今すぐクレカが必要な方は→

1番お得?海外旅行でキャッシングをすべき理由とは?イオンカード・楽天カードの実例も紹介。

海外

海外旅行へ行くなら、「クレジットカード」をお供に連れて行くのがオススメです。

現地でカードを使うと両替する手間を省けるということはもちろん、クレジットカードを海外で使う場合は「ショッピング枠」よりも「海外キャッシング」を使う方がオトクという説もあるんですよ。

どうしてキャッシングがオトクだという話になるのでしょうか?

その秘密は「手数料」にあります!

ケロンくん

イオンカード・楽天カードの具体例も挙げながらお得度を紹介していくよ♪

海外でショッピング枠で買い物をしたらどんな手数料がかかる?

カード

海外で、クレジットカードの「ショッピング枠」を利用した場合、一括払いだったとしても「事務手数料」と「為替レート」がかかります。

この2つは国内でクレジットカードを使う場合には発生しない手数料なので、計算もやや面倒かもしれません。

関係する手数料について、簡単に整理をしながら見ていきましょう。

①事務手数料

注意!
海外でクレジットカードを使うと、事務手数料がかかります。

事務手数料を簡単に言うなら、「カード会社の手間賃」です。

海外でカードを使うと、その金額を円換算して支払額を決定するなど、日本で利用するよりも手間や時間がかかります。

そのため、事務手数料の名目で、手間賃を取っているというわけです。

②為替手数料(為替レート)

たとえば、アメリカでカードを使う場合は、現地では米ドル建てで支払いし、その後日本円に換算して請求額を決定します。

この米ドルなどの外貨と日本円を交換するレート(割合)のことを、為替レートといいます。

為替レートは世界中で行われる取引を反映して、日々リアルタイムで値動きしています。

Googleなどで検索すると取引中のレートがすぐに出てきますよね。

国際カードブランドは、この為替レートを元に、独自に定める「為替手数料」を上乗せしてカード利用額を決定しています。

よって、海外でショッピング枠を利用した場合には、リアルタイムの為替レートよりも、若干不利なレートで支払額が確定するのです。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

「不利なレート」と言われるとカードを使う気が少し失せてしまうかもしれませんが、外貨から円に換算するときは金融機関でも為替手数料を取っています。

カード会社だから特別コストがかかる、というわけではないので安心してくださいね。

注意
為替レートは経済の情勢によって刻一刻と変わるので、レートの予測は難しいです。
支払額を換算するタイミングによっては、損をすることもあります。
このことを念頭に置きつつ、カードを利用するといいでしょう。

【海外でクレジットカード利用時の注意点】「日本円」と「現地通貨」どちらで決済すべき?為替レートや手数料で損をしないために。

海外でキャッシング枠を使ったときの手数料は?

電卓

対して、海外でクレジットカードの「キャッシング枠」を使った場合に発生する手数料は、「ATM手数料」「為替手数料」「キャッシング利息(リボ手数料)」です。

①ATM手数料

海外ATMに日本のクレジットカードを入れると、外貨を引き出すことができます。

その際にかかるのが、ATM利用料

1万円未満は100円、1万円以上は200円などわかりやすい金額設定なので、コストを把握しやすいのが利点ですね。

また、海外で使えるATMは、その国際ブランドに対応しているATMです。

「VISA」のクレジットカードなら「VISA」に対応しているATMを使えばOKですよ!

海外で、現金が必要なら「クレジットカードのATMキャッシング」も。アメリカ(ハワイ)・中国・韓国・台湾など海外旅行時に便利!

②為替手数料

現地でキャッシングした場合も、リアルタイムの為替レートに、国際ブランド所定の為替手数料を乗せて換算されます。

この点はカードのショッピング枠利用とほぼ同じですね。

③キャッシング利息・リボ手数料

海外でキャッシングした場合にも、国内と同じくキャッシング利息がつきます。

カードによってはキャッシング利息ではなく、「リボルビング払いの手数料」として手数料を取るケースもありますね。

この手数料は年利14%〜18%程度と高めなので、帰国したら即一括返済するのがオススメです!

海外利用!ショッピングとキャッシングのどちらがオトク?イオンカード編

イオンカード

クレジットカードを海外で利用した場合、実際にどれくらい手数料がかかるのでしょうか?

まずはイオンカードを例に紹介します。

イオンカード(キングボブ)<公式>

【イオンカード】ミニオンズカード(キングボブ柄も登場)VSディズニーデザインカード、何が違ってどっちがお得?

イオンカードの海外事務手数料は?

イオンカードの海外事務手数料は「VISA」と「JCB」と「Master Card」のいずれも「1.60%」です。

ショッピング代金に対して1.60%の手数料が発生するというわけなので、1万円の買い物をすると「1万円×1.60%=160円」と、160円の手数料がかかります。

ちなみにイオンカードを海外で使った場合は支払方法が「一括払い」か「リボ払い」となります。

ポイント!
海外のレジにおいて支払い方法を指定することができない仕様なので、あらかじめ支払い方法を設定しておく必要があります。
基本的には「一括払い」を選びましょう。

イオンカードで海外キャッシングしたときの手数料は?

イオンカードで海外キャッシングをした場合、そのATM手数料は「1万円以内なら100円(税抜)」で「1万円以上なら200円(税抜)」です。

お金が必要なときはまとめてキャッシングするのがポイントですね。

また、1万円をキャッシングすると「1万円+216円」がかかり、さらにキャッシング利息も発生します。

イオンカードのキャッシングの上限金利は18%なので、これで利息を計算してみましょう。

海外キャッシングで30日間借りるとします。

「1万円×18%÷365日×30日=約150円」となるので、一括払いするなら「1万円+150円」が支払額です。

これに現地でキャッシングした際の海外ATM手数料が「216円」を加えると、合計で「150円+216円=366円」のコストが発生することがわかりますね。

まとめて一気に両替するなら「海外キャッシング」がお得!

一見するとショッピング枠での買い物の方が手数料が安いためお得に見えますが、ショッピング枠の利用はカードを使うたびに手数料がかかるというデメリットがあります。

さきほどの例ですと、買い物のたびに160円が加算されるため、3度以上クレジットカードを現地で利用する予定があるのなら、「海外キャッシング」を利用した方がお得という結論になります。

海外利用!ショッピングとキャッシングのどちらがオトク?楽天カード編

楽天カード

次は、楽天カードを海外で利用した際の手数料について比較しましょう。

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

楽天カードを海外旅行で利用する前に知っておきたい4点!ショッピング前に一時増枠や国際ブランドの確認をしておきましょう。

楽天カードの海外事務手数料は?

楽天カードの海外事務手数料は、以下のように国際ブランドによって異なります。

もし1万円をショッピング利用した場合は、それぞれ(  )内の手数料がかかります。

  • Visa:1.63%(163円)
  • Mastercard:1.63%(163円)
  • JCB:1.60%(160円)
  • アメックス:2.00%(200円)

この手数料だけ比較すると、海外利用の場合はJCBが有利ですね。

楽天カードの海外キャッシングしたときの手数料は?

楽天カードのATM利用手数料は、一律200円(税抜)です。

もし1万円をキャッシングした場合は、216円の手数料がかかりますね。

楽天カードは、海外キャッシング利用分はすべて一括払いとなります。

キャッシング利息は、18.00%です。

もし1万円をキャッシングして1ヶ月間後に返済した場合は、147円の利息がかかります。

よって、楽天カードで海外キャッシングした際のコストは、合計で「216円+147円=363円」ですね。

注意
なお、楽天カード・アメリカン・エキスプレス・カードは海外キャッシングができないので注意しましょう。

>>公式サイトで簡単にシミュレーション可能ですよ。

楽天カードでもイオンカードと同様に複数回のカード利用の予定があるのなら、キャッシングを利用した方がお得です。

キャッシング利息を抑えるポイント

ノート

このシミュレーションから見て、必ずしも「海外キャッシングが絶対にオトク」とは言えないと思います。

重要なのは、ショッピング利用時にかかる事務手数料1.6%〜2.0%を、キャッシング利用時のATM手数料やキャッシング利息が超えなければ、キャッシングを利用するメリットがあるということです。

イオンカードの場合は海外の事務手数料が1.60%なので、高額なカード払いをするほど手数料が高くなります。

5万円なら800円、10万円なら1600円となります。

この金額を一度にATMでキャッシングすると216円で済みます。

しかし、高額なキャッシングは結局のところ利息が高くなります。

5万円を18%で30日で完済するなら750円、同様に10万円の場合なら1500円です。

こうして考えると、海外キャッシングがお得になるのは海外旅行から帰国して速攻で完済する場合ですね。

ポイント!
海外キャッシングをした場合に必要不可欠なのは「繰り上げ返済」です。
借入日数を短くすることができると利息は安くなりますので、場合によっては「ショッピング枠」よりも「キャッシング枠」の方がオトクになるでしょう。

キャッシングの利息は日割り計算

キャッシングには「ショッピング枠」の「一括払い」のように無利息となる支払方法がありません。

また、キャッシングの利息は日割り計算で算出されるので、カードの約定日まで待つほど利息が高くなる仕組みです。

海外旅行でキャッシングをした場合は「その月」か「翌月」か「翌々月」に支払いをしますが、このどれに当たる場合でもそれなりの日数は借入することになりますね。

海外キャッシングをして3日後に帰国するなら、自宅に帰る途中に繰り上げ返済をすれば借入日数は4日前後に抑えることができます。

帰国したらなるべく早く繰り上げ返済をして、極力キャッシング利息やリボ手数料を抑えるようにしましょう!

各手数料を確認してオトクな支払い方法で買い物しよう!

海外でクレジットカードを使うなら「キャッシング」がオトクなのでしょうか?

結論としては、一概に海外キャッシングがオトクとは限りません。

重要なポイントになるのは「キャッシングの利息」であり、これを抑えることができるなら「手数料」においてキャッシングがオトクになるケースもありますね。

カードを賢く利用して海外でのお買い物をより便利にしてくださいね!

【2019年最新】海外旅行先でクレジットカードは使える?国別記事やお役立ち情報を紹介。

クレジットカードを使って海外旅行パッケージをお得に予約しよう!オススメクレカと割引率まとめ。

楽天カード

CMで超有名、楽天カードマンでおなじみ年会費永年無料の楽天カード。ずっと楽天よく使うなら絶対持ちましょう。ポイントザクザク。

入会特典最大7,000円相当ポイント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 10.0%
発行スピード(最短)
~1週間
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

イオンカード(キングボブ)<公式>

▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

ケロンくん

ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


※クリックだけで完了します!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 イオンカード・ミニオンズ
    ※キングボブデザインはこちら
 3位 楽天カード
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪