2018年最新!おすすめクレカランキング→

【初めての方必見】カードローンの審査から返済方法までその仕組みを徹底解説

カードローンとは現金を借りられる商品であり、キャッシングと全く同じ仕組みです。
誰もがカードローンを簡単に利用できるわけではなく、カードローンには審査があります

返済能力を問われる審査を突破することが前提であり、「限度額」の範囲で自由に現金を借りられるのがカードローンの特徴です。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

カードローンの審査

カードローンを利用したいなら審査を突破することが必要不可欠です。審査では基本的に返済能力と信用を問われます。

①返済能力

返済能力というのは収入から判断されます

収入が高いほど返済する能力に長けているため審査に合格しやすくなります。また、返済能力が高いほど高額な限度額を持つことができるようになります。

どのくらいの収入があれば合格できるのか?
これはどんなカードローンにおいても明確な答えが公開されていません

年収の3分の1が目安となる

総量規制では年収の3分の1までの借入となっていることからも、カードローン審査でもこれが1つの目安となってきます。

例えば、100万円を借りたい場合なら年収300万円あれば合格できる可能性が高いです。総量規制は貸金業者だけに適用されるため、銀行カードローンなど総量規制の対象外となる申込先においては審査基準がもっと低くなるケースがあります。

しかし、明確な答えを見つけることが不可能なため、どんなカードローンにおいても年収の目安は総量規制の「年収の3分の1」となります。

他社借入は不利となる

他社ですでにお金を借入している場合、これはカードローン審査に影響がでます。

例えば、年収が300万円なら100万円を借りられる可能性が高いわけですが、他社のカードローンですでに50万円を借りている場合は100万円に届かない可能性があります。

単純計算すると、すでに借入している50万円を年収から差し引けば250万円となるため、新規のカードローンにおいては250万円という返済能力から審査の合否、あるいは限度額が決定されると推測できますね。

要するに他社借入の金額が大きいほどカードローン審査に合格することが難しくなり、限度額が自然と小さくなってしまうわけです。

借金ゼロの小口希望が理想

少しでもカードローン審査に合格できる可能性を高めたいとしたら、他社の借り入れを持たず、カードローンの申込時に少額の融資を希望しておきましょう

これが最も合格率が高くなる状況なので、参考に覚えておくと便利です。

合わせて読みたい

②信用を得ることが必須

カードローン審査における信用というのは信用情報機関に登録されている情報から判断されることになります。

簡単に説明すると、過去における金融会社との付き合いで返済事故があるかどうかをチェックされるわけです。

例えば、カードローンを利用した過去において返済不能になってしまった場合、債務整理を行うことになります。債務整理をするということはすべての借金を自力で返済することが出来なかったということであり、これは信用情報に傷が付く行為となります。

そうした情報があるかどうかを審査でチェックされるため、日々の金融会社との付き合い方は少なからず意識しておきましょう。

信用低下の注意点は2つ

どんな状況で信用が低下してしまうのか?
これは2つのケースを覚えておきましょう。

1つ目は長期的な延滞行為です。
クレジットカードやキャッシング、カードローンや各種ローンなどにおいて、長期的な延滞行為をすると情報が残ってしまいます。

2つ目は上記で紹介したように債務整理です。
債務整理=金融事故という認識を持っておきましょう。返済不能にならない限り、債務整理をすることはまずありません。

合わせて読みたい

③審査基準は各社によって異なる

カードローンの審査は融資額が大きくなるほど難しくなりますが、同額の融資においても各社によって審査基準が違うことは覚えておかなければなりません

スポンサードリンク

では、どんなカードローンなら審査に合格しやすいのか?
その答えを見つけることも「必要な年収」と同様に難しく、実際に申し込みをした人の情報を参考にするしかありません

また、基本的には他社借入をゼロにしておき、小口融資を希望することが全カードローンにおいて審査を突破しやすくなる方法となります。

合わせて読みたい

④そこまで心配する必要はない

カードローン審査について詳しくなると、自分は合格できるのだろうか?と不安に感じると思います。

しかし、一般的な生活水準を保つことが出来ているなら、それほどカードローン審査に不安を感じる必要はありません。そこまで厳しい審査が待ち受けているわけではないため、気軽に審査にチャレンジしてみてください。

審査を気にするべき人は他社で借金を抱えている人、あるいは債務整理後で信用を失っている人などです。
特にこうした問題を抱えていないのであれば、楽勝でカードローン審査を突破することができます。

カードローンの借入方法と返済方法

カードローン審査に合格すると、ついに現金を借入できるようになります
また、現金を借入すると返済がやって来ることになるため、借入や返済に関する知識をチェックしておきましょう。

借入方法

カードローンの借入は直接現金を借入するか、それとも振込から借入するか、このどちらかとなります。

直接借入する場合は店頭やATM、振込を活用するならオンラインや電話振込となります。

申込先によってどのような借入返済方法に対応しているのかは様々なので、利用時間を含めてしっかりと借入に関する情報を確認しておきましょう。

借り過ぎに注意

カードローンを使う上で絶対に注意をしておきたいのが借り過ぎです。

カードローンは分割などから返済額を調整できますが、当然ですが借りた金額はすべて返済しなければなりません。

貯金感覚から簡単にいつでも必要な金額を借りることができるため、ついつい借り過ぎてしまうのは「カードローンあるある」です。

これは自分との闘いであり、しっかりと計画を立てて簡単に完済できる計画の元でカードローンを活用することが大事です。

返済方法

カードローンの返済方法は銀行口座からの引き落としです。

毎月、何日が約定日になっているのかを確認しておくことが大切です
その日に必要な返済額を用意できない場合、翌日から延滞行為とみなされます。逆に、支払日に返済できなくとも約定日までに返済できればセーフとなります。

必ず約定日までに返済額を指定の口座に用意しておくようにしましょう。

繰り上げ返済

毎月の返済日とは別として、任意でいつでも返済を行うことができます。これを「任意返済」や「繰り上げ返済」と呼びますが、これらの返済方法のメリットは利息の軽減にあります。

約定日を待たずに元金を減らせるため、早期完済を目指したいなら活用しておきましょう
また、繰り上げ返済をしても毎月の約定日は約束通りに支払いをしなければならないため、ここは勘違いをしないように区別して覚えておいてください。

返済の種類は2つ

カードローンはいろんな返済の種類を選べますが、基本的に「リボ払い」か「一括払い」のどちらかとなります。

リボ払いについては残高スライド方式など、申込先によって様々な返済方式があります。
しかし、基本的にリボ払いであることに変わりはないため、そこまで深く考慮する必要はありません。

一括払いは次回の約定日に借入している金額を一括で支払うため、高額な借入をしている場合は注意をしておきましょう。

まとめ

初心者にとってもカードローンは扱いやすい商品です。

クレジットカードに付帯されているキャッシングと同じ仕組みなので、それほど難しく捉える必要はありません。今すぐ現金を借りたいという場合でも、即日から融資を行っているカードローンもあるため、使い方によってはかなり便利な商品となります。

借り過ぎには注意をして賢くカードローンを活用してみてください

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード