2018年最新!おすすめクレカランキング→

限りなくシンプルにクレジットカードの仕組みを解説してみました

クレジットカードの仕組みは難しく感じますが、少し知識を身に付けると非常に簡単な仕組みであることが分かります。

限りなくシンプルにクレジットカードの仕組みを解説していくので、クレジットカードってなに?という方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

クレジットカードの7つの基本知識

初心者の方でもクレジットカードが分かるように7つの基本知識を用意しました。各項目をチェックしてするとクレジットカードとはどんな仕組みなのかを理解できると思います。

①必ず審査がある

クレジットカードは必ず審査があります。申し込みをすれば絶対にカードを発行してもらえるわけではありません。

審査では何をチェックされるのかと言うと、これは収入状況や他社の借入状況、あるいは金融会社の利用状況などを見られます。

こうした項目を総合的に見てカードを発行できるかどうかを審査されます。極度に収入が低かったり借金をたくさん持っているなど、特別な状況下でない限りはそこまで審査に不安を感じる必要はありません

また、クレジットカードの審査は上位クラスのカードになるほど厳しくなるため、これもしっかりと覚えておきましょう。

合わせて読みたい

②キャッシングは自由選択

クレジットカードにはキャッシングを付けられるタイプがあります。その場合、キャッシングを付けるかどうかは自由に選択できます。
審査を考えるとキャッシングを付帯しない方が合格を目指しやすくなります。

カードの多様性としてはキャッシングを付ける方が使い勝手の幅が広がるので便利です。

合わせて読みたい

③限度額がある

クレジットカードには必ず限度額が設定されます。これは審査でいくらの限度額になるのか決まる仕組みとなっています。クレジットカードはショッピングもキャッシングも限度額の範囲内において使うことができます。

限度額は返済をすることで復活する仕組みになっているため、解約しない限りは永久に限度額の範囲でカードを使えるようになっています。限度額が少ないと感じた場合は増額によって限度額を増やすことができます。

また、増額する場合は増額のための審査を受けることになります。増額の審査に不合格になってもカードを解約されることはないので心配ありません。

合わせて読みたい

④返済日がある

クレジットカードは返済日があります。カードを使った瞬間に支払いをするのではなく、返済日にまとめて支払いをすることになります。
そのため、カードを使う時に返済日にまとめて支払いをすることを念頭に置いておく必要があります。

もし、多額の支払いがやってくる場合は返済方法から返済額を調整することが必須です。

分割払いやリボ払いなど、最適な返済方法を選んで返済額を調整しましょう。

⑤遅延損害金が最大の注意点

返済日に支払いができない場合、これは遅延損害金という罰則金が発生します。
クレジットカードの支払いでは、基本的に一括払いを除けば利息や手数料が掛かることになります。

遅延損害金は通常の利息や手数料に比べると、金利が高く設定されているので利息や手数料が高くなります。そうならない為には返済日にしっかりと支払いをする必要があります。

これはクレジットカードを使う上で最も注意しておくべきポイントなのでしっかりと覚えておいてください。ちなみに延滞行為というのは返済日の翌日から延滞行為と判断されます。

合わせて読みたい

⑥返済方法を選べる

クレジットカードは様々な返済方法を選ぶことができます。主な返済方法として、「一括払い」と「リボ払い」と「分割払い」と「ボーナス払い」があります。キャッシングの場合は「リボ払い」と「一括払い」となります。

スポンサードリンク

  • 一括払いは一括でまとめて全額を支払う方法
  • リボ払いは毎月の返済額を一定額にできる返済方法
  • 分割払いは返済額を分割して支払える方法
  • ボーナス払いはボーナスが支給される時にまとめて支払える方法

です。

どの返済方法を利用するのかによって利息や手数料が変わりますが、これについては後に解説します。

⑦海外で使えるタイプ

クレジットカードは海外で使えるタイプがあります。それは何で決まるのかと言うと、国際ブランドです。
国際ブランドは様々なブランドの種類があります。

代表的なブランドは「VISA」や「マスターカード」、「JCB」や「アメリカンエキスプレス」などです。国際ブランドが付帯されているクレジットカードはカードの表に各種ブランドの「マーク」が付いています。

海外でも使えるクレジットカードを作りたいなら、上記のような国際ブランドに注目しておきましょう

金利や利息や手数料

クレジットカードで最もややこしく感じるのが金利や利息や手数料です。

どんな時に利息や手数料が発生するのか?いくらの金額を請求されるのか?これについてシンプルに解説します。

①金利とは?

金利というのは「利息」や「手数料」を算出するための数字です。

クレジットカードの金利はショッピング枠とキャッシング枠のそれぞれにおいて設定されています。金利が低いほど同額の支払いでも利息や手数料が安くなるので、仕組み自体は非常にシンプルです。

②利息や手数料とは?

クレジットカードのショッピング枠に関する内容から説明します。
クレジットカードの利息や手数料というのは基本的に「分割払い」か「リボ払い」を利用する場合に発生します。

「一括払い」については買い物代金だけを支払うことになり、「ボーナス払い」についても同様になっているカード会社がほとんどです。

「分割払い」を利用する場合は3回以上の回数で支払う場合に手数料が発生するのが主流であり、一括払いと2回払いは手数料が掛かりません。

「リボ払い」を利用する場合は利息が発生することになり、それは金利によって決まります。

「分割払い」も「リボ払い」も完済するまでの期間が長いほど、利息や手数料が高くなることを覚えておきましょう。

利息や手数料の意味

「分割払い」は手数料、「リボ払い」は利息という表現が使われることが多く、利息と手数料はほぼ同じ意味です。

利息や手数料が発生する場合は「買い物代金+利息or手数料」という金額になります。
その計算方法は「分割払い」と「リボ払い」では計算方法が異なります。

どちらの返済方法を利用する場合でも、利息や手数料をシミュレーションして返済計画を入念に立てるのが賢いです。

キャッシングの場合

クレジットカードのキャッシングの場合は「一括払い」でも「リボ払い」でも利息が発生します。
上記で紹介したようにショッピングの支払いで分割払いを利用する際に「一括払い」と「2回払い」は利息や手数料が掛からないわけですが、キャッシングにはそうした仕組みがありません

今月にお金を借りて来月に一括で完済する場合、その日までの利息を取られることになるので覚えておきましょう。

③海外の手数料や為替レート

クレジットカードを海外で使う場合も利息や手数料は同じ仕組みとなっています。
ただし、海外利用の場合は「海外手数料」と「為替レート」が大きく影響します。

海外手数料はカード会社によっていくらの事務手数料を徴収しているのか違いがあるため、ATM手数料を比較するように海外手数料を比較しておきましょう。

為替レートについては為替相場が根本的に重要となりますが、カードの支払額を決定する時にどのくらいのレートが採用されるのか?
ここがポイントとなります。

要するに各カード会社によってどの銀行が発表する為替レートを採用するのか違いがあるため、これも事前に比較しておくのが賢いです。

まとめ

クレジットカードは細かいところまで考慮するとかなり複雑な仕組みとなっています。
しかし、基本的な部分に焦点を当てると上記のような内容を理解しておけば、十分にクレジットカードを使いこなせるようになります。

これから初めてのクレジットカードを作るというなら、しっかりと基本知識を身に付けておきましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500