2018年最新!おすすめクレカランキング→

実際どのくらいかかるの?実例でわかるキャッシング手数料の仕組み

キャッシングの手数料について

2-7

クレジットカードやカードローンでキャッシングをする際の、キャッシング手数料について解説します。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

キャッシング手数料をしっかり計算したことのある方は少ないのではないでしょうか?
キャッシングの手数料を返済にあたり計算し、安い手数料を選択していたらいくらか得しますよね。

キャッシングの手数料は様々な支払いの段階でかかります。
自分に合ったキャッシング返済を探すため、手数料から計算することが大事なのです。あなたにぴったりの「1円でも得をする」キャッシング手数料の仕組みを抑えておきましょう

キャッシングの元本と利息について

キャッシングをする時、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンなどがありますよね。
キャッシングの手数料の計算をするに際し、まず返済ではどれくらい支払うのかという目安を立てると見通しが立ちます

例えばあなたが10万円を金利18%で1か月借りたとして、大体いくらくらい払えば完済できるのか計算方法が分からないと不安ですよね。
キャッシングの完済目安は計算式によって求められます。

キャッシングした際の利息の計算方法

キャッシングをする場合、借りた金額を元本といいます。元本には利息を付けて返済しなければなりません。利息の計算方法は次の式で求められます。

利息額=元金額×金利(利率)×借入期間

先ほどの例でみてみましょう。
10万円を年率18%で1か月借りたとします。

この場合の式は、【100,000×0.18÷365×30】で求めることができ、利息額は1,480円となります。

元本が10万円なので計算した利息を足すと総額を算出できます。この場合は101,480円になります。

この計算式で金利は年率を表していて、年率とは「年間でかかる利率」です。1年=365日の365で割ると1日あたりの利息に換算でき、今回は1か月の借り入れなので、1か月=30日を掛けて求めています。

キャッシングと手数料について

1-5

通常のクレジットカードのキャッシング枠やカードローンの契約では、金利以外の手数料がキャッシング業者から請求されることはまずないです。

改正貸金業法では、印紙税などの公租公課、ATM利用手数料など、法律で指定されている費用以外の費用については、すべて貸付金利に含めるよう義務付けられています。
つまり、返済時の利息に含まれているのですね。

このため、返済時の利息以外に手数料を請求すると、利息制限法等で定める上限金利を超えてしまう可能性があります。原則としてその他の費用を請求されることはないのです。

キャッシングを契約するときに求められるのは、貸付額に応じた印紙税程度です。借入や返済時のATM利用手数料はキャッシング利用者が負担することとなります。

キャッシングと印紙税について

改正貸金業法で定められた印紙税以外に手数料を請求されるようなことがあったら、法律違反の疑いがあります
キャッシングにかかる印紙税については以下のとおりです。

例えば、キャッシングにおける借入額が

  • 10万円以下の場合は200円
  • 10万円超50万円以下の場合は400円

となります。

印紙税の支払いは、収入印紙で行います。

金銭消費貸借契約書に10万円超50万円以下の借入額なら、400円の収入印紙の貼り付けが必要です。

消費者金融でのキャッシングのATM利用手数料について

消費者金融の場合、キャッシングの借入や返済時に、コンビニなどにある提携ATMを利用すると手数料がかかります

これまで夕方以降や早朝などの時間外を除き、ATM利用手数料がかかることはなかったのですが、2011年以降にほぼすべての大手消費者金融は、借入や返済時のATM利用手数料を徴収するようになりました。

キャッシングの借入や返済時にかかるATM利用手数料については以下のとおりです。

例えば、キャッシングにおける借入・返済額が

  • 1万円以下の借入・返済の場合は105円
  • 1万円を超える借入・返済の場合は、210円

が毎回徴収されます。

1回につきこれだけでも、積もり積もれば馬鹿にならない金額です。

提携ATM利用時に手数料がかかる大手消費者金融はアコムアイフルプロミスモビットと、消費者金融で即日キャッシングできるおすすめのキャッシングランキングに出てくる四大業者すべて横並びに徴収することとなっています。

大手銀行のカードローンでのATM利用手数料について

基本的に、キャッシングの借入・返済時にキャッシング会社のATMを利用する場合、消費者金融でも銀行でも手数料を無料とするところがほとんどです。かかったとしても、所定の時間外手数料のみでしょう。

大手銀行のカードローンの場合、コンビニなどにある提携ATM利用手数料では、一律徴収するという姿勢でなく、対応が分かれています。

三菱UFJ銀行カードローンでは提携ATMの利用をいつでも手数料無料としています。
その一方で、みずほ銀行カードローンでは提携ATM利用手数料がいつでも手数料無料でなく、月4回まで無料としています。
基本は有料で、回数を指定して無料としているのですね。

そのほか提携ATMの利用については、

  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン
  • レイク

手数料を無料としています

合わせて読みたい

ネット銀行のカードローンでのATM利用手数料について

ネット銀行のカードローンの場合、ネット銀行は自社ATMを持っていませんので、借入・返済時はコンビニなどにある提携ATMの利用のみとなります。ATM利用手数料では、業者それぞれで対応が分かれています。

スポンサードリンク

ソニー銀行

fireshot-capture-288-%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc%e9%8a%80%e8%a1%8c%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be-http___sonybank-net_

(出典:http://sonybank.net/

ソニー銀行のカードローンでは、提携ATMの利用を原則、いつでも手数料無料としています。

借入時にはファミリーマートなどのE-net・ローソン・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行でのATM利用は、合計利用回数が月4回まで0円と、一部、利用するATMによって利用回数により有料となるようです。

楽天銀行

fireshot-capture-289-%e6%a5%bd%e5%a4%a9%e9%8a%80%e8%a1%8c%ef%bc%88%e6%97%a7%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%af%e9%8a%80%e8%a1%8c%ef%bc%89%ef%bd%9c%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

(出典:http://www.rakuten-bank.co.jp/

楽天銀行スーパーローンでも同様に、提携ATMの利用を原則、いつでも手数料無料としています。
キャッシングの借入時にかかるATM手数料を三菱UFJ銀行や提携地方銀行・信用金庫でのATM利用に限り1万円以下の借入で108円、1万円超の借入で216円がかかります。

ジャパンネット銀行

fireshot-capture-290-%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e9%8a%80%e8%a1%8c_japan-net-bank-http___www-japannetbank-co-jp_

(出典:http://www.japannetbank.co.jp/

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、上記に比べシンプルな設定となっており、提携ATM利用の月間回数で手数料を無料としています。
入金・出金それぞれ毎月1回なら借入・返済金額を問わず無料です。

参考情報

以下は「みずほ銀行」のATM手数料の表を、公式HPから抜粋したものです。
あくまで参考の情報なので、すべての金融機関で同じ手数料ではありません。

fireshot-capture-287-%e3%81%bf%e3%81%99%e3%82%99%e3%81%bb%e9%8a%80%e8%a1%8c-_-atm_cd%e3%81%93%e3%82%99%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%a8%e6%89%8b%e6%95%b0%e6%96%99%ef%bc%881%e4%bb%b6

クレジットカードのATM利用手数料についての口コミ

クレジットカードのキャッシングでかかるATM手数料についてご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。

私の所持しているカードはATMにてキャッシングを利用した場合、手数料が108円かかるそうなのですがその手数料はどのようにして支払うのでしょうか?

例えば10万円キャッシングする場合、10万円から手数料を引かれた金額がATMから出てくるのか、10万108円が借り入れとしてローンになるのか、それともその場でATMに入金するのかご存知の方がいましたらよろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

10万円+108円が、クレジットカードの支払い日に、引き落とし口座から引き落としとなります。

ベストアンサー以外の回答

10万円借入をしたら、ATM利用手数料は、216円になりませんか?108円は1万円の時だけのところが多いようですが。

ATM利用手数料は、次回締め日に取りまとめられて、口座引き落としになります。
ネットから借り入れを申し込んで、引き落とし口座に振り込んでもらって、ATM利用手数料が不要の時間帯に引き出せば手数料は不用です。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

最後に

いかがでしたでしょうか?
キャッシング手数料が実際どのくらいかかるのか、印紙税やコンビニなどにある提携ATM利用手数料を計算して借入・返済を行うと返済総額も抑えられます

キャッシング手数料の実例を通して自身に合った無理のない返済ができるようにしたいものですね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード