スーパーポイント
  • 「イオンデビットカード」 → ときめきポイント

です。

ポイントの種類によって交換先が変わってくることを覚えておきましょう。

楽天スーパーポイントは楽天市場など楽天の様々なサービスでポイントが使えます。ときめきポイントはイオンのときめきポイントクラブからいろんな商品と交換することができます。

ポイント率が高いデビットカード

ポイント率が高いデビットカードを見つけるためにはしっかりとポイント率を比較しなければなりません。

「面倒で比較なんてやってられない」という方のためにポイント率が優秀なデビットカードを紹介しておきます。
また、デビットカードのポイント率の平均相場は0.5%なので参考に覚えておきましょう。

楽天銀行JCBデビットカード

デビットカードの中でも最高クラスのポイント率とされているのが「楽天銀行JCBデビットカード」です。

ベースのポイント率は1.0%であり、さらに楽天市場でデビットカードを使う場合はプラス1.0%となるため2.0%からポイントを貯めることができます

イオンデビットカード

これは上記で紹介したデビットカードですが、「イオンデビットカード」はベースのポイント率が0.5%と平均的なものの、イオン対象店舗に限っては常時ポイント率が2倍となります。

要するにイオングループのお店でイオンデビットカードを使うなら1.0%からポイントを貯められるというわけです。

セブン銀行デビットカード

セブン銀行のデビットカードは「nanacoポイント」が搭載されており、ベースのポイント率は0.5%と平均的です。

しかし、セブンイレブンでデビットカードを使うと1.5%からポイントが付与されます。
このデビットカードの良いところはポイント率が高いことだけではなく、セブンイレブンという日常生活でお馴染みのお店でお得にポイントを貯められることが最大の魅力です。

合わせて読みたい

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500