今すぐクレカが必要な方は→

【自己破産後の生活】多重債務から自己破産への流れ。その後クレジットカードは作れる?キャッシュレス社会に対応できそう?などの疑問を解説。

本

こちらの記事では、そんな人に向けて自己破産の流れ・費用などを自己破産経験者が解説していきます。

「自己破産をしてしまうと、人生が終わってしまうのではないか」

と考えている人もいるかもしれませんが、実際そんなことはなく人生をやりなおすためのチャンスです。

自己破産をしたあとはクレジットカードが作れなくなる!?などのリアルな筆者の生活を告白しています。

すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

この記事の目次

そもそも自己破産とは?

書類

自己破産という言葉をみなさん一度は聞いたことがあると思いますが、実は「債務整理」の一種です。

債務整理は借金を減額したり、支払いに猶予を持たせる方法のこと。

まずは債務整理の種類を4つ解説していきます。

ポイント!
借金が返済できない=自己破産ではなく、他の手段で借金を返済していくという手もあります。

1,任意整理

任意整理とは借金の減額・返済額の減額・金利の引き直しなどを、金融機関に交渉することです。

他の方法と大きく違う点は、裁判所を通さず弁護士と金融機関が直接交渉すること。

交渉がうまくいけば返済が楽になり、生活にもゆとりがでてきます。

ポイント!
「借金が返済できるように、契約内容を組みなおす交渉をすること」
任意整理はこのようにとらえると、わかりやすいのではないでしょうか。

2,個人再生

個人再生とは現在ある借金の返済が困難であることを裁判所に認めさせ、3年~5年かけて返済できるようにする手続きです。

裁判所の判断にもよりますが、借入額が大幅に減少することもあります。

自己破産と違い不動産や車などの財産を手放さなくていい点が、個人再生を利用するメリットですね。

3,自己破産(同時廃止)

自己破産には「同時廃止」「管財事件」という2つの手続き方法があります。

同時廃止は高額な財産を所有しておらず、破産管財人が詳しい調査をする必要がないと判断されたときにとられる手続き。

同時廃止と判断された場合、破産手続きが開始されると同時に事件が廃止されるので、管財事件に比べて手続きがスムーズに進みます。

注意
同時廃止になるか、管財事件になるかは裁判所が判断します。

4,自己破産(管財事件)

一方管財事件は、裁判所から破産管財人が選定され、財産や免責不許可自由について詳しく調査されます。

同時廃止が3カ月ほどで終了するのに対し、管財事件の場合は6カ月ほどの時間がかかります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

同時廃止と管財事件では、かかる時間や費用が大きく異なるので、注意が必要ですよ。

筆者が自己破産をした経緯

ノート

まずは筆者が自己破産をした経緯について簡単に説明していきます。

借金が積み重なって自己破産の道へ

会社を辞めて自分で事業をしていたのですが、それがうまくいかず借金が積み重なりました。

積み重なった借金は500万円以上。

利息の支払いも厳しいですし、最終的には家賃や光熱費も滞納していました。

そのような状況に見かねた両親が弁護士さんに相談するよう説得され、その後自己破産の道を選びました。

自己破産に至った経緯

?

まずは筆者が自己破産に至った経緯を紹介していきます。

事業をしていたがうまくいかず借金が積み重なる

私が自己破産をしようと決断したのは、29歳のころ。

25歳で会社を辞めて独立したのですが、事業がうまくいかず借金が積み重なってしまいました。

積み重なった借金は500万円以上。

両親や知人からもお金を借りており、自身では利息の支払いどころか、生活費を何とかするのでいっぱいいっぱいでした。

支払いができなくなりクレジットカード現金化にも手を出す

家賃や光熱費の支払いもできなくなってしまった私は、ついに「クレジットカード現金化」に手を出してしまいます。

クレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約にも違反しており、絶対に手を出してはいけないこと。

しかし当時の私は正常な判断ができず、目の前の現金を手に入れることに必死でした。

両親に連絡が入り自己破産の道へ

カードローン会社からの電話が毎日鳴りやまず、どんどん精神が追い詰められていく私。

最終的にはクレジットカード会社から実家に連絡が入り、両親にすべてを話しました。

その後両親や弁護士さんと相談した結果、自己破産をすることが最善という判断に至ります。

今だから思うのですが、この時両親に素直に話をして自己破産の道を選んでいて本当に良かったと思います。

あのまま自分で抱え込んでいたら、最悪の道を選んでいたかもしれません。

ポイント!
筆者はこのときの経験から、同じような境遇の人を救いたいと思い金融ライターになりました。
今では落ち着いた生活ができているので、自己破産の道を選んでよかったと思っています。

クレジットカードの請求が払えない!残高不測のときにまず確認すべき手順と最終手段について。

光熱費(電気・水道・ガス)が払えない・税金未納のお金に困った人注目!初回無金利のキャッシング・カードローンは緊急事態の強い味方です


自己破産の流れ

裁判

それでは自己破産はどのような流れでおこなわれるのでしょうか。

ここからは自己破産の流れについて解説していきます。

STEP:1 弁護士に自己破産の相談をする

自己破産をするときは、まず弁護士に相談するところからスタート。

実際は弁護士を通さずに手続きも可能ですが、書類の準備や裁判所とのやりとりなど、素人ではかなり大変な業務がたくさんあります。

筆者は自己破産を経験したうえで、弁護士の手助けなしでは自己破産できなかったと断言できます。

初回の相談料は無料の弁護士事務所も多いので、まずは弁護士に相談してみましょう。

ポイント!
弁護士に自己破産を依頼したら、債権者に対して受任通知※を送ってくれます。
受任通知を受け取った債権者は、今後債務者に直接連絡できなくなるため、金融機関からの電話がなくなり精神的に楽になります
※今後の連絡は本人ではなく弁護士宛てにしてね、という書類。

STEP:2 必要書類の準備

弁護士との相談の上手続きを進めることが決まったら、裁判所に提出するための書類を準備します。

▼必要書類

  • 自己破産申立書
  • 陳述書
  • 住民票・戸籍謄本
  • 給与明細書など収入がわかる資料
  • 預金通帳のコピー
  • 債権者一覧表

かなり数が多いです。

筆者の場合100枚を優に超える資料を、提出しなければなりませんでした。

これらの資料を用意しなければならないので、弁護士のサポートは必須と言えるでしょう。

ポイント!
同居している家族がいる場合、家族の所有財産などを調査することもあります。
家族に知られず手続きを進めることは難しいので、協力してもらったほうが手続きはスムーズに進みます。

STEP:3 破産手続きの開始

裁判所に資料を提出したら、破産手続きが始まります。

この時点で同時廃止になるか管財事件になるのかが決定。

「同時廃止」の場合裁判官との面談日時が決まり、後日面談がおこなわれます。

「管財事件」になった場合、破産管財人が選定されます。

破産管財人との面談(管財事件の場合)

管財事件の場合、その後破産管財人との面談が何度かおこなわれます。

筆者の場合最初の面談は弁護士同行ですが、2回目以降は1人で来てくださいということで1人で対応しました。

破産管財人には裁判所に提出した資料をもとに、記載事項に間違いがないか聞かれます。

弁護士に話したことを答えていれば、そのまま手続きが進んでいきます。

債権者集会(管財事件の場合)

破産管財人との面談が終了すると、債権者集会がおこなわれます。

債権者集会とは債権者が自己破産について異議がある場合、意見を述べるために用意される場所のことです。

債権者集会には弁護士同伴のもと、債務者も出席しなければなりません。

債権者集会と聞くと物々しい雰囲気が想像されますが、実際債権者が出席することは稀です。

筆者の場合も債権者の出席はなく、集会は5分ほどで終了しました。

STEP:4 免責許可が下りる

これらの手続きがすべて終了すると、1週間ほどで免責許可決定が弁護士事務所に通知されます。

その後債権者から申し立てがなければ、免責許可後1か月で法的にも免責許可が確定。

同時廃止の場合ここまで3~4カ月、管財事件の場合は6カ月ほどの時間がかかります。

自己破産の手続き方法(管財事件の場合)

本

自己破産には「同時廃止事件」「管財事件」の2種類があります。

筆者の場合、管財事件となり、金額が多かったこともあってか申請から自己破産が認可されるまで半年ほどの時間がかかりました。

ここからは私の体験をもとに、自己破産の手続き方法を紹介していきます。

ポイント!
  • 同時廃止事件:破産管財人が選任されず、手続きと同時に破産手続きが終了する。配当すべき財産がない場合に選択される。
  • 管財事件:裁判所によって破産管財人が選定される。その後破産管財人が、破産者の財務調査をおこなう。
  • 管財事件だったので手続きも半年以上かかるが無事認可される

    自己破産には同時廃止事件と管財事件という2種類の手続き方法があるのですが、私の場合は管財事件扱いでした。

    何度も弁護士さんのもとに通い手続きを進めた結果、無事自己破産が認可されました。

    自己破産をすることは人生の分岐点になることは間違いなく、手続きは慎重にしなければなりません。

    注意
    本記事はあくまで筆者の体験談です。
    ※必ずしもこの通りありませんので参考程度にしてください。
    すぐにお金が必要なら...!

    ※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    弁護士さんに相談する

    コールセンター

    自己破産の手続き第一歩は、弁護士さんに相談するところからです。

    自己破産の手続きは弁護士さんを通さずとも可能ですが、自己破産をした身からすると、弁護士さんに相談したほうが間違いなくいいです。

    自己破産の手続きには膨大な量の書類を書く必要があり、ミスは許されません。

    弁護士さんに依頼すれば書類チェックもしてくれるので、手続きがかなりスムーズに進みますよ。

    国が設立した相談機関である法テラスでは、無料相談もできますので、まずは相談をしてみましょう。

    ケロンくん

    自己破産にかかる弁護士費用は、分割払い対応してくれる事務所も多いよ。

    自己破産に必要な書類を用意する

    書類

    弁護士さんに自己破産手続きを依頼すると、債権者に対して受任通知というものを送付してくれます。

    受任通知を受け取った債権者は、債務者への連絡ができなくなるので、この時点でカードローン会社からの電話が鳴りやみますね。

    その後自己破産に必要な書類を用意していきます。

    書類は弁護士さんが用意してくれるのですが、量はかなり多いです。

    筆者の体験
    筆者の場合ハードカバーの小説くらいの厚さの書類を、必死になって書いていきました。

    裁判所に自己破産の申し立てをする

    裁判

    書類が書き終わったら弁護士さんのチェックを経て、裁判所に書類が提出されます。

    書類が受領されれば、その後裁判所から「破産手続開始の決定」が通知されます。

    また「破産手続開始の決定」と同時に、同時廃止事件か管財事件のどちらの対応になるかも決定。

    筆者の場合は、「管財事件」となり破産管財人が選定されました。

    破産管財人が財務調査をおこなう

    その後破産管財人に選ばれた弁護士さんが、破産者の財務調査をおこないます。

    それに伴って、何度か破産管財人の事務所に出向く必要があり、自己破産に至った経緯などを説明します。

    破産管財人による調査が終了すると、破産管財人からの書類が裁判所に提出され次の手続きに進みますよ。

    債権者集会がおこなわれる

    その後債権者集会というのものがおこなわれます。

    債権者集会とは、債権者に債務に関わる情報を開示して、破産手続きに債権者の意見を反映させるためのもの。

    ▼債権者集会に出席するメンバー

    • 破産者
    • 破産者の弁護士
    • 裁判官
    • 破産管財人
    • 債権者

    上記のメンバがが出席するのですが、実際のところ債権者が出席するのは稀なケースです。

    カードローン会社などはまず出席しませんし、出席者がいた場合でも質問がなければ5分もたたずに終わります。

    筆者の体験
    債権者集会という名前から筆者も緊張していましたが、何もすることなくあっさり終わりましたよ。

    自己破産が認可される

    債権者集会終了後、約2週間ほどで裁判所から免責許可の決定がおこなわれ、借金から解放されます。

    筆者の場合弁護士さんに相談してから、自己破産が認可されるまで約半年の時間がかかりました。

    管財事件だったこともあり時間がかかりましたが、無事認可されホッとしましたね。

    筆者の体験
    借金から解放されると、精神的にもかなり安定します。
    自己破産をするかどうか悩みましたが、今となっては自己破産をしてよかったと思います。
    すぐにお金が必要なら...!

    ※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    自己破産をしたあとの素直な感想

    コーヒーとノート

    筆者は29歳で自己破産をして、その後金融ライターとして活動しています。

    最後に自己破産をしたあとの素直な感想を書いていきます。

    多少の不便はあるものの自己破産はしてよかった

    結論からいうと私は自己破産をしてよかったと思っています。

    クレジットカードが作れないなど多少の不便はありますが、精神的ストレスがなくなったことが何より大きいですね。

    借金があることはもちろんですが、カードローン会社から毎日のように電話がくると、精神的に追い詰められてしまいます。

    そうなると次のことが考えられなくなるので、状況がよくなることがありませんでした。

    自己破産をして借金から解放されると、これからの人生をやり直せるので、今は自己破産をしてよかったと思っています。

    弁護士さんに依頼したほうがスムーズに手続きは進む

    また自己破産をする際は、弁護士さんに依頼したほうがスムーズに手続きが進みます。

    筆者の場合自己破産の免責不許可事由にあたるクレジットカードの現金化をしてしまったのですが、弁護士さんのサポートがあって、自己破産が認可されました。

    ▼弁護士によるサポート(一例)

    • 自己破産の書類記入方法
    • 債権者からの連絡対応
    • 破産管財人さんへの説明方法の指導

    などサポートしてもらった点は、山ほどあります。

    法テラス」経由で依頼した弁護士さんなのですが、とてもいい対応をしていただきましたよ。

    筆者の体験
    自己破産にかかった費用は、法テラスの制度を利用して分割支払いしています。
    毎月1万円ほどの支払いなので、そこまで負担にならず支払いができていますよ。
    すぐにお金が必要なら...!

    ※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    自己破産にかかる費用について

    分割払い

    続いては自己破産にかかる必要について解説していきます。

    弁護士費用は着手金と成功報酬がかかる

    自己破産にかかる弁護士費用は、「着手金」「成功報酬」があります。

    弁護士によってかかる費用は異なりますが、おおむね着手金は20万円~40万円、自己破産が成立したときの成功報酬として別途20万円~40万円です。

    その他に弁護士に出張が必要な場合は、日給と交通費実費が必要です。

    裁判所に納める費用

    自己破産は裁判所を通じておこなう手続きなので、裁判所に納めるお金もかかります。

    どの手続きでも収入印紙代として1,500円と、予納郵券代(切手代)として3,000円~15,000円(借入社数によって変化)は必要です。

    予納金について

    またこれらの費用とは別で、「予納金」を裁判所に納めなければなりません。

    予納金とは破産手続きにかかるさまざまな費用として充てられるもの。

    予納金が納められないと、裁判所も手続きをスタートしてくれません。

    予納金は同時廃止の場合1万円~3万円ですが、管財事件の場合50万円かかります。

    予納金は余った場合返還されますが、いくら返還されるのかは弁護士にもわかりません。

    ポイント!
    自己破産申立者の代理人弁護士が管財人に協力することで、予納金を20万円ほどに抑える少額管財という手続きもあります。
    ただし少額管財は扱っていない裁判所もあるので、事前に確認しましょう。

    弁護士費用は分割支払いも可能

    このように自己破産にはお金がかかるのですが、自己破産をしようとしている人の多くはお金がないから自己破産を検討しています。

    弁護士側もそのことを重々わかっているので、弁護士費用は分割支払いに対応している事務所もあります。

    注意
    ただし裁判所への予納金は、一括で支払わなければなりません。
    予納金が必要な場合は手続きを進めながらお金を貯めなければならないので、弁護士と相談しながら対応していきましょう。

    法テラスであれば無料相談ができる

    「自己破産を検討しているけど、どの弁護士に頼めばいいかわからない」

    そんな人は法テラスに相談してみましょう。

    法テラスは国が設立した法的トラブル解決機関で、弁護士に無料相談が可能。

    債務整理や自己破産に強い弁護士が、無料相談にのってくれます。

    相談は無料でできるので、まずは法テラスに相談してみましょう。

    ケロンくん

    筆者もどの弁護士に依頼すればいいかわからなかったので、法テラスに行ったところ親切な弁護士の方に巡り合えたよ!

    自己破産をするメリット

    メリット

    自己破産は人生において重大な決断です。

    自己破産を実際にする前には、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

    借金がゼロになる

    自己破産をする大きなメリットは、借金がゼロになること。

    借り入れが数百万円に及ぶと、毎月の返済額も5万円以上です。

    完済までは数年かかるので、数年間貯金もできず生活もかなり制約されてしまいます。

    「完済までの生活に耐えられない」

    そんな状況なのであれば、自己破産をして借金をゼロにすることも一つの選択肢です。

    実際筆者は借金がゼロになったことで、貯金もできるようになりました。

    金融機関からの連絡がなくなり精神的に楽になる

    借金を延滞していると、毎日のように金融機関からの連絡がきます。

    「借金を返せないのは自分が悪いとわかっているけど、なかなか電話にでられない」

    借金を延滞していた筆者は、毎日このような悩みを抱え精神的にも追い込まれていました。

    しかし弁護士に自己破産の依頼をすると、金融機関からの連絡が止みます。

    そうすると不思議なことに、精神的にかなり楽になります。

    自己破産による影響

    ピンチ

    自己破産にはデメリットがあります。

    ここからは自己破産をするデメリットについて解説していきます。

    クレジットカードが作れなくなる

    自己破産をしたときの1番のデメリットは、クレジットカードが作れなくなることでしょう。

    審査4コマ

    自己破産の情報が信用情報に記載されるため、自己破産後5年~10年間はクレジットカードが作れません。

    この期間は信用情報機関が定めた期間ですが、別に「社内ブラック情報」というものもあり、こちらの影響も加味するとクレジットカードの作成は非常に難しくなります。

    注意
    クレジットカード以外にも各種ローン契約ができなくなるため、携帯本体代金の分割払いができなくなります。
    このように影響は身近な生活にまで及びます。

    クレジットカードの社内ブラック情報・クレヒスはグループ会社内で共有されるの?個人信用情報機関とは異動の取り扱いが違う?

    弁護士さんとの打ち合わせが何度もある

    自己破産をするときは、弁護士と何度も打ち合わせをしなければなりません。

    とくに管財事件の場合、自己破産をする経緯などを弁護士・破産管財人に話します。

    弁護士は基本土日休みなので、自己破産をするためには平日に何度か時間を空けなければなりません。

    会社員をしていると時間の確保がなかなか難しいので、調整をしなければならない点は注意しましょう。

    自己破産に関するQ&A

    Q&A

    ここまで自己破産について解説してきましたが、細かな点まで説明できていませんでした。

    ここからは自己破産についての補足を、Q&A形式で紹介していきます。

    Q.車や自宅はどうなる?

    A.時価総額が20万円以上であれば清算されてしまいます。

    自己破産をすると時価総額20万円以上の財産が保有できません。

    そのため自己所有の不動産や新車を所持している人は、かなり高い確率で処分されてしまいます。

    自己破産をしても所有が認められている主な財産
  • 99万円以下の現金
  • 自己破産申し立て後に得た財産
  • 差し押さえ禁止財産(家具・家電など)
  • 自由財産拡張によって裁判所に保有が認められた財産
  • 破産管財人が換価を放棄した財産
  • ※自己破産をしても残せる財産はあるので、弁護士に相談してみましょう。

    Q.自己破産で家族に迷惑はかかる?

    A.自己破産はあくまで個人に対してのものなので、家族に取り立てが行くことや家族の財産が没収されることはありません。

    しかし自宅を保有している場合、不動産は処分される可能性が高いので引っ越しをしなければなりません。

    また同居している家族がいる場合、自己破産の書名を準備するときに協力が必要です。

    そのため家族にはしっかり相談したうえで、自己破産の手続きは進めましょう。

    Q.会社に自己破産をしたことはばれる?

    A.自己破産が会社にばれることはまずありません。

    会社にばれるケースとして多いのは、会社に自己破産に必要な書類作成を依頼したときです。

    会社員の人が自己破産をするときには、源泉徴収票や退職金見込証明書の提出が求められます。

    会社によっては書類を作成する理由を申告しなければならないので、このときにばれるケースがあるようですね。

    ただし近年は裁判所が配慮をして、自分で計算した退職金をもとに自己破産手続きを進めるケースもあります。

    心配な人は弁護士に相談してみましょう。

    クレジットカードが作れないことによる生活への影響

    ?

    自己破産をしたことでクレジットカードが作れないことは、キャッシュレス化が進む現代では大きな影響があります。

    クレジットカードが作れない筆者は実際どのような生活をしているのでしょうか。

    【まさかの増税延期も!?】2019年(令和)の消費税増税(10%)でもキャッシュレス決済(クレジットカードなど)なら9ヶ月間は2~5%還元!?コンビニでも2%還元の予定!

    デビットカードを活用することで代用

    デビットカードの漫画

    自己破産をした人は少なくとも5年間クレジットカードが作れないので、筆者は「デビットカード」を日常的に利用しています。

    近年銀行口座からすぐにお金が引き落とされるデビットカード需要が増えており、デビットカードのサービスも充実してきています。

    ▼デビットカードについて詳しい解説はこちら

    2019年のおすすめデビットカードはコレ!還元率の高いデビットカードが増えてますます使いやすくなりました!

    オススメは「GMOあおぞらネット銀行」のデビットカード

    あおぞら銀行のデビットカード「GMOあおぞらネット銀行デビットカード」は、満15歳以上であれば申し込めます(インターネット支店は満20歳以上)。

    国際ブランドはVISAで年会費無料、ポイント還元率はステージにあわせて0.6%~1.5%となっています。

    GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは0.6%~1.5%の高還元率でキャッシュバックしてくれるのでとてもお得!セキュリティも万全。(未成年も15歳以上であればOK)

    GMOあおぞらネット銀行デビットカード<公式サイト>

    Kyashと併用すればデビットカードでもポイント還元はかなり受けられる

    キャッシュ
    出典:Kyash(公式サイト)

    筆者は「Kyash(リアルカード)」「デビットカード」を併用しています。

    Kyashのリアルカードにはデビットカードも登録でき、Kyashを使って決済すると2%のポイント還元が受けられます。

    デビットカードのポイント還元率は0.5%ほどのものが主流ですが、Kyashを使えば2.5%のポイント還元が受けられるのでかなりお得ですよ。

    ▼Kyashについて詳しい解説はこちら

    送金アプリ「Kyash」って知ってる?スマホアプリとリアルカードで快適キャッシュレス生活を。【鬼の高還元率:2%】

    キャッシュレス社会への問題はほぼなし

    クレジットカードを作れなくなるという不便はありますが、それによってキャッシュレス社会に対応できないということはありません。

    クレジットカード以外にも先ほど紹介したデビットカードやプリペイドカードなど、さまざまな支払い手段があります。

    自分にあった支払い手段を確保してください。

    キャッシュレス決済の方法まとめ!クレジットカード、プリペイド式、アプリなどオススメを紹介していきます。

    すぐにお金が必要なら...!

    ※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    自己破産をしてよかったと思ったこと

    5つ星

    ここからは実際に自己破産をしてよかったと思うことを説明していきます。

    借金の連絡から解放される

    自己破産をして1番よかったと思うことは、借金の連絡から解放されることですね。

    借金に苦しんでいる人はわかると思いますが、借金の返済が遅れるとカードローン会社から催促の電話がかかってきます。

    もちろん返済できないこちらが悪いことはわかっているのですが、電話が毎日のようになるのは本当にストレスです。

    自己破産の手続きを進めると、受任通知という借金催促の電話が止まる手続きをするので、これは本当に楽になりますね。

    精神的なストレスの軽減

    カードローン会社からの連絡がなくなることで、精神的なストレスも軽減されます。

    私の場合毎日カードローン会社からの連絡がくることで、ノイローゼ気味になっていました。

    「お金は返済したいんだけど、どうすればいいのかわからない」

    借金に悩んでいる人の多くは、このような精神状態で誰にも相談できない状態が続いてしまいます。

    自己破産の手続きを進める中で、精神的なストレスが軽減していくことが実感できると思います。

    新たな道への展望が見える

    精神的なストレスが軽減されたことで、将来についてゆっくり考えることができるようになりました。

    自己破産の手続きを進める中で、なぜ借金をしてしまったか自問自答するようになり、自然と将来について考えます。

    ケロンくん

    自己破産は人生をやりなおすための権利。
    手続きの中で借金をした経緯や今後の人生について書類を書くんだけど、それが人生を振り返って今後のことを考えるきっかけになるんだ。

    自己破産するかどうか悩んでいる人へ

    雑誌

    最後に自己破産をするか迷っている人に向けて、筆者からのメッセージ紹介します。

    自己破産後も人並みの生活はできる

    筆者は自己破産をしましたが、収入は同年代の人と同じくらいになりましたし、今も楽しく過ごしています。

    もちろん自己破産の申請をしている最中はかなり凹んでいましたが、いつまでの凹んでいては前に進めません。

    これまでのことをしっかり反省し、前を向いて過ごしていたら人並みの生活が送れるようになりました。

    自己破産をしたからといって、人並みの生活が送れなくなるということはありませんよ。

    精神的なストレスから解放される点が1番のメリット

    自己破産をした経験から思うことは、精神的なストレスは身体にもかなり大きな影響を与えるということ。

    借金に苦しんでいたときは先のことも考えられず、死んだ方がいいんじゃないかと思うこともしょっちゅうでした。

    私の場合自己破産をして前向きになれたことで、人生を楽しく過ごせるようになりました。

    精神的なストレスから解放されることが、自己破産をする1番のメリットなのではないでしょうか。

    悩んでいるならまずは弁護士さんに相談しよう

    「自己破産をするメリットもデメリットもわかったけど、どうしても一歩踏み出せない」

    そう考えている人は、まず弁護士さんに相談しましょう。

    「法テラス」を利用すれば無料相談が受けられますし、弁護士費用の分割払いも可能です。

    まず弁護士さんに相談してそのうえで自分の人生を決めることが、自分の人生をよりよくしていくための第一歩ですよ。

    すぐにお金が必要なら...!

    ※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    自己破産後も楽しく生活しています

    ここまで自己破産をした筆者のその後の生活について紹介してきました。

    人生色々ありましたが、自己破産をした後は人生を楽しく生きられています。

    自己破産は選択肢の一つですが、決して悪いことばかりではありません。

    借金に苦しんでいる人は、一度弁護士さんに相談してみることをオススメしますよ。

    GMOあおぞらネット銀行デビットカード<公式サイト>

    ▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

    ケロンくん

    ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

    ▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


    ※クリックだけで完了します!

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
    ■随時更新!リアルな人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 イオンカード・ミニオンズ
        ※キングボブデザインはこちら
     3位 楽天カード
     ※当サイトの申込データを随時参照

      ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
    【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
    【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

      ■急ぎでカードが必要な方には
    【店舗数No.1】 ACマスターカード
     まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

    その他、注目のコンテンツも要チェック!

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


    皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 「おすすめカードを教えて」という質問
    • クレカの券種レビュー
    をお待ちしています!気軽にお送りください^^

    自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪