2018年最新!おすすめクレカランキング→

ダイレクトデビットカードとは?クレジットカードとの違いは何?

ダイレクトデビットカードは日本でいうデビットカードすべてが該当します。

ダイレクトデビットカードという言葉の意味はデビットカードの決済システムのことであり、デビットカードの特徴でもある銀行口座からの即時決済を意味しています

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

クレジットカードと何が違うのか?
ここにスポットを当てながらデビットカードを解説していくので、参考にチェックしてみてください。

デビットカードの決済システム

デビットカードの決済システムはダイレクトデビットカードですが、どんなショッピングシーンでデビットカードを使っても即時に登録した銀行口座からお金が落ちるようになっています。これは店頭でもネットショッピングでも同様であり、ここがクレジットカードとの最大の違いです。

①口座に入金が必須

デビットカードで買い物をするためには登録している銀行口座にお金を入金しておくことが必須となります。銀行口座にお金を入金しておかなければ、そもそもデビットカードを使うことができない仕様です。

②限度額は預金残高

デビットカードの限度額は銀行口座の預金残高となります。

基本的には預金残高がある限り、その金額までデビットカードを使うことができますが、デビットカードによっては1日における利用金額の制限が設けられていることがあります。
また、自分で限度額を設定することが可能なデビットカードもあり、これはトラブルの防止においては非常に効果的です。

不正使用されてしまった場合を想定すると、限度額を設定しておく方が被害額を少額に抑えられるというわけです。

③一括払いしかない

ダイレクトデビットカードという決済システムは「一括払い」しかありません。これもクレジットカードと大きく異なる決済システムのポイントです。

どんなショッピングシーンにおいても必ず一括で支払いをすることになり、その支払額は瞬時に銀行口座から引き落とされることになります。

クレジットカードの決済システム

次にクレジットカードの決済システムを見ていきましょう。
デビットカードとは全く異なる作りになっているので、クレジットカードを知ることでデビットカードを区別して覚えやすくなります。

①利用枠がある

デビットカードは口座にお金を入れることが必須ですが、クレジットカードの場合は引き落とし口座に利用段階でお金が入ってなくても、「利用枠」の範囲内で使えます

利用枠は「最大極度額」や「限度額」など様々な表現がありますが、要するに使える金額のことです。

利用枠は審査で決まるようになっているため、同じクレジットカードでも人によって利用枠が異なります。基本的に返済能力に相応した利用枠が決定されるため、収入が大きいほど利用枠が高額になりやすいです。

利用枠以上は使えない

クレジットカードの利用枠を最大まで使うと、それ以上はカード払いができません。これはキャッシングも同様です。

満額に達したら返済をする必要があり、返済をすることで利用枠に空きを作ることができることが特徴でもあります。

クレジットカードは利用枠に空きを確保しながら利用枠の範囲でやり繰りすることになるため、カードを使い過ぎると本当にカードを使いたい時に使えないことがあります

②約定日がある

デビットカードには「返済日」や「約定日」がありません

簡単に言うと、携帯電話は毎月の支払日がありますね?それがデビットカードにはありません。

クレジットカードは毎月の支払日が必ず存在するため、その日に利用代金をまとめて支払うことになります。

約定日は重要な日

クレジットカードにとって約定日は非常に重要な日となります。
基本的に約定日にいくら支払うのかは返済方法によって決まり、返済方法によって利息や手数料が変わってきます

スポンサードリンク

約定日は一か月の中で唯一自動的に借金=元金が減る日でもあるため、返済計画をしっかりと立てなければなりません。約定日を無視すると遅延行為とみなされ遅延損害金が発生します

また、遅延行為というのは信用問題にも繋がってくるため、クレジットカードはいかに約定日をクリアできるのか?、ここが重要となってきます。

③返済方法は自由自在

デビットカードは一括払いしかありませんが、クレジットカードは返済方法や支払方法が多数あります。

まず、カードの決済システムとしては「一括払い」「分割払い」「リボ払い」「ボーナス払い」が定番であり、分割やリボ払いを選べば返済額を調整することができます。

基本は約定日に銀行口座から引き落とされることになりますが、約定日までに「繰り上げ返済」から任意で支払いをすることも可能です。
後に記述しますが、1日でも早く支払いをするほうが利息や手数料がお得になるため、借入額次第では繰り上げ返済が非常に効果的となります。

利息や手数料の違いも覚えておこう

ダイレクトデビットカードの決済システム、そしてクレジットカードの決済システムが分かったところで、次に利息や手数料の違いについても覚えておきましょう。

①デビットカードは無利息

デビットカードは金利がないため利息が発生しません。また、決済される時の手数料なども一切発生しないため、完全無料で利用することができます。

デビットカードで買い物代金にプラスαとして発生する金額は「海外手数料」だけです。海外でデビットカードを使う場合は各銀行が定めている事務手数料を取られます

一方、クレジットカードは金利が設定されており、返済方法によっては約定日に利息や手数料を取られます。

クレジットカードが無利息になるケース

クレジットカードには様々な返済方法がありますが、「ボーナス払い」や分割払いの「一括払いor2回払い」を選択すれば利息や手数料が掛かりません。分割払いの3回以上や「リボ払い」を選択した場合は約定日に利息や手数料が発生します。

利息や手数料の計算方法

クレジットカードで発生する利息や手数料には計算方法があり、それは主に「使った金額×金利」という計算になります。

これを元にして1日あたりの利息や手数料を算出して約定日までの日数で利息や手数料が確定する仕組みです。

②デビットカードは遅延損害金もない

クレジットカードは遅延行為をすると遅延損害金が発生します。

遅延損害金は通常の利率よりも高い利率から利息や手数料が計算されるので遅延行為をすると損になります。

デビットカードには約定日が存在しないため、遅延損害金も当然ながらありません。
そもそも、ダイレクトデビットカードという決済システムは口座にお金があることが前提なので、遅延行為をしようと思ってもそれができないようになっています

合わせて読みたい

まとめ

日本でリリースされているデビットカードはすべて同じ決済システムとなっているので、全てのデビットカードがダイレクトデビットカードとなります。
また、ダイレクトデビットカードはクレジットカードの決済システムとは全く異なる内容なので、デビットカードとクレジットカードの違いを明確に覚えておきましょう

デビットカードとクレジットカードは決済システムが大きく異なることからも、使い方やメリットなども同様に大きく異なることになります。

それぞれの違いをしっかりと熟知しておくことでどんなカードが自分にピッタリなのかを見つけられるようになるため、この機会に明確に区別できるように知識を身に付けておいてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500