今すぐクレカが必要な方は→

格安プラチナカード「TRUST CLUB プラチナ マスターカード」申込受付スタート!年会費なんと3,000円で高還元率&ポイント制度やコスパ良すぎな特典について解説。

TRUST CLUB プラチナ マスターカード

先日とあるニュースがクレジットカード業界を震撼させました。

そのニュースとは「TRUST CLUB プラチナ マスターカード」のグレードを年会費はそのままに「チタン」から「プラチナ」にアップするというニュースでした。

TRUST CLUB プラチナ マスターカードの年会費は3,000円(税別)なので、年会費3,000円で作れるプラチナカードが誕生することに!

2019年7月1日に申込受付がスタートしています!

ざっくりこのカードの魅力は下記でしょう。

  • 年会費3,000円・最安級プラチナカードの誕生
  • 空港ラウンジ特典(国内)つき
  • Boingo Wi-Fi特典つき【個人的にはイチオシの特典】
  • 国内外の旅行傷害保険がしっかり付帯
  • その他、旅行・ダイニング系特典(招待日和含む)がしっかり付帯

国内出張が多い若手ビジネスマンが、「そこそこの年会費で1枚ちょっといいカードを持ちたい」というケースか、「Wi-Fi特典の良さに気が付いた外出が多い方」などに選ばれそうなカードですね。

なかなかよくできてます。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUB プラチナカード<公式サイト>

プラチナカードと聞くとかなりグレードが高いと認識していると思います。

はたしてTRUST CLUB プラチナ マスターカードはどのようなカードになるのでしょうか。

TRUST CLUB プラチナ マスターカードの基本スペック

プラチナマスター

まずはTRUST CLUB プラチナ マスターカードの基本スペックについて解説していきます。

SuMi TRUST CLUB リワードカードから名称変更(2019年7月1日以降)

TRUST CLUB プラチナ マスターカードを発行する予定なのが、ダイナースクラブの発行会社として有名な三井住友トラストクラブ。

現状、三井住友トラストクラブはSuMi TRUST CLUB リワードカードというクレジットカードを発行しています。

そのカードが、2019年7月に全面刷新されて「TRUST CLUB プラチナ マスターカード」に生まれ変わりました。

冒頭の「SuMi」という単語もなくなり、よりシンプルで覚えやすい券種名に。

このカードこそが、年会費3,000円(税別)で発行できるプラチナカードというわけです。

年会費、締め日、国際ブランド

項目 詳細
年会費 3,000円(税別)
締め日 毎月15日締め翌月10日支払い
国際ブランド MasterCard

これまでもっとも年会費が安い「ジャックスカードプラチナ」などで、年会費は20,000円(税別)が最安値でした。

ジャックスプラチナカードはインビテーション制ではなく自分で申し込める!気になる審査や他のプラチナカード(JCBプラチナ、エポスプラチナなど)との比較も。

ケロンくん

それを考えると年会費3,000円(税別)は、かなり衝撃的なことだね。

申込資格・プラチナカードについて

▼TRUST CLUB プラチナ マスターカードの申込資格

  • 年齢が22歳以上であること
  • 年収が200万円以上であること

つまり大学を卒業して正社員になった人であれば、申込条件はクリアできるはずです。

またプラチナカードはゴールドカード以上のランクに属するカード。

新卒社会人でかなり高いグレードのカードが発行できることは、クレジットカード業界としても大きな岐路をむかえていると考えられます。


→早速申し込んだ方もいらっしゃいます!確かにデザインもシンプルでいいですよね。

マスターカード内での立ち位置

またマスターカード内での立ち位置も、プラチナカードはかなり高いです。

マスターカード内でのステータスは高い順に

ワールドエリート>ワールド>プラチナ>チタン>ゴールド>スタンダード

一般的にステータスが高いとされるゴールドカードよりも2つランクが高いので、ステータス性に疑いはないでしょう。

TRUST CLUB プラチナ マスターカードのポイント制度


出典:SuMi TRUST CLUBカード(公式サイト)

それではTRUST CLUB プラチナ マスターカードのポイント制度は、どのようになっているのでしょうか。

ポイント還元率は0.8%程度

TRUST CLUB プラチナ マスターカードは100円の利用ごとに、2ポイントが貯まります。

これだけ聞くとポイント還元率がとても高いように聞こえますが、ポイント交換をするときのレートが1ポイント0.4円程度なので、実質のポイント還元率は0.8%程度。

ポイント還元率だけを見ると、決してポイント還元率が高いカードとは言えませんね。

ケロンくん

楽天カードやJCB CARD Wは年会費無料でもポイント還元率1%。
ポイント還元率だけなら、お得なカードは他にもあるんだ。

リボ払いでポイント還元率アップだが利用には注意

TRUST CLUB プラチナ マスターカードではリボ払いでの支払いは、100円の利用ごとに3ポイントが貯まる仕組みです。

ただしリボ払いは仕組みをしっかり理解していないと、高い金利を支払うことになってしまいます。

「ポイントをもらうためにリボ払いにしたのに、金利でポイント増加分以上支払っていた」

そんなことが起こりえるので、リボ払いの利用には注意しましょう。

▼クレジットカードの支払いの仕組みについて詳しい解説はこちら

【クレジットカードの支払い方法】一括払い・分割払い・リボ払いの違い。メリット・デメリット・利息を比較してみた!

ポイント有効期限はなし

TRUST CLUB プラチナ マスターカードのポイントには、有効期限がありません。

そのためポイント交換を忘れていて、ポイントを失効してしまう心配はしなくても大丈夫ですね。

TRUST CLUB プラチナ マスターカードの特典

5つ星

ポイント還元率では他のカードに劣る部分がありますが、TRUST CLUB プラチナ マスターカードにはプラチナカードならではの特典があります。

ここからはTRUST CLUB プラチナ マスターカードの特典を紹介していきます。

Taste of Premiumでコース料理1名分無料

料理

TRUST CLUB プラチナ マスターカードの特典の中でぜひ使いたいのが、「Taste of Premium」というサービス。

Taste of Premiumにはさまざまなサービスがありますが、中でも「ダイニング by 招待日和」というサービスがオススメです。

ダイニング by 招待日和とは全国約200のレストランで、2人以上でコース料理を予約すると1名分の料金が無料になるサービス。

対象のレストランには1人1万円以上するコースも多いので、かなりお得なサービスですね。

ケロンくん

1万円以上お得になるサービスだから、これだけで年会費の元がとれちゃうね!

国内28空港などで空港ラウンジが無料利用できる

ラウンジ

TRUST CLUB プラチナ マスターカードを所持していると、全国主要空港のラウンジを無料で利用できます。

年会費3,000円(税別)のカードで空港ラウンジが使えるのは、かなりお得な制度ですね。

充実のトラベルサービス

荷物

またTRUST CLUB プラチナ マスターカードには、さまざまなトラベルサービスが付帯しています。

▼トラベルサービス

  • 航空券やホテルの予約ができるトラベルデスク
  • 空港クローク優待サービス
  • 海外用電話・Wi-Fiレンタルサービス

このようにさまざまなサービスが受けられます。

空港ラウンジと合わせて利用すると、旅行がかなり楽になりますよ。

Boingo Wi-Fi特典つき【個人的にはイチオシ】

Boingo Wi-Fi
私も知らなかったのですが、世界で100万以上のWi-Fiスポットにアクセスできるサービス。

通常月額14.99ドルなのですが、TRUST CLUB プラチナ マスターカードの会員はこの特典が無料で付帯…。

これで外出中も快適にインターネットが活用できますし、海外でも利用可能なスポットが多いので本当に助かります!

▼Wi-Fi特典、これすごいですよ… 下記の記事でも詳しくまとめています。

クレジットカードにWi-Fi特典が付帯する!?「boingo(ボインゴ)Wi-Fi」とは?ミライノデビット・ダイナース・アメックスなどの一部カードに付帯!

TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUB プラチナカード<公式サイト>

プラチナと名のつくカードはたくさんある

クレジットカード

ここまでTRUST CLUB プラチナ マスターカードについて解説してきましたが、そもそもプラチナカードとはどのようなものなのでしょうか。

ここからはプラチナカードについて解説していきます。

プラチナカードの一例

一般的にクレジットカードのランクは高い順に

【ブラック>プラチナ>ゴールド>一般カード】

と設定されています。

ブラックカードはクレジットカード会社からのインビテーション(招待)があってはじめて申し込みできることが多いので、招待なしで申し込みができるカードの中でプラチナカードは最高峰。

年会費も2万円~15万円と高額なものが多く、ブラックカードへの登竜門として作る人も多いです。

プラチナカードの一例としては、「JCBプラチナカード(年会費25,000円)」「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(年会費130,000円)」などが有名ですね。

「JCBプラチナ」の審査・特典・コンシェルジュを徹底解説!2枚持ちで弱点のマイルや国際ブランドをカバーして上手に使おう。

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス)」は最強の1枚。メリット・特典・保険とあわせてインビテーションについても徹底解説

JCBプラチナの申し込みは、こちらから。

JCBプラチナ

JCBプラチナ<公式サイト>

デビットカードにもプラチナカードはある

デビットカードの漫画

また「タカシマヤプラチナデビットカード(年会費30,000円)」「ミライノ デビット PLATINUM(年会費10,000円)」といった、デビットカードのプラチナカードも登場しています。

デビットカードは買い物をしたら即銀行口座からお金が引き落とされるので、近年徐々に人気が高まりつつあります。

空港ラウンジサービスなどをプラチナカードでは付帯させているので、デビットカードユーザーでもステータスの高いカードが持てるようになりました。

タカシマヤプラチナデビットカードは高島屋の富裕層向けデビットカード。ポイント還元率最大10%はクレカよりもお得!

【日本では久しいデビットマスターカード】「ミライノデビット」が住信SBIネット銀行より登場!ポイント還元率は0.8%以上!

プラチナカードを持つ価値はあるの?

?

ここまでプラチナカードについて解説してきましたが、実際プラチナカードを持つ価値はあるのでしょうか。

最後にプラチナカードを持つ価値について考えていきたいと思います。

ステータスとして保持するメリット

プラチナカードと一般的なカードを比較すると以下のようになります。

プラチナカード 一般カード
年会費 2万円~15万円(TRUST CLUB プラチナ マスターカードは3,000円) 無料のものが多い
ポイント還元率 1%前後 0.5%~1%
審査 年収や年齢による制限あり 年収による制限なし

フリーターや学生でも作成可能

特典 空港ラウンジ、レストラン割引などカードによってさまざま とくになし

プラチナカードと一般カードでは、審査ハードルが違うためプラチナカードは持っていることがステータスです。

特典もカードによってさまざまなので、そのサービスを受けるために年会費を支払っているような感覚でしょうか。

ただしポイント還元率についてはランクの高いカードと一般カードでは、ほとんど変わりません。

そのため特典を使わないのであれば、一般カードでも十分ではないでしょうか。

プラチナカードを作るかどうかは、特典に年会費を支払う価値があるかどうかで判断するといいでしょう。

今後TRUST CLUB プラチナ マスターカードのように年会費が安いプラチナカードが続出するかも

コーヒーとノート

近年MUFGゴールドカードや楽天ゴールドカードのように、年会費2,000円程度で作成できるゴールドカードが増えてきました。

そんな中TRUST CLUB プラチナ マスターカードが、年会費3,000円のプラチナカードとして登場。

これまでゴールドカードやプラチナカードを持つことがステータスの一種だったのに、その時代も変わりつつあります。

今後はTRUST CLUB プラチナ マスターカードのように、年会費の安いプラチナカードが続出するかもしれませんね。

TRUST CLUB プラチナ マスターカードの作成を検討してみよう

ここまでTRUST CLUB プラチナ マスターカードについて解説してきました。

年会費3,000円で作成できるプラチナカードということでかなりの衝撃でしたが、プラチナカードを持ちたいという人にはぴったりのカードです。

プラチナカードを持ってみたいという人は、TRUST CLUB プラチナ マスターカードの作成を検討してみてはいかがでしょうか。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUB プラチナカード<公式サイト>