2018年最新!おすすめクレカランキング→

ローソンいく時は財布持ってくな!ローソンデビットカードとは

ローソンへ行くなら「ローソンデビットカード」を活用しましょう。財布がなくてもデビットカードで買い物ができるので便利です。

デビットカードの醍醐味はキャッシュレスにあり、ローソンのATMでお金を降ろさなくても支払いが可能となります。ATMから現金を降ろす必要がないということは、ATM手数料の節約にもなりますね。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

お得に簡単にローソンで買い物ができるようになるので「ローソンデビットカード」の詳細をチェックしてみてください。

ローソンで使えるデビットカードの種類

ローソンデビットカードを紹介する上で色々と情報を整理しておく必要があります。
まず、ローソンで使えるデビットカードの種類から見ていきましょう。

①JCBかVISAだけが使える

ローソンでは「JCB」か「VISA」のデビットカードだけを使うことができます。

国内のデビットカードは「Jデビット」もありますが、Jデビットはローソンで使うことができません。なぜなら、ローソンはJデビットの加盟店ではないからです。

②ローソンデビットカードはJデビット

ローソンでは「Jデビット」を使うことができないわけですが、ローソンデビットカードは「Jデビット」です。混乱しますね。

もう少し細かく説明すると、Jデビットを発行している金融機関の中でローソンと提携している金融機関においてはJデビットの加盟店にローソンが含まれるという内容になっています。

その場合、Jデビットという名称が「ローソンデビットカード」に代わります。ただそれだけの話であり、ローソンデビットカードとは「Jデビット」なのです。

Jデビットの詳細

Jデビットは「日本デビットカード推進協議会」が組織団体であり、この団体と提携している金融機関から発行することができます。

基本的に銀行でキャッシュカードを作ると自動的にJデビットが付帯されるケースが多いです。みずほ銀行の場合ならキャッシュカードを作ると勝手にJデビットが付帯していますし、ゆうちょ銀行の場合だと申込時にJデビットを付けるかどうかを選択できます。

コストは掛からない

Jデビットは年会費が無料ですし、発行手数料も掛かりません。コストを掛けずにデビット機能をキャッシュカードに付帯することができます。

加盟店が少ない

Jデビットはコストが掛からないのがメリットですが、逆にデメリットとなるのが加盟店の少なさです。

「JCB」や「VISA」のデビットカードに比べると、日常のショッピングシーンでJデビットを使えるお店に出会うことがほとんどありません。ちなみにJデビットの加盟店についてはJデビットの公式サイトから最寄りの加盟店をリサーチできるので、必要に応じて加盟店を調べておきましょう。

ネットショッピング不可

Jデビットはオンライン決済機能がないため、ネットショッピングで使うことができません。店頭のみで利用できる機能なので、この点はしっかりと覚えておきましょう。

ローソンデビットカードの詳細

ローソンデビットカードは「Jデビット」であることを念頭に置いておき、その詳細を見ていきましょう。

ステータスはJデビットと全く同じ

ローソンデビットカードのステータスはJデビットと全く同じです。

上記で紹介したようにローソンデビットカードは一部のJデビットが特例としてローソンでJデビットを使えるというだけの内容なので、ローソンデビットカードという名称になってもステータスは全く変わりません。

ローソンで買い物をして割引を受けられる、ポイントが貯まるということもありません。

ローソンデビットカードの申込先

ローソンデビットカードの申込先は多数ありますが、その大半は信用金庫となります

全国に点在する信用金庫でローソンデビットカードを作ることができ、銀行に関しては

スポンサードリンク

  • 「ゆうちょ銀行」
  • 「大垣共立銀行」
  • 「東和銀行」
  • 「島根銀行」
  • 「西京銀行」

のみで作ることができます。

要するにこれらの対象銀行でキャッシュカードを作り、そのキャッシュカードにJデビットを付帯させるだけでOKです。後はローソンへ行く時にキャッシュカードを持って行けば、ローソンにおいてJデビットを「ローソンデビットカード」として使うことができます。

ローソンデビットカードの考察

ローソンデビットカードは非常にややこしいデビットカードです。名称がローソンデビットカードとなっていますが、その内容は「Jデビット」です。

基本的にJデビットは加盟店が少ないため、実際にJデビットを活用している人はほとんどいません。Jデビットが不便に感じる最大のポイントは「コンビニ」で使えないことであり、ローソンデビットカードの対象金融機関でJデビットを作ればデメリットを少し解消できるのは嬉しいポイントです。

全てのJデビットが対象ではないのが残念

Jデビットというのは非常に多くの発行元があります。上記で少し紹介しましたが、メガバンクとして有名なみずほ銀行もJデビットです。すべてのJデビットがローソンで使えると非常に便利であり、Jデビットの需要も高くなる可能性があります。

しかし、現状は一部のJデビット発行金融機関だけにおいてローソンデビットカードとしてJデビットを使えるため、これはとても残念な点です。

おすすめはゆうちょ銀行

ローソンでJデビットを使うために各信用金庫に申し込む人は少ないと思います。ローソンデビットカードの対象金融機関の中でも、万人にとって選びやすい申込先は「ゆうちょ銀行」です。

「大垣共立銀行」や「東和銀行」、「島根銀行」や「西京銀行」でも作ることができますが、これらの銀行が近くにある人にとっては便利ですが、そうでなければ「ゆうちょ銀行」が選択肢となります

ローソンデビットカードの使い方

実際にどうやってローソンデビットカードを使うのか?
これについても「ゆうちょ銀行キャッシュカード」を例にして解説しておきます。

店頭でローソンデビットカードと伝えよう

ローソンのレジで支払いをするときにゆうちょ銀行のキャッシュカードを提示して「ローソンデビットカード」と伝えましょう。

「Jデビット」と伝えますと、Jデビットはローソンの加盟店ではないため支払いができないことがあります。この辺りは店員さんのデビットカードの知識によるため、勘違いされないように「ローソンデビットカード」と伝えることを覚えておいてください。

ローソンデビットカードの認識は低い

ローソンでアルバイトをしているすべての人が「ローソンデビットカード」と「Jデビット」の違いを明確に知っているわけではありません

この2つのデビットカードは同じ種類であるものの、ローソンの提携先かどうかによってローソンデビットカードとして使えるかどうかが変わるため、かなり分かりずらいデビットカードです。
この認識を持っておくことで、レジでローソンデビットカードを使う際にトラブルなく支払いを完了できると思います。

合わせて読みたい

コンビニでデビットカードを使う際の心構え

まとめ

ローソンデビットカードは「隠れアイテム」のような存在です。Jデビットの裏メニューという表現の方が正しいかもしれません。

Jデビットの発行元でローソンと提携している金融機関において、ローソンデビットカードとしてJデビットを使えるというのがローソンデビットカードの全貌です。

もともと使い勝手の悪いJデビットにとっては1つの救いとなるため、ローソンを利用することが多いなら上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500