2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードの審査とは?基準は?どうやって行わているの?

クレジットカードの審査は「自動審査」と「人の手による審査」の二段階方式が基本です。
即日発行が可能なクレジットカードなど、審査基準が緩いカードは「自動審査」が基本となります。

クレジットカードの審査で最も気になるのはその「基準」ではないでしょうか?

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

残念ながら明確な基準については知る術がありません。しかし、簡単に考えると審査基準は結局のところ「収入」と「信用情報」が重要ポイントとなります。

クレジットカード審査は簡単に考えるべし!

クレジットカード審査はそこまで難しく考える必要はありません。また、どれだけ深く審査について考えても答えがでないことを覚えておいてください。

答えが無い理由

クレジットカード審査の基準について明確な答えがない理由は各社が審査内容を公表することが絶対にないからです。
収入が審査に影響することは間違いありませんが、いくらの収入なら合格できるのか?その答えは絶対に分かりません

審査落ちの理由を問い合わせても、絶対に教えてくれない

誰もがそのクレジットカードが欲しいと思って申し込むと思います。
自分のクレジットヒストリーを振り返ってみて、複数回 or 長期の延滞や債務整理など思い当たらない方にとっては、審査に落ちてしまった理由が気になりますよね。

たまに審査に落ちた理由を問い合わせるために、カード会社のカスタマーセンターに電話をかける方がいらっしゃいますが、カード会社が審査落ちの理由を教えてくれることは絶対にありません。どんなに問い詰めても、「弊社の基準で…」とか「総合的な判断で…」などというように曖昧な回答しかもらえません。

カード会社は各社それぞれの審査基準を持っていて、1日に膨大な量の審査をしています。とても人間の手だけでは処理できない数なのである程度機械に任せて審査をしています。

機械によっては「審査可9割、審査不可1割」というように、審査の可否の割合を予め決めておいて審査するケースもあります。だから、信用情報に大きな問題がなくても審査不可になったり、それなりに延滞を繰り返していたのに審査可になったりケースも考えられなくはないのです。

そういう事情もあるため、カード会社・信販会社においては原則審査落ちの理由は口外できないことになっています。

合わせて読みたい

難しく考えても仕方がないよ・・・

クレジットカード審査は簡単に捉えましょう。難しく考えても答えが出ませんし、合格するための準備をすることが難しい現状があります。

どうして合格するための準備ができないのか?それは2つの理由があります。

1つ目は収入を短期であげることができないからです。
収入が高いほどクレジットカード審査に合格しやすくなりますが、これからクレジットカードへ申し込もうという状況ですぐに収入をアップさせることはできません。

2つ目の理由は信用情報にあります
後に細かく解説しますが、信用に傷が付いている状態だとクレジットカード審査に合格することが難しいです。時間の経過と共に信用を取り戻すことができますが、これも短期的に改善できる内容ではありません

信用情報は登録機関の情報がポイント

信用情報というのはカード会社の独断や偏見で決定されるものではなく、信用情報が登録されている機関からデータを入手して審査されます
簡単に言うと、延滞行為や債務整理をすると低評価の記録が残り、それによってクレジットカード審査に悪影響が出るという仕組みです。

一般的に金融会社との過去から現在までの付き合いの中で、特にトラブルがないなら心配する必要はありません。債務整理をすると完全にアウトですが、延滞行為については数日程度の延滞行為なら信用に傷が付くことはありません

信用に傷が付いてしまった場合、これは過去の記録が抹消されるまで待つ必要があります
もちろん、信用に傷が付いている状態でもクレジットカード審査に合格できるケースがありますが、悪影響が出ると想定されることは事前に考慮しておく方が良いかと思います。

日本の信用情報機関は?

日本において、経済産業省が指定する「個人情報に関する指定信用情報機関」は

  1. 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  2. 株式会社CIC
  3. 株式会社日本信用情報機構(JICC)

の3社があります。

各社の審査基準は違うが・・・

これはクレジットカードで良く議論される内容ですが、クレジットカードは各社によって審査基準が違います。要するに他社に比べて審査に合格しやすいクレジットカードが存在するということです。
しかし、これも結局は上記の通りに確実な答えがなく「噂レベル」の話となります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

少しでも合格に期待が持てるクレジットカード会社へ申し込むなら、噂レベルの内容を考慮するよりも確実に合格の可能性を高められる4つの方法があるので覚えておいてください。

実践すべし4つのこと

信用情報についてはクレジットカードへ申し込むまでの行為が重要となるため、将来的にクレジットカードへ申し込むことを想定して信用に傷を付けないように注意をしておきましょう。

さて、クレジットカード審査の合格率を高めるために「一般カードを選ぶ」「希望額を抑える」「キャッシングを外す」「他社の借入を清算する」を実践してみてください。

①一般カードを選ぶ

クレジットカードはゴールドカードなど上位ランクのカードは確実に審査基準が高くなります。そのため、合格することを優先するのであれば一般ランクのクレジットカードを選ぶようにしてください。

スポンサードリンク

一般カードだけでも様々なタイプのクレジットカードがありますが、特に合格を狙いやすいタイプとしては「学生向け」のクレジットカードがおすすめです。
低所得者向けのステータスなので、通常のクレジットカードよりも審査基準が低いことが簡単に推測できます

②希望額を抑える

クレジットカードの申し込みで希望額を設定できる場合、これは少額を希望するほど合格できる可能性が高くなります。身の丈に合った金額を希望することで、支払いの管理能力があるというメッセージにもなりますね。

③キャッシングを外す

クレジットカードはキャッシングの付帯を選べますが、キャッシングを外す方が審査に通りやすくなります。これは希望額を抑えるのと同じ効果があり、低い返済能力でも審査に合格しやすくなるわけです。

④他社の借入を清算する

他社の借入として「他社のクレジットカード」や「キャッシング」や「カードローン」の借入を清算しておきましょう。これらの商品で借入をしているほど返済能力が低く見積もられてしまうため、クレジットカード審査が不利になります。

合わせて読みたい

あれこれ考えずに申し込む!

上記の3つのことを実践すればクレジットカード審査で合格しやすくなりますが、基本的にクレジットカード審査はあれこれ考えずに申し込むのがベストです。
気になるクレジットカードを見つけたら積極的に審査を受けてみましょう。

合格できるかどうかわからないなら、結果を早く知る方が効率が良いですね?

もし、審査に落ちたら次に気になるクレジットカードへ申し込めば良いのです。実はこうした積極的な行動を取る方が自分のクレジットカードを早く見つけることができます

この方法からクレジットカード探しをする場合、絶対に同時申込だけは避けるようにしてください。同時申込をするとその時点で不合格になってしまうケースがあるので、ここだけは注意をしておかなければなりません。

以下はクレジットカードの契約数の推移を表したものです。

✳︎データ期間:2005年4月〜2015年12月
✳︎データ抽出日:2015年12月末時点
✳︎調査対象:CIC加盟会員

fireshot-capture-231-http___www-j-credit-or-jp_information_statistics_download_toukei_03_h-pdf

(出典:http://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_h.pdf

このグラフを見てもわかるように、クレジットカードの契約数の推移に関して大きな変化はありません。

ただ、見方を変えると契約数が横ばいで推移しているということは、例えば法改正やカード会社各社の審査基準が大幅に厳しくなったなどという変化もないために、これだけの契約者数を維持できているということになります。

そういう点からも、やはり「欲しい」と思ったクレジットカードがあれば考えずに申し込むのが、最もベストな方法かと思われます。

クレジットカード審査情報のネタ元はどこだ?

クレジットカードを作る上で審査基準や実際の審査作業など、色々と気になることは確かです。
審査のスコアリング内容や各社の基準は実際のその作業をやっている人、あるいはカード会社で働いている人しか知ることができません。

ネット上ではクレジットカード審査についていろんな情報が飛び交っていますが、それらの内容がすべて真実ならネタ元は「カード会社」となりますね。
どうやってその情報を入手したのか?とても気になるところです。

クレジットカード審査が甘い会社を探すなら、ネット上の情報は参考として使うことが大事です。また、審査について深く掘り下げていくと最終的に辿り着くのは「答えがない」という点です。

申込資格は見落とさないように!~まとめ~

クレジットカードの申し込みは必ず「申込資格」をすべて満たすこと必ず「申込資格」をすべて満たすことが大事です。そうしなければ、どれだけ高い収入を持っていても審査に合格することができません
凡ミスだけは避けておきたいところなので、しっかりと申込資格を確認しましょう。

クレジットカード審査の詳細については明確な答えがないことからも、自分が所持できるクレジットカードというのは実際に審査に挑戦しながら探していくのが早いです。
これを効率的に行うためにも上記で紹介した4つの方法を実践しておくのがおすすめです。

もし、いろんなクレジットカード審査にチャレンジしても合格できるカード会社がないなら、家族カードを検討しましょう。また、どうしても自分名義でカードを持ちたいというなら、電子マネーカードやデビットカードを選ぶという選択肢もあります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪