2018年最新!おすすめクレカランキング→

締め日と支払日の違いとは?クレジットカードお支払いガイド

クレジットカードには「締め日」と「支払日」がありますが、この2つは役割が異なります。

よく勘違いされているk他がいらっしゃるので、ここで整理しておきましょう。
締め日は支払額が決定される日、支払日は支払いが実行される日です。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

クレジットカードの支払いを調整しよう

クレジットカードは「分割払い」や「リボ払い」などから好きな返済方法から支払うことができます。元金が高額な場合は支払額を調整しなければ、次の支払日に大きな金額をまとめて支払えないことがありますね。

以下は、世帯別月平均クレジットカード利用額(2015年)の統計です。

 調査時期 : 2015年 11月
 調査方法 : インターネット調査
 調査地域 : 全国
 調査対象者 : 3,500人 (20代から60代の男女、学生を含む)

fireshot-capture-224-http___www-global-jcb_ja_press_news_file_file_20160222-pdf

(出典:http://www.global.jcb/ja/press/20160222150000.html

このグラフからわかるように、世帯別月平均5.3万円をクレジットカード決済で支払っているということです。
単身世帯、5人以上の家族世帯等、様々な家族形態がありますが、月に5.3万円というと結構大きな額ですよね。ただこれはあくまで平均です。プラスαで買い物してしまった月は、支払いの負担がより大きくなりますね。

そういった場合に後から「リボ払い」や「分割払い」での支払いの調整が便利です。

締め日と支払日を確認

まず最初にやっておきたいことは「締め日」と「支払日」を確認することです。

クレジットカードはすべてのカードにおいて「2つの日」が共通しているわけではなく、カード会社によって締め日や支払日が異なります。自分が持っているカードにおいて確認する必要があります。

締め日や支払日の確認方法は電話から問い合わせるのが早いです。
オンラインサービスを利用してマイページにログインすることでも、締め日や支払日を確認できるクレジットカードもあります。

電話番号はカードの裏面に記載されているので、手元にあるクレジットカードから簡単にお問い合わせ先を知ることができます。
まずはしっかりと「それぞれの日」を把握しておきましょう

締め日までに支払額を調整しよう

クレジットカードの支払額の調整は「締め日」までに行うことが基本です。締め日が毎月の15日になっているなら、その日までに次回の支払日の支払額を調整しておく必要があります。
カードによっては、締め日を過ぎると支払額を調整できないケースがあります。

締め日を過ぎてしまうと絶対に支払額を調整できないのかと言うと、これは割と柔軟な対応をしてくれるカード会社が多いです。
15日を過ぎてから17日や20日に支払額の変更を希望しても、カード会社によっては対応してくれることがあります

ただし、支払日の前日など支払日が近づくに連れて支払額の変更ができなくなる可能性が高くなるため、基本的には締め日までに支払額を調整しておくことが大切です。

合わせて読みたい

電話で相談すると柔軟な対応に期待が持てる

もし、支払額を調整することができないと数日後にやって来る支払日に遅延行為をすることになりますね?
そうした事態が分かっている状況だと、大抵は電話相談することで支払額を「分割払い」や「リボ払い」から調整してもらうことができます

いくらまで支払額を調整できるのか?
これはカード会社の返済方法に寄ります。

リボ払いを例に説明すると、残高が50万円なら1万円に調整でき、100万円の残高なら最低が2万円になるなど、基本的に残高によって調整できる範囲が変わります

無理をしてクレジットカードを使い過ぎてしまうと、支払額を調整しても高額な支払額となるケースがあります。ここだけはしっかりと注意をしておく必要があります。

スポンサードリンク

分割払いとリボ払い

クレジットカードの支払額の調整というのは基本的に「分割払い」と「リボ払い」を行き来することになります。
一括払いを含めて「分割払い」にしている返済を「リボ払い」に変更する、あるいは「リボ払い」にしている返済を「一括払いや2回払い」にするなどです。

カードの支払額が少額なら「締め日」や「支払日」、あるいは支払額の変更というのは気にする必要がありません。
しかし、高額にカードを使った場合はこれらのポイントをしっかりと抑えておかなければ延滞行為に繋がる可能性があるため、しっかりと支払いの管理に力を入れましょう。

延滞行為をすると利息が高い

クレジットカードの支払日に支払うことができない場合は支払日の翌日から延滞行為となります。延滞行為になってしまうと延滞利率で利息が計算されてしまうので、通常よりも利息が高くなります

信用を失ってしまうというデメリットもありますが、数日程度の延滞行為ならさほど問題ではありません
数週間や1ヶ月を超える遅延行為は信用低下に繋がるため、最悪の場合は強制解約させられることもあります。

繰り上げ返済をしても支払日は消えない

クレジットカードは前倒しで支払う「繰り上げ返済」があります。これはオンラインやATMから指定した金額を自由に返済できる方法ですが、繰り上げ返済をしても支払日は消えないので勘違いしないようにしましょう。

繰り上げ返済をしても支払日が消えないなら意味がないと思いがちですが、繰り上げ返済のメリットは利息のカットにあります

日割り計算で利息が算出されるリボ払いの場合、1日でも早く元金を減らす方がお得になります。

利息や手数料が発生する返済方法を指定しているなら、繰り上げ返済を利用する方がお得になることを覚えておきましょう。
ちなみに利息や手数料が発生しないのはショッピング枠において分割払いの「一括払い」と「2回払い」と「ボーナス払い」のみです。

支払日の前日までにお金を用意すること

クレジットカードの支払日を迎えると、当日に登録している銀行口座から支払額が引き落とされることになります。
実際に引き落とされる時間は朝の9時過ぎを想定しておくことが大事です。

口座に支払額を用意しておかなければ支払いが完了しないので延滞行為となります。そうならないためには支払日の前日までにお金を口座へ入れておくのが基本となります。

当日に支払いが完了しないとすぐに延滞行為になるわけではありません。もし口座からお金が引き落とされなかった場合でも当日中にカード会社に連絡をすれば支払いを完了することは可能です。その場合は支払方法が銀行振込となるので手間が掛かります。

当日に入金するなら朝の9時まで

支払日に引き落としが完了しないと色々と面倒です。

もし、当日にお金を入金するなら朝の9時までに入金を完了しておきましょう。これはオンライン上での資金の移動は間に合わないため、ATMを利用するしかありません。

支払日が土日祝の場合は翌営業日

支払日が土日や祝日の場合、金融機関が稼働していないため支払日は翌営業日となります。この場合も金曜日や祝日の前日には支払額を口座へ用意しておくのがセオリーとなります。

クレジットカードの引き落とし口座というのは給料を受け取る口座を指定しておくのが賢いです。そうすると、毎月の支払日に口座から口座へお金を移動させる必要がなく、支払いが遅れてしまうこともそうそうありません。

ちなみにオンラインから口座間で資金を移動させる場合、これは1日掛かることが多いです。自分でATMからお金を降ろして目的の口座へ入金する方が確実に早いことを覚えておきましょう。

オンライン上でお金を動かすなら目的日の前日の午後3時までに実行しておくのが理想です。

支払日は絶対に把握しておくこと!~まとめ~

基本的にクレジットカードの「締め日」は適当に把握しておいても大きな問題ではありません。
しっかりと締め日を覚えておく方が返済の管理をしやすくなることは間違いありませんが、支払額の変更に対して柔軟な対応をしてくれるカード会社が多いのが救いです。

逆に「支払日」については絶対に把握しておく必要があります。毎月の支払日がいつなのかを把握しておかなければ、遅延行為に発展してしまう可能性があるからです。

クレジットカードの支払日を頭に叩き込んでおき、その日にいくらの金額を支払うのか?
これを締め日までに計算しておくのがクレジットカードの正しい支払い方法となります。

もし、支払いが厳しい場合は締め日を目途にしながら支払額を調整しましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500