今すぐクレカが必要な方は→

Apple(アップル)が金融大手のゴールドマン・サックスと組んでクレジットカードを発行か!?iPhoneアプリと連動して入出金を管理できる。


出典:Apple pay(公式サイト)

先日アップルとアメリカ金融大手のゴールドマン・サックスが、タッグを組んでクレジットカードの発行を発表しました。

ニューヨーク(CNN Business)米アップルが米金融大手ゴールドマン・サックスと提携し、クレジットカードを発行する計画であることがわかった。

米紙ウォールストリート・ジャーナルが伝えた。

今回発行されるクレジットカードはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のアプリと連動し、入金と支出のバランスなど利用者の金銭管理を支援する。

新しいクレジットカードは数週間以内に、アップルとゴールドマンの従業員に対して発行され、試験運用が行われる。公式に一般利用が始まるのは今年後半になるとみられている。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/16072369/

これまでMacやiPhoneなど革新的な発明をしてきたアップルが、クレジットカードの分野に参入するということはかなり大きなニュース。

はたしてどのようなクレジットカードが発行されるのか、注目が集まっています。

こちらの記事では、アップルが発行するクレジットカードについてさまざまな角度から予想をしていきます。

まだ発表されていることは少ないですが、注目のカードなのでぜひ見てみてください。

アップルとゴールドマン・サックスが組んでクレジットカードを発行するニュースが

スマホ

アップルとゴールドマンサックスが組んでクレジットカードを発行するニュースが流れたのは、2019年2月25日。

発表されたニュースによると……

  • 数週間以内にアップルとゴールドマン社員にテスト発行される
  • 一般ユーザーに配布されるのは2019年後半
  • 両社とも現在のビジネスモデル以外からの収入を得たい考え

といった内容です。

ポイント!
iPhoneなどITのスペシャリストであるアップルと、金融のスペシャリストであるゴールドマン・サックスがタッグを組むということで、アメリカではかなり話題になっているようですね。

ゴールドマン・サックスってどんな会社?

働く人

ゴールドマン・サックスはアメリカのニューヨークに本社を置く金融機関で、株式・債券などの取引をおこなういわゆる投資銀行の一つ。

日本でも1974年に拠点を置いて以来、さまざまな投資業務をおこなっており、2019年現在資本金836億円、従業員800人を抱えています。

リーマンショック以降も世界の最前線で活躍している投資銀行でありますが、投資家相手のビジネスをメインとしてきたため、クレジットカード分野への参入はかなりびっくりですね。

このクレジットカードができたらできるようになること予想

スマホ

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

スポンサードリンク

それではアップルとゴールドマン・サックスによるクレジットカードには、どのような機能が搭載されているのでしょうか。

現在発表されている情報は少ないですが、予想していきたいと思います。

注意
以下は、ツクレカ編集部の予想で公式発表ではありません。
※2019年3月5日現在発表されている情報を元にした予想です。

iPhoneのアプリと連動して入出金を管理

iPhoneを作成しているアップルが開発に関わっているクレジットカードなので、iPhoneと連動できるようになるのは間違いないでしょう。

クレジットカードを利用したらアプリと連動し、即座に利用履歴に反映、入出金の管理が楽にできるようになるでしょう。

カードの残高や支払い上限管理もアプリでできるようになる

またカードの残高や支払い上限管理も、アプリでできるようになるのではないでしょうか。

たとえば今月の支払い額が多くなりそうであれば警告が表示される、月々の利用額を制限するといったことが、アプリで手軽にできるようになりそうです。

またここからは筆者の予想ですが、以下のようなこともできるようになるかもしれません。

  • カードを持たずにアプリをかざしたら決済がおこなわれる
  • 銀行口座と連動し月々の家計簿が自動的につけられる

※筆者の予想です。

Apple Payと連動できる可能性も高いので、こういったことが実現すればキャッシュレス化がかなり進みそうですね。

ケロンくん

クレジットカードの機能によっては、本当に財布を持ち歩かなくてもいい世の中がくるかもしれないね♪

現状で似たような機能をもつ家計簿アプリ

スマホ

ここまで発表されているクレジットカードの内容だと、家計簿アプリで似たような機能をもっているものがあります。

家計簿アプリもかなり進化しているので、オススメの家計簿アプリを紹介していきます。

マネーフォワード

アプリ
出典:Money Forward(公式サイト)

テレビCMでも放映されている家計簿アプリ「マネーフォワード」は、今もっとも注目されている家計簿アプリの一つです。

2,600以上の金融機関と連動しているので、多くの銀行口座と連動が可能。

レシートを撮影するだけで、支出の分類を自動でしてくれます。

何か家計簿アプリを使おうと思っているのであれば、まずマネーフォワードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

マネーフォワード<公式サイト>

家計簿Zaim


出典:Zaim(公式サイト)

日本で600万人が利用しており、国内でのシェアナンバーワンと言われるのが「家計簿Zaim」です。

グラフから家計簿を分析し、月の予算を決めて残高表示をするなどさまざまな機能が備わっています。

家計簿機能に重点を置くのであれば、家計簿Zaimはとてもオススメのアプリですよ。

▼「家計簿アプリ」について詳しい解説はこちら

クレジットカードの支出管理もスマホで楽々!今オススメしたい家計簿アプリはこれだ!【iPhone・Android対応】

日本のキャッシュレス化に向けての情報

本

スポンサードリンク

アップルとゴールドマン・サックスのクレジットカードは、キャッシュレス化に向けて世界が進んでいく一歩になる可能性があります。

それでは日本のキャッシュレス化は、現状どのような状態になっているのでしょうか。

オリンピックや消費税増税に向けてキャッシュレス化が進む

東京2020
出典:東京2020(公式サイト)

日本では2019年10月に消費税増税がほぼ決まっています。

この増税にともなって、キャッシュレス決済の場合消費税を還元するという案が検討されているようです。

日本は海外に比べるとキャッシュレス化が遅れており、2020年に東京オリンピックがおこなわれることもあってか、こうした仕組みの採用を検討しているようですね。

ポイント還元がされる会社も決まったようなので、今後キャッシュレス化に向けて政府単位で動いていくでしょう。

▼消費税増税にともなうポイント還元について詳しい解説はこちら

消費税増税(10%)でもキャッシュレス決済(クレジットカードなど)なら9ヶ月間は2~5%還元!?コンビニでも2%還元の予定!

▼東京2020オリンピックのオリジナルクレジットカードも登場!

「TOKYO 2020 OFFICIAL CARD(クレジットカード)」が登場!東京オリンピックに向けて盛り上がろう。観戦チケットの抽選もあり。

キャッシュレス決済には慣れておきたい

日本全体で今後キャッシュレス化に向けて動いていくことを考えると、キャッシュレス決済には早めに慣れておきたいですね。

まだまだ現金を利用している人も多いですが、遠くない未来にキャッシュレスが主流になるのは間違いないでしょう。

▼キャッシュレス決済について詳しい解説はこちら

キャッシュレス決済の方法まとめ!クレジットカード、プリペイド式、アプリなどオススメを紹介していきます。

今からでも作れるオススメのクレジットカード

クレジットカード

キャッシュレス決済手段も増えてきていますが、なじみがあるのはクレジットカードでしょう。

これからキャッシュレス決済に慣れていく人に向けて、今からでも作れるクレジットカードを紹介していきます。

楽天カード

オススメのクレジットカード1つ目は、楽天カードです。

CMや広告でもおなじみの楽天カードですが、年会費永年無料でポイント還元率1%はかなりお得。

さらに楽天市場でのポイント還元率アップなど、ポイント還元キャンペーンが頻繁におこなわれています。

とても汎用性の高いクレジットカードなので、1枚持っておいて損はありませんよ。

▼「楽天カード」について詳しくはこちら

楽天カードの全てを解説!圧倒的人気No. 1の楽天カードは、1枚持っておいて損はない!!券種・ポイント・特典・審査の徹底まとめ【2019年最新版】

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

JCB CARD W

JCB_w

セブン-イレブン、Amazon、スターバックスなど、さまざまな店舗でポイント還元率がアップするJCB CARD Wもオススメのクレジットカードです。

JCB CARD Wは39歳以下しか作成できないという制限はありますが、年会費無料でポイント還元率も1%。

とても使いやすくクレジットカードなので、オススメのクレジットカードです。

▼「JCB CARD W」について詳しくはこちら

【39歳以下限定】高いポイント還元率、年会費無料の「JCB CARD W」が新登場!審査の目安は?

JCB CARD Wの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
還元率
(4.5)
メインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

JCB CARD W<公式サイト>

dカード

dカード

docomoの携帯電話を利用している人にオススメなのが、dカードです。

docomoの携帯電話に対して補償がつく、ポイント還元率1%、電子マネーiDが使えるなど特典が満載。

docomoユーザーであればお得になる機会が多い、オススメのクレジットカードです。

▼「dカード」について詳しくはこちら

「dカード」はdocomoユーザー・ローソンで超お得な必携クレジットカード!ケータイ補償でスマホ故障時も安心。【2019年最新版】

dカード<公式サイト>

今後のアップルの動向に注目

ここまでアップルとゴールドマン・サックスのクレジットカードについて解説してきました。

カードが発行されるのはまだ先ですが、大手2社が共同開発するということで注目度が高いクレジットカードになりそうです。

今後もアップルの同行に注目していきましょう。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

入会特典最大8,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 3.5%
発行スピード(最短)
~3営業日
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

楽天カード

CMで超有名、楽天カードマンでおなじみ年会費永年無料の楽天カード。ずっと楽天よく使うなら絶対持ちましょう。ポイントザクザク。

入会特典最大5,000円相当ポイント
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 10.0%
発行スピード(最短)
~1週間
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

dカード

初年度は年会費無料・ローソンで最大5%還元。ドコモでスマホ契約しているとさらにお得に。ローソン&ドコモユーザーは持ちましょう!

入会特典入会&エントリー&利用で最大8,000円相当ポイント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 条件付き無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 5.0%
発行スピード(最短)
1週間以上
  • 保険(海外旅行)-(付帯なし)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 イオンカード・ミニオンズ
    ※キングボブデザインはこちら
 2位 JCB CARD W
 3位 楽天カード
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪