2018年最新!おすすめクレカランキング→

【法人必見】三井住友ビジネス カードでキマリ!

fireshot-capture-399-%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e7%94%b3%e8%be%bc%e3%81%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a6%e3%82%99-%ef%bd%9c
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/index.jsp

三井住友ビジネスカードの魅力は

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

  • 「個人事業向け」
  • 「中小企業向け」
  • 「大企業向け」

の3つのタイプが用意されていることです。

自社の会社の規模から最適なビジネスカードを選びやすくなっています。

3つのタイプから合計で11種類のビジネスカードがリリースされているので、ビジネスカードを選ぶならどんな会社にとっても三井住友を選びやすいです。

自社の規模にマッチするビジネスカードを探してみてください。

ビジネスカードの選び方とポイントは?

法人専用のクレジットカードをビジネスカードと言います

ビジネスカードの選び方は何よりも自社の規模に合うかどうか?ここが大事です。

これを深く追求していくと、最終的にコスト&パフォーマンスに辿り着きます。

ビジネスカードはコスパが重要!

コスパというのはコストをいかに抑えてパフォーマンスを向上できるのか?これが大事ですね。
そう考えると、カードのステータスよりも年会費を優先するのが基本となります。

ビジネスカードのステータスに対する考え方は一般向けのクレジットカードと同様です。優待特典やポイントプログラムからメリットを見出すことになります。

年会費が安いビジネスカードほどコストを抑えられるので、パフォーマンスを向上させやすくなります。

ビジネスカードの役割やメリットをおさらいしておこう!

ビジネスカードを持つメリットはいくつかありますが、基本的な内容は「経理の管理」や「資金繰りの改善」などにあります
普通に「現金払い」や「銀行振込」することに比べると、ビジネスカードを所持しておく方が何かと便利になるわけですね。

ビジネスカードの役割やメリットというのはどんなタイプのビジネスカードを選んでも同じです。いろんなビジネスカードが存在しますが、自社に最適なビジネスカードはコスパから判断することがセオリーです。

三井住友は必ず抑えておこう!

fireshot-capture-392-%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8bvisa%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%ef%bc%8f%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af
(出典:http://www.smbc-card.com/index.jsp

ビジネスカードは一般向けのクレジットカードに比べると、圧倒的にリリース数が少ないです

カード会社によっては1種類しか用意していないところもあります。
そうした現状を考えると、三井住友のビジネスカードは種類が豊富です。

起業したての個人事業の方から大企業まで、しっかりと最適なビジネスカードが用意されています。

ビジネスカードを比較するなら、三井住友は抑えておきたい1社であることは間違いありません。

個人事業向けのビジネスカード

個人事業向けのビジネスカードは5種類存在します
どれも年会費が安いため、初めてのビジネスカードとしても選びやすいのが魅力です。

①エフアンドエムマーチャントメンバーズクラブ

fireshot-capture-400-%e3%82%a8%e3%83%95%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a8%e3%83%a0%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/fm_mmc.jsp

エフアンドエムマーチャントメンバーズクラブの年会費は2,500円です。

年会費優遇制度として「前年度の利用金額が50万円以上」なら1,250円となります。
また、「カードご利用代金WEB明細書サービス」なら2,000円となります。

このビジネスカードの特徴はエフアンドエムの記帳代行サービスを利用できることです。これを利用すると経費の管理が便利になります。

リーガロイヤルクラシックVISA法人カード

fireshot-capture-401-%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%afvisa%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab%e3%83%bc_-https___www-smbc
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/rihga_corp.jsp

リーガロイヤルクラシックVISA法人カードの年会費は使用者1名に付き1,500円です。かなりリーズナブルな年会費です。

カードの特徴はリーガロイヤルホテルグループにおいて特典が充実していることです。

マツダm’z法人カード

fireshot-capture-402-%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%bf%e3%82%99mz%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%ef%bd%9c-%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99_-https___www-smb
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/mzcard_corp.jsp

マツダm’z法人カードの年会費は一般カードなら使用者1名に付き1,250円、ゴールドカードなら使用者1名は1万円の2人目からは2,000円となります。

名前の通り、マツダに強いカードとなっており、マツダにおいてキャッシュバックを受けることができるビジネスカードです。

ANAコーポレートカード

fireshot-capture-403-ana%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%ef%bd%9c-%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/ana_corp.jsp

スポンサードリンク

ANAコーポレートカードは3種類あります。

  • 一般カードの年会費は1名が2,750円で2人目からは400円
  • ワイドカードは1名は1万2,250円で2人目からは400円
  • ワイドゴールドカードは1名は1万9,000円で2人目からは4,000円

となっています。

ANAコーポレートカードの特徴はマイルを貯められることです

ビジネスでフライトシーンが多いなら、マイルを貯めることで飛行機代を節約できるようになるので便利です。

三井住友マーチャントメンバーズクラブ

fireshot-capture-404-%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%82%af%e3%83%a9
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp

三井住友マーチャントメンバーズクラブの一般カードは年会費1,250円で2人目から400円です。
ゴールドカードは年会費1万円で2人目から2,000円となっています。

このカードは三井住友のビジネスカードのスタンダードカードです。

他の種類は何かしらの特徴がありますが、その特徴に魅力を感じないという方は「三井住友マーチャントメンバーズクラブ」を選んでおきましょう。
スタンダードなカードステータスであり、一般カードなら年会費も安いのでコスパを追求しやすいと思います。

中小企業向けのビジネスカード

中小企業向けのビジネスカードも5種類が用意されています。その4種類については個人事業向けのカードと同じです。

中小企業から大企業向けのカードである「丸善ジュンク堂ビジネスパーチェシング」、これが個人事業と大企業の間に位置するカードでまさに中小企業向けのビジネスカードです。

個人事業向けと同様のカードは

  • 「リーガロイヤルクラシックVISA法人カード」
  • 「マツダm’z法人カード」
  • 「ANAコーポレートカード」
  • 「三井住友マーチャントメンバーズクラブ」

の4種類になるため、上記を参考にしてください。

丸善ジュンク堂ビジネスパーチェシング

fireshot-capture-405-%e4%b8%b8%e5%96%84%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%b3%e3%82%af%e5%a0%82%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/junkudo_business_purchasing.jsp

丸善ジュンク堂ビジネスパーチェシングは年会費無料です。

このカードは「書籍の購入」に特化しているビジネスカードであり、提携先は「丸善書店・ジュンク堂書店 」です。
申込の対象は「ジュンク堂書店、丸善書店、HONの顧客企業(取引企業、または取引予定の企業) 」となっています。

書籍以外の決済でも使うことが可能なカードですが、追加オプションが一切ないことを考えると少し物足りません。

このカードの珍しい特徴としてはネットストアだけに使える「カード不発行型」が用意されていることです。

大企業向けのビジネスカード

大企業向けのビジネスカードは「丸善ジュンク堂ビジネスパーチェシング」を含めて4種類が用意されています
「丸善ジュンク堂ビジネスパーチェシング」は上記を参考にしてください。

三井住友パーチェシングカード

fireshot-capture-406-%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%ef%bd%9c_-https___ww
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/purchasingcard.jsp

三井住友パーチェシングカードの年会費は1,250円ですが、2人目からは400円となります。

カードの特徴は「部署名義」からカードを発行できることであり、これによって後任人事の際にカードの手続き変更が不要となるのが便利な点です。

三井住友コーポレートカード

fireshot-capture-407-%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%ef%bd%9c-%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/corp_index.jsp

三井住友コーポレートカードの一般カードは年会費1,250円の2人目から400円です。ゴールドカードは1万円の2人目からは2,000円の年会費で発行できます。

大きな特徴は「会社全体」、「部署別」、「個人別」から経費予算を管理できることです。

大企業になるほどお金のフロー管理がややこしくなりますが、その問題点をクローズアップして誕生したビジネスカードとなっています。
従来のビジネスカードよりも楽々とフロー管理をしやすくなります。

三井住友エクスプレスコーポレートカード

fireshot-capture-408-%e4%b8%89%e4%ba%95%e4%bd%8f%e5%8f%8b%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab
(出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/corp_jr.jsp

三井住友エクスプレスコーポレートカードの年会費は1万円、2人目からは2,000円となります。

JR東海のエクスプレス予約でお得になることが特徴であり、365日いつでも指定席が利用可能となります。
出張が多い大企業に最適なビジネスカードです。

合わせて読みたい

年会費が安い!~まとめ~

三井住友のビジネスカードは企業の規模に合わせて作られており、「個人事業」から「大企業」まで最適なビジネスカードを選べるようになっています。
また、各カードの特徴がはっきりとしているため、好ましいビジネスカードを探しやすいと思います。

全体的に見てもビジネスカードの年会費が安いことが大きな魅力です。

年会費が安いことからコスパを追求してビジネスカードを活用しやすいため、法人用のクレジットカードを探す際には「三井住友」は必ずチェックしておきましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード