2018年最新!おすすめクレカランキング→

カード会社がどうやって儲けているかを知って賢くクレカを使う方法

クレジットカードを発行しているカード会社はどうやって儲けているのか?
ここを知ることができると賢くクレジットカードを使えるようになります。

クレジットカードを使いたいけど「手数料」や「利息」が心配という方は必見です。
また、クレジットカードを作る際に「年会費」を払いたくないという方も以下をチェックしてみてください。

カード会社に払う費用は?

カード会社の利益というのはクレジットカードを所持した場合に支払う費用から考えるのが分かりやすいです。クレジットカードの出費は主に「年会費」と「利息」と「手数料」があります。

年会費は大きな儲けである

カード会社にとって安定した利益となるのが「年会費」です。

カードの利用者からすると、年会費はそこまで大きな出費ではありません。何故なら、年会費を支払う回数が年に一度だからです。
しかし、カード会社からすると1人あたりの利益が小さくても会員全体数から見ると大きな利益となります。

会員がカードを所持している期間が長いほど、それだけカード会社は簡単に利益を得られるわけですね。

カードの使用頻度が低いなら

年会費が有料のクレジットカードを持っているけど、ほとんどカードを使わないという方は「年会費無料」のカードへ切り替えましょう。特典から恩恵を受けているなど、特別な理由がない限りは有料のクレジットカードを所持するメリットがありません。

カードの使用頻度が低い場合は尚更であり、ちょっとした金額の年会費でも年数を重ねるごとで大きな出費となります。

以下はメインクレジットカードの利用頻度をグラフにしたものです。

 調査時期 : 2015年 11月
 調査方法 : インターネット調査
 調査地域 : 全国
 調査対象者 : 3,500人 (20代から60代の男女、学生を含む)

fireshot-capture-211-http___www-global-jcb_ja_press_news_file_file_20160222-pdf

(出典:http://www.global.jcb/ja/press/20160222150000.html

合わせて同じ条件のもとメインクレジットカードの利用頻度を月平均で表すと

fireshot-capture-213-http___www-global-jcb_ja_press_news_file_file_20160222-pdf

(出典:http://www.global.jcb/ja/press/20160222150000.html

「1ヶ月に2、3回」の頻度で使う層が多い事がわかります。

月平均もほぼ横ばいという状況である事がわかります。ただ、月平均の5回を考えると、年間は5回×12ヶ月=60回使うことになります。
それだけ使えば、仮に年会費が有料であっても、年会費分のもとはとれるんじゃないかなと思います。

年会費無料のカードは悪くない

年会費無料のクレジットカードでも「付帯保険」や「ポイントプログラム」など、ステータスが優秀なカードはたくさんあります。下手に年会費有料のクレジットカードを選ぶよりは年会費無料のクレジットカードを選んでおく方が賢くクレジットカードを使えるようになります

年会費が有料のクレジットカードを選ぶのであれば、それに相応した見返りを得られるステータスのカードを選ぶのが基本です。

迷った時は年会費無料でOK

クレジットカードはいろんな申込先があり、本当に多くの種類が存在します。そんな現状の中でクレジットカードを決めるのはとても大変なわけですが、カード選びで迷った時は「年会費無料」でOKです。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

年会費が無料ならデメリットがありませんし、タダで所持できるというだけで大きなメリットになることは覚えておいてください。

利息が発生すると損

クレジットカードは返済方法によって「利息」が発生します。利息が発生するのは損なので、賢く返済計画を立てておきましょう。

ショッピング枠の賢い返済方法

ショッピング枠の返済は「一括払い」か「2回払い」を選びましょう。分割払いの「3回払い以上」と「リボ払い」は利息が発生するので損となります。

一括払いについては利息が掛からないことを知っている人は多いですが、意外と知られていないのが分割払いの「2回払い」です。

スポンサードリンク

実は一括払いと同様に2回払いでも無利息となっているクレジットカードが多数あります

例えば、3回払いで支払う計画の場合、これは分割手数料を支払うことになります。しかし、2回払いにすると無利息から支払えるのでお得となります。

また、「ボーナス払い」についても無利息となっているカードが多いため、賢く返済計画を立ててみましょう。

合わせて読みたい

キャッシング枠の賢い返済方法

キャッシング枠の返済は1日でも早く完済することが大事です。
ショッピング枠のように利息が発生しない返済方法がないため、いかに利息を抑えられるのか?ここがポイントとなります。

キャッシング枠の利息はショッピング枠の「リボ払い」と計算方法が同じです。1日あたりの利息を算出して借入日数から利息が決定されます。要するに借金を持っている日数が長くなるほど利息が高くなるので、借入日数を減らすことが大切です。

高額な借入を長期に継続すると利息が高くなり、少額の借入を短期間だけキャッシングする場合が最も利息が安くなります。適当に返済計画を立てていると意外と大きな利息をカード会社に支払っているため、返済計画は丁寧に立てるようにしましょう。

遅延損害金は大損する

ショッピング枠もキャッシング枠も「約定日」に遅れると「遅延損害金」を取られることになりますが、これは大きな損となるので注意をしておきましょう。
ちょっとくらい返済が遅れても大丈夫という認識を持っている方が多いと思いますが、実は遅延損害金は通常の利率ではなく「遅延利率」から利息が計算されています。

遅延損害金は同額の利用でも延滞行為をするだけで通常よりも利息が高くなる仕組みです。安易に支払いを遅らすことは大損することに繋がるため、絶対に約定日に支払いを済ませましょう。

良心的なカード会社は遅延損害金を取っていないところもあります。

合わせて読みたい

手数料も大きな利益

クレジットカードはキャッシュカードと一体型となっているタイプが多いです。どんなクレジットカードでも「引き落とし口座」が必要なわけであり、口座が必要ということはATM手数料が自然と関わってきます。

また、海外でクレジットカードを使う場合は「海外手数料」が発生することを覚えておきましょう

ATM手数料は無料が理想

銀行によってATM手数料には大きな違いがあります。ATM手数料が無料となっている銀行、100円から200円ほどの手数料を取っている銀行など、各銀行によってATM手数料には違いがありますね。

クレジットカードを作る際にATM手数料まで考慮しておくのは賢いです。

銀行によっては一定の条件を満たすことでATM手数料が無料となるところもあります。毎月、数回はATMを利用するというならATM手数料がお得になるクレジットカードを選んでおきましょう。

海外手数料は比較しておくのが賢い

たまに海外へ行く程度なら海外手数料はそこまで重視する必要はありません。しかし、国内よりも海外でクレジットカードを使うことの方が多いという方は海外手数料をしっかりと比較しておきましょう。

この海外手数料というのは事務手数料としているカード会社もあるため、基本的に「海外手数料+為替レート」を比較しておく必要があります。為替レートというのはカード会社によって支払額を決定する際に参考にする為替レートが違います。

ポイントの手数料は盲点である

クレジットカードを使うとポイントを貯めることができ、貯まったポイントを商品やサービスへ使うことができます。この時、ポイントを消費するために手数料が取られることがあります。
例えば、ポイントを○○へ移行するために500ポイント必要など、これは利用者にとって不利です。

すべての交換先において手数料が発生するというカード会社はありませんが、一部の交換先において手数料を取っているケースはちらほらとあります。
ポイント消費のための手数料は後から知ることが多いため、クレジットカードを作る際にポイント交換に関する情報を確認しておくようにしましょう。

合わせて読みたい

まとめ

カード会社は新規申込者を積極的に募集しています。会員数が多くなるほど、上記のように様々な内容から利益を上げることができるからです。
意外と知らないところでカード会社の利益に貢献しているというケースは多々あります。

カード会社の利益に貢献するのであれば、それなりに満足できるカードの使い方を実践しておきたいところです。
どのようにしてカード会社が儲けているのかを把握しておき、賢いカードの使い方を工夫してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪