2018年最新!おすすめクレカランキング→

家族カードが発行できるデビットカードについて。ちばぎんデビットカードやスルガ銀行デビットカードで作れるよ。

使い過ぎの心配がないことから、徐々にその需要が高まっているデビットカード。

審査なしで15歳以上から発行できるので、多くの人に人気です。

そんなデビットカードですが、需要拡大において家族カードを備えたものも発行されています。

こちらの記事では、デビットカードの家族カードについて解説していきます。

デビットカードとはどんなカード?

まずはデビットカードとは、どのようなものなのか解説していきます。

デビットカードの漫画

クレジットカードと似た機能をもつデビットカードですが、この2つには以下のような違いがあります。

クレジットカード デビットカード
支払い 後日に銀行口座から引き落とし 即時に銀行口座から引き落とし
支払い方法 一括・分割・リボなどがある 一括のみ
審査 審査あり 審査なし
利用限度額 利用者によって異なる 口座に入っている金額

1番大きな違いとしては、クレジットカードが後払いなのに対して、デビットカードは即時引き落としだという点。

クレジットとは信頼という意味で、決められた枠内であれば後日支払ってくれるであろうという信頼関係のもと、契約を結んでいるのがクレジットカードです。

そのため利用できる枠を決めるための審査があります。

一方デビットとは英語で借方という意味で、利用した金額が即時口座から引き落とされます。

言い換えると、「デビットカードは銀行口座のお金を引き出すことなく使えるカード」ということですね。

実はデビットカードで家族カードを持つメリットは少ないかも…

カード

実は、デビットカードにおいては「家族カードを持つメリットは少ない」と言われています。

それはなぜでしょうか。

ここからはデビットカードと家族カードの関係性について、解説していきます。

デビットカードは審査なしで発行できる

理由①
デビットカードはその仕組み上、審査なしで発行できるから。

クレジットカードの場合は審査が必要なため、子供や専業主婦の人が保持することは難しいです。

しかし、デビットカードでは、子供(高校生以上)や専業主婦の人でも簡単に発行可能。

そもそもクレジットカードの家族カードは、クレジットカードをもてない家族のために、メイン利用者が家族の分も合わせて支払いためのもの。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

デビットカードは審査なしで個人個人が発行できるので、わざわざ家族カードという形態をとらなくても問題ないということですね。

デビットカードは高校生以上であれば発行できる

理由②
デビットカードは、銀行口座を持っている高校生以上であれば発行可能だから。

先程、審査がない、という点でも少し触れましたが、デビットカードは高校生から持つことができます。

自身の銀行口座に入っているお金以上に使いすぎることがないので、子供に持たせても心配がありません。

これがクレジットカードの場合だと、スマホアプリに誤って課金するといった事態が起きてしまう可能性があります。

高校生以上であれば発行できるデビットカードは、使い過ぎの面から考えても、家族カードとして発行する意味がないということです。

楽天やソニーなど人気のデビットカードに家族カードがない

理由③
人気のデビットカードには家族カードがない

こういった事情から、楽天デビットカードやソニーバンクウォレットといった、人気のデビットカードには家族カードがありません。

これらのデビットカードはクレジットカードに近いポイント還元が受けられるので、とても人気になっています。

もちろん高校生・主婦・無職の人でも作成できるので、家族カードにしなくても高校生以上であれば発行可能。

こういった事情からも、わざわざデビットカードの家族カードを作るメリットは少ないのです。

家族カードが作れるデビットカード

コーヒーとノート

メリットは少ないのですが、「家族で利用口座を一緒にしたい」などの理由から、デビットカードの家族カードがほしいという人もいると思います。

ここからはそういった人に向けて、家族カードが作れるデビットカードを紹介していきます。

ちばぎんデビットカード

はじめに紹介するのは、「ちばぎんデビットカード」です。

千葉銀行が発行しているデビットカードで、ポイント還元率0.5%とデビットカードの中では、高い数字なのが特徴です。

年会費が本会員1,350円、家族会員432円(ともに税込)かかりますが、以下のいずれかの条件を満たせば無料になります。

  1. 前年度利用額が12万円以上
  2. 携帯電話・PHSの決済がクレジットカードで行われている

千葉銀行ユーザにとってはお得な特典も多いので、千葉県在住or千葉近郊の方であればオススメのデビットカードです。

▼「ちばぎんデビットカード」について詳しくはこちら

ちばぎんにはデビットカードもある!デビットでも充実の付帯保険やポイント制度が最高。高校生から持てて便利。

ちばぎんスーパーカード(デビット)<公式サイト>

スルガ銀行デビットカード

スルガ
出典:https://www.surugabank.co.jp/surugabank/visa_debit/

続いて紹介するのは、「スルガ銀行デビットカード」です。

スルガ銀行は静岡県に本拠地を置く銀行で、神奈川県にも支店を多数出店しています。

スルガ銀行はインターネットバンクも取り扱っているため、インターネットバンクで口座を開設すれば、全国どこにいてもデビットカードが発行可能です。

利用料金の0.2%キャッシュバック機能もあるので、利用するメリットも十分にあります。

ただし家族カードの発行には、発行手数料が1枚につき540円(税込)かかるというデメリットもあるので、注意しましょう。

スポンサードリンク

▼「スルガ銀行デビットカード」について詳しくはこちら

キャッシュバックも貰える!スルガ銀行デビットカードのメリットとは

家族カードはないけど、オススメのデビットカード

アンケート

家族カードのあるデビットカードとして、ちばぎんデビットカードスルガ銀行デビットカードの2つを紹介してきました。

ただ先ほども説明したように、デビットカードの場合家族カードを持つメリットも少ないです。

ここからは、家族カードの設定はないものの誰にでもオススメできるデビットカードの紹介をしていきます。

楽天デビットカード(JCB)

楽天デビットカード
出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/jcb/

はじめに紹介するのは、「楽天デビットカード」

国際ブランドがJCBとVISAから選べますが、JCBの方が機能がいいのでオススメです。

楽天デビットカードはポイント還元率1%と、クレジットカード並のポイント還元率が何よりの魅力。

さらに楽天市場ではポイント還元率が倍になるので、どんどんポイントが貯まっていきます。

年会費も永年無料で、ポイント還元率も高いという素晴らしいデビットカードですね。

▼「楽天デビットカード(JCB)」について詳しくはこちら

ポイントがザクザク貯まる最強デビットカード2選!住信SBIネット銀行VISAデビットカードと楽天銀行JCBデビットカードがすごい。

ソニーバンクウォレット


出典:https://moneykit.net/visitor/sbw/

続いて紹介するのは、ソニー銀行が発行する「ソニーバンクウォレット」

基本ポイント還元率は0.5%と楽天デビットカードには少し劣りますが、現金で自動キャッシュバックされるというのが何よりの魅力。

キャッシュバックは1円からされるので、ポイントがムダになるということがありません。

わざわざポイントを何かに変える手間もないので、ポイント管理が面倒な人にもぴったりです。

▼「ソニーバンクウォレット」について詳しくはこちら

ソニー銀行のデビットカード「ソニーバンクウォレット(Sony Bank WALLET)」が便利!ポイント還元率も高くて最高。

GMOあおぞら銀行Visaデビット

あおぞら銀行デビットカード
出典:https://gmo-aozora.com/

2018年7月から事業を開始したGMOあおぞら銀行が発行しているのが、「GMOあおぞら銀行Visaデビット」です。

ポイント還元率が0.6%と高めで、年会費・発行手数料も無料のデビットカード。

さらにGMOのIT技術を活かした、充実したセキュリティ対策などが魅力です。

▼「GMOあおぞら銀行デビットカード」について詳しくはこちら

GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは0.6%の高還元率でキャッシュバックしてくれるのでとてもお得!セキュリティも万全。

デビットカードとあわせてKyashも発行しよう

キャッシュ
出典:https://kyash.co/

ここまでデビットカードについて解説してきましたが、あわせて紹介したいのが「Kyash」です。

Kyashは送金アプリとして登場したのですが、ポイント還元率2%という高還元率のカードを発行しました。

▼「Kyash」について詳しくはこちら

送金アプリ「Kyash」って知ってる?スマホアプリとリアルカードで快適キャッシュレス生活を。【鬼の高還元率:2%】

Kyashはカードを発行したらデビットカードとも紐づけ可能。

この時Kyash側のポイントと、デビットカードのポイント2重取りが可能です。

つまり楽天デビットカードとKyashを紐づければ、楽天のポイントが1%とKyashのポイントが2%貯まり、合計で3%ポイント還元されるということも可能になります。

デビットカードだけではもったいないので、Kyashとの併用をオススメします。

ケロンくん

Kyashのリアルカードも審査なしで発行可能だよ!

デビットカードを活用して生活をより豊かに

ここまでデビットカードと家族カードについて解説をしてきました。

デビットカードで家族カードをもつメリットは少ないですが、デビットカード自体は素晴らしい機能をもったカードです。

みなさんもデビットカードを発行して、より豊かな生活を送りましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪