2018年最新!おすすめクレカランキング→

1番お得?海外旅行でキャッシングをすべき理由とは

海外旅行へ行くならクレジットカードをお供に連れて行くのがおすすめです。
現地においてカードを使えると両替する手間を省けるので便利です。クレジットカードを海外で使う場合は「ショッピング枠」よりも「キャッシング」を使う方がお得な説があります。

どうしてキャッシングがお得な説があるのか?
その答えは「事務手数料」にあります。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

ショッピング枠は「事務手数料+為替レート」が発生しますが、キャッシングの場合は「ATM手数料+為替レート」となります。

海外でカードを使った際の手数料

国内でクレジットカードを使うのと海外でクレジットカードを使うのは「手数料」に違いがあります。
一言に「手数料」といっても、金利による利息を含めていくつかの「手数料の種類」があります。それについて整理をしながら見ていきましょう。

ショッピング枠の手数料

海外でクレジットカードの「ショッピング枠」を使った場合の手数料は「事務手数料+為替レート」になります。
この2つは国内でクレジットカードを使う場合は発生しない手数料です。

上記の2つの手数料に加えて、国内でクレジットカードを使用する場合と同じように「支払方法」によって「利息」が掛かることになります。ショッピング枠は「一括払い」は利息が掛かりません。

事務手数料

海外でクレジットカードを使う上で最もややこしく感じるのが「事務手数料」です。

これを簡単に説明すると「カード会社の手間賃」です。
海外でカードを使った場合にその金額を円換算して支払額を決定するのは時間やコストが掛かり、それに伴って「事務手数料」という名目で手数料を取っているわけですね。

為替レート

fireshot-capture-292-%e5%a4%96%e5%9b%bd%e7%82%ba%e6%9b%bf%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bd%9cfx%e3%83%bb%e5%a4%96%e5%9b%bd%e7%82%ba%e6%9b%bf%ef%bd%9c%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%bc-h

(出典:http://jp.reuters.com/investing/currencies/chart
※あくまで参考例であって現実の為替レートとは異なります。

為替レートというのはそのままの意味であり、円をドルで使う場合は「ドル円」の為替レートから円をドルに換算することになります。
その為替レートは毎日のニュースで報道されている相場が使われるのではなく、各国際ブランドが定めている為替レートが使われます。

為替レートは経済の情勢によって損得が変わるわけですが、これだけは将来を予測することができないため、レートの予測も不可能です。
そのため、常に為替レートによっては「損をすることがある」ということを意識しておき、海外旅行へ出かけるタイミングを調整するしかありません。

キャッシング枠の手数料

海外でクレジットカードの「キャッシング枠」を使った場合に発生する手数料は「ATM手数料+為替レート」です。
ショッピング枠とは違って複雑に考える必要がなく、ATM手数料だけを考慮すれば良いのでコストを把握しやすいのが利点です。

海外で使えるATMの種類

海外でどんなATMを使ってキャッシングできるのか?
それは国際ブランドのATMとなります。

「VISA」のクレジットカードなら「VISA」に対応しているATMを使うことになります。

ATM手数料は日本とほぼ同じ

各国際ブランドのATM手数料は日本とほぼ同じです。
約100円から200円ほどの手数料となるので、日本でATMを使う感覚でクレジットカードのキャッシングを使うと良いですね。

合わせてみたい

イオンカードを例に見てみよう!

fireshot-capture-291-%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%88%ef%bd%9c%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc

スポンサードリンク

(出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/select.html

海外のクレジットカードの手数料を「イオンカード」を参考として紹介しておきます。

イオンカードの海外事務手数料

イオンカードの海外事務手数料は「VISA」と「JCB」と「Master Card」のいずれも「1.60%」となっています。

これはショッピング代金に対して1.60%の手数料が発生するというわけです。
1万円の買い物をすると「1万円×1.60%=160円」なので、「1万円+160円」が合計額となります。

ちなみにイオンカードを海外で使った場合は支払方法が「一括払い」か「リボ払い」となります。
海外のレジにおいて支払い方法を指定することができない仕様となっているので、予め考慮しておく必要があります。基本的には「一括払い」を選びましょう。

クレジットカードは「一括払い」は利息が掛からないため、なるべく「一括払い」で支払いをしておきたいところです。

イオンカードの海外キャッシングATM手数料

イオンカードで海外キャッシングをした場合、そのATM手数料は「1万円以内なら108円」で「1万円以上なら216円」となっています。
お金が必要なときはまとめてキャッシングするのがポイントです。

1万円をキャッシングすると「1万円+216円」が掛かり、さらにキャッシングの利息が掛かることになります。イオンカードのキャッシングの上限金利は18%なので、これで利息を計算してみましょう。

海外キャッシングで30日間借りるとします。

「1万円×18%÷365日×30日=約150円」

となるので、一括払いするなら「1万円+150円」の支払額となります。

これに現地でキャッシングした際の海外ATM手数料が「216円」掛かっているので「150円+216円=366円」のコストが掛かることになります。

本当に海外キャッシングはお得なの?

さて、イオンカードの「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の各手数料を計算すると、海外キャッシングが本当にお得かどうか疑問に感じますね?
両方を1万円の利用で計算すると、それぞれの手数料は「160円」VS「366円」となります。

海外キャッシングがお得になるであろうケースは「繰り上げ返済」がポイントになりそうです。上記では利息を30日で計算しましたが、借入日数を短くすることができると利息は安くなります。その場合、「ショッピング枠」よりも「キャッシング枠」の方がお得になることがあります。

帰国したら速攻で完済しよう!

クレジットカードを海外で使う場合、「ショッピング枠」か「キャッシング枠」のどちらを使うべきなのか?
その答えはどちらでも良いが正解です。

焦点になるのは「各手数料や為替レート」ではなく、根本的に「カードの金利」や「支払方法」が重要なわけですね。

イオンカードの場合は海外の事務手数料が1.60%なので、高額なカード払いをするほど手数料が高くなります。
5万円なら800円、10万円なら1600円となります。

この金額を一度にATMでキャッシングすると216円で済みます。しかし、高額なキャッシングは結局のところ利息が高くなります。

5万円を18%で30日で完済するなら750円、同様に10万円の場合なら1500円です。
こうして考えると、海外キャッシングがお得になるのは海外旅行から帰国して速攻で完済する場合となります。

キャッシングの利息は日割り計算

キャッシングには「ショッピング枠」の「一括払い」のように無利息となる支払方法がありません。また、キャッシングの利息は日割り計算で算出されるので、カードの約定日まで待つほど利息が高くなる仕組みです。

海外旅行でキャッシングをした場合は「その月」か「翌月」か「翌々月」に支払いをしますが、このどれに当たる場合でもそれなりの日数は借入することになりますね。
海外キャッシングをして3日後に帰国するなら、自宅に帰る途中に繰り上げ返済をすれば借入日数は4日前後に抑えることができます。

合わせて読みたい

一概に海外キャッシングがお得とは限らない!~まとめ~

海外でクレジットカードを使うなら「キャッシング」がお得という説をテーマにお送りしましたが、その結論としては一概に海外キャッシングがお得とは限らないことが分かりました

重要なポイントになるのは「キャッシングの利息」であり、これを抑えることができるなら「手数料」においてキャッシングがお得になるケースがあります

これから海外旅行へ行くという方は「キャッシング」を使うなら帰国後に速攻で完済することを念頭に置いておきましょう。また、「海外事務手数料」が無料のクレジットカードを作っておくというのも1つの方法です。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード