2018年最新!おすすめクレカランキング→

【クレジットカードなしでも平気?】ハワイ旅行に必須なデビットカード

ハワイは旅行先として非常に人気が高いです。もし、今後にハワイ旅行へ行く予定があるなら「現地での支払い方法」について考えておきましょう。

基本的に「クレジットカード」と「デビットカード」のどちらかは作っておきたいところです。カードを作っておけば大金を持ち歩く必要がないので安心です。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

クレジットカードなしでも平気?

デビットカードを作っておけばクレジットカードなしでも平気なのかどうか?

これは用途にも寄りますが、デビットカードがあれば問題ありません

クレジットカードで出来る事

現地のハワイでクレジットカードがあると何ができるのかを紹介しますと、まずクレジットカードには利用枠があるのでその範囲においてショッピングやキャッシングができるようになります。
いわゆるカード払いというのが可能となるので、キャッシュレスで各種支払いができるのは便利な点です。

また、クレジットカードの場合は特典が魅力であり、ゴールドカードなど特典が充実していると割引やポイントからお得になることがメリットでもあります。そして、旅行傷害保険など各種保険によって安心してハワイ旅行を楽しめるようになります。

デビットカードで出来る事

デビットカードはハワイで現地通貨をATMから降ろすことができます。また、クレジットカードのように加盟店や対象店舗においてデビットカード払いすることもできます。

デビットカードにはキャッシング機能がないため、現金を借入することはできません

クレジットカードとの違いは口座からの即時引き落としにあります。クレジットカードは後からの請求ですが、デビットカードは口座から即時に引き落とされるので予め口座にお金を入金しておく必要があります。

また、特典や保険はクレジットカードに劣るため、カードを使うことによるメリットはやや薄いです。

現地でどんな支払いをするのか?

ハワイ旅行でお金をATMから降ろしたり、ショッピングでカード払いするという目的ならクレジットカードがなくても平気です。ただ、クレジットカードの場合は加盟店であれば必ずカードを使うことができますが、デビットカードの場合は加盟店であっても店舗によってはデビットカードを使用することができないケースがあります。

それを考えると、クレジットカードを作っておく方が特典や保険、用途の幅などすべてにおいて使い勝手が良いことは間違いありません。

ハワイ旅行に必須なデビットカード

クレジットカードではなくデビットカードを選択するなら、ハワイ旅行に必須なデビットカードがあります。
それは「JCB」か「VISA」のデビットカードです。

国内のデビットカードの基本情報として「Jデビット」はハワイ旅行で使えないことを覚えておいてください。Jデビットは国際ブランドが付帯されていないため、海外では使えない仕様です。

「JCB」か「VISA」のデビットカードを作っておけば、ハワイの現地においてそれぞれの加盟店でデビットカードを使うことができます

JCBデビットカード

JCBのデビットカードは「セブン銀行」や「福岡銀行」、「イオン銀行」や「楽天銀行」など、いくつかの申込先があります。JCBデビットカードはJCBの加盟店で利用可能なので、ハワイ旅行でも問題なく使えます。

ただし、「VISA」と比較した場合に海外において加盟店の数が劣ることは否めません

以下クレジットカードの売上高のシェアの割合をグラフ化したものです。(2015年3月時点、NILSON REPORTより)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-11-32-04

(出典:http://www.smbc-card.com/camp/a1490/index.jsp

この統計から見ても、現状VISAの売上高が最も多いことがわかります。要するに、VISAの加盟店数もそれだけ多いということになります。

VISAデビットカード

VISAデビットカードは「三菱UFJ銀行」や「スルガ銀行」、「住信SBIネット銀行」や「ソニーバンク」など、こちらもJCBと同様に申込先の選択肢が豊富です。

JCBに比べるとハワイにおいて加盟店の数がVISAの方が多いため、様々なジャンルのいろんなお店でデビットカードを使いたいというならVISAデビットカードの方が選びやすいと思います。

スポンサードリンク

クレジットカードはさらに選択肢が多い

デビットカードの場合は「JCB」か「VISA」のデビットカードを選ぶことになりますが、クレジットカードの場合はこれらのブランド以外にも「マスターカード」や「銀聯」など他の国際ブランドを選ぶこともできます。

ハワイでの使い勝手はデビットカードと同様であり、各ブランドの加盟店が重要となります。

クレジットカードの国際ブランドは2大ブランドとされている「VISA」と「マスターカード」が最有力候補となります。

上記のグラフでいうと、クレジットカードの売上高のシェアでVISAとMASTER合わせて84%にもなるので、この2つのブランドのクレジットカードであれば、大体のショッピングシーンは問題なくカード決済できるということになりますね。

現地でのカードの使い方

ハワイの現地でクレジットカードorデビットカードを使う場合、これは暗証番号さえ覚えておけば国内と同じように使えます

デビットカードを例に使い方を紹介しておくと、例えばATMからお金を降ろすなら日本と同じようにデビットカードを挿入して暗証番号を入力する形となります。
国内との違いはお金を降ろす際に海外手数料が100円や200円ほど発生することです。

また、ハワイの通貨はドルなので日本円とドルの為替レートも考慮しておきましょう。低コストなカードを選ぶなら、海外手数料と為替レートを考慮しながらカードを作ることがポイントとなります。

合わせて読みたい

海外手数料と為替レート

クレジットカードとデビットカードのどちらにおいても、海外手数料と為替レートがお得な内容になっているカードほどコストを抑えることができます。

しかし、カードの年会費や特典内容、ポイントシステムなどすべてを考慮すると、一概に海外手数料や為替レートを重視する方がお得になるとは言えません。

あくまでも、海外手数料や為替レートというのは海外でカードを使う場合の話ですね。国内と海外の両方でカードを使うなら、トータル的にメリットが高いカードを選んでおく方がバランスよく恩恵を受けられると思います。

極端に言うと、海外手数料や為替レートが若干不利な内容でも、年会費が永年無料のカードを選ぶ方が結局はコストが安く付くケースもあるわけです。

合わせて読みたい

両方作っておくのが賢い

ハワイ旅行のためにクレジットカードとデビットカードの両方を作っておく、これが最も賢い方法です。

現地でお金を降ろす時はデビットカード、買い物をする時はクレジットカードという風に使分けることができるため、現地での支払い等に不便を感じることがありません。クレジットカードとデビットカードは双方共に年会費が完全無料のカードが多数あります。

2つのカードを所持するからと言って、特に維持費が掛かるわけでもありません

ブランドを別々にするとさらに便利

クレジットカードとデビットカードの2つを作るなら、それぞれの国際ブランドを別々にしておくと便利です。

クレジットカードを「VISA」にしてデビットカードを「JCB」にする、あるいはクレジットカードを「マスターカード」にしてデビットカードを「VISA」にするなど、加盟店が多いブランドを組み合わせることで現地での使い勝手は抜群となります。

まとめ

デビットカードを作っておけば、ハワイ旅行でクレジットカードの代用として十分に使えます

しかし、特典や付帯保険を考えるとクレジットカードの魅力は捨てきれません。年会費が無料でコストが掛からないカードを選び、クレジットカードとデビットカードの両方を作っておくのが最もおすすめな方法です。

どちらのカードを作る場合もハワイでの使い勝手を考慮して国際ブランドに重点を置くことを忘れないようにしましょう。
加盟店が多い「VISA」や「JCB」、あるいは「マスターカード」を選んでおくのがセオリーです。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード