2018年最新!おすすめクレカランキング→

とにかく審査が通りやすいクレジットカードランキング

クレジットカードを作る上で最大の鬼門となるのが「審査」です。

電子マネーやデビットカードなど、他の種類のカードなら無審査や難易度の低い審査から簡単にカードを作れます。
しかし、クレジットカードの審査は「収入+他社借入」から返済能力を問われます

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

今回はランキング形式から審査に通りやすいクレジットカードを紹介します。

「提携カード」や「上位カード」は除外して「スタンダードカード」に的を絞ったランキングを発表します。

他社借入がある状況を除外してランキング形式からクレジットカードを紹介するので、自分の所得を考慮しながらランキングをチェックしてみてください。

スタンダードカードは審査に通りやすい

どんなクレジットカード会社でも、自社の顔となる「スタンダード」なカードがあります。表現を変えると「最も定番なカード」と言うことができますが、スタンダードカードは審査に通りやすい傾向があります

というのも、提携カードと比較した場合、スタンダードカードは申し込み先における審査だけで良いからです。

提携カードは「申込先+提携先」という形となっており、提携先においても審査を受けるわけではありませんが、年会費がスタンダードカードよりも高い傾向があるなど、少なからず提携先に関することも考慮されます

第1位~イオンカードセレクト~

審査に通りやすいクレジットカードランキングの第1位は「イオンカードセレクト」です。

全クレジットカードの中で一番審査に通りやすいというわけではありませんが、ステータスや年会費、使い勝手やゴールドカードへの道のりを考慮すると優秀なクレジットカードです。

イオンカードセレクトは

  • 年会費が無料
  • イオン銀行普通預金の金利が上乗
  • イオン対象店舗で常時ポイント2倍
  • 毎月の20日・30日・15日は5%OFF

など、特典が非常に充実しています。

イオンは「ショッピングモール」であり、いろんな地域において店舗が多いことから使い勝手は抜群です。

審査のポイント

イオンカードセレクトはイオン銀行で口座を開設することが必須です。

審査のポイントとしてキャッシングを付帯しないことを意識しておきましょう。少額からキャッシングを付帯できますが、キャッシングを付帯しなければ審査は簡単です。

また、イオンカードセレクトを所持できると「年会費無料のゴールドカード」を目指せるようになります
ゴールドカードで年会費無料はかなり珍しいため、ゴールドカードを含めても魅力的なクレジットカードです。

ゴールドカードについては招待制でありますが、ポジティブに表現すれば招待を受けられるならほぼ確実にゴールドカードを発行できます

第2位~JCB・EXTAGE~

「JCB・EXTAGE」はJCBのオリジナルプロパーカードであり、学生向けのスタンダードカードとなっています。

年会費は完全無料で18歳から29歳までの方が対象となっているため、初めてのクレジットカードとして選びやすいカードです。
JCBはディズニーランドのオフィシャルスポンサーなので、このカードを所持していると抽選で「ディズニー系のプレゼント」を狙えることが1つの魅力でもあります。

審査のポイント

JCB・EXTAGEは何といっても年齢制限が18歳以上となっているところが審査ポイントです。

公式からも「学生向け」と宣伝されているため、所得が低い方でも審査通過を狙いやすいことは間違いありません
学生でも審査通過を狙えるのであれば、社会人として収入を得ている人ならさらに合格を目指しやすいことが簡単に推測できます。

第3位~イニシャル~

「イニシャル」は三菱UFJニコスが発行する「MUFGシリーズ」のスタンダードカードです。

初年度の年会費は無料で2年目から1250円の年会費が掛かりますが、優遇制度から2年目以降も年会費を抑えることが可能です。
学生の場合は在学中はずっと年会費が無料となっています。

スポンサードリンク

入会後の3ヶ月はポイントが3倍になる、海外旅行傷害保険が付いているなど、内容も充実しているクレジットカードです。

審査のポイント

イニシャルの利用枠は最低で10万円からとなっており、学生については10万円に固定されています

クレジットカードの利用枠が10万円というのは極度に低い設定ですが、これは審査に焦点を当てると10万円の利用枠に対する返済能力があれば審査通過できると言えますね。

収入が低くて審査に合格できるかどうか不安という方におすすめしたいクレジットカードです。

第4位~オリコ・ザ・ポイント~

「オリコ・ザ・ポイント」はオリコのスタンダードカードです。

「JCB」と「マスターカード」と「VISA」の3大国際ブランドを選択することができ、年会費は無料です。

このカードの魅力はポイント率が高いことです。
100円=1オリコポイントが貯まり「入会後6か月は還元率2倍」となっています。

また、オリコモールを利用すると0.5%が特別加算されます。
カードを使えば使うほどにポイントがガンガン貯めるクレジットカードなので、お得にカードを使いたいという方におすすめです。

審査のポイント

オリコ・ザ・ポイントは18歳以上から申込可能で最低の利用枠は10万円です。

申込条件からカードステータス、そして年会費が無料という点を考慮すると審査は緩いと推測できます

基本的に「利用枠10万円」を狙うというスタンスで審査にチャレンジすれば、いとも簡単に審査通過できるでしょう。審査の難易度が低い割に充実したステータスが備わっているので、狙い目なクレジットカードでもあります。

第5位~楽天銀行カード~

「楽天銀行カード」は楽天銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体となっているカードです。

年会費は永年無料であり、コストが掛かりません。
100円で1円分の楽天スーパーポイントが貯まるのでポイント率が高いです。

さらに引き落とし日までにカードを利用すると、翌月の楽天銀行の預金金利が2倍になります。

年会費が無料であり内容も充実しているため、選びやすいクレジットカードです。

総合ランキングをガッツリ読みたい方はこちらからおすすめクレジットカードの総合ランキング

審査のポイント

楽天銀行カードは楽天銀行に口座を開設するついでというスタンスで審査にチャレンジしてみてください。審査が難しいことはなく、至って平均的な審査基準だと思われます。

楽天にはカードローンがありますが、他社のカードローンに比べると収入証明書不要で申し込めるなど、審査通過を狙いやすい特徴があります。

商品は異なるものの、それを考慮すると審査が極端に難しいということはないでしょう。
学生など収入がかなり低い場合は合格が難しいケースが想定できますが、一般的な収入を得ているなら余裕で合格を目指せます

合わせて読みたい

どれも大差はない!

第1の「イオンカードセレクト」から第5位の「楽天カード」まで、審査の難易度についてはそれほど大きな差がありません

ランキング形式で5つのクレジットカードを紹介しましたが、

どれに申し込むべきなのでしょうか?
それは年会費などのカード内容を重視しておくのがおすすめです。

そもそも、クレジットカードというのは自分にとって満足できる使い方ができなければ所持するメリットが薄くなります。
ランクが一般カードであり、さらにスタンダードカードとなっているため、どのクレジットカードへ申し込みをしても審査基準は基本的に低いです

各カードの詳細をしっかりと比較しておき、気になるクレジットカードに申し込みをしてみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード