2018年最新!おすすめクレカランキング→

どこでどうやって使うの?海外旅行でのキャッシングのやり方を徹底解説

海外旅行でキャッシングとは?

jmb

海外旅行でキャッシングをする際の、そのやり方と注意点について解説します。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

旅行先で外国通貨を入手するには、旅行先で両替する、トラベラーズチェックや国際キャッシュカードを持っていくなどの方法がありますが、クレジットカードのキャッシングが意外と便利です。
相当高額な利息を取られそうなイメージですが、意外に手数料は安いのです。

海外旅行でキャッシングするには、キャッシング枠のあるクレジットカードを持っている必要があります。つまり、既にクレジットカードに申込んで利用していないと、海外旅行でキャッシングはできません。

海外旅行におけるクレジットカードとキャッシングについて

海外旅行でキャッシングをする際、銀行やホテルに両替に行く必要はありません。ATMさえあれば、現地通貨のキャッシングが可能です。利用方法や手数料について、しかし、初めての方にとってはわからないことばかりでしょう。

クレジットカード会社では、海外でのキャッシングサービスの利用についてほとんどすべて対応しています。
それはVisa、JCB、Master Cardといった国際ブランドと提携しているからです。対応していないのは、ビューカードとアメリカン・エキスプレス・インターナショナルぐらいです。

合わせて読みたい

海外旅行におけるキャッシングのやり方について

それでは、キャッシングのやり方とは、具体的にどうなのでしょうか?

基本的には、Visa、JCB、Master CardのロゴマークのあるATMを見つけて利用することになります。
ATMが設置されている場所は、空港、駅、ホテル、ショッピングセンターなどに多いです。

ATMのブランドロゴが

  • 「Diners Club」または「Pulse」のマークのATMではDiners
  • 「Cirrus」のマークのATMは、JCBカードまたはMaster
  • 「Card、PLUS」のマークのATMはVisaカード
  • が利用できます。

海外旅行先でのATMの操作方法と注意点

海外に設置されているATMですから、もちろん言語は日本語ではありません。言葉がわからなければ、やっぱり慌ててしまいますよね。
基本的には、日本のコンビニなどにあるATMと操作感覚は同じですので、思い出しながらATMの操作をしてみましょう。

国際ブランドに対応したメニュー画面かどうかは、上記のロゴマークで判別します。そしてクレジットカードをATMに入れると、順にクレジットカードに対応したメニュー画面が出てきます。

クレジットカードのキャッシング利用時の手順

借り入れの場合

  1. クレジットカードを挿入する
  2. 暗証番号を入力する。
  3. 「PIN」とは、暗証番号のことです。

  4. 取引内容の選択で「WITHDRAWAL」を選択する。
  5. 引き出しを選択します。他には「CASH ADVANCE」や「CASH IN ADVANCE」という表現もあります。

  6. 取引方法の選択で「CREDIT CARD」を選択する。
  7. 画面に取引方法が表示されるので、クレジットカードを選択します。
  8. 借り入れ金額を入力する
  9. 画面表示される金額、またはOTHERを選択してその他の借り入れ希望金額をキー入力します。

  10. 現金を受け取る
  11. 終了する
  12. ANOTHER TRANSACTIONをするかどうか、ATMが尋ねてきます。続いての操作を終わりにする場合、NOを選択します。

カードと利用明細を受け取る

ATM操作は、基本的に銀行キャッシュカードで預金の引き出しや預け入れをするのと同様の利用方法です。海外に設置されているATMでは、カードを挿入した後は画面に表示される案内の英語に従って利用できます。

スポンサードリンク

だいたい決まった表現の英語なので、操作するうちに慣れてくるでしょう。
また、ATMの画面を見てどうしたらいいか分からないときも「まずはカードを入れる」ことだけは覚えておくと良いでしょう借り入れや返済の利用明細書や、返却されるカードの受け取りを忘れないようにしてください。

海外におけるキャッシングのATM利用手数料について

クレジットカードのキャッシング利用時に、ATMによってはメニュー画面で英語の単語や聞く順番が多少異なりますが、だいたいの流れはこのようになっています。
クレジットカードを入れた後に、言語を選択できるものもあるので、英語もしくは日本語を選択すると良いですね。

借入金額を選択する画面で 「PLEASE SELECT THE AMMOUNT」などの後に、「ATMの手数料が○○円かかるけど大丈夫?」と尋ねるATMもあります。

海外におけるATMの利用手数料は、無料のところと 100~200円(税抜き)の手数料がかかるところがあります。
これは日本のクレジットカード会社に支払う海外キャッシング手数料ですが、現地のATMを設置した金融機関が独自に手数料を徴収するケースもあります。ATMによっても変わりますが、高くなっても500円くらいです。手数料が高くてやめる場合は「CANCEL」ボタンを押しましょう。

たいていの場合は、それらもろもろの手数料をさし引いても、現金(日本円)から現地通貨に両替するより、ATMで海外キャッシングをした方が、交換レートが良いようです。

合わせて読みたい

キャッシング手数料の仕組みを解説!

海外における金融機関の窓口でのキャッシングについて

ATMの操作に不慣れな場合、銀行の窓口でもキャッシングできます。Visa、JCB、Master Cardなどの国際ブランドと提携している銀行の窓口も利用できます。

銀行などの金融機関がどの国際ブランドと提携しているかは、窓口やATMに貼られているロゴマークのステッカーで判断しましょう。

PLUS

plus1

「PLUS」のロゴがあれば、Visaの提携金融機関です。

CIRRUS

cirrus2

「CIRRUS」のロゴがあれば、Master CardとJCBの提携金融機関です。

Diners Club

diners-club-international-logo1

「Diners Club」のロゴがあれば、Dinersの提携金融機関です。

窓口での取り扱い

窓口ではクレジットカードとパスポートを提出し、キャッシングしたいと窓口の係員に伝えます。

  • 銀行の職員
  • 「May I help you?」(ご用件は何ですか?)

  • キャッシング利用者
  • 「I’d like to withdraw 100$ with this credit card.」(このカードで100ドル引き出したいです)

と答えましょう。

ここでもATMの操作で出てくるwithdraw、引き出すという単語を使います。
この際、サインもしくは暗証番号が必要です。サインは、カードの裏面に記載されているものと同じサインをしましょう。

また、窓口利用時には手数料がかかります。金融機関ごとに異なりますので、窓口でこのように訪ねてみましょう。

キャッシング利用者

「How much is the commission?(手数料はいくらですか?)」

ここではcommission、手数料という単語を使います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外旅行でのキャッシングでは、日本のコンビニATMでキャッシングをしたことがあれば、英語表示のATMでクレジットカードのキャッシング枠を利用するのが手数料を抑えられて便利です。キャッシング会社の手数料がどれだけかかるかを念頭に借入・返済を行って、自身に合った無理のないキャッシングの利用ができるようにしたいものですね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード