2018年最新!おすすめクレカランキング→

意外とみんな使ってない?デビットカードの上手な使い方

デビットカードを使っている人は意外と少ないという現状があります。

fireshot-capture-150-http___www-global-jcb_ja_press_news_file_file_20160222-pdf

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

(出典:クレジットカードによる総合調査(JCB)

この統計からもわかるように、デビットカードの保有率は増えるどころか、年々減少して行っています。利用率も微増にとどまっています。

その大きな理由となるのはクレジットカードの普及です。

クレジットカードはカードとしての便利さだけではなく、相応した年収がなければ所持できないことからもステータスの証明というメリットもあります。
また、特典や保険が充実しているので持っているだけでお得なクレジットカードも多いですね。

fireshot-capture-173-http___www-global-jcb_ja_press_news_file_file_20160222-pdf

(出典:クレジットカードによる総合調査(JCB)

統計を見ると、デビットカードの保有率とクレジットカードの保有率を比較すると、大きな差があることがわかります。

その現状がある中、まだまだデビットカードはクレジットカードほど普及していません。しかし、デビットカードは使い方次第でクレジットカード以上に便利なカードとなります

加盟店を重視すること

デビットカードは審査がないので誰でも簡単に作ることができますが、デビットカードを選ぶ時は加盟店をしっかりと重視することが大事です。

①デビットカードの加盟店とは?

デビットカードの加盟店というのはデビットカードを使えるお店のことです。これは何で決まるのかというと「ブランド」です。

デビットカードのブランドは

  • 「Jデビット」
  • 「VISA」
  • 「JCB」

の3つがあります。

この3つのブランドのどれを選ぶのかによってデビットカードの使い勝手が変わります

Jデビット

Jデビットは日本のデビットカードですが、海外で使うことができず国内においても加盟店が非常に少ないです。

Jデビットは加盟店が少ないことからデビットカードの中で最も使い勝手が悪いデビットカードとされています。

何よりも致命的なのはコンビニで使えないことです。
また、オンライン上で決済するシステムがないので、ネット社会に適応していないデビットカードでもあります。

VISA

VISAは国際ブランドで有名ですが、VISAのデビットカードを選んでおけば使い勝手は問題ありません。これは国内の話だけではなく海外においても同じです。

VISAは世界規模で加盟店が多いため、デビットカードの中でも最も使い勝手の良いデビットカードと言えます。

JCB

JCBは日本の国際ブランドですが、国内においては多数の加盟店があります。海外においてはVISAに加盟店数が劣るため、海外でJCBのデビットカードを使う場合は少し不安があります。

それでも徐々に海外加盟店数の数を伸ばしています。

fireshot-capture-124-jcb%e3%81%ae%e5%8a%a0%e7%9b%9f%e5%ba%97-i-%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89jcb%e3%80%80%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%a7%e3%82%82%e4%be%bf

(出典:http://www.jcb.jp/index.html

国内でデビットカードを使うことが多いならJCB、海外でデビットカードを使うことが多いならVISAを選ぶのが一般的です。

スポンサードリンク

②加盟店を甘く見てはいけない

デビットカードに関しては、加盟店を重視しておかなければ、適当にデビットカードを作っても日常のショッピングシーンでデビットカードを使う機会をほとんど持てません。

ここで注意点として覚えておいて欲しいのが「Jデビット」だけは一般のデビットカードと異なるということです。

VISAとJCBのデビットカードなら、国内においてはどちらを選んでも様々なお店でデビットカードを使えるので問題ありません。
しかし、Jデビットだけはカードを使えるお店の数が極端なほどに少ないため、この点は注意をしておいてください。

合わせて読みたい

デビットカードの上手な使い方

さて、デビットカードの上手な使い方について見ていきましょう。
デビットカードを使う利点も合わせて紹介しておきます。

①加盟店を再認識しよう

デビットカードを使わない人の多くはデビットカードがどんなお店で使えるのか分からないため、それを調べるのが面倒だから使わないという人が多いです。

上記で紹介したようにデビットカードには3つのブランドがあり、JCBやVISAを選べば日頃のショッピングシーンでデビットカードは大活躍します。

クレジットカードでもVISAやJCBは有名なブランドですね?
要するにVISAやJCBのデビットカードというのはこれらのブランドのクレジットカードが使えるお店で使えるため、本当に使えるお店が多いです。

お店のレジに「JCB」や「VISA」のロゴがあるなら、そのお店でそれぞれのブランドのデビットカードを使えます。

②ATM手数料をカットしよう

買い物をする際にお財布にお金がないとATMからお金を降ろすことになりますが、デビットカードを使えばお金をおろす手間もかからないし、ATM手数料も不要です。

デビットカードは手数料が発生しませんし、利息も掛かりません。ショッピングでデビットカードを使えば、その瞬間に銀行口座から買い物代金を引き落とすことができます。

要するに銀行口座に入れている預金残高から買い物ができるというわけです。

③デビットカードはポイントも貯まる

デビットカードの上手な使い方として、ポイントが貯まることを意識しておくことも重要です。

例えば、楽天銀行のデビットカードなら「楽天スーパーポイント」が付与されます。

このように各デビットカードには様々なポイントシステムが搭載されているため、現金払いよりもデビットカードを使って支払いをするほうがポイントにおいてお得となることは覚えておきましょう。

一部、クレジットカードの並にポイント還元率が高いデビットカードもあります

④コンビニでデビットカードを使おう

デビットカードを実際に使うシーンを想定すると、これは最もデビットカードを使う機会が多いのはコンビニです。

セブンイレブンやファミリーマートなど、大手のコンビニではJCBやVISAのデビットカードを使うことができます。ちょっとした金額の買い物でもデビットカードを使うことでポイントが貯まります。

仮に年間にコンビニで5万円ほどの買い物をするなら、現金払いならそのまま5万円を支払って買い物をするだけとなりますが、デビットカードなら5万円に対するポイントを貯められるわけです。
しかも、ATM手数料を節約することにも繋がりますね。

⑤ネットショッピングでもおすすめ

コンビニの他にはネットショッピングでデビットカードを使うのもおすすめです。
ネットショッピングの場合も銀行口座からの即時引き落としとなりますし、ポイントを貯めることも可能です。

ネットショッピングでデビットカードを使う場合も、Jデビットを除いてJCBとVISAのそれぞれの加盟店でデビットカードを使うことができます

お得な使い方はポイント重視

さらに上手にデビットカードを使う方法を紹介しておきますと、デビットカードのポイントシステムによっては対象店舗でポイント率がアップすることがあります

例えば、

  • イオンデビットカードならイオンの対象店舗でポイント率2倍
  • セブンデビットカードならセブンイレブンでポイント率が0.5%から1.5%までアップする

など、こうしたお得なデビットカードの使い方があります。

ポイントシステムを重視しておくことで、さらにお得にデビットカードを使えるようになるので参考にしてみてください。日頃から愛用しているお店に強いデビットカードを見つけることが大事ですね。

合わせて読みたい

まとめ

デビットカードを知るのが面倒、これが大きな理由でデビットカードはあまり使われないカードとなっています。
デビットカードは加盟店について熟知しておくだけで、かなり使えるカードということが分かります。
Jデビットだけは使い勝手が悪いカードですが、VISAやJCBのデビットカードなら日頃のショッピングシーンでも大活躍することを覚えておいてください。

また、上手な使い方としてポイントシステムを意識しておくと、お得にデビットカードを使いこなすことができるようになります。年会費が完全に無料のデビットカードも多数あるため、自分にとって使い勝手の良いお得なデビットカードを探してみてはいかがでしょうか。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード