2018年最新!おすすめクレカランキング→

気軽に作れる!デビットカードを持つ最大のメリット

デビットカードは年会費が無料なので、気軽に作ることができます。
また、知らない間にキャッシュカードにデビット機能が付いているというケースも多々あるので、自分のキャッシュカードを再確認してみてください。

デビットカードを持つ最大のメリットは「節約」にあり、相乗効果としてのメリットは「ポイント」にあります。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

特徴は「キャッシュレス」で買い物が楽になることですが、本当のメリットは節約とポイントにあることを覚えておいてください。

気軽に作るなら年会費無料が必須

デビットカードを気軽に作りたいというなら、これは年会費が無料であることが必須となりますね。

まず、デビットカードの年会費相場を紹介しておくと、年会費が有料になっているデビットカードの場合、年会費は1000円から3000円が相場であり、殆どの有料デビットカードは年会費が1000円ほどです。

唯一のゴールドデビットカードとされる「楽天ゴールデビットカード」が約3000円の年会費となっています。

それほど年会費の相場が高いわけではありませんが、やはり年会費が有料か無料かの差は気持ち的に大きな差があります。

年会費が有料だとメリットが活かされない

デビットカードの最大のメリットは冒頭で紹介したように「節約」と「ポイント」にありますが、年会費が有料だとこれらのメリットが半減します

①2つの節約効果

デビットカードには主に2つの節約効果があります。
それはATM手数料と銀行振込手数料のカットです。

買い物をする際にATMからお金を降ろす必要がないことからATM手数料をカットできますし、公共料金に対応しているデビットカードなら銀行振込手数料をカットできることがあります。

年会費有りだと相殺される

年会費が1000円のデビットカードを持つとします。

今までは毎月の買い物のためにATMを2回ほど使い、月々のATM手数料がおよそ300円だったとします。
1年間で300円×12=3600円のATM手数料が必要なところをデビットカードを活用することで節約できるようになります。

しかし、年会費が1000円必要だと3600円-1000円=2600円の節約効果にしかなりません。
年会費が無料なら3600円分の節約効果を得られるわけであり、年会費が無料か有料かの差は大きいです。

合わせて読みたい

②ポイントについても同様

デビットカードにポイントシステムが導入されていると、デビットカードを使うほどポイントが貯まるようになります。キャッシュバックが搭載されている場合なら、現金が還元されるのでメリットになりますし、デビットカードを使う上でポイントは非常に大きな恩恵をもたらしてくれます

年会費有りだとやっぱりメリット半減

デビットカードのポイント率は0.5%が相場です。0.5%のポイント率というのは200円で1ポイントが付与されます。

分かりやすいように1ポイントが1円の価値だとして、200万円使って1000ポイント貯めたとします。

そのデビットカードの年会費が1000円だとすると、200万円使った恩恵は年会費に相殺されてしまいます
逆に年会費が無料であるからこそポイントによるメリットが得られるとも言えますね?

意外と年会費によるメリットの変化は大きい

上記の節約効果やポイントにおけるメリットを見ると分かりますが、デビットカードは年会費によってメリットが大きく変わります。
単純に年会費が無料だと維持費が掛からないというだけではなく、年会費が無料だからこそ節約効果やポイントから得することができるわけです。

年会費が有料のデビットカードであったとしても、実際のところはそれほど高いわけではありません。
しかし、そのちょっとした年会費の差によって大きくデビットカードのメリットが変わることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

年会費が無料なら誰にとってもメリットがある

デビットカードは年会費が無料のカードを選んでおけば、これは誰にとってもデビットカードを持つメリットを得られることになります。
後はデビットカードを使うかどうかの話であり、それは年会費が無料だと気軽にデビットカードを持てることからもさほど気にする点でもありません。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

年会費が有料のデビットカードを選ぶ場合、これは積極的にデビットカードを使わなければ節約効果やポイントからメリットを得られなくなります。何故なら、デビットカードのコストである年会費を回収しなければ損益という点ではマイナスになるからです。

機能性にメリットを感じるなら有料でもOK

そもそも、デビットカードの機能性に大きなメリットを感じるなら、これは年会費が有料のデビットカードを選んでもOKだと言えます。
しかし、この場合も年会費が無料のデビットカードを選べばさらにATM手数料や振込手数料の節約効果が高くなり、ポイントが貯まるメリットも高くなることになります。

デビットカードはクレジットカードのように割引特典などがあれこれ付帯されているカードではないため、ちょっとした差から少しでもメリットを高めることが重要でもあります。

年会費が無料ならどんなデビットカードでもOK

実際、どんなデビットカードを選ぶと最大のメリットを得られるのか?
これは年会費が無料であるなら、どんなデビットカードを選んでも確実に節約とポイントからメリットを得られることを覚えておきましょう。

いろんなデビットカードが発行されている中でも、年会費が無料のデビットカードは非常に種類が多いです。年会費が無料という前提でさらにメリットを活かすなら加盟店に注目しましょう

Jデビット以外なら何でもOK

デビットカードの加盟店が最も少ないのは「Jデビット」となります。

オンライン決済不可、加盟店が少ないことからコンビニでも使えないなど、非常に使い勝手の悪いデビットカードです。

Jデビットを除けば「VISA」や「JCB」が選択肢となるため、これらのブランドで年会費が無料のデビットカードを選べばしっかりとメリットを得られます。

合わせて読みたい

メインバンクでデビットカードをチェック

年会費無料のデビットカードを紹介しておきますと、

  • 「セブン銀行デビットカード」
  • 「楽天銀行JCBデビットカード」
  • 「SMBCデビットカード」
  • 「ソニーバンクウォレット」
  • 「イオンデビットカード」
  • 「住信SBIネット銀行デビットカード」

などなど、かなり多くの種類があります。

日頃から愛用しているメインバンクにおいても、年会費無料のデビットカードが見つかる可能性があるため、一度確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

デビットカードは審査がないことから簡単に作ることができます。そして、デビットカードのメリットとされるのはキャッシュレスで買い物ができることであり、毎日のショッピングシーンが便利となります。

また、デビットカードの真のメリットは「節約」と「ポイント」にあることを念頭に置いておき、それらのメリットを最大限に活かすためには年会費が無料のデビットカードを選ぶのがベストとなります。

これを熟知しておくと、気軽にデビットカードを所持しながらもメリットを得ることができるようになります。
また、年会費が無料という条件を満たすことができるなら、さらに加盟店やポイントの種類を重視しておくと自分にとって最大のメリットを得られるデビットカードを見つけられます。

自分にとってベストなデビットカードを探してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪