2018年最新!おすすめクレカランキング→

多額の現金を持ち歩く必要なし!家電量販店ではデビットカードを使おう

ケーズデンキで買い物をする時はそこそこ大きな現金を持っていくと思います。

テレビや掃除機など、電化製品は相場が高いですね。もし、財布を落としたら高額な金額を失うことになりますが、デビットカードなら安心です。
キャッシュレスで高額な買い物ができます。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

ケーズデンキで使えるデビットカード

ケーズデンキではどんなデビットカードが使えるのかと言うと、これは国内でリリースされているすべてのデビットカードが使えます

現状としてデビットカードの中でも「Jデビット」だけは加盟店が少ないため、有名どころのお店でJデビットを使えないことが多いです。
しかし、そんなJデビットでもケーズデンキが加盟店となっているので、「JCB」や「VISA」と同様にデビットカードで支払うことができます。

すべてのブランドのデビットカードが使えるというのはかなり便利です。

将来的にマスターカードも利用可能

将来的に「マスターカード」からデビットカードがリリースされた場合、これもケーズデンキで利用することが可能です。

ケーズデンキのクレジットカードの加盟店は

  • 「MUFG」
  • 「DC」
  • 「UFJ」
  • 「NICOS」
  • 「VISA」
  • 「マスターカード」
  • 「JCB」

となっています。

デビットカードの場合は「Jデビット」も含まれます。

ケーズデンキはいろんなブランドの加盟店となっていますが、この中でも国際ブランドは「VISA」「マスターカード」「JCB」の3つです。

他のブランドについてはあまり気にする必要がありません。何故なら、「MUFG」など日本ブランドのカードにおいても国際ブランドが付帯されているのが常識だからです。
国際ブランドがない場合のみ、注意が必要となります。

ケーズデンキの通販ではJデビットは利用不可

ケーズデンキの通販を利用する場合はJデビットを使うことができません。
「VISA」や「JCB」ならケーズデンキの通販でも支払いが可能ですが、Jデビットにはそもそもオンライン決済がないため、ケーズデンキの店頭のみで使うことができます。

実はデビットカードを持っている

デビットカードを作らなくても実はキャッシュカードに「Jデビット」が付帯されているというケースは良くあります。

もし、みずほ銀行やゆうちょ銀行などのキャッシュカードを持っているなら、一度デビット機能が使えるかどうかを確認してみてください。

Jデビットだけは提携銀行においてキャッシュカードを作る際に自動付帯されることが良くあります。
Jデビット機能が付帯されているなら、そのキャッシュカードを持ってケーズデンキへ行けばキャッシュレスで支払いを行えます。

ケーズデンキ専用のデビットカードはない

ケーズデンキは「JCB」と「VISA」と「Jデビット」のすべての加盟店になっているため、国内でリリースされているすべてのデビットカードが利用可能です。

しかし、ケーズデンキ専用のデビットカードというのは存在しないため、これからデビットカードを作る方は参考に覚えておいてください。

もし、ケーズデンキ専用のデビットカードがあるなら、ケーズデンキにおいて割引を受けられたりポイント率が高くなるなど、お得な特典に期待を持てます

しかし、そういった類のケーズデンキ専用デビットカードは存在しません。各種銀行から発行されている各ブランドのデビットカードを作ってケーズデンキで使うことになります。

ケーズデンキでデビットカードを使うメリット

ケーズデンキで買い物をする時にデビットカードを使えばどんなメリットを得られるのか?ここが肝心でもありますね。

①キャッシュレスで安心

冒頭で紹介したように大金を店頭へ持っていく必要がないため、安心というのが大きなメリットとなります。

②ATMからお金を降ろさなくて良い

デビットカードを使えばATMからお金を降ろす必要がないため、ATM手数料を節約できます

これはケーズデンキに関わらず、様々なショッピングシーンにおいてATM手数料を節約すると意外と大きな金額を貯金できるようになります。

1か月に100円を節約するとしても1年間で1200円が浮くことになりますね。10年間で1万2000円です。
デビットカードを使うなら長期的な目線を持つのがオススメです。

スポンサードリンク

③各カードのポイントを貯められる

これも大きなメリットの1つですが、各デビットカードに搭載されているポイントシステムからポイントを貯められるというメリットもあります。

Jデビットの場合はポイントというシステムが基本的に存在しないため、発行元の金融機関で確認しておく必要があります。
それを除けば、他のデビットカードは何かしらのポイントシステムが搭載されているため、ポイントシステムを重視してデビットカードを作るのは賢い方法でもあります。

ポイント率が高いとさらにお得

ポイントシステムが搭載されているデビットカードの中でも、ポイント率が高いデビットカードを作っておくとさらにお得となります。

デビットカードのポイント率は0.5%が平均となっており、0.5%以下はややポイント率が低いです。逆に0.5%以上のポイント率なら非常に効率良くポイントを貯められるので参考に覚えておいてください。

おすすめなデビットカードは「楽天銀行JCBデビットカード」です。
ポイント率が1.0%なのでお得にポイントを貯められます。

合わせて読みたい

デビットカードの知識

さて、実際にデビットカードを活用することを考えるとデビットカードの仕組みについて知識を身に付けておきたいところです。

口座からの引き落とし

デビットカードはクレジットカードではないため、利用枠はありません。

ケーズデンキでデビットカードを使うと即時に登録した銀行口座からお金が引き落とされることになります。また、その際に引き落としの手数料は発生しないため、現金払いと同額の金額だけが銀行口座から落ちることになります。

審査がない

デビットカードは審査がないため、国内でリリースされているすべてのデビットカードを簡単に作ることができます

注意しておくべきポイントとしては年齢制限があります。

15歳以上から作れるデビットカードが多いですが、16歳以上からとなっているデビットカードもあります。また、イオンデビットカードについては18歳以上からとなってますし、未成年の方がデビットカードを作る場合は年齢制限だけはしっかりと確認しておきましょう。

合わせて読みたい

返金には時間がかかる

デビットカードで支払いをするとすぐに銀行口座からお金が落ちます。その後、買い物をキャンセルした場合は代金を返金してもらうことになりますが、デビットカードの返金手続きは数日ほど掛かります

かなり時間が掛かる場合は約一か月ほど手続きに時間が掛かることがあるため、ケーズデンキで買い物する際にキャンセルがないように気を付けておきたいところです。

ちなみに返金手続きはケーズデンキの店頭とデビットカード会社のやり取りとなるため、自分で何かしらの手続きをしなければならないということはありません

合わせて読みたい

まとめ

ケーズデンキでは様々なデビットカードが利用可能です。

勝手にキャッシュカードに付帯されていたJデビットでも使うことができるので、高額な買い物をする場合はキャッシュレスを試してみてください

また、ポイントが貯まるデビットカードなら高額な買い物ほどポイントがたくさん付与されるのでお得です。買い物をする前にポイント率が高いデビットカードを作っておくのも1つの方法ですね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500