2018年最新!おすすめクレカランキング→

審査が簡単?審査甘めなクレジットカードを一斉比較

クレジットカードを持つことができると、日頃の生活で何かと役に立ちます。支払いはカード払いが可能となりますし、キャッシングを付帯すれば現金を借りることもできます。

また、特典が付帯されていると割引の恩恵が受けらますし、保険が付帯されていると安心を手に入れることもできます。意外とクレジットカードのメリットは幅が広いです。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

今回は審査甘めなクレジットカードをテーマにしながら、いろんなクレジットカードを比較してお送りします。

クレジットカードにはランクがある

審査に合格しやすいクレジットカードを紹介する上で「クレジットカードのランク」については知識を身に付けておかなければなりません。

すべてのクレジットカードは同じランクではありません。
ランク別として「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」の3つがあります。

この中でも、審査が甘いのは「一般カード」となります。どうやってランクを見分けるのかと言うと、これはクレジットカードの名称や概要から簡単に見分けが付きます

「ゴールド」や「プラチナ」という表現がなければ、すべてのクレジットカードは「一般カード」に属すると覚えておきましょう。

合わせて読みたい

一般カードの中で最も合格しやすいのは学生向け

基本的にクレジットカードは返済能力を問われるため、収入によって合否が変わってきます

返済能力の基準が低いのが「一般カード」なわけですが、一般カードの中でも「学生向け」としてリリースされているクレジットカードが最も合格しやすいカードとなります。

学生向けのクレジットカードは非常に種類が多く、

  • 「ライフカード」
  • 「セゾンアメックスカード」
  • 「三井住友クラシックカード」
  • 「楽天カード」

など、選択肢はかなり多いです。

学生向けのカードは2つのパターンがある

学生向けのクレジットカードは「学生だけが対象」となっているカードと「学生も可能」となっているカードの2パターンがあります。

後者の場合は社会人でも申し込むことができるため、最も審査が甘いクレジットカードを探すなら「学生も対象となっているクレジットカード」を選ぶのがおすすめです。

学生はそもそも返済能力が低いわけであり、そんな学生も申込対象となっているクレジットカードはかなり審査が甘いです。
収入がゼロだったり信用がブラックになっているなど、よほどの問題を抱えていない限りは誰でも簡単に審査に合格することができます。

合わせて読みたい

一般カードは基本的に審査が甘い

何百種類とあるクレジットカードの中でも、学生が対象に含まれているクレジットカードが最も審査が甘いわけですが、その他の一般カードも審査は基本的に甘いです。

一般カードへ申し込む場合に利用枠を指定することができるなら、その利用枠の希望額を少額にしておきましょう
また、キャッシングの付帯を選択できる場合はキャッシングを付帯しないようにします

この2つをしっかりと頭に入れておけば、どの一般カードでも簡単に審査通過を狙うことができます。

利用枠とキャッシング

利用枠というのは審査で決まります

申込者の情報がチェックされた上で申込先の独断で利用枠が決定することになります。
極甘審査の学生向けのクレジットカードでは、そもそもの利用枠が低く設定されていることが多いです。

要するに低所得者向けのステータスになっているわけです。また、その延長線上の話としてキャッシングの付帯も審査に大きな影響があります。

キャッシングを付帯させるためには相応の返済能力が求められるので、キャッシングを希望しない方が合格の基準が低くなります

アメックスは高級志向

一般カードの中でも「アメリカンエキスプレス」だけは注意が必要です。

アメックスはブランドイメージとして「高級志向」なニュアンスがあります。
一般カードでも他社のゴールドカード並みの特典や保険が備わっているなど、少しステータスが高くなっています

つまり、審査についても他社の一般カードよりは少し合格ラインが高く設定されている可能性があるので、この点は参考として覚えておいてください。

スポンサードリンク

ちなみに一般カードの定番は「アメリカンエキスプレスカード・グリーンカード」です。
また、年会費が最も安いアメックスのカードは「ANAアメリカンエキスプレスカード」の年会費7000円です。

一般カードでも年会費が無料のカードがないこともアメックスの高級志向が垣間見えます

合わせて読みたい

一般カードを比較して申し込もう!

上記の通り、クレジットカードは「一般カード」を選べば基本的に審査は簡単です。

ここではすべてを紹介できないほどに多数の一般カードランクのクレジットカードが存在しています。いろんな一般カードを比較しながら審査にチャレンジしてみてください。

一般カードでもクレジットカードの審査に合格できない場合、その理由は「返済能力or信用」のケースが殆どです。

返済能力が足りないケース

無職で一切収入がない場合、これはクレジットカードを作るのが非常に難しいです。また、収入があっても借金を抱えている場合はそれを考慮されて審査に落ちることもあります。

借金を抱えていないなら、アルバイトやパートから毎月少額の収入を得ている状況でも一般カードを狙ってクレジットカード審査にチャレンジすれば、十分に合格を目指すことができます。

信用が足りないケース

債務整理をして信用ブラックになっている、あるいは延滞行為の履歴が残っている場合は、信用が足りないことからクレジットカード審査に落ちることがあります

過去の金融商品の使い方を思い出してみてください。信用に傷が付いている場合は不利となる履歴が抹消されるまで申し込みを控えるしかありません

どうしても合格できない時

一般カードを選んでもクレジットカード審査に合格できないなら、これは別の方法として「家族カード」を発行するという手があります

家族の誰かがクレジットカードを持っているなら、そのカードから「家族カード」を発行することでクレジットカードを共有できるようになります。

例えば、学生や専業主婦など、返済能力がないことから審査に合格できない場合に夫や両親のクレジットカードから「家族カード」を発行してもらい、1つのカードを共有するのはとても便利です。
これだと、自分の情報から審査の合否が決まるわけではないため、簡単にクレジットカードを所持できます。

合わせて読みたい

デビットカードや電子マネーという選択もある

家族カード以外には「デビットカード」や「電子マネー」を選ぶという選択もあります。

これらのカードはクレジットカードではありませんが、店頭においてカード払いをするなら十分に使えるカードとなります。しかも、審査についてはクレジットカードとは比較にならないほど簡単です。

申込資格さえ満たしておけば、カードを発行できない方が珍しいです。特にデビットカードは審査がないため、誰でも作ることができます。

審査の甘いゴールドカード

最後に一般カードではなく「ゴールドカード」で審査が甘いクレジットカードを紹介しておきます。

ゴールドカードで審査が甘いかどうかを見分ける1つの基準は「年会費」にあります。

ゴールドカードの年会費は1万円以上が相場となっており、一般カードの2倍や3倍ほどの相場です。
そんなゴールドカードでも年会費が一般カード並みに安いカードがいくつかあります。

  • 「MUFGゴールド」は年会費1905円
  • 「オリコ・ザ・ポイント・プレミアムゴールド」は年会費1950円
  • 「JCBゴールドEXTAGE]は年会費3000円

これらのゴールドカードは他のゴールドカードに比べると審査基準が低いため合格を目指しやすいです。

最もオススメなゴールドカード

最もオススメしておきたいゴールドカードは「イオンカード」です。

イオンのゴールドカードは年会費が無料です。
他とは比較にならないほど審査が緩いと推測できます

ただし、イオンカードのゴールドカードはインビテーション制なので、招待を受けた人でなければ作ることができません
しかし、逆に考えると下位ランクのイオンカードを使う中で招待を受けることが出来ればゴールドカードを年会費無料で持てるわけなので、非常に魅力的です。

合わせて読みたい

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード