今すぐクレカが必要な方は→

クレジットカード会社から知らない請求がきた?「収納代行」によるものかも。不正利用を疑う前に確認しておきたいこと。

?

カード会社から毎月送られてくる請求書。

普段あまりチェックしない人が久しぶりに内容をチェックしてみると、

「いつもはほとんど見ないけど、たまたまチェックしてみたら全然身におぼえのない先から不正請求されていた!!」

なんてことが起きてしまう場合があるかもしれませんが、そんな時は一度落ち着いて考え直してみましょう。

ひょっとしたらそれは、不正請求ではなく「収納代行」による請求かもしれませんよ。

今回はクレジットカードの請求の中に入っているかもしれない「収納代行」について、徹底解説していきます。

この記事の目次

クレジットカード会社から知らない請求がきた!!

カードとレシート

クレジットカードの請求書を確認し、見たこともない先からの請求があれば不正請求かもしれません。

不正請求であればできるだけすみやかにカード会社に連絡しなければなりません。

ですがその前に、まず落ち着いてひと呼吸おいてみましょう。

「不正請求をされてしまった!」と冷や汗をかいた場合でも、実際に9割近くは単なる勘違いでしょう。

勘違いその1.家族カードの利用分だった

家族会員がカード利用したものを本会員の利用分と見間違えてしまった場合におこる勘違いです。

カードの請求先に身に覚えがないのも当然です。

とくに上京している子供や遠方に住んでいる親に持たせた家族カードであれば、いつどんなものに使ったのかわかりません。

本会員への請求なのか、家族会員への請求なのかをもう一度落ち着いて確認してみましょう。

家族カードって何?メリットや審査・仕組みまで徹底解説。家族で便利にカードを使おう!

勘違いその2.前月の処理が遅れてやってきた

カードを利用した代金の請求は、必ずその月の請求に来るわけではありません。

利用店舗の処理方法や締日などにより、カード会社の締日とのズレが生じるため、請求が1ヶ月後にズレてしまう場合があります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

とくに月初に利用したのに締日がズレてしまうと、カードを利用して2ヶ月近くたってから請求がやって来ます。

日々カードを利用していれば、2ヶ月前一体何の支払いにカードを利用したかなど忘れてしまっていても不思議ではありません。

勘違いその3.利用金額と請求金額がちがっている

海外の商品をネットで購入したりPaypalなどを利用して決済すると、カード利用時はドル建てでの支払いになります。

そのため円建てでの請求金額は、実際にカードの請求書が届くまでは正確にわからない場合があります。

自分でその日の為替レートから請求金額を計算しても、カード会社の為替手数料が加算されるまで正確な金額はわかりません。

注意
海外取引とはいっても、ほとんどの場合は決済時に円建ての数字で請求額が表示されます。
ごくまれに現地通貨で請求金額が表示されることがあるため、こういった場合は正確な円建ての請求金額はこちらにはわかりません。

勘違いその4.請求名称がちがっている

屋号法人名は違います。

たとえばBarなどの支払いをクレジットカードで決済すると、カードの請求書には「有限会社〇〇」と書かれている場合があります。

商売は屋号をあげて行っている場合でも、クレジットカード会社との契約は法人名義で行っているケースがあります。

この場合請求書を確認するとまったく身に覚えがない会社名であったとしても、間違いなくカードで決済したBarでの飲み代の請求なのです。

勘違いその5.収納代行会社が代金の決済をしていた

店舗と顧客の間のカード決済を、収納代行会社が行っている場合があります。

有名なところでは、クロネコヤマトの決済サービス「クロネコwebコレクト」などがそうです。

カードを利用した店舗からの請求ではなくクロネコwebコレクトからの請求になるため焦りますが、間違いなく店舗で利用した代金の請求です。

収納代行会社を利用している店舗はかなり多い

不正請求と勘違いしやすい5つの例をご紹介しましたが、この中で不正請求と勘違いしてしまうのがもっとも多いのが5番目の収納代行会社の例。

収納代行会社についての詳しい説明は次章で行いますが、収納代行会社は店舗とクレジットカード会社の間に立って書類のやり取りや処理、代金回収などを行っています。

都市部はもちろんのこと、カードの利用環境が整っていない郊外の店舗や離島などの物産販売などで利用者数を伸ばしています。

注意
カードの請求を見て「不正請求かも!」と思ったらまず、収納代行会社である可能性を疑ってみましょう。

収納代行会社とは

オフィス

収納代行会社の説明をする前に、まずは以下の文章をご覧ください。

Yahoo知恵袋に寄せられた相談のひとつです。

ID非公開さん
2013/6/2121:51:22

クレジットカードに「AXES 0570-05-3636利用国NL」から毎月525円請求がありますが請求先の検討がつかず困惑しています。

もしおわかりになる方がおられましたら教えてください。

クレジットカードに「AXES 0570-05-3636利用国NL」から毎月525円請求があります。

気ままでたいして気に留めていなかったのですが
考えても請求先と利用したサービスの検討がつかず、困惑しています。

カードは楽天のものですが、この場合楽天に問い合せたら
請求会社の詳細につながるものを教えてくれるのでしょうか?

同じような経験をされた方、お分かりにになる方がおられましたら
教えていただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。
引用元:Yahoo知恵袋

これと同じような相談内容は、Yahoo知恵袋の中だけでも複数見つけることができます。

アヤシイ請求の正体とは?

クレジットカードの請求書に書かれているこの「AXES 0570-05-3636利用国NL」は、決してあやしい不正請求ではありません。

「AXES」とはAXES Payment社の略称です。

SBI(ソフトバンク・インベストメント)社のグループ会社の一員。

次に続く電話番号がその連絡先です。

AXES Payment社は収納代行サービスを行っている会社です。

収納代行サービスとは?

店舗とクレジットカード会社の間に立ってクレジットカード決済、電子マネー決済などの決済をオンライン上で一括で行えるシステムを提供しているサービスをいいます。

「決済代行」「集金代行」ともいいます。

先ほどご紹介したYahoo知恵袋の相談者は、AXES Payment社が収納代行業を行っている店舗で買い物をしたはずです。

そして、その請求がカード会社を経由して相談者の元へ届いた、という流れだったのでしょう。

「アルファベット」+「電話番号」の組み合わせでの請求は、収納代行会社からの請求である可能性が高いです。

ケロンくん

変なアルファベットと電話番号らしきものから請求されたら怖いよね。

収納代行会社のはたらき

働く人

収納代行会社は、クレジットカード決済などを導入したい会社とクレジットカード会社等の間に立って、カード決済サービスを提供しています。

店側としては、出来るだけ多くの種類のクレジットカードを決済することができる決済システムを導入することで顧客の取りこぼしをなくしたいと考えます。

しかしすべてのクレジットカードの加盟店になると、それぞれの管理や手間が大変です。

おまけにカードによって締日や入金日もことなるため、資金繰りも悪化してしまいます。

「できるだけ多くのカードで決済できるようにしたい」

「でも手間やひまはかけられないし、資金繰りが悪化するのも困る」

この二つを解消するために、店舗とカード会社の間に入っているのが収納代行会社なのです。

カード会社との契約

カード決済システムを導入する際に、各カード会社と個別で契約する場合と収納代行会社をはさんで行う場合とでは以下のような違いがあります。

  • 各カード会社と個別で契約する場合・・・カード会社1社ごとに審査・契約をする。手続きが煩雑。
  • 収納代行会社をはさんで行う場合・・・収納代行会社が代理申請するため、最低限の事項を記載するだけの書類を1セット作るだけで完了。

クレジットカード会社の加盟店になるためには厳しい審査を通過しなければならなりません。

スタートアップしたばかりの企業にはハードルが高い場合があります。

また書類や個人情報の管理、求められるセキュリティの高さもハードルを上げる原因です。

ポイント!
収納代行会社に依頼する場合、収納代理会社の与信能力に助けてもらえるため比較的簡単にカード決済を利用することができます。

カード決済のシステム

次に実際に複数のクレジットカード決済を行う場合、各カード会社と個別で契約する場合と収納代行会社をはさんで行う場合とでは以下のような違いがあります。

  • 各カード会社と個別で契約する場合・・・カード会社ごとにそれぞれの端末・システムを用意し、接続する必要がある。
  • 収納代行会社をはさんで行う場合・・・システムは収納代行会社のものだけを導入するだけでOK。

入金の管理

カード利用者が決済した金額が入金される場合、各カード会社と個別で契約する場合と収納代行会社を間にはさんで行う場合とでは以下のような違いがあります。

  • 各カード会社と個別で契約する場合・・・締日も入金日もクレジットカード会社ごとに異なる。
  • 収納代行会社をはさんで行う場合・・・カード利用者がどのカードを使って決済したとしても、締日や入金日は収納代行会社1社だけの締日・入金日となる。
ポイント!
入出金の管理は会社のキャッシュフローを管理する上でもっとも重要なものです。
収納代行会社が間に入れば、入金金額の把握が簡単なため資金繰り表を作成するのも簡単です。

もし収納代行会社がなかったら

もし収納代行会社がなかったら、各クレジットカード会社とそれぞれ直接契約を結ばなければカード決済はできません。

おまけにクレジットカード情報を取り扱うためには、高度なセキュリティシステムを構築しなければなりません。

それらを維持管理するためには、莫大な時間やコストが必要となるため、カード決済ができる店舗はごく一部に限られてしまうでしょう。

ポイント!
収納代行会社がもしなければ、クレジットカード決済を導入している店舗の負担が増えるため、今ほどあちこちでカード決済できる店舗が増えることはなかったでしょう。

意外と聞いたことがあるかも!?実はあそこも収納代行会社

ノート

「収納代行会社」という言葉には耳馴染みがなくても、意外と聞いたことのある会社が実は収納代行会社だったりします。

たとえば以下の会社が収納代行業務(もしくはそれに類似したもの)を行っています。

ヤマトクレジットファイナンス

ヤマト
出典:ヤマトクレジットファイナンス(公式サイト)

宅急便で有名なクロネコヤマト。

もともと着払いなどの業務を行っていましたが、今では内容を拡大し、収納代行業務も行っています。

面倒な請求関連の業務を一任できるうえ、売掛金を保証してくれる「クロネコ掛け払い」のサービスなどが有名です。

Square(スクエア)

square
出典:square(公式サイト)

スマホやタブレットなどのマルチデバイスに対応しており、カードリーダーとアプリさえあればどこでもカード決済を受けることができます。

最短で翌日には入金されるので、入金サイクルを早く回すことが可能です。

ポイント!
iPadにカードリーダーを接続し、クレジットカード決済を可能にしている収納代行会社です。
最近急激に数を増やしており、街角でもよく見るようになりました。

Paypal(ペイパル)

アプリ ペイパル
出典:paypal(公式サイト)

個人的に利用している方も多いPaypalですが、実は収納代行業務も行っています。

業界最高レベルの堅牢なセキュリティシステムが有名です。

決済システムを導入するためのアカウント登録からサービスの開始まですべてをオンライン上で完結することができるため、大変便利です。

そのため世界中で利用されています。

Paypal(ペイパル)なら国内外のクレジットカード支払決済・海外送金まで安心安全・簡単にできちゃう!さらに手数料も節約できて便利でお得なサービスです!

LINE Pay(ラインペイ)


出典:LINEpay(公式サイト)

みんさんご存知のLINEが行っている決済サービス「LINE Pay」です。

LINE PayはLINE上で行う決済手段で、料金支払時にLINE Payのパスワードを入力するだけで簡単に決済することができます。

また月額100万円までは決済手数料が無料なので、事業を立ち上げたばかりで売り上げの安定しない会社などにはとくに好評です。

LINE Payなら毎回クレジットカード情報の入力する必要なし!飲み会幹事もこれならラクラク。今ならポイント上乗せキャンペーン中。

ポイント!
「収納代行会社」と聞くと縁遠いように思えますが、実際は私たちの生活とかなり密接に関わっている、聞き覚えのある会社が多いですね。

収納代行のメリット

メリット

収納代行会社を間にはさむことにより、顧客はもちろんのこと店舗も、収納代行会社にもメリットが発生します。それらをもう少し深く掘り下げてみましょう。

利用者のメリット

収納代行会社は多くの種類のクレジットカード決済に対応しています。

そのため利用者がどのようなカードを店側に提示したとしても、ほぼすべてのクレジットカードで決済することが可能です。

どのカードが使えるのかを気にすることなく利用できますし、高額な支払をする場合でもいちいち現金を持ち歩かなくてもよいため、安心できます。

店側のメリット

利用できるカードの種類が限られている場合、それ以外のカードを利用している利用者を取りこぼす可能性があります。

収納代行が間に入っているとそのような機会損失はおこりません。

またクレジットカード会社と直接契約を結ぶわけではないため、自力で高度なセキュリティシステムを導入する必要もありません。

書類の処理や手間の煩雑さから解放されます。

ポイント!
収納代行会社が間に入っていれば、締日と入金日を統一することができるため資金繰りが楽です。

収納代行業者のメリット

店舗と利用者の間に立つことにより、手数料収入を得ることができます。

店舗側に一度導入してもらいさえすれば、長期的・安定的に収入を得ることができます。

収納代行のデメリット

チェック

では次に、収納代行のデメリットについてです。

収納代行のデメリットについて見てみましょう。

利用者のデメリット

店舗との間に収納代行業者が入ると、その手数料は最終的に店舗で取り扱う商品の価格に転嫁されることが考えられます。

そのため、利用者が支払う商品の金額が高くなってしまう可能性があります。
※直接的に決済手数料を利用者が支払うことはありません。

店側のデメリット

収納代行業者に対して手数料を支払わなければならないため、コストアップによる価格上昇をせざるを得ない場合があります。

それでもどこからの請求かわからない場合

PCとカード

クレジットカード会社からの請求の中に知らない先が入ってビックリ。あれこれ可能性を考えて調べてみたけどやっぱりわからない。

こんな場合には次のことを試してみましょう。

請求金額をメール検索してみよう

何の請求なのかわからないものがある場合、その金額をメール検索にかけてみましょう。

ネット通販を利用した買い物は、ほとんどの場合メールで注文内容の案内メールが送られてきます。

請求先が不明のものでも、ネットを利用した買い物であれば、請求金額をメール検索にかければヒットする可能性が高いです。

クレジットカードの明細に書かれている番号に電話してみよう

収納代行業者からの請求の場合、クレジットカードの明細に電話番号が書かれていることがあります。

電話番号を検索エンジンにかけると何かしらの情報が得られます。

怪しい番号でないことを確認したら問い合わせてみましょう。

カード会社に連絡してみよう

それでもわからない場合は、カード会社に電話してみましょう。

カード会社に電話しても何に対する請求なのかはわかりませんが、不正請求をされている可能性もあるため、とりあえず連絡しておかなければなりません。

クレジットカードには保険がついているので、万が一の場合でも安心

保険

「あらゆる可能性を考えてみたけど、やっぱり不正請求だった。」

こんな場合でも、あわてる必要はありません。

なぜならクレジットカードには保険がついているからです。

いざという時に保険が適用されないような事態を防ぐために、どのような場合には保険が適用されないのかを確認してみましょう。

紛失・盗難保険が適用されない条件とは

クレジットカードにあらかじめ付帯されている紛失・盗難保険は、どのような場合に適用されないのでしょうか。

以下に代表的な例をまとめてみました。

1,契約者に重大な過失が認められた場合

カードの契約者本人に重大な過失があると認められた場合、紛失や盗難により不正利用されたとしても保険の適用外となります。

契約者側の重大な過失にはさまざまなものがありますが、もっとも多いのが暗証番号に関する過失です。

クレジットカード会社は、生年月日や自宅の住所などの類推されやすい暗証番号にしないように常に警告しています。

それにも関わらず、生年月日など暗証番号にしていた場合で、かつ、暗証番号を推測させるもの(たとえば免許証や保険証など)とともに携行していた場合は要注意です。

契約者に重大な過失があると判断される可能性があります。

それ以外にも、他人にカードを貸した場合やカード裏面に署名がしていない場合なども、契約者に重大な過失があると判断されてしまいます。

ケロンくん

とにかく暗証番号を誕生日にするのだけは避けよう!

クレジットカードが届いたらまずは裏面にペンでサインをしよう。裏署名の書き方とポイント!

2,カード会社に届け出をした時点で不正利用されたのが61日以上前だった場合

カード会社の盗難保険が適用される期間は、カード会社に不正利用を連絡した日から60日以前までの期間と定められています。

そのため不正利用に気が付いてカード会社に連絡したのが61日目以降であれば、残念ながら紛失・盗難保険が適用されることはありません。

被害額のすべてをカード利用者が負担しなければなりません。

注意
支払金額が毎月定額リボ払いなどの場合、請求金額が変わらないため気が付きにくくなってしまいます。
どのような場合でも必ず明細のチェックはしましょう!

3,その他のケース

  • 警察に被害届を提出していない
  • カード会社に提出した書類そのものに不備があった
  • 地震などの災害や戦争などに起因する不正利用

などの場合には、紛失・盗難保険が適用されません。

クレジットカードを不正利用された時にやるべきこと

コールセンター

クレジットカードを不正利用されたことがわかったら、すぐにやるべきことがいくつかあります。

それをまとめてみました。

クレジットカード会社に連絡する

カードが紛失・盗難されたらされた時に、不正利用されたらそれがわかった時に、すみやかにクレジットカード会社に連絡しなければなりません。

カードの利用を停止してもらい、再発行の手続きなどもしなければなりません。

不正利用から60日を超えるとカードに付帯されている紛失・盗難保険も適用されなくなってしまうため、とにかくまず連絡してください。

ケロンくん

それ以外にも、今後やるべきことなどを細かく指示してくれるから安心だよ!

警察に届け出を出す

紛失もしくは盗難の場合は、必ず警察に届け出を出しておきましょう。

とくに海外での紛失や盗難の場合、帰国してしまったら現地警察に届けることが出来なくなってしまいます。

そのため必ずその場で盗難(紛失)証明書を発行してもらいましょう。

引き落とせない引き落とし先に必ず連絡しておく

カードが不正利用されたり、紛失(もしくは盗難)など場合にはカードの利用が停止されてしまいます。

その後新しいカードが発行されますが、カード番号が変わるため、今までカード引き落としにしていたものの手続きをすべてやり直さなくてはなりません。

前のカードで引き落とされる予定だったものは翌月の引き落としが一切できなくなるため、引き落とせない引き落とし先には必ず連絡し、指示を仰いでください。

注意
万が一連絡しないでそのままにしておくと、最悪の場合金融事故や社内ブラックになってしまいます。
こうなるとクレジットカードの再発行すら厳しくなるため、絶対にさけてください。

不正利用を防ぐための対策法

本

最後に不正利用を防ぐための対策法をまとめてみます。

カード利用時の控えは必ず残す

店舗などでクレジットカードを利用した時は、サインをした後で金額の書かれた控えを必ずもらいます。

その明細は必ず残しておきましょう。

カード会社の請求書と必ず付け合せる

カード会社から請求書が届いたら、手元の控えと必ず付け合せましょう。

これだけで、大抵の不正請求を防ぐことはできます。

ポイント!
請求書は紙媒体でなく、できればweb明細にすることをオススメします。
web明細であれば利用してから確認するまでのタイムロスが短いです。

クレジットカードを作り過ぎない

クレジットカードを作りすぎると、盗難や紛失してしまっていても気が付かない場合があります。

そういった事態を防ぐために、カードを作るのは3枚程度までに抑えておきましょう。

【ミニマリストにもオススメ】クレジットカードの枚数、5枚以上は減らした方がいいかも。断捨離(解約)してスッキリする方法。

サブカードを作っておく

すべての引き落としをメインカード1本にまとめておくと、何かあった場合に引き落とし手続きをやりなおすのが大変です。

電気・水道・電話・家賃などの生活インフラ系をメインカードでの引き落としにし、それ以外の飲食代・ネット通販代・ガソリン代などはサブカードでの引き落としにしておきましょう。

2枚に分けておけば、万が一何かあった場合でもリスクヘッジすることができます。

REX(レックス)カード

レックスカード

REXカードは年会費無料です。

ポイント還元率が非常に高く1.25%還元です。

海外旅行保険も無料で付帯しておりとても使いやすいカードです。

REXカード(レックスカード)

REXカード<公式サイト>

JCB CARD W

JCB CARD Wは国際ブランドJCBのプロパーカード「JCB ORIGINAL SERIES」のなかの1枚です。

JCB CARD Wは年会費無料で、18歳以上39歳以下の方限定のカードですが、一度発行してしまえば40歳以降も続けて持てます。

ポイントは、通常のJCBプロパーカードの2倍、【1,000円につき2ポイント】が貯まります。

貯まったポイントはさまざまな商品や他のポイント、マイルに1ポイント=3円~5円相当で交換できるので、基本の還元率は0.6%~1.0%です。

また、セブン-イレブンやスターバックス、Amazonなど多くの優待店でポイント還元率がアップするので、お得にポイントが貯まります。

JCB CARD Wで得する特約店はここ!スターバックス・Amazon・セブンイレブンで還元率が最大10倍!

JCB CARD Wの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
還元率
(4.5)
メインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

JCB CARD W<公式サイト>

dカード

dカード

dカードは年会費永年無料です。

dカードはどこでも【100円につき1ポイント】の1.0%還元という、隠れた高還元率カードです。

たとえばローソンでは合計で還元率5.0%にもなるので非常にお得です。

【2019年最新】「dカード」の申し込み資格・審査基準・全種類まとめ。最短5分で審査完了!?否決の場合は?d払いとは?

dカード<公式サイト>

まとめ

クレジットカード会社からの請求書にまったく見覚えのない先からの請求があると、本当にビックリします。

ただし大抵の場合は収納代行会社からの請求であることがほとんどです。

収納代行会社は私たちの生活と大変深くかかわっており、そのお蔭でクレジットカードの利便性を享受することができています。

ただし身に覚えのない請求のすべてが、収納代行会社というわけではありません。

本当に不正請求である可能性もあるため、万が一の場合には適切に対処し、また日々の生活の中でも不正請求を防ぐための注意はし続けなくてはなりません。

REXカード

あまり知名度がありませんが、年会費無料・保険もついて1.25~1.75%の超高還元率カード。ネットショッピングが好きな人にオススメ。

入会特典最大5,000円相当Jデポポイント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.25% 1.75%
発行スピード(最短)
~1週間
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)○(利用付帯)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

入会特典最大13,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 3.5%
発行スピード(最短)
~3営業日
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

新規入会限定!ポイント4倍キャンペーン

dカード

年会費無料・ローソンで最大5%還元。ドコモでスマホ契約しているとさらにお得に。ローソン&ドコモユーザーは持ちましょう!

入会特典入会&エントリー&利用で最大9,000円相当ポイント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 5.0%
発行スピード(最短)
1週間以上
  • 保険(海外旅行)-(付帯なし)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

ケロンくん

ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


※クリックだけで完了します!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 マイルが貯まりやすいアメックス
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪