2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードとカードローンの違いは?金利も違うのか?

クレジットカードとカードローンは全く異なる金融商品です。
そもそも、カードローンはクレジットカードの特徴でもあるカード払いがありません。カードローンは現金を借入するだけの金融商品です。

クレジットカードはキャッシングを付帯することができますが、キャッシングとカードローンは全く同じ金融商品です。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

今回はクレジットカードとカードローンの違いについて金利まで徹底解説します。

クレカとカードローンの違い~基本編~

クレジットカードとカードローンの違いはそもそもの仕組みが異なるわけですが、一言でいうとカード払いができるかどうかの違いです。

カード払いが無い

クレジットカードの利用枠は「ショッピング枠」であり、この枠を使ってカード払いをします。
キャッシングを付帯した場合は「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つを別々で使うことができます

カードローンには「ショッピング枠」というのが存在しません。「キャッシング枠」しか存在しないことから、カードローンとキャッシングは全く同じ仕組みとなっています。
これは金利や利息など支払方法を含めて全く同じ仕組みなので覚えておきましょう。

要するにクレジットカードは万能なカードなわけです。
クレジットカードにキャッシングを付帯させると、別としてカードローンの申し込みをする必要がありません。1枚のカードで2つの金融商品を使えるのでとても便利なカードです。

ポイントが無い

クレジットカードはポイントを貯められることが1つの魅力ですが、カードローンにはポイントシステムがありません。
カードローンで現金を借りてもポイントを貯めることができないことを覚えておいてください。

ちなみにクレジットカードでポイントを貯める場合も基本的には「ショッピング枠」がポイント付与の対象です。クレジットカードでキャッシングをしてもポイントが付与されないので、これも同時に抑えておきたい知識です。

特典も無い

クレジットカードは優待割引や保険など、色々と特典が備わっています。カードローンにはそうした「特典」というサービスがないため、基本的には金利だけを重視して申込先を選ぶことになります。

クレジットカードにキャッシングを付帯する場合も、キャッシングを付帯させることから特典が充実するというケースはありません。キャッシングを付帯するかどうかに関わらず、特典についてはカードのステータスとして用意されているわけです。

カードローンのお得な2つのサービス

カードローンへ申し込む時は金利だけを見ておけば失敗することはありません。何よりも金利が安いことがメリットとなり、クレジットカードのように特典が充実しているわけでもありません。

カードローンのお得なサービスとしては無利息サービスと低金利キャンペーンがあります。
金利以外に注目するなら、これらのサービスがあるかどうかを見ておくのがおすすめです。

無利息サービスとは?

カードローンは絶対に利息が発生する仕組みとなっていますが、無利息サービスだけは利息が掛からないのでお得です。無利息サービスは永久的なサービスではなく、無利息が適用される期限が設けられています。

プロミスは無利息サービスで有名ですが、無利息の期限が30日となっています。

要するに30日間だけは利息なしでお金を借りられるので、短期的にお金が必要な場合に無利息は真価を発揮します。期限を過ぎると通常の利率から利息が発生します。

低金利キャンペーンとは?

カードローンの低金利キャンペーンはクレジットカードの入会キャンペーンのようなものです。今なら○○の金利で借入可能など、期間限定で金利が引き下げられているキャンペーンです。

スポンサードリンク

合わせて読みたい

金利相場が全く違う~金利編~

次にクレジットカードとカードローンの金利の違いについて見ていきましょう。どちらの方が金利が安いのかと言うと、これはカードローンの方が金利が低いです。

カードローンは安い

クレジットカードの金利は「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の双方から確認する必要があります。確認しておくべき支払方法は「リボ払い」であり、双方においてリボ払いにおける金利をチェックしておきましょう

クレジットカードの金利は15%から18%が相場であり、ゴールドカードなど上位カードになるとやや金利相場が下がる感じです。
一方、カードローンについても全体として見ると金利相場は同じような水準ですが、低金利を選ぶと10%前後から15%ほどでお金を借りられるのでお得です。

クレジットカードでどれだけ低金利を探しても、超低金利なカードローンより金利が安いクレジットカードはありません。
このような表現をするとクレジットカードは損な感じがしますが、クレジットカードはショッピング枠において無利息で支払うことが可能な商品です。

ショッピング枠のみ無利息可能

クレジットカードのキャッシング枠はカードローンと同じように絶対に利息が発生します。

一括払いというのは「分割払いの1回払い」のことです。カードによっては分割払いの「2回払い」でも無利息で支払えることがあるので、手持ちのクレジットカードの支払情報を確認しておきましょう。

一般的にクレジットカードは人気があり、カードローンは借金というイメージから万人に人気があるわけではありません。この差は上記のように「無利息」で支払えるという選択があるかどうかが少なからず影響しています。

銀行は超低金利である

クレジットカードはカード会社や銀行など申込先の金融機関が多いです。
一方、カードローンは銀行や消費者金融へ申し込むのが一般的であり、カード会社でカードローンをリリースしているところは少ないです。

JCBは銀行でもなく完全なカード会社ですが、カード会社としては珍しくカードローンをリリースしています。「FAITH」という商品名で金利は4.40%から12.50%であり、銀行並みの低金利が実施されています。

銀行は基本的に消費者金融に比べると低金利なわけですが、そんな銀行の中でもトップクラスに低金利なのが「住信SBI銀行です。
MRカードローン」という商品は0.99%から7.99%の金利となっているので、他社を圧倒するほどの低金利です。

金利は上限が18%を切るかどうかがポイント!

クレジットカードもカードローンも金利が低いかどうかを判断する基準は18%となります。
これは上限金利が18%を切るかどうかがポイントなので、必ずどんな申込先においても最も高い金利に注目しておくようにしましょう。

殆どのクレジットカードやカードローン、あるいはキャッシングというのは上限金利が18%です。
そんな中で上記で紹介した2つのカードローンは上限金利が12.50%の7.99%という破格な金利が採用されており、いかに低金利なのかが分かりますね。

クレカのキャッシングは使い過ぎないように!~まとめ~

クレジットカードにキャッシングを付帯させると便利ですが、基本的に金利相場が高いです。15%から18%ほどの金利水準であり、上位ランクのクレジットカードでなければ相場の低い金利からお金を借りることができません。

本格的にまとまったお金を借入したいなら、クレジットカードのキャッシングではなく住信SBI銀行の「MRカードローン」のように超低金利なカードローンを利用しましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500