今すぐクレカが必要な方は→

「TRUST CLUB ワールドエリートカード」はマスターカードの最高クラス!でも実はラグジュアリーカードやアメックスプラチナの方がお得なブラックカードかも!?

ワールドエリート
出典:TRUST CLUB ワールドエリートカード

三井住友トラストクラブが2019年7月23日に発行を開始するクレジットカードが「TRUST CLUB ワールドエリートカード」です。

このカードはマスターカードのグレードの中でも最高位の「ワールドエリート」であり、発行前にも関わらずあちこちから前評判の高い噂が聞こえてきます。

しかし一方で申し込み制をとっているハイステータスカードとしては「ラグジュアリーカードブラック」「アメックスプラチナ」がすでにありライバルも強力です。

そこで本日は、ハイステータスカードに新たに割って入ろうとしているTRUST CLUB ワールドエリートカードの実力や特典内容について、徹底解説していきます。

この記事の目次

Mastercardのグレードについて

マスターカードロゴ

「TRUST CLUB ワールドエリートカード」には、Mastercardのグレードは最上位の「ワールドエリート」が与えられています。

  1. ワールドエリート
  2. ワールド
  3. プラチナ
  4. チタン
  5. ゴールド
  6. スタンダード

今までは最上位のワールドエリートが与えられているクレジットカードは、国内では「ラグジュアリーカード」の3枚(チタン、ブラック、ゴールド)だけでした。

今回TRUST CLUB ワールドエリートカードが発行されることにより、国内では4枚目のワールドエリートが誕生することになります。

▼1ランク下の「ワールド」クラスのカードはこちら

「TRUST CLUBワールドカード」はMastercard国内最上位レベルカード!ポイント高還元率でお得。

SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード

<公式サイト>

TRUST CLUB ワールドエリートカードの基本スペック

ワールドエリート
出典:TRUST CLUB ワールドエリートカード

カード名TRUST CLUB ワールドエリートカード
カード会社三井住友トラストクラブ
国際ブランドMastercard
年会費本会員・・・130,000円(税別)
家族会員・・・無料
還元率ポイント還元率・・・1.6%
(ただしマイルへの移行は不可)
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)
傷害疾病治療費用1,000万円(利用付帯)
ラウンジキー本会員、家族会員ともに無料で付帯(同伴者1名まで無料)
その他特典空港までの往復3個の手荷物無料宅配

TRUST CLUB ワールドエリートカードの特徴(旅行関係)

次に付帯されている旅行関係の特典や特徴をじっくりと見てみましょう。

海外・国内旅行傷害保険は高額だが利用付帯である

カード保険

保険金額は最高1億円と充実していますが「利用付帯」です。

利用付帯の場合、ただ持っているだけでは保険が使えないため、このカードの保険を利用する場合には必ず旅行代金を決済するなどの注意が必要です。

注意
年会費130,000円もの高額カードで保険が自動付帯でなく利用付帯なのは、残念ながらカード選びの点ではかなりマイナスだと言わざるを得ません。

出発・帰国時の手荷物を無料で3個まで宅配

自宅から空港までの間を、スーツケース3個まで無料で運んでもらうことができます。

これで重い荷物を引きずって帰る海外旅行から解放されます。

ラウンジキーで同伴者1名まで無料

ラウンジ

空港ラウンジはプライオリティパスではなくラウンジキーが使え、同伴者も1名まで無料で利用することができます。

ポイント!
たとえば両親と子供2人の4人で家族旅行をする場合、父親がTRUST CLUB ワールドエリートカードの本会員で母親が家族会員であれば、全員無料でラウンジを使う事ができます。

ポイントがマイルに移行できない

ポイント還元率は高いのですが、貯めたポイントを航空会社のマイレージに移行することができません。

マイルを貯めるためには別途マイル専用のカードを持つ必要があります。

▼マイルを貯めるなら「SPGカード」がオススメ

SPGアメックスカード:マイル高還元率・高級ホテルへの無料宿泊など豪華特典・キャンペーンで、年会費の分は余裕で回収できる!?【2019年 徹底解説】

SPG・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

SPGアメックス<公式サイト>

【オススメ】Boingo Wi-Fiに無料で接続

Boingo Wi-Fi
出典:Boingo Wi-Fi(公式サイト)

Mastercardが世界100カ国6大陸・100万ヶ所以上の場所でWi-Fi接続サービスを提供している「Boingo Wi-Fi」に無料で接続することができます。

これで世界中どこへ行っても安定的にネット接続することができます。

格安プラチナカード「TRUST CLUB プラチナ マスターカード」申込受付スタート!年会費なんと3,000円で高還元率&ポイント制度やコスパ良すぎな特典について解説。

旅行関係の特徴のまとめ

TRUST CLUB ワールドエリートカードの旅行関係の特典や特徴には、正直言って首を傾げざるを得ません。

ラウンジサービスやWi-Fi接続サービスなどは充実しているものの、ポイントはマイルに移行できないため、このカードを利用している人は航空券を毎回自費で購入するしかありません。

海外旅行が好きな人はマイルを集めている場合が多いため、そのような人たちにこのカードはあわないでしょう。

これらの点はかなりのマイナスだと言わざるを得ません。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの特徴(レストラン特典)

ラウンジ

「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」で1名分の食事代が無料になります。

全国約200店の有名レストランで利用可能です。

月2回までと回数は限られていますが、年間で最高24回利用できるため、接待やデートなどでフル活用すれば年会費はあっという間に回収することができます。

ラグジュアリーカードブラックとの比較

ラグジュアリーカード

では次に、年会費がほぼ同じで国際ブランドも同じ、Mastercardのグレードも同じワールドエリートのラグジュアリーカードブラックと比較してみます。

カード名TRUST CLUB ワールドエリートカードラグジュアリーカードブラック
カード会社三井住友トラストクラブアプラス
カードの材質プラスチック板金属プレート
国際ブランドMastercardMastercard
年会費本会員・・・130,000円(税別)
家族会員・・・無料
本会員・・・100,000円(税別)
家族会員・・・25,000円(税別)
還元率ポイント還元率・・・1.6%
(ただしマイルへの移行は不可)
ポイント還元率・・・1.25%(マイル還元率・・・0.75%)
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)最高1億2千万円(自動付帯)
傷害疾病治療費用1,000万円(利用付帯)200万円(自動付帯)
ラウンジキー本会員、家族会員ともに無料で付帯(同伴者1名まで無料)プライオリティパス(プレステージ会員)
その他特典空港までの往復3個の手荷物無料宅配レストランへのリムジン送迎無料サービス(片道のみ)

【2019年最新】チタン製「ラグジュアリーカード」は日本最高峰のステータス!限度額なし!?審査は超難関!?

Black Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。わかりやすくブラックカードなのも魅力。箔がつきますね。

BLACK CARD<公式サイト>

次に7つの視点から両者を比較してみます。

ポイント・マイル還元率

ポイント還元率はTRUST CLUB ワールドエリートカードの方が高く、おまけにポイントに有効期限がありません。
※ラグジュアリーカードブラックのポイント有効期限は5年

いっぽうラグジュアリーカードブラックは貯めたポイントをJAL・ANA・ユナイテッド・ハワイアン航空のマイルに交換することができます。

ポイント!
海外旅行へあまり行かない人であればTRUST CLUB ワールドエリートカードでも十分ですが、それ以外の人であればラグジュアリーカードブラックを選んだ方がよいでしょう。

ホテルの特典

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、ダイナースクラブの世界中の提携ホテルで優待を受けられる「クラブホテルズ」を利用することができます。

いっぽうラグジュアリーカードブラックは、世界中の3,000件を超すホテルなどで部屋のアップグレードや特典を利用できる「VIPホテル&トラベルプログラム」を利用することができます。

ポイント!
「VIPホテル&トラベルプログラム」は、マンダリンオリエンタルホテルグループやペニンシュラホテルズをはじめとする高級ホテルのアップグレード特典を受けることができます。
「量」より「質」であればラグジュアリーカードブラックが優れていると言えます。

レストランの特典

どちらも「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」が利用できます。

ただしラグジュアリーカードブラックは、自宅からレストランまでのリムジン送迎(片道のみ)サービスを無料で利用することができます。

この点からラグジュアリーカードブラックの方が優れていますね。

ラグジュアリーカードの好評判な特典:コンシェルジュ・リムジンはこう使え!依頼メールも公開します。

空港ラウンジ

TRUST CLUB ワールドエリートカードには「ラウンジキー」が、ラグジュアリーカードブラックには「プライオリティパス」が付帯しています。

利用出来るラウンジ数はプライオリティパスの方がやや多いですが、ラウンジキーは同伴者1名が無料になります。

この点から、空港ラウンジに関してはTRUST CLUB ワールドエリートカードの方が優れています。

ブランド力

ラグジュアリーカードブラックは日本ではじめてのワールドエリートであり、カードが発行されてからすでにある程度の時間が経過しており、高級カードとして認知されています。

いっぽうTRUST CLUB ワールドエリートカードはこれから発行されるカードであり、まだまだ世間に認知されている状態ではありません。

ブランド力は今のところ、ラグジュアリーカードブラックに軍配が上がります。

券面のデザイン

どちらも黒一色のデザインですが、ラグジュアリーカードブラックは金属プレートであるのに対し、TRUST CLUB ワールドエリートカードは旧来からのプラスチック板です。

こちらはラグジュアリーカードブラックの圧勝です。

ステータスカードならではの会員イベント

ラグジュアリーカードブラックは、プライスレスな体験を会員に提供することを目指しています。

▼ラグジュアリーカードの会員イベント

  • アストンマーティン氷上走行会
  • カルトワインのスクリーミングイーグル試飲会
  • ななつ星会員限定イベント

これらはお金を出してもできることではありません。

いっぽうTRUST CLUB ワールドエリートカードに関しては、今のところ会員限定イベントのリリースは行っていません。

まだまだこれからだとは思いますが、今までの実績から考えると今のところラグジュアリーカードブラックの方が優れています。

ラグジュアリーカードブラックとの比較のまとめ

ブラックカードやそれに類するような高額カードは特典の内容も大切ですが、それ以外のプライスレスな部分を求めて会員になる人が多いです。

たとえばアメックスセンチュリオンは年会費の高さを特典で回収することはほぼ不可能ですし還元率も決してよくはありませんが、それでも多くの人たちから支持されています。

ラグジュアリーカードブラックもこのようなプライスレスな部分の演出に力を入れており、実際にこのカードのファンも多いです。

ポイント!
TRUST CLUB ワールドエリートカードには今のところそのような点が見られないため、これからはそちらにも力を入れて行かないと間違いなく苦戦することでしょう。

Black Card(ラグジュアリーカード)の申し込みは、こちらから。

カード評価
特典の威力
(5.0)
コンシェルジュ
(5.0)
ブランド力(最高ランクのWorldElite)
(5.0)
還元率
(4.0)
総合評価
(5.0)
コンシェルジュ・VIP待遇の特典はMasterCard系列最高ランク認定。一度は手にしてみたい憧れのカードです。わかりやすくブラックカードなのも魅力。箔がつきますね。

BLACK CARD<公式サイト>

アメックスプラチナとの比較

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

次は年会費がまったく同じアメックスプラチナとの比較です。

カード名TRUST CLUB ワールドエリートカードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
カード会社三井住友トラストクラブアメリカン・エキスプレス
カードの材質プラスチック板金属プレート
国際ブランドMastercardAmerican Express
年会費本会員・・・130,000円(税別)
家族会員・・・無料
本会員・・・130,000円(税別)
家族会員・・・4人まで無料
還元率ポイント還元率・・・1.6%
(ただしマイルへの移行は不可)
ポイント還元率・・・1%(マイル還元率・・・0.8~1%)
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)最高1億円(自動付帯)
傷害疾病治療費用1,000万円(利用付帯)1,000万円(自動付帯)
ラウンジキー本会員、家族会員ともに無料で付帯(同伴者1名まで無料)プライオリティパス(プレステージ会員)
その他特典空港までの往復3個の手荷物無料宅配有名ホテルの上級会員へのステータスマッチ、毎年1泊無料宿泊券、その他多数

基本スペックだけで比較すると、TRUST CLUB ワールドエリートカードがアメックスプラチナに勝っているのは還元率の高さくらいで、それ以外はアメックスプラチナの完勝ともいえる内容です。

一応先ほどと同じ7つの視点で両者を比較してみます。

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス)」は最強の1枚。メリット・特典・保険とあわせてインビテーションについても徹底解説

アメックス・プラチナ<公式サイト>

ポイント・マイル還元率

還元率はTRUST CLUB ワールドエリートカードの方が高いですが、アメックスプラチナは航空会社16社のマイレージへ移行できるだけでなく、支払いへのポイントの充当などにも利用できます。

ポイント還元率を重視する人以外は、アメックスプラチナの圧勝です。

ホテルの特典

アメックスプラチナは、Marriott Bonvoyをはじめ数多くの有名ホテルの上級会員にステータスマッチすることが可能で、毎年1回無料宿泊券が送られてきます。

もちろん割引価格でアップグレード特典もついたホテルの予約も可能です。

これはアメックスプラチナの圧勝です。

アメックスのホテル優待・割引を徹底解説!海外(ヒルトンなど)や国内(帝国ホテルなど)でお得に宿泊。

レストランの特典

どちらも招待日和を利用した2名以上の利用で1名分の食事代が無料になる点は同じです。

しかし、Mastercardが月2回の利用に限られているのに対し、アメックスプラチナには利用回数制限がありません。

そのためアメックスプラチナの勝ちです。

空港ラウンジ

アメックスプラチナはラグジュアリーカードブラックと同様プライオリティパスを使ってラウンジを利用します。

ラウンジ利用に関してはラウンジキーのあるTRUST CLUB ワールドエリートカードの勝ちです。

アメックスカード(アメリカンエキスプレス)の空港関係の優待特典まとめ!空港からの手荷物無料配送やラウンジ・パーキングサービスなど盛りだくさん。

アメックスカード(アメリカンエキスプレス)の空港関係の優待特典まとめ!空港からの手荷物無料配送やラウンジ・パーキングサービスなど盛りだくさん。

ブランド力

いうまでもなくアメックスプラチナの勝ちです。

券面のデザイン

アメックスプラチナはラグジュアリーカードブラックと同様、金属プレートのカードです。

これもアメックスプラチナの勝ちです。

ステータスカードならではの会員イベント

アメックスプラチナも、フランス大使館でのレセプションパーティーなどを会員向けに行っています。

こちらもラグジュアリーカードブラックと同様プライスレスな部分の演出に抜かりはありません。

TRUST CLUB ワールドエリートカードはまだまだこれからのカードであり、期待していきたいですね。

アメックスプラチナとの比較のまとめ

現時点で発表されている内容だけで比較すると、TRUST CLUB ワールドエリートカードがアメックスプラチナに勝る点を見つけるのはかなり難しい印象です。

アメックス・プラチナ<公式サイト>

TRUST CLUB ワールドエリートカードのオススメの使い方

5つ星

年会費がほぼ同額の2枚のカードと比較すると、どうしてもTRUST CLUB ワールドエリートカードをオススメするのを躊躇してしまいます。

では年会費が130,000円(税別)ではなく無料だったらどうでしょうか?

ダイナースプレミアムだったら無料で持てる!

ダイナースプレミアム
出典:ダイナースプレミアム(公式サイト)

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、ダイナースクラブプレミアムカード会員であればコンパニオンカードとして年会費無料で持つことができます。

ポイント!
年会費無料でワールドエリートを持てるのであれば、話はまったく変わります。
特典内容の足りない部分はダイナースプレミアムが補ってくれるため、ひょっとしたら最強の組み合わせになるかもしれません。

ダイナースのブラックカード「ダイナースプレミアム」がすごい理由5つ!

まずはダイナースクラブカードを作って実績を積もう!

ダイナース

ダイナースプレミアムを手に入れるためには、ダイナースクラブカードを作って実績を積むことが必要です。

ある程度実績を積めば比較的早い時期にインビテーションが届きます。

そうなれば年会費無料でTRUST CLUB ワールドエリートカードを持つことができます。

▼ダイナースを持っていない方はまずは一般カードから▼

ダイナースクラブカードの申し込みは、こちらから。

審査・年会費のハードルはありますが最高峰のサービスで生活が大きく豊かになるダイナース。ぜひ公式サイトで特典や優待・サービスについて詳細をご覧ください。
カード評価
特典・優待
(5.0)
保険
(5.0)
アシスタンス・コンシェルジュ
(4.5)
ステータス
(5.0)
総合評価
(4.5)

ダイナースクラブ<公式サイト>

まとめ

TRUST CLUB ワールドエリートカードはラグジュアリーカードブラックやアメックスプラチナと比べるとどうしても劣っている部分が目立ってしまうため、現時点では積極的にオススメすることはできません。

しかしダイナースプレミアムの会員になって年会費無料で持つのであれば話は別です。

TRUST CLUB ワールドエリートカードは単体で申し込むと年会費は高く内容は物足りないコスパの悪いカードですが、ダイナースプレミアムを経由して年会費無料で手に入れるのであれば、全カード中最高のコスパといえます。

ダイナースプレミアムとお互いのの足りない所を補完し合える最強の組み合わせを、無料で手に入れるチャンスかもしれませんよ。

ラグジュアリーカード BLACK CARD

年会費10万円で持てるブラックカード。唯一メール対応可能なコンシェルジュ・無料リムジン送迎サービス・旅行系特典など満載。海外での利用・年間150万円以上の利用でポイント還元率1%に。

入会特典-
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
108,000円(税込) 108,000円(税込)
還元率(通常) 還元率(最大)
0.5% 1.5%
発行スピード(最短)
1週間以上
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)○(利用付帯)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-