2018年最新!おすすめクレカランキング→

【初めてクレジットカードを作る君たちへ】クレジットカードというものを一から解説

これから初めてクレジットカードを作る方にとって、クレジットカードの内容はぼんやりと薄れて見えていると思います。
自分にとってベストな一枚を見つけるためにはクレジットカードを熟知しておくに越したことはありません。

今回はクレジットカードとはどのようなものか?
それについて一から解説していくので、初めてのカード選びの前準備として目を通してみてください

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

これで君はクレジットカードマスター!

クレジットカードを勉強する上で以下の10項目をしっかりと抑えておきましょう。この10項目を熟読するだけでクレジットカードをマスターできます
また、これからクレジットカードを使う上で覚えておくべき内容でもあります。

審査は返済能力と信用情報

クレジットカードに審査があるのはご存知だと思います。クレジットカードは審査に合格しなければ発行してもらうことができない仕組みとなっています。
審査はカードによって合格の基準が違います。

クレジットカード審査では様々なポイントをチェックされることになりますが、重要とされているのは「返済能力」と「信用情報」です。信頼を得ることが前提であり、その上で毎回の支払いを約束通りに行うことが必須となります。

返済能力は収入状況や他社の借入状況から判断されます。信用情報は信用登録機関の情報から判断されることになるため、クレジットカードの申し込みをするまでに金融機関とトラブルを起こさないことが大事です。
債務整理や遅延行為に気を付けておきましょう。

2つの利用枠と増額

クレジットカードには2つの利用枠があります。「ショッピング枠」と「キャッシング枠」を使うことができ、キャッシングについては申込時に付帯するかどうかを選べます。キャッシングを付帯させる方がクレジットカードの機能性は高くなります

どちらの利用枠も限度額の範囲でクレジットカードを使うことができるため、しっかりと限度額を把握しておくことが大事です。

限度額を満額まで使うと、それ以上はクレジットカードを使うことができません。

クレジットカードの利用枠は支払いをすることで復活します。そのため、カードを使うと共に支払いに力を入れることも大事になってきます。
このバランスをうまく保つことができると、継続して自由にクレジットカードを使えます

支払いをマスターしよう

クレジットカードの支払いは登録した銀行口座から約定日に引き落とされることになります。ショッピング枠とキャッシング枠が別の日に引き落とされるのではなく、約定日に両方の支払いをすることになります。

クレジットカードの支払いは「分割払い」や「リボ払い」や「ボーナス払い」など、好きな返済方法から支払額を調整できるようになっています。
高額な買い物をした場合はしっかりと約定日に支払える支払額に調整しておくことが基本です。

約定日を抑えること

クレジットカードの「約定日」はしっかりと抑えておかなければなりません。約定日に支払うことができないと延滞行為とみなされます。延滞行為をすると遅延損害金を支払わなければならないカード会社もあります

約定日は毎月必ずやってくる重要な日と覚えておきましょう。毎月の約定日は曜日によって多少の誤差がありますが、約定日が土日祝の場合は翌営業日が約定日になるのがセオリーです。

初めてクレジットカードを作る方にとっては約定日を把握することに慣れていないため、支払いが遅れたり支払額を管理できていないことがあります。約定日を把握していないことは、支払いにおけるトラブルに繋がってしまうケースがあるため、最初にしっかりと約定日を調べておきましょう。

遅延損害金に注意

約定日に支払いをすることができなければ、カード会社によって遅延損害金を請求されることがあります。遅延損害金は遅延利率から計算されるため、通常の利息よりも高い利息を支払う羽目になります。

遅延損害金を取られる場合、これは遅れている支払額を支払うまで継続して遅延損害金が発生することになります。
もし、約定日の勘違いから遅延損害金が発生してしまったら早くカード会社に連絡をしましょう。

スポンサードリンク

カード会社に連絡をすると遅延損害金の金額や遅延損害金の支払方法を教えてくれます。クレジットカードの支払いは銀行口座からの引き落としですが、遅延損害金の支払いについては指定口座へ振込から支払うことになります。早目に支払を完了するようにしましょう。

利息が掛からない支払方法

クレジットカードには「分割払い」や「リボ払い」など、いくつかの支払方法を選択できます。どんな支払方法を選んでも同じではなく、利息が掛からない支払方法を選ぶのが基本です。

ショッピング枠の支払いは分割払いの「一括払い」、カード会社によっては分割払いの「2回払い」までは利息が掛かりません。また、「ボーナス払い」についても利息が掛からないので覚えておきましょう。

キャッシング枠についてはどんな支払方法でも必ず利息を支払うことになります。キャッシング枠の利息を抑えるコツは早期完済にあります。1日でも早く完済することを目指しましょう。

合わせて読みたい

カードランク

クレジットカードには「カードランク」があります。それは「一般カード」と「ゴールドカード」と「プラチナカード」です。さらにその上には非公式の「ブラックカード」というランクもあります。

カードランクが高いほど特典が充実しているなど魅力的なクレジットカードとなります。
しかし、その反面として審査基準が高くなることからも高所得者でなければ所持できないケースが多いです。万人向けのカードランクは「一般カード」です。

合わせて読みたい

国際ブランド

クレジットカードを海外で使いたいという方は国際ブランドが付いているカードを選びましょう。有名な国際ブランドは「VISA」や「Master Card」、「アメリカンエキスプレス」や「JCB」などです。

以下、クレジットカード全体の売上高に対する各ブランド(国際7大ブランド)のシェアをグラフ化したものです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-22-47-41

(出典:http://www.smbc-card.com/camp/a1490/index.jsp

✳︎データ元:NILSON REPORT
✳︎2015年3月時点

国際ブランドが付帯されていると海外旅行や海外出張でもクレジットカードを使えるようになります。国際ブランドは加盟店が多いブランドほど便利となるため、迷った時は「VISA」や「Master Card」あたりを選んでおくのがおすすめです。

ポイントプログラム

クレジットカードはポイントプログラムが搭載されているため、カードを使うほどたくさんポイントを貯められます。
カード会社によって様々なポイントプログラムが用意されているので、ポイントの用途やポイント率などに注目しておきましょう。

クレジットカードのメリットはポイントプログラムにあると言っても過言ではなく、ポイントを効率良く貯められるカードほど恩恵が高くなります。また、貯めたポイントの使い道が多いほどメリットを受けやすくなります。

特典について

クレジットカードの特典はゴールドカード以上で充実する、ここを基本知識として覚えておいてください。一般カードでも特典が充実しているカードはちらほらとありますが、全体から見ると特典が充実している一般カードは少ないです。

クレジットカードの特典というのは幅が広く、「付帯保険」や「優待割引」や「空港ラウンジなどの無料サービス」など、いろんな特典があります。特典が充実していると、そのカードを持っているだけでお得となることが多々あります

入会キャンペーン~まとめ~

クレジットカードについて知っておくべき10項目をピックアップしてお送りしましたが、これから申込先を探す上で「入会キャンペーン」を活用してください。
いろんなカード会社で入会キャンペーンを見つけられるので、内容を比較検討して申込先を選ぶのがおすすめです。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500