2018年最新!おすすめクレカランキング→

家族カードって何?審査やその仕組みまで徹底解説

クレジットカードは「家族カード」を発行できるタイプが多いです。
家族カードというのは1枚のカードを家族で共有するためのアイテムです。

所得が低くてクレジットカードを作れない場合、家族カードなら簡単にクレジットカードを持てます。また、1枚のカードにおいて家族でポイントを一緒に貯められるなど、家族カードにはいくつかのメリットがあります。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

家族カードの仕組み

家族カードを発行するためには本会員のクレジットカードが絶対に必要となります。

構図を簡単に説明すると、「親カード」と「子カード」という感じです。親カードが本会員のクレジットカードで子カードが家族カードとなります。

すべては親カードに起因する

家族カードのステータスはすべてにおいて本会員が持つクレジットカードに起因することになります。親カードがゴールドカードなら、家族カードについてもゴールドカードならではの特典が付帯されることになります。

基本的に親カードが持つステータスのすべてが家族カードにも継承されることを覚えておいてください。

例えば、ポイントが率が100=1ポイントなら家族カードもそのポイント率からポイントを貯めることができます。

本会員が持つクレジットカードのステータスが優秀であるほど、家族カードを持つ人にとっては大きな恩恵を受けられることになります。

利用枠も共有となる

クレジットカードには利用枠がありますが、家族カードを発行した場合は利用枠についても共有となります。利用枠が100万円ならその利用枠を親カードと子カードで共有することになるため、ここもしっかりと覚えておきましょう。

本会員が自分一人でクレジットカードを使うよりも、家族カードを発行して家族でカードを共有する方が利用枠の空きが減りやすくなります。

家族カードを発行するなら増額を検討するなど、利用枠の管理や把握はしっかりと行いましょう。

支払いについては本会員だけに責務がある

家族カードの支払いについて、ここが最も気になるところではないでしょうか?

家族カードの支払いは家族カードを持っている本人ではなく、親カードを持っている本会員に請求がいく仕組みになっています。

家族カードの支払いで気を付けておくべき人は本会員です。家族に家族カードを渡してガンガンカードを使われますと、自分の知らない間に請求額が高額となってしまうことがあります。そのため、家族カードの使い方について家族と話し合いをしておくことが大切です。

家族カードは夫婦関係が離婚の瀬戸際だったり、親子の関係がうまくいかない時などに請求トラブルが起こりやすいです。本会員としては、こうした事態を未然nに防止する必要があるのでしっかりと家族で「ルール」を決めることが大事です。

家族カードはメリットが多い

家族カードは使い方や考え方によって様々なメリットが出てきます。代表的なメリットとしてはポイントの合算があります。ポイントの所持者は本会員となるため、本会員にとっては家族カードを発行する方がポイントを効率良く貯められるのでお得です。

家計の出費についても支払日までのゆとりを持ちやすいことから、資金のやり繰りをしやすいメリットもあります。法人のクレジットカードに似たようなメリットもあることを覚えておきましょう。

妻に家族カードを発行して毎月の食材や生活用品をカード払いしてもらう、子供に家族カードを発行して学校で必要な物をカード払いしてもらうなど、家庭としての出費を管理しやすくなることもメリットですね。

家族カードの年会費は安い

家族カードの年会費はかなり安いです。

まず、本会員の年会費が無料なら家族カードの年会費も無料です。本会員の年会費が有料でも家族カードの年会費は半額以下が相場です。

一般カードのクレジットカードの年会費は高くても3,000円ほどですが、この相場において家族カードを発行する場合は家族カードの年会費は高くても1,000円前後です。

スポンサードリンク

ゴールドカード以上になると家族カードの相場も上がります。しかし、本会員のゴールドカードの年会費が高くても家族カードについては年会費が無料というカード会社もあります。

基本的に家族カードはコストが安いことを覚えておいてください。

枚数制限は注意をしておこう

本会員のクレジットカードで家族カードを何枚まで発行できるのか?
これは各カードによって違います。

年会費をチェックする際に枚数制限についても確認しておきましょう。1枚目の家族カードと2枚目の家族カードの年会費が異なるケースもあります。

家族カードの審査

家族カードも一応は審査があります。しかし、本会員ほど厳しい審査が待ち受けているわけではないため、そこまで審査を考慮する必要はありません。

基本的に家族カードは審査に落ちる方が珍しいです。

家族カードの審査が激甘な理由

家族カードは無審査と言っても過言ではないほどに審査が甘いです。その理由は家族カードを持つ人に支払いの責任がないからです。専業主婦や学生でも家族カードを持つことができます

家族カードの審査に落ちてしまう場合、これは申込資格を見落としているケースが大半です。家族カードにも申込資格が設定されており、特に年齢制限はしっかりと確認しておく必要があります。

家族であれば誰にでも家族カードを発行できるわけではなく、申込資格を満たせる家族に対して家族カードを発行できるようになっています。年齢制限は18歳以上となっているケースが多いため、年齢制限をしっかりと確認しておきましょう。

こんな人に家族カードはおすすめ!

家族カードはクレジットカードを持てない人にオススメです。一般的に専業主婦など、収入が低い人はクレジットカードを持つことができません。そんな人でも家族カードなら簡単にカードを持つことができます

クレジットカードを自分で作れない人の選択肢として「デビットカード」や「電子マネー」が候補となりますが、カード性能を考慮すると家族カードを発行する方が使い勝手が良いです。
カードを使えるシーンは圧倒的にクレジットカードの方が優秀です。

クレジットカードは加盟店において使えると共にオンライン決済が可能であり、国際ブランドが付帯されていれば海外でも使えます。
また、他のカードに比べると特典やポイントなどが充実していることも大きなメリットです。

合わせて読みたい

優秀なカードで家族カードを発行しよう~まとめ~

家族カードはすべてにおいて親カードに起因することからも、親カードのステータスによって家族カードのメリットが変わってくることになります。ゴールドカードやプラチナカードなど、優秀なカードほど家族カードを発行しておきたいところです。

これから家族カードも視野に入れてクレジットカードを作るなら、特典やポイントなどを重視しておきましょう。家族でクレジットカードを共有する際にいかにメリットを得られるのか?ここが非常に重要となります。

優待割引が充実しているクレジットカードで家族カードを発行すると、家族カードでも優待割引が使えるようになります。家族みんなでお得にクレジットカードを使うなら、ステータスを重視しておくことが大切です。

ETCカードも同時におすすめ

クレジットカードの追加オプションとしては家族カードと同時にETCカードもおすすめです。

発行手数料や年会費が無料となっているETCカードオプションは多いので、高速道路を利用することが多い方はETCカード発行も検討してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500