今すぐクレカが必要な方は→

オリコカードザプラチナはインビテーション(招待)不要!ゴールドカードとの比較や審査(年収)・ラウンジなどを徹底解説。

オリコカードザプラチナ

インビテーション(招待状)が不要で自己申し込みができ、コスパが高くて付帯されている特典のバランスがよいプラチナカードを探す時、必ず出てくるのが「オリコカードザプラチナ」です。

プラチナカードとしては安めの年会費でありながらあらゆるジャンルの特典がバランスよく付帯されており、ポイント還元率も高くその使い道も豊富です。

「ゴールドカードにしようかプラチナカードにしようか?」と迷っている人や「他の人気プラチナカードと比べるとどうなのか?」を知りたい人のために、オリコカードザプラチナを徹底解説しました。

オリコカード<公式サイト>

オリコカードザプラチナの特徴

オリコカードザプラチナ

カード名オリコカードザプラチナ
カード会社オリエントコーポレーション
国際ブランドMastercard
年会費本会員・・・20,000円(税込)
家族会員・・・3名まで永年無料。
還元率ポイント還元率・・・1%~
海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯は5,000万円)
傷害疾病治療費用300万円
ラウンジ利用ラウンジキーが付帯(家族会員も)
電子マネーiD、QUICPay(Apple Pay利用時はQUICPayが割り当てられる)
その他特典・海外手荷物無料サービス
・厳選レストランでの所定のコースが1名無料
・24時間365日利用可能なコンシェルジュサービス

年会費は20,000円(税込)でプラチナカードとしてはかなり安めに設定されています。

家族会員も3名までは永年無料ですから、これで十分でしょう。

インビテーション不要!自己申し込み制のプラチナカード

オリコカードザプラチナを取得するために、カード会社からのインビテーション(招待状)はいりません。

公式HPから直接申し込めばOKです。

国際ブランド

国際ブランドはMastercardです。

MastercardはVISAとならび世界中で決済することができるため、これ1枚でも安心です。

ポイント!
アメックスやJCBには素晴らしいカードが多いですが、決済網の弱さを考えるとどうしても1枚はVISAやMastercardを持つ必要があります。
この点のアドバンテージはかなり大きいです。

【JCB,VISA,MasterCard】国際ブランドはどれがいい?国内シェアは?海外旅行に行くなら?国際クレジットカードとは?

ポイント還元率が高い!

オリコカードザプラチナ
出典:オリコカードザプラチナ(公式サイト)

通常、プラチナカードは特典がメインであり、還元率が高いカードは少ないです。

しかしオリコカードザプラチナは基本還元率が1%と高く、しかも毎月の利用金額を合算した金額に対して100円につき1オリコポイントがたまります。

このため切り捨てられるポイントはほとんどありません。

しかもそれ以外に、5種類のポイントアッププログラムが用意されています。

▼5種類のポイントアッププログラム
オリコカードザプラチナ
出典:オリコカードザプラチナ(公式サイト)

1,オリコモールでプラス1%

オリコが運営するオンラインショッピングモール「オリコモール」を経由して買い物するとお得です。

Amazonをはじめとするネット通販サイトでの商品購入時にオリコカード ザ プラチナを使用すると、購入代金の1.0%分のポイントが基本ポイントとは別に上乗せされます。

オリコモールでは、たとえばAmazonやYahoo!ショッピングであれば購入金額の0.5%。

ロハコなら1%、楽天なら0.5%~最大15%のポイントを受け取ることができます。

▼オリコモール経由でオリコカードザプラチナを利用してアマゾンで1,000円の商品を購入した場合(例)

  • 基本ポイント(還元率1%):1,000円×1%=10オリコポイント
  • オリコモール経由の特別加算分:1,000円×1%=10オリコポイント
  • オリコモール内のアマゾンのポイント:1,000円×0.5%=5オリコポイント
  • 合計:10+10+5=25オリコポイント(還元率2.5%
ポイント!
このようにオリコモールを上手に利用すると、最低でも2.5%以上の還元率を維持することができます。
そのためオリコモールで年間80万円以上利用すると、年会費が全額回収できてしまいます(80万円×2.5%=20,000オリコポイント)。

2,電子マネー利用でプラス0.5%

オリコカードザプラチナにはiDとQUICPayが搭載されています。

このiDやQUICPayで支払った場合、基本ポイントとは別に100円の利用あたり0.5%分のポイントが特別に上乗せされます。

そのためコンビニなどでこれらの電子マネーを利用すると、還元率は1.5%となります。

ケロンくん

iDやQUICPayは、現在コンビニやスーパーをはじめかなり幅広い分野・店舗で利用することができるよ♪
それを考えると、「オリコカードザプラチナの基本還元率は1.5%!」といっても過言ではないね。

3,誕生月の利用でプラス1%

誕生月にオリコカード ザ プラチナでお買い物すると、100円の利用につき1%のポイントが加算されます。

▼誕生月にオリコモール経由で購入した場合(例)

  • 基本還元率:1%
  • オリコモール経由の特別加算分:1%
  • オリコモール内の通販ショップの特別加算分:0.5%(最低でも)
  • 誕生月の利用による特別加算分:1%
  • 合計還元率:1+1+0.5+1=3.5%

4,リボ払いでプラス0.5%

支払いをリボ払いで行った場合、通常のポイントとは別に100円の利用につき0.5ポイントが加算されます。

ただしリボ払い手数料が発生してしまうため、特別な場合を除きオススメできません。

5,海外での利用でプラス0.5%

オリコカードザプラチナを海外で利用すると、100円の利用につき0.5ポイントが加算されます。

ポイント還元率のまとめ

このようにオリコカードザプラチナを上手に使うと、実質還元率を2%前後まで上げることは十分に可能です。

クレジットカードの還元率は1%を超えると高還元率といわれているため、オリコカードザプラチナは「超高還元率カード」といえるでしょう。

オリコカード<公式サイト>

ポイントの使い勝手がよい

PCとカード

オリコポイントは有効期限が1年と短いですが、ポイントの移行先は豊富で大変使い勝手がよく便利です。

▼ポイント交換先(一例)

  • Amazonギフト券・・・500ポイントで500円分
  • iTunesギフトコード・・・500ポイントで500円分
  • Tポイント・・・1000ポイントで1000ポイント
  • 楽天スーパーポイント・・・1000ポイントで1000ポイント
  • Pontaポイント・・・1000ポイントで1000ポイント
  • dポイント・・・1000ポイントで1000ポイント

オリコカードザポイント新規入会ウェルカムキャンペーンで、最大8,000ポイントをゲットするには?友達紹介はある?

ラウンジ利用はラウンジキーで

空港ラウンジ

「ラウンジキー」とは空港ラウンジを利用する時にクレジットカードを提示するだけで利用できるラウンジ利用方法です。
※決して「鍵」が渡されるわけではありません

オリコカードザプラチナは、本会員・家族会員ともに、世界1,000ヵ所を超える空港ラウンジを年間6回まで無料で利用することができます。

>>なお利用できるラウンジはこちらになります。

ポイント!
ほとんどの人にとっては、年間6回もラウンジを利用することができれば十分でしょう。
家族会員も無料で利用できるのはありがたいですね!

付帯保険は最高1億円!

保険

オリコカードザプラチナには多くの高額な保険が付帯されています。

補償の内容会員(家族会員含む)家族特約対象者
死亡・後遺障害最高1億円
(自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円)
最高2,000万円
傷害治療費用300万円限度200万円限度
疾病治療費用300万円限度200万円限度
携行品損害100万円限度
(免責金額1事故3,000円)
100万円限度
(免責金額1事故3,000円)
賠償責任3,000万円限度1,000万円限度
救援者費用等300万円限度200万円限度

家族特約とは、会員(家族会員除く)と生計をともにする6親等以内の血族および3親等内の姻族をいいます。

具体的には子供や同居している親などを指します。

またこれ以外にも、クレジットカード業界としてははじめての個人賠償責任保険(補償金額100万円)が付帯されています。

ポイント!
傷害・疾病治療費用が300万円では不安な人は、年会費無料のエポスカードに追加で入会することをオススメします。
エポスカードの傷害・疾病治療費用は自動付帯で最高270万円ですから、オリコザカードプラチナと合算すると疾病治療費用は最高570万円に増額することができます。

エポスカードの付帯保険。海外・国内の違いや条件・サービスを解説!海外旅行傷害保険は自動付帯!

エポスカードの申し込みは、こちらから。

エポスカード<公式サイト>

Mastercardの「Taste of Premium」が利用できる

ナイフとフォーク

オリコザカードプラチナはPlatinum MasterCardのため、マスターカードが提供している「Mastercard Taste of Premium」という特典を利用することができます。

▼「Mastercard Taste of Premium」の特典(一例)

  • 「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」・・・全国約200店の有名レストランにて2名以上の利用で1名分の料理代が無料
  • 「Taste of Premium 国際線手荷物無料宅配」・・・出発・帰国時の手荷物を2個まで無料宅配

利用者の口コミ

SNS

これまで別途入っていた海外旅行保険に加入しないで済むこと(他のカードとの合算した結果ですが・・・)、空港までの往復手荷物宅配サービスは、会社から直接空港に行くことが多い者としては、大変助かります。

このサービスで、大部分の年会費の元が取れる計算。

引用:https://crefan.jp/review/review_comment?revid=14525

→年に何度か海外旅行に行かれる人であれば、たしかにスーツケースの往復宅配と海外旅行傷害保険だけでも十分に年会費の元は取れてしまいますね。

本来プラチナカードなど持てる属性ではありませんが、酔った勢いでポチってみました。

プラチナカードのサービスを使い切れるとは思いませんが、2万円なら持っていてもいいかな~って感じで取得してみました。

引用:https://crefan.jp/review/review_comment?revid=14437

→オリコカードザプラチナはとくに審査が通過しやすいプラチナカードとして有名です。年間100万円以上決済することができる人であれば、実質年会費が無料になるので値打ちですね。

コンシェルジュに限度額について300万円が最高額と記載がありましたが、それよりも上の設定がないのか?ということを問い合わせましたところ

・・・(中略)・・・

結果は現状、300万円までしか設定がないようで、今後、更に上の極度額設定ができるのかはまったくもって未定であるとの回答でした・・・

引用:https://crefan.jp/review/review_comment?revid=14209

→たしかにプラチナカードで限度額300万円というのは少し少ないかもしれませんね。

ケロンくん

多少のネガティブな口コミもありましたが、全体的には好意的な口コミがほとんどだったよ♪

オリコカード<公式サイト>

オリコカードザプラチナのメリット・デメリット

本

ではここで、オリコカードザプラチナのメリットとデメリットをまとめてみます。

オリコカードザプラチナのメリット

  • 高還元率でポイントがざくざく貯まる
  • ポイントの交換先が豊富でポイントを使いやすい
  • 海外旅行に必要な特典がほぼすべてそろっている

オリコカードザプラチナのデメリット

  • ANAやJALのマイレージへのポイント移行レートが悪いため、マイルを貯めるカードには向いていない
  • 利用限度額が300万円とプラチナカードにしては少ない

オリコカードザプラチナの審査について

本

オリコカードザプラチナはプラチナカードにもかかわらず利用限度額の上限が300万円と他のゴールドカードなみに低く抑えられております。

そのため、他のプラチナカードと比較すると、かなり難易度は低いといえます。

クレヒスにさえ問題がなければ、審査通過のハードルはぐっと下がると予想されます。

必要な見込み年収

利用限度額が個別に設定されるため、限度額が30万円に設定されたケースなどもあります。

利用限度額を上下することでカード会社がリスクヘッジできる仕組みをとっているため、年収が低くても審査通過ができる可能性は十分にあります。

ネットで調べられる範囲での見解ですが、年収300万円台でクレヒスにさえ問題がなければ十分に審査に通過する可能性はあります。

他のオリコカードとの比較

オリコカードザプラチナはオリコカードザプレミアムゴールドやオリコカードザゴールドと比べて何がどのように違うのでしょうか?

基本スペックを比較してみましょう。

カード名オリコカードプレミアムゴールドオリコカードゴールドオリコカードザプラチナ
カード会社オリエントコーポレーションオリエントコーポレーションオリエントコーポレーション
国際ブランドMastercard・JCBVISA・MastercardMastercard
年会費本会員・・・1,950円(税込)
家族会員・・・無料
本会員・・・初年度年会費無料。次年度以降年会費10,000円(税別)
家族会員・・・無料
本会員・・・20,000円(税込)
家族会員・・・3名まで永年無料。
還元率ポイント還元率・・・0.5%~ポイント還元率・・・0.5%~ポイント還元率・・・1%~
海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)最高5,000万円(自動付帯)最高1億円(自動付帯は5,000万円)
傷害疾病治療費用200万円200万円300万円
ラウンジ利用なし国内では主要15空港、海外2港のラウンジが無料利用ラウンジキーが付帯(家族会員も)
電子マネーiD、QUICPay(ただしポイント加算なし)iD、QUICPay(ただしポイント加算なし)iD、QUICPay(Apple Pay利用時はQUICPayが割り当てられる)
その他特典・海外手荷物無料サービス
・厳選レストランでの所定のコースが1名無料
・24時間365日利用可能なコンシェルジュサービス

オリコカードザゴールドやオリコカードザプレミアムゴールドにはオリコモールや電子マネー、リボ払いなどでのポイント加算が一切ありません。

そのため一定金額以上を決済するのであれば、オリコカードザプラチナが圧倒的に有利になります。

ポイント!
具体的には年間決済額が100万円以上の方であれば、オリコカードザプラチナを選ぶことをオススメします。

オリコカード<公式サイト>

他のプラチナカードとの比較

ノート

では次にライバルとなる他のプラチナカードと比較してみます。

まずは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。
※以下、セゾンプラチナアメックスとする

セゾンプラチナアメックスとの比較

セゾンプラチナビジネス

カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社セゾンカード
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費20,000円(税別)

ただし年間200万円以上の利用で、次年度年会費10,000円(税別)
カード利用枠審査により個別に決定
キャッシング~300万円
海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
疾病傷害治療最高300万円(自動付帯)
ショッピング補償購入日から120日間、年間300万円まで補償(自己負担額なし)
プライオリティパスプライオリティパス(プレステージ会員)が無料
ホテル特典ヒルトン・プレミアムクラブジャパンの優待入会他多数
マイル還元率セゾンマイルクラブに加入する事で1,000円=11.25JALマイル(1.125%)

年会費の比較

どちらもほぼ同じですが、セゾンプラチナアメックスは年間利用金額が200万円を超えると年会費が10,000円(税別)となります。

この点はセゾンプラチナアメックスの方が優れています。

還元率の比較

セゾンプラチナアメックスのポイント還元率は0.75%~1%程度です。

こちらもオリコカードザプラチナの圧勝です。

特典の比較

どちらもバランスよく特典が付帯されています。

ただしセゾンプラチナアメックスの方は特典が本会員のみのものが多いのに対し、オリコカードザプラチナは家族会員にも特典や保険が付帯されています。

これはビジネスカードとしての特徴であるため単純にどちらが優れているとはいえません。

あえていうなら引き分けです。

全体的な強みと弱み

どちらのカードも非常にバランスよく特典や補償が付帯されています。

オリコカードザプラチナはポイントが貯まりやすく、家族会員や家族までの補償もカバーしています。

いっぽうセゾンプラチナアメックスは本会員の特典や補償はほぼ完ぺきで、JALマイルも高還元率で貯めることができますよ。

ポイント!
年に一度家族でツアー旅行を楽しむのであればオリコカードザプラチナ。
ビジネスでの出張が多く、マイルを貯めて海外旅行を楽しむのであればセゾンプラチナアメックスをオススメします。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンプラチナアメックス)はJALマイルを貯めるのにぴったりなカード!年会費・審査・評判について徹底解説。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード<公式サイト>

エポスプラチナカードとの比較


出典:エポスカード(公式サイト)

カード名エポスプラチナカード
カード会社エポスカード
国際ブランドVISA
年会費本会員・・・30,000円(税込)ただし年間利用額が100万円を超えると20,000円(税込)
家族会員・・・なし
還元率ポイント還元率・・・0.5%~
海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
傷害疾病治療費用300万円
ラウンジ利用プライオリティパス
電子マネーApple Pay、Google Pay、楽天ペイ
その他特典年間の利用金額に応じて、最大10万円相当のポイントが付与。

年会費の比較

エポスプラチナカードは通常年会費は30,000円(税込)ですが、年間100万円以上利用すると次年度以降は20,000(税込)となります。

ですからここは引き分けです。

還元率の比較

エポスプラチナカードには家族カードが存在しません。

そのため家族がいる方にとっては決済額の合算ができないため利用金額が下がってしまいます。

これでは仮に還元率が同じだったとしても、最終的に貯まるポイントはオリコカードザプラチナの方が多くなってしまいます。

この点からオリコカードザプラチナの圧勝です。

特典の比較

どちらもバランスよく装備されていますが、やはり家族カードのないエポスプラチナカードではラウンジ無料利用も本会員のみとなってしまいます。

これらの点からオリコカードザプラチナの圧勝です。

全体的な強みと弱み

お互いに還元率の高い似たようなカードなのですが、エポスプラチナカードに家族カードがないのが致命傷です。

逆に言えば独身の方であればエポスプラチナカードも十分に選択肢の一つに入れることができると言えるでしょう。

エポスプラチナカードを徹底解説。限度額・還元率・メリット・ボーナスポイント・インビテーション獲得条件など。直接申込みも可能!

まとめ

オリコカードザプラチナはプラチナカードとしては年会費が低く抑えられており、還元率は高くて特典のバランスも良く、欠点の少ないカードといえます。

最大の欠点は貯めたポイントのマイル移行レートが悪いことですが、マイルを使って個人旅行をする人は旅行者全体から見ると圧倒的に少数派です。

海外旅行は旅行代理店を利用する人であれば、オリコカードザプラチナは自信を持ってオススメすることができる数少ない1枚といえます。

オリコカード<公式サイト>