今すぐクレカが必要な方は→

クレジットカード会社はどうやって儲けて(利益を出して)いるの?その仕組みは?収益源(手数料・年会費・手数料)やその割合を解説。

本

クレジットカードを発行しているカード会社はどうやって儲けているのか」を知れば、賢くクレジットカードを使えるようになります。

「クレジットカードを使いたいけれど手数料や利息が心配」という方や、「クレジットカードの年会費を払いたくない」という方は目を通してみてください。

ケロンくん

クレジットカードはカード会員・カード加盟店・カード会社の三者それぞれに利益が出る仕組みになっているよ!

クレジットカードの仕組み

本

クレジットカードは「その場で現金がなくても後払いで買い物ができるカード」です。

カード会社の審査を通過し「支払い能力」があると判断された人にのみ発行されます。

ポイント!
カード会社はクレジットカードを発行することで、その「支払い能力がある」人に「信用による後払い」のサービスを提供します。

カード会社(イシュア/アクワイアラ)が、カード会員とカード加盟店をつないでいる

カード払いをする際には、カード会員(クレジットカード利用者)・カード加盟店(クレジットカードを利用できるお店)・カード会社(イシュア/アクワイアラ)の三者が関係してきます。

▼クレジットカード決済の流れ

    1, カード会員がカード加盟店でカード払いの買い物をすると、売上データがカード会社に届けられる
    2, 売上データは期間ごとに集計され、その後カード会社はカード加盟店に集計分をまとめて支払う
    3, カード会員は、決められた日にカード会社へ支払いを行う

このように、カード会社がカード会員とカード加盟店の間に入るのがカード払いの仕組みです。

メモ
ちなみにイシュアは国際ブランドの許可を得てカードの発行業務を、アクワイアラは加盟店の管理・開拓業務を行っています。
しかし日本ではカード会社がイシュアとアクワイアラを兼ねていることがほとんどなので、ここでは便宜上「カード会社(イシュア/アクワイアラ)」と表記しています。

クレジットカード業界の仕組み。イシュア、アクワイアラってなに?業界の中身やお金の流れを見てみよう。

クレジットカード会社の主な収入源4つ

電卓

クレジットカード会社の主な収入源は以下の4つです。

  1. クレジットカード加盟店からの手数料
  2. クレジットカード利用者からの手数料
  3. クレジットカード利用者の年会費
  4. その他広告収入など

それぞれについて簡単に見ていきましょう。

1,クレジットカード加盟店からの手数料

カード

カード加盟店(カードを利用できるお店)は、カード会社に手数料を支払うことでカードを取り扱えるようになります。

カード加盟店がカード会社に支払う手数料には「加盟料」と、カードでの売上金額にかかる「加盟店手数料」があります。

加盟店手数料についてはお店の業種や規模によって異なりますが、おおむねカードでの売上金額の1%~7%程度です。

日本国内では加盟店手数料をカード利用者に請求することはできないため、加盟店手数料はお店側が負担することになっています。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

加盟店手数料はカード会社の大きな収入の1つです。

クレジットカード決済時の上乗せ手数料請求は違法?誰が払うべき?

2,クレジットカード利用者からの手数料

分割払い

クレジットカードは返済方法によって「利息」が発生します。

1回払い、2回払い、ボーナス一括払いであれば利息がかからないクレジットカードがほとんどです。

一方、3回払い以上の分割払いとリボ払いは利息が発生し、キャッシング利用時も同様です。

こうした利息はカード会社の大きな収入の1つです。

ポイント!
支払いは1回払いや2回払い、ボーナス一括払いを利用し、3回以上の分割払いやリボ払い、キャッシングを利用しないようにすれば基本的に利息がかからないのでお得です。

キャッシングやリボ払い残高は1日でも早く完済すべき

キャッシングやリボ払いを利用したら、1日でも早く完済することが大切です。

ちなみにキャッシングの利息とリボ払いの利息は同じ計算方法です。

1日あたりの利息を算出して借入日数から利息が決定されます。

つまり借入日数が長くなるほど利息が高くなるので、借入日数を少しでも減らすことが大切です。

注意
よく考えずに返済計画を立てていると、意外と大きな利息をカード会社に支払うことになるため、キャッシングやリボ払いをする際は返済計画よく考えるようにしましょう。

【クレジットカードの支払い方法】一括払い・分割払い・リボ払いの違い。メリット・デメリット・利息を比較してみた!

ATM手数料

銀行のキャッシュカード一体型クレジットカードの場合、銀行によってATM手数料に大きな違いがあります。

ATM手数料が無料のケースもあれば、100円~200円ほどの手数料を取るケース、また一定の条件を満たすことでATM手数料が無料となるケースもあります。

毎月数回はATMを利用するというなら、ATM手数料がお得になるクレジットカードを選んでおきましょう。

海外手数料

たまに海外へ行く程度なら、海外手数料はそこまで重視する必要はありません。

しかし、国内よりも海外でクレジットカードを使うことの方が多いという方は海外手数料を比較しておきましょう。

比較する際には、基本的に「海外手数料+為替レート」を見ていきます。

カード会社によって、海外での支払額を日本円で確定する際に参考にする為替レートが異なるためです。

海外手数料については「事務手数料」と表記しているカード会社もあります。

1番お得?海外旅行でキャッシングをすべき理由とは

ポイントの交換手数料

クレジットカードを使うとポイントを貯めることができ、貯まったポイントを他のポイントや商品などに交換できます。

このとき、ポイントを交換するために手数料が取られることがあります。

たとえば、「ポイントを○○へ移行するために500ポイント必要」などです。

すべてのポイント交換先に手数料が発生するというカード会社はありませんが、一部のポイント交換先については手数料を取っているというケースはちらほらあります。

ポイント交換のための手数料は後から知ることが多いため、クレジットカードを作る際にポイント交換に関する情報を確認しておくようにしましょう。

遅延損害金

ショッピング枠もキャッシング枠も「約定日」に遅れると「遅延損害金」を取られることになります。

ちょっとくらい返済が遅れても大丈夫という認識を持っている方もいるかもしれませんが、遅延損害金は通常の利率ではなく「遅延利率」から利息が計算されています。

「遅延利率」は通常よりも利息が高くなるように設定されているので、しっかり約定日に返済しましょう。

クレジットカードの請求が払えない!残高不測のときにまず確認すべき手順と最終手段について。

3,クレジットカード利用者の年会費

クレジットカードには年会費がかかるものもあり、カード会社の直接の収入源となっています。

年会費無料のクレジットカードも多いですが、マイルが貯まるカードや手厚い保険が付帯したカードなど、特別なサービスを提供しているカードは年会費が有料になっていることが多いです。

またゴールドカード、プラチナカードなどのステータスカードは年会費が高めになっています。

ポイント!
クレジットカードの利用頻度が低い方や、特別なサービスは不要という方は、年会費無料のカードを利用するとお得です。

4,その他広告収入など

カード会社はカード会員向けに会報誌やチラシなどを発行し、そこに商品を掲載するなどして広告収入を得ています。

カード会員は「支払い能力がある」と認められた優良な顧客です。

企業としては、そのカード会員に商品を気に入ってもらえば継続して利用してもらえる可能性が高いと考え、広告を出しています。

こうした広告収入もカード会社の収入源の1つです。

ポイント!
最近では、ネットショッピングの際に「オンラインモールを経由するとポイント○倍」といったサービスを提供しているカード会社が増えています。
カード会社はこうしたオンラインモールへのサイト掲載でも広告収入を得ています。

収入の収益構造

ノート

ここまでカード会社の収入源について解説してきましたが、カード会社の収益構造(儲かる仕組み)は一昔前とは大きく変わってきています。

ここからはクレディセゾンの決算資料を参考に、現在のカード会社の収益構造について解説していきます。

クレディセゾンの決算資料を紹介

セゾンカードロゴ
出典:セゾンカード(公式サイト)

以下は、クレディセゾンの2019年3月期決算資料です。


出典:クレディセゾン 2019年3月期 決算資料(公式サイト)

カード事業の項目を見ていくと、カードショッピングが全体の収益の52.4%と、約半数を占めていることがわかります。

一方、カードキャッシングは全体の収益の12.6%で1割程度となっています。

ポイント!
一昔前はカードキャッシングの比率がもう少し高かったのですが、現在では総量規制などの影響もあり減少傾向です。

カードショッピングの内訳は、加盟店収益が約半数。リボ残高収益も多い

以下は、カードショッピング収益の内訳です。


出典:クレディセゾン 2019年3月期 決算資料(公式サイト)

カードショッピング収益の内訳は、加盟店収益が55.3%、リボ残高収益が38.5%、年会費が6.2%という結果になっています。

▼カードショッピング収益の内訳

  • 加盟店収益:55.3%
  • リボ残高収益:38.5%
  • 年会費:6.2%

カードショッピング収益については、加盟店収益が半数を占めています。

またリボ残高収益も4割弱と多いです。

年会費については6.2%と、意外と少ない割合であることがわかります。

ポイント!
現在のカード会社の収益構造は、カードショッピング収益が大きな柱となっています。
カードショッピング収益の内訳としては、加盟店収益とリボ残高収益で9割超です。

クレジットカードの発行枚数は伸びている

以下の通り、クレジットカードの発行枚数は2004年~2018年の14年で5,187万枚も伸びています。


出典:クレジットカード発行枚数調査結果

全体を通しておおむね増加傾向が続いているので、今後もさらに発行枚数が伸びていくことが予想されます。

今後も儲けていけるチャンスがある

国はクレジットカードの利用比率を上げていく方針なので、これからカードを利用できる加盟店はさらに増えていくと考えらます。

また、カード会社のカード発行枚数は伸びているので、加盟店が増えていけばカード会社は今後もさらに広く収益を確保していける(儲けていける)チャンスがあると言えます。

ちなみにクレジットカードは、カード会員・カード加盟店・カード会社の三者それぞれに利益が出る構造です。

  • カード会員:手持ちの現金を気にせず買い物ができ、ポイントも貯まってお得
  • カード加盟店:支払方法を増やすことで顧客の商品購入の機会を逃さずに済むため売上アップが期待できる
  • カード会社は:手数料収入で儲かる

このように、カード会社だけが儲かるわけではなく、カード会員やカード加盟店にもメリットがあります。

あとは現金好きの国民性が変わっていけば、今後さらにクレジットカードが普及することでしょう。

オススメカードの紹介

5つ星

ここからはツクレカのオススメのクレジットカードを紹介します。

楽天カード

楽天カード

楽天カードは年会費無料です。

ポイントは【100円につき1ポイント】貯まるので、基本の還元率は1.0%です。

楽天市場では、最低でも3.0%還元と高還元率なので、楽天のサービスを利用する機会がある方はさらにお得になります。

楽天カードの全てを解説!圧倒的人気No. 1でおいて損はない!券種・ポイント・特典・審査・投信・楽天payの徹底まとめ・楽天カードマンの正体は?【2019年最新版】

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下限定のカードで、年会費無料です。

通常のJCBプロパーカードの2倍、【1,000円につき2ポイント】が貯まります。

貯まったポイントは1ポイント=5円相当で交換できるので、基本の還元率は1.0%です。

また、セブン-イレブンやスターバックス、Amazonなど多くの優待店でポイント還元率がアップするので、お得にポイントが貯まります。

【39歳以下限定】高いポイント還元率、年会費無料の「JCB CARD W」が新登場!審査の目安は?

JCB CARD Wの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
還元率
(4.5)
メインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

JCB CARD W<公式サイト>

まとめ

カード会社は新規申込者を積極的に募集しています。

カード会社の収益構造が「会員数が多くなるほど利益が出る仕組み」であるためです。

クレジットカードは、カード会員・カード加盟店・カード会社の三者それぞれに利益が出る構造になっています。

  • カード会員:手持ちの現金を気にせず買い物ができ、ポイントも貯まってお得
  • カード加盟店:支払方法を増やすことで顧客の商品購入の機会を逃さずに済むため売上アップが期待できる
  • カード会社は:手数料収入で儲かる

カード会員がよりお得にクレジットカードを利用するには、1回払いや2回払い、ボーナス一括払いを利用し、リボ払いやキャッシングは利用しないようにするなど、利息が発生しないようにするのがオススメです。

楽天カード

CMで超有名、楽天カードマンでおなじみ年会費永年無料の楽天カード。ずっと楽天よく使うなら絶対持ちましょう。ポイントザクザク。

入会特典最大7,000円相当ポイント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 10.0%
発行スピード(最短)
~1週間
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

入会特典最大13,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 3.5%
発行スピード(最短)
~3営業日
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

新規入会限定!ポイント4倍キャンペーン

▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

ケロンくん

ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


※クリックだけで完了します!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 イオンカード・ミニオンズ
    ※キングボブデザインはこちら
 3位 楽天カード
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪