今すぐクレカが必要な方は→

ハワイ旅行にオススメなデビットカード!JCB、VISAどっちがいいの?トロリーには乗れる?

ハワイの風景

ハワイ旅行にもカードを持っていく人が多いようですが、クレジットカードだけでなくデビットカードも旅行に役立ちます。

デビットカードにも国際ブランドが多数あり、クレジットカードと同じように旅先で使いやすいからです。

ハワイ旅行で使いやすいデビットカードは2種類あり、JCBブランドのちばぎんデビットカードと、VISAブランドのGMOあおぞら銀行デビットカードです。
→詳細は後ほど紹介しますね!

本記事ではデビットカードがクレジットカードより旅先で安心できる理由とオススメのデビットカード、使い方と注意点などを解説します。

これを読んでデビットカードを使いこなしハワイ旅行を満喫する準備を整えましょう。

GMOあおぞらネット銀行デビットカード<公式サイト>

ちばぎんスーパーカード(デビット)<公式サイト>

デビットカードでハワイ旅行を楽しもう

ハワイ

ハワイ旅行には事情があってクレジットカードを持っていけない人がいるかもしれません……。

しかし、デビットカードならそうした事情を解決できる可能性があります!

ハワイにクレジットカードを持っていけない人の事情とは?

ハワイはアメリカ50番目の州である諸島で、芸能人の旅行先としても認知度が高いです。

今も多くの人がハワイ旅行に憧れ、代理店でもツアーがたくさん組まれています。

しかし、ハワイ旅行へ行きたくても、クレジットカードをそこへ持っていけなくて旅行に抵抗を感じる人が多いようです。

旅先にクレジットカードを持っていけない理由には主に以下が考えられます。

  1. 審査が厳しくて発行してもらえない
  2. 年会費が高く維持が大変
  3. ついつい使いすぎて金融事故にならないか不安

こうした事情からハワイ旅行を諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

デビットカードならクレジットカードよりも安心して旅行を楽しめる

デビットカードがあれば、クレジットカードを持っていくより安心して旅行を満喫できるはずです。

両方の違いにも触れつつ、以下に詳細を解説します。

デビットカードとは?

デビットカードの漫画

デビットカードを簡単に説明すると

「銀行口座に入っているお金を自由に使えるカード」

デビットカードで支払いをすると、即座に銀行口座から利用額が引き落とされます。

そのため銀行口座の残高以上に使いすぎることはなく、審査なしで発行できます。

ちなみにデビットカードとクレジットカードの違いは以下のような点です。

クレジットカード デビットカード
支払い 後払い 即引き落とし
利用限度額 審査で決められた利用限度額内 銀行口座に入っている金額
支払い方法 一括、分割、リボ払いなど選べる 一括のみ
対象年齢 18歳以上(高校生不可) 15歳もしくは16歳以上(高校生OK)
審査 あり 基本的になし
ポイント!
「審査がない」「高校生から持てる」というのがデビットカードの特徴です。

2019年のおすすめデビットカードはコレ!還元率の高いデビットカードが増えてますます使いやすくなりました!

デビットカードがクレジットカードよりも安心できる理由

保険

クレジットカードよりもデビットカードが役に立つ理由を3つ紹介します。

審査がないので今から申請してもすぐに入手できる

デビットカードなら審査なしで発行してもらえるので、クレジットカードで審査が通らない場合でもデビットカードに注目するといいでしょう。

職業や年収も問われず、持てる年齢も「15歳以上」というように未成年からの場合が多いです。

デビットカードは審査などの面倒な手間が必要なく、発行可能年齢も低いので、クレジットカードより入手難易度が低いです。

ポイント!
ただしデビットカードでも、銀行口座が開設できないなどの理由で発行を断られる場合もあるので注意しましょう。

残高不足によるトラブルに遭わない

デビットカードは残高不足になると支払いに利用できません。

一見不便にも思えますが、クレジットカードのような過剰な使い込みをユーザーにさせないための安全装置的な役割ともいえます。

クレジットカードでの支払額は後日銀行口座より支払われる形なので、口座にお金がないときでも使えます。

口座にお金がないと債務不履行でトラブルになります。

デビットカードはそうしたリスクを抑制しており、旅先でお金を使いすぎる心配がありません。

口座管理も簡単

デビットカードの利用限度額は、口座内の全額です。

独自に限度額が定められているクレジットカードとは違い、残り金額の把握が簡単です。

デビットカードの利用情報や残高の管理が、銀行口座に入ったお金の管理とイコールになので、お金の計算を間違えて金融事故につながるリスクがありません。

ケロンくん

デビットカードなら、簡単にお金の管理ができて、支払いも楽チンだね♪

ハワイ旅行にはVISAとJCBブランドを使おう

海外

ハワイ旅行で使えるカードのブランドはVISA、JCBなどの国際ブランドがついているカードです。

ブランドによって利用できる場所やサービスが異なります。

今回は、VISAJCBからハワイ旅行でオススメのデビットカードを1種類ずつ紹介しますね。

クレジットカードの国際ブランド(国際クレジットカード)は何が違う?どれがいい?比較のポイントを徹底解説

VISAならハワイのほとんどの場所で使える

日本でVISAデビットを発行する金融機関は三菱UFJ銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行など数多くあります。

VISAはハワイでも加盟店が多く、気軽に利用できるので、現地での食事や土産などの買い物に困りません。

VISAのデビットカードは申し込める場所が多くて入手難易度が低いうえ、ハワイなどの旅先でも気軽に使える優れものです。

JCBブランド所有者はプラザで手厚いサポートが受けられる

JCBデビットを発行する銀行にはセブン銀行、楽天銀行、イオン銀行などこちらも数多くあります。

JCBブランドはVISAよりもハワイでの加盟店数が限られていますが、その代わりJCBプラザなどで手厚いサービスを受けられますよ。

またJCBカードがあればハワイ「ワイキキ・トロリー」(ピンクライン)に無料で乗車できますよ!
→ホノルル⇔アラモアナ間での移動に便利です!

充実したハワイ旅行を送るならJCBブランドに注目するといいでしょう。

ポイント!
VISAが海外加盟店の量に強みを持つなら、JCBはサービスの質で勝負していると考えるといいかもしれませんね。

海外旅行(ハワイ・韓国・台湾など)の強い味方JCBプラザ・ラウンジ!JCBのクレカ保有者なら誰でも利用可能

ハワイ旅行にオススメなデビットカード2選

マイルとカード

ハワイ旅行に持っていくと役に立つデビットカードを2種類紹介します。

ちばぎんデビットカード(JCB)

ここが素敵!
ちばぎんデビットカードは不正使用やケガ・病気などによる補償が充実したデビットカードです。

15歳以上から申し込みができるので、入手難易度が低いです。

初年度に限り年会費が0円で、不正使用による補償も届け出から60日前まで有効、旅行先でのケガや荷物の破損なども条件付きで最高3,000万円まで補償してもらえます。

安心してハワイ旅行に行きたい人にぴったりのカードです。

ポイント!
20歳未満に限り、2年目以降も年会費がかかりません。

ちばぎんスーパーカードは千葉銀行のキャッシュカードがついたクレジットカード!デビットカードもあるよ!千葉県内でのお得がいっぱい。

ちばぎんスーパーカード(デビット)<公式サイト>

GMOあおぞら銀行デビットカード(VISA)

ここが素敵!
GMOあおぞら銀行デビットカードは、キャッシュバックが利用額の1.5%まで受けられ、お得に買い物ができます。

VISA加盟店では駅の改札のようにパネルにタッチするだけで決済可能です。

ハワイなどの旅行先で有意義な買い物を楽しみたい人に最適ですよ。

GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは0.6%~1.5%の高還元率でキャッシュバックしてくれるのでとてもお得!セキュリティも万全。(未成年も15歳以上であればOK)

GMOあおぞらネット銀行デビットカード<公式サイト>

現地でのデビットカードの使い方と注意点

コーヒーとノート

ハワイ旅行におけるデビットカードの使い方や気をつけるべきことなどを3つ解説します。

基本的な使い方はクレジットカードと同じ

デビットカードは、支払いが常に一括の即時払いである以外は、基本的な使い方は変わりません。

店舗やレストランなどのレジで差し出すだけで決済が完了するのがほとんどです。

ネットショップなどで利用できることもクレジットカードと変わりません。

ATMで現地通貨を引き出せる

デビットカードは海外でもATMから現地通貨で引き出せます。

ハワイでもドル通貨として口座から引き出せるので、日本円からの両替などを気にする必要がありません。

クレジットカードでATMを利用するとキャッシングという一時的な借金になるのですが、デビットカードは通常のキャッシュカードと同じく銀行口座から引き出す形になるので、事後処理の心配もありません。

ケロンくん

デビットカードのおかげで、海外で現金が足りなくなってもATMに駆け込めるから安心だね。

海外で、現金が必要なら「クレジットカードのATMキャッシング」も。アメリカ(ハワイ)・中国・韓国・台湾など海外旅行時に便利!

海外手数料と為替レートに注意しよう

デビットカードを使うときは、海外手数料と為替レートに注意が必要です。

海外手数料はATMからの引き出しや店舗決済時に都度かかります。

発行元の銀行によって無料のところもありますが、基本的にはATMからの引き出し手数料は約100~200円、為替手数料は代金に約2~3%上乗せという形でかかることが多いです。

デビットカードでは支払い時の為替レートにしたがって口座からお金が引き落とされます。

為替レートは常時変動しており、口座内のお金は日本円のままなので、同じレストランで同じメニューを頼んでも決済の時間によって口座から引き落とされる額が異なります。

注意
為替レートは急変動することもあるので、定期的に「日本円 ドル」などと検索して為替情報を確かめるといいでしょう。

【海外でクレジットカード利用時の注意点】「日本円」と「現地通貨」どちらで決済すべき?為替レートや手数料で損をしないために。

まとめ

デビットカードはクレジットカードと違い審査がなく、年齢制限も低いので比較的容易に発行してもらえます。

銀行口座内の金額がそのまま限度額になり、ハワイ旅行でも現地のATMから米ドルとして引き出せるので便利です。

ハワイ旅行にデビットカードを持っていけば、クレジットカードと違った利便性を生かし、有意義な時間を楽しめるでしょう。

デビットカードとは?仕組み・賢い使い方・最近の動向までを徹底解説。

GMOあおぞらネット銀行デビットカード<公式サイト>

ちばぎんスーパーカード(デビット)<公式サイト>