2018年最新!おすすめクレカランキング→

消費者金融って何ですか?その仕組みと注意点。今すぐお金を借りたい人はどうすればいい?

テレビCMや漫画などでよく耳にする「消費者金融」という言葉。
金融機関かな?というイメージはありますが実際には何をしている会社なのでしょうか。

パソコンを見る人

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

消費者金融って何ですか?

消費者金融は銀行でも郵便局でもない金融機関の1種です。
銀行のように預金システムがなくお金を貸すだけの会社です。

つまり、消費者金融とはお金の借り先の1つと覚えておきましょう。

消費者金融では主に個人を相手に小口の融資(お金を貸すこと)をしています。

ひと昔前までは、OLやサラリーマンを対象にした会社が多かったため俗に「サラリーマン金融(サラ金)」と呼ばれていました。

他にも、街中に営業所があることから「街金」という呼称も使われています。現在では、「消費者金融」と呼ばれるのが一般的です。

すぐにお金が必要なら...!
  • SMBCモビット
  • 【超お急ぎの方に】10秒でかんたんな審査結果が出る!三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座があれば、電話や来店が不要なWeb完結申込もOK!
  • アイフル
  • 【はじめてなら30日間利息0円】はじめての方なら、最大30日間の利息は0円!
  • プロミス
  • 【はじめてなら30日間利息0円※1】最短1時間でお金が借りれることも!
  • アコムACマスターカード
  • 【年会費無料・最短即日発行のクレカ】急ぎでクレジットカードが必要な人に!
※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ケロンくん

消費者金融でお金を借りられるのはわかったよ!
銀行やクレジットカードのキャッシングとは何が違うの?

消費者金融と銀行の違い

消費者金融と銀行の最大の違いは「預金サービス」にあります。
消費者金融は銀行ではなく貸金業者なので、口座を開設できる消費者金融は存在しないことを覚えておきましょう。

その他の点について具体的な話をすると、総量規制という法律が適用されるかどうかの違いがあります。
この法律は貸金業者を対象として適用されるので、銀行は総量規制外の会社となります。

ポイント!
・預金ができるかどうか
・裁量規制が適用されるかどうか

総量規制とは何か?

総量規制とは簡単に言うと、貸金業者でお金を借りる時に「年収の3分の1」までしか借りられない法律と覚えておきましょう。

銀行は総量規制外なので「年収の3分の1以上」を借りることができます
確かに、銀行では車や住宅などの大きな金額のローンが組めますよね。

消費者金融とクレジットカード会社の違い

消費者金融とクレジットカード会社の違いはサービス内容です。
消費者金融はお金を貸すサービスが主流です。

ただ、消費者金融のアコムの場合にも「ACマスタカード」というクレジットカードがあります。
また、クレジットカードブランドのJCBもクレジットカードだけでなく、「FAITH」というカードローンをリリースしています。

主たる業務の違いはありますが、双方ともに似た業務をしている部分もあります。

消費者金融の仕組み

消費者金融の仕組みというのは銀行と同じです。

お客さんにお金を借りてもらい「利息」を取ることで儲けている会社です。
貸したお金が戻ってこないことを「貸し倒れ」と言います。

これを防止するために「借入審査」があります

審査については消費者金融だけではなく、銀行でもカード会社でもお金を貸す商売をしている会社ならどこでも行われています。
利用者にとってはサービスを利用するために審査を突破することが大事です。

消費者金融の審査を受ける前に合読みたい

消費者金融の主な商品は?

消費者金融は「キャッシング」というイメージが強いですね?
業者によっては「カードローン」という名前で商品を出しているところもあります。

キャッシングもカードローンも同じ商品であり、クレジットカードのキャッシングとまったく同じ仕組みです。

消費者金融の金融商品は「キャッシング」か「カードローン」です。
(例外としてアコムのようにクレジットカードを作れるところもあります)

「借入」に焦点を絞りますと、即日融資や無利息に強いのが魅力です。

即日融資とは?

即日融資というのは申し込みをした日に契約してお金を借りられるサービスです。
消費者金融では、即日融資をしてくれる会社がたくさんあります。

銀行では当日に申し込んでそのままお金を借りるのは難しいですよね。
なぜなら、銀行では住宅ローンなど高額融資が多く慎重な審査が必要だからです。

それに比べると、消費者金融は個人向けの小口融資がメインなので即日融資が可能になってきます。

スポンサードリンク

何か緊急事態があって今日中にお金が必要。
でも、貯金がなくて困っている、そんな今日中にお金を借りたいという時に便利なのが「即日融資」です。

無利息とは?

よくCMで聞く「無利息」という言葉。
お金を貸しているのに利息をとらないでいいの?と思われるかもしれませんが、初回、短期間など条件を満たせば無利息になることがあります。

無利息と言えば「アイフル」が代表的です。必ず無利息ということではないので、「無利息だ!」とすぐに飛びつかずに事前によく調べましょう。

すぐにお金が必要なら...!
  • SMBCモビット
  • 【超お急ぎの方に】10秒でかんたんな審査結果が出る!三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座があれば、電話や来店が不要なWeb完結申込もOK!
  • アイフル
  • 【はじめてなら30日間利息0円】はじめての方なら、最大30日間の利息は0円!
  • プロミス
  • 【はじめてなら30日間利息0円※1】最短1時間でお金が借りれることも!
  • アコムACマスターカード
  • 【年会費無料・最短即日発行のクレカ】急ぎでクレジットカードが必要な人に!
※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

消費者金融の注意点

さて、消費者金融とは何かを覚える上でしっかりと熟知しておいて欲しいのが「注意点」です。

まず気を付けたいのが違法業者

アコムやプロミスなど有名な会社は問題ありません。しかし、中には正当な消費者金融に紛れて違法な「闇金」業者が混じっています。

名前を聞いたことがない消費者金融を利用する時は必ず闇金かどうかをリサーチすることが鉄則です。
効果的な方法は「金融庁」の公式サイトを利用する方法です。
金融庁リンク先:違法な金融業者にご注意!

金融庁のサイトでちゃんと登録されている会社かどうかしっかり調べるようにしましょう。

どうして過払い請求があるの?

最近は法律事務所の広告で「過払い請求」という言葉を良くみますね。
過払い請求というのはお金を返済する時に「法律の範囲を超えて支払った利息」を回収するための請求です。

どうしてそんなことが起こるのか?疑問に感じますね。

過払い請求の発端には「グレーゾーン金利」にあります
簡単にいうと、消費者金融にとって都合のいい法律になっていて、違法でもなく合法でもない利息の取り方を実践できたわけです。

それはあまりにも利用者に不利だということで、近年グレーゾーン金利が見直されました。
その中で過去に法律を超えて多く支払った利息を取り戻そう!ということになったわけです。

この多く支払った利息分のことを「過払い金」といいます。

他にもこんなことがありました

消費者金融は銀行やカード会社と比較した場合に「消せない過去」があることから、「利用者の信頼を取り戻す」のに苦戦しているのが現状です。

バブル期というのはまさに消費者金融の黄金期でした。
その時代に活躍した有名な消費者金融でも次々と倒産している現状があるのをご存知でしょうか?

その代表例となるのが「武富士」です。

どうして倒産したのか?
その大きな要因となるのはやっぱり「過払い請求」です。
また、それに加えて黄金期よりもイメージ低下から顧客が減ったのも大きな理由です。

実際に高額な利息を取られた人の中には「ざまあみろ」と思っている人も少なくないでしょう。それほど消費者金融は「やり過ぎてしまった」わけですね。

お金を借りるなら銀行がベスト!~まとめ~

今回は消費者金融にスポットを当てて紹介してきました。
やはりまずお金を借りる先としてオススメしたいのは「銀行」です。

時間に余裕があり、審査を待てる場合はまずは銀行ローンを検討しましょう。

低金利な銀行は10%以下で借りられる

低金利を実現している銀行はいくつかありますが、代表的な銀行として「みずほ銀行」があります。
上限が7.0%の「エグゼクティブプラン」というカードローン、上限が14.0%の「コンフォートプラン」というカードローンをチェックしてみてください。

また、「住信SBIネット銀行」の「MR・カードローン」は上限が7.99%という破格な金利です。
こうした銀行の低金利を知ると、消費者金融でお金を借りるメリットがますます薄くなります

キャッシングやカードローンの金利を見る時に「上限金利」を見ましょう
これを数社で比較すれば一目瞭然です。消費者金融の上限金利は18%が基本なので覚えておいてください。

銀行でも消費者金融と同じように「上限金利」を18%に設定しているところが多いです。
その場合、消費者金融でも銀行でもどちらでお金を借りても一緒です。
しかし、銀行は低金利を実施している会社が多いです。

どんな時に消費者金融を使うべき?

消費者金融も状況次第では使えます。

金利を除外して考えると、やはり審査スピードが速いことが利点です。
大手の消費者金融は契約機を設定しており、それを使えば即日でお金を借りることも可能となります。

とにかく早くお金を借りなければやばい!、そんな状況で消費者金融を検討してみてはいかがでしょうか?

今すぐ、お金が必要な人は「即日融資診断」で調べてみましょう

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード