今すぐクレカが必要な方は→

「カードローン」と「キャッシング」は何が違うの?どちらがお得?オススメのカードローンも紹介。

ATM

「カードローン」「キャッシング」はどちらもお金の借入ができるサービスです。

しかしカードローンとキャッシングは全く同じものではなく、金利や限度額、返済方法などに違いがあります。

ケロンくん

どんなときにどっちを利用すればお得か解説していくよ♪
すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローンの仕組み・特徴

本

まず、「カードローン」の仕組み・特徴から見ていきましょう。

カードローンとは個人向けの無担保融資です。

使用目的は自由で、契約時に決められた限度額内で何度でも借入ができます。

厳密な年収制限はないことが多く、安定した収入があれば申込可能です。

カードローンは「ATMなどを利用して、ローン専用カードで借入をする」という仕組みになっています。

ポイント!
カードローンのローン専用カードは年会費無料であることが多いので、あらかじめ作成しておいて必要になったら借入をするということもできます。

カードローンには銀行系と消費者金融系がある

カードローンには大きく分けて、銀行系と消費者金融系の2種類があります。

銀行系

銀行

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンより低金利であることが多く、限度額も大きい傾向にあります。

その分、審査難易度はやや高くなります。

▼銀行系カードローンの特徴

  • 金利がやや低い
  • 限度額が大きい
  • 審査難易度はやや高い

消費者金融系

PC

一方、消費者金融系カードローンは銀行系カードローンより金利はやや高く、限度額はやや小さい傾向にあります。

ただし、審査難易度は銀行系と比べるとやや低いのが特徴です。

▼消費者金融系カードローンの特徴

  • 金利がやや高い
  • 限度額はやや小さい
  • 審査難易度はやや低い
  • 無利息サービスを行っているところがある
ポイント!
消費者金融系カードローンには「初回30日以内は無利息」などの無利息サービスを行っているところもあります。
短期間で返すのであれば無利息で借入ができて便利ですよ。

▼消費者金融の仕組みについて動画で解説!

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^
すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

キャッシングの仕組み・特徴

atm

次に、「キャッシング」の仕組み・特徴を解説します。

キャッシングとは、クレジットカードに付帯されている「キャッシング枠」を利用して借入をするサービスです。

クレジットカードを作成する際にキャッシング枠を申し込んでおけば、枠の範囲内で何度でも借入ができます。

キャッシング枠は安定した収入があれば申込可能です。

ちなみにキャッシングもカードローンと同様、使用目的は自由です。

ポイント!
キャッシングは「ATMやインターネット、電話を利用して、クレジットカードのキャッシング枠で借入をする」という仕組みになっています。

キャッシング枠を利用すると、ショッピング枠が減る

クレジットカードのキャッシング枠は、「ショッピング枠の大きなくくりのなかの一部」という位置づけです。

たとえばショッピング枠100万円、キャッシング枠30万円のクレジットカードでは以下のように枠が変化します。

  • ショッピング枠を50万円使う:残りのショッピング枠は50万円、キャッシング枠は30万円
  • キャッシング枠を20万円使う:残りのショッピング枠は80万円、キャッシング枠は10万円
ポイント!
クレジットカードでは、ショッピング枠を利用してもキャッシング枠は減りません。
しかし、キャッシング枠を利用するとショッピング枠も一緒に減ります。

どちらがお得に使えるの?

?

カードローンとキャッシングはどちらがお得に使えるのでしょうか?

「金利」「限度額」「返済方式」を比較してみましょう。

金利の違い

分割払い

金利は銀行系カードローンが1.90%~15.00%程度、消費者金融系カードローンが3.00%~18.00%程度、キャッシングが15.00%~18.00%程度となっています。

▼金利の目安

  • 銀行系カードローン:1.90%~15.00%程度
  • 消費者金融系カードローン:3.00%~18.00%程度
  • キャッシング:15.00%~18.00%程度

カードローンはキャッシングより金利が低く抑えられていることが分かります。

特に銀行系カードローンは最低金利、最高金利ともに低いのでオススメです。

キャッシングは手軽さが利点ですが、最低金利、最高金利ともに高いのがネックになります。

カードローンとキャッシングに共通しているのは、金利は借入金額が多ければ低く、借入金額が少なければ高くなる傾向にあるという点。

ただし、初回の借入では最高金利で貸し出されるか、借入金額が多くなるにつれて金利が下がることが多いようです。

ポイント!
金利数%の差でも、借入金額が多かったり、借入期間が長かったりすると返済金額にかなりの違いが出るため、金利はできるだけ低いものを選ぶようにしましょう。

限度額の違い

電卓

カードローンの限度額は「10万円~1,000万円程度」に設定されていることが多いです。

一方、キャッシングの限度額は一般的に「10万円~100万円程度」と言われています。

金利を考えても、大きな金額を借りるのであればカードローンがオススメです。

少しの金額を手軽に借りたいというときにはキャッシングを利用してもいいでしょう。

返済方式の違い

ノート

カードローンは「リボルビング方式」で返済することがほとんどです。
※一部、「翌月1回払い」が選べる会社もあります。

一方、キャッシングの返済方式は、一般的に「翌月1回払い」と「リボルビング方式」の2種類から選べます。

ちなみに、JCBではカードローンとキャッシングのどちらのサービスも提供していますが、カードローンもキャッシングも「1回払い」と「リボルビング払い」を選べます。

試しにJCBのカードローンとキャッシングでそれぞれ5万円を借りて返済した場合の利息を計算してみると以下のようになりました。

カードローン「FAITH」 キャッシング
1回払い 212円(5.00%) 764円(18.00%)
リボルビング払い 1,234円(10.50%) 2,118円(18.00%)

※1回払いは借入金額5万円、借入期間31日、カードローン「FAITH」は金利5.00%、キャッシングは金利18.00%で比較。
※リボルビング払いは借入金額5万円、毎月元金定額払い(返済回数5回・返済額10,000円)、借入期間167日間、カードローン「FAITH」は金利10.50%、キャッシングは金利18.00%で比較。
出典:JCB(公式サイト)

リボルビング方式はいわゆる「リボ払い」で、1回払いより利息が高くつきます。

上記の表を見ても、カードローンでは1回払いの約6倍、キャッシングでは1回払いの約3倍の利息を支払うことになることが分かります。

ポイント!
返済方式がリボルビング方式の場合は、繰上返済を利用して決められた返済額より多い額を返済していくと支払う利息を節約できるのでオススメです。

参考:カードローンのリボルビング方式について

カードローンの返済方式は、ほとんどがリボルビング方式、いわゆる「リボ払い」です。

大まかに言うと、リボルビング方式は「複数回借入をしても毎月の返済額(もしくは元金返済額)が一定」「借入金額が増えると返済期間が長くなる」という特徴があります。

リボルビング方式は大きく分けて以下の4種類があります。
  • 元利定額:毎月の返済額が一定。返済額は「元金返済分+利息返済分」。返済期間が長期化しやすく利息総額がかさみやすい。
  • 元金定額:毎月の元金返済額が一定。「一定の元金返済分+借入残高に応じた利息分」を支払う。返済が進むと利息返済分が減り、月々の返済額が安くなる。利息総額は元利定額より抑えられる。
  • 元利定率:毎月の返済額が徐々に減っていく。「借入残高に一定の割合(定率)をかけた金額」をその月の返済額とする。返済期間が非常に長期化しやすい。
  • 元金定率:毎月の元金返済額も利息返済額も徐々に減っていく。「借入残高に一定の割合(定率)をかけた元金返済分+借入残高に応じた利息分」を支払う。返済期間が非常に長期化しやすい。

最もオススメなリボルビング方式は「元金定額」です。

さらにこれらに「残高スライド方式」というオプションのようなものが付いている場合もあります。

残高スライド方式には、「スタンダードな残高スライド方式」と「借入時残高スライド方式」の2種類があります。

  • スタンダードな残高スライド方式:元利定額や元金定額の「定額」返済部分が毎月の締め日の借入残高に応じて増減(スライド)する。
  • 借入時残高スライド方式:新たに借入をした時の残高合計に応じて返済額が増減(スライド)する。
ポイント!
すべて合わせると、カードローンのリボルビング方式は全部で8種類あります。
すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

少額を短期間借りたいとき

数万円などの少額を短期間借りたいときには、クレジットカードで手軽にキャッシングをするのがオススメです。

キャッシング枠のついたクレジットカードを持っていれば、手続き不要でATMなどで現金を引き出せます。

金利は高めですが、数万円を短期間借りるのであればさほど気にならない金額です。

キャッシングの返済方式は、一般的に翌月1回払いかリボルビング払いを選べますが、利息を抑えるためにはできるだけ翌月1回払いを選ぶのがオススメです。

ポイント!
リボルビング払いを選ぶ場合は積極的に繰上返済を利用して利息を抑えましょう。

たくさん借りたいとき

数十万円~数百万円など、たくさんのお金を借りたいときにはローン専用カードを作り、カードローンを利用するのがオススメです。

特に銀行系カードローンを選べば金利を安く抑えることができます。

カードローンの返済方式は、たまに翌月1回払いを選べるところがあるくらいで基本的にはリボルビング払いです。

余裕があるときには積極的に繰上返済を利用するようにすると利息を抑えられてお得です。

すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

オススメの銀行系カードローン

5つ星

オススメの銀行系カードローンを紹介します。

三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは、金利が年4.00%~14.50%、限度額が10万円~800万円、返済方式は残高スライド元利定額となっています。

以下のように契約した限度額が高くなるほど金利が低くなります。

毎月の返済額は、借入残高が10万円以下なら2,000円、60万円以下なら11,000円、350万円以下なら40,000円、600万円以下なら60,000円など。

返済は通常、口座振替になりますが、随時返済も可能です。

三井住友銀行ATMや提携コンビニATMでの返済は手数料0円でできます。

ローン専用カードは年会費無料で、申込手数料などもかかりません。

ポイント!
インターネットで申込ができます。
三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードを持っている人なら申込~契約までインターネットで完了し、来店手続きは不要です。

横浜銀行

横浜銀行のカードローンは、金利が年1.50%~14.60%、限度額が10万円~1,000万円(10万円単位)、返済方式は残高スライド方式となっています。

以下のように契約した限度額が高くなるほど金利が低くなります。

毎月の返済額は、借入残高が10万円以下なら2,000円、50万円以下なら10,000円、350万円以下なら40,000円、600万円以下なら60,000円などとなっています。

返済は通常、口座振替になりますが、ATMでの随時返済も可能です。

横浜銀行ATMやコンビニATM、イオン銀行ATMでの返済は手数料無料となっています。

ローン専用カードは年会費無料で、入会金などもかかりません。

ポイント!
インターネットで申込ができます。
横浜銀行の普通預金口座を持っている人なら申込~契約までインターネットで完了します。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のカードローンは、金利がスタンダードコースで年8.99%~14.79%、プレミアムコースで年1.59%~7.99%です。

限度額はスタンダードコースで10万円~300万円、プレミアムコースで10万円~1,200万円(10万円単位)。

返済方式は残高スライドリボルビング返済となっています。

以下のように契約した限度額が高くなるほど金利が低くなります。

また、所定の金利引き下げ条件を満たすと、基準金利から最大年0.6%引き下げられます。

毎月の返済額は、借入残高が10万円以下なら2,000円、60万円以下なら8,000円、400万円以下なら30,000円、600万円以下なら50,000円などとなっています。

返済は通常、口座振替になりますが、コンビニATM、イオン銀行ATMでの随時返済も可能です。

SBIの場合、ローン専用カードはなく、キャッシュカードにカードローン機能が付帯されます。

オススメの消費者金融系カードローン

5つ星

オススメの消費者金融系カードローンを紹介します。

アイフル

ここが素敵!
「はじめての方なら最大30日間利息0円」のサービスが魅力。
短期間での返済が可能であればお得になります。

アイフルのカードローンは、金利が年3.00%~18.00%、限度額が1万円~800万円、返済方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式となっています。

返済日については、毎月決まった日に返済する「約定日制」と返済の翌日から35日後が次回返済日になる「サイクル制」から選べます。

返済方法は振込、アイフル店舗・ATM、提携ATM、コンビニ、口座振替の5種類。

アイフル<公式サイト>

SMBCモビット

SMBCモビットのカードローンは、金利が年3.00%~18.00%、限度額が1万円~800万円、返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式となっています。

返済方法は振込、提携ATM(銀行、コンビニ)、口座振替から選べます。

SMBCモビット<公式サイト>

プロミス

ここが素敵!
プロミスにも「はじめてのご利用で30日間無利息」というサービスがあります!

プロミスのカードローンは、金利が年4.50%~17.80%、限度額が1万円~500万円、返済方式は残高スライド元利定額返済方式となっています。

返済方法はインターネット、口座振替、プロミス店頭・ATM、コンビニ(マルチメディア端末)から選べます。

プロミス<公式サイト>

オススメのキャッシング

5つ星

キャッシングにオススメのクレジットカードを紹介します。

ACマスターカード

ACマスターカード券面画像

ACマスターカードは年会費無料、即日発行可能なクレジットカードです。

ショッピング枠の限度額は最高300万円、ショッピング枠+キャッシング枠の合計限度額は最高800万円。

金利は年10.00%~14.60%、返済方式は定率リボルビング方式です。

知らないで使う前に、アコムACマスターカードはリボ専!それでも一括払いなら手数料無料で利用出来る!

ACマスターカード券面画像

ACマスターカード<公式サイト>

エポスカード

エポスカード

エポスカードは年会費無料、マルイ店頭で受け取る場合は最短即日発行可能なクレジットカードです。

キャッシング枠は1~50万円。

キャッシングの金利は年18.00%、返済方式は1回払い、残高スライド元利定額方式、元利定額方式から選択可能です。

金利は高めですが、借りるときと返すときの手数料が無料なのでムダな出費は省けます。

ポイント!
はじめてキャッシングを利用する方に向けて、「初回利用日の翌日から30日間金利0円」のキャンペーンも行っています。

エポスカード徹底解説!カラオケ・レストラン・旅行での優待特典・分割払い・手数料・支払日・締め日・tsumiki証券までこれを見れば丸わかり!【2019年最新版】

エポスカードの申し込みは、こちらから。

エポスカード<公式サイト>

ライフカード

ライフカード

ライフカードは年会費無料、最短3営業日で発行可能なクレジットカードです。

キャッシングの金利は年15.00~18.00%、返済方式は翌月一括払い、残高スライド元利定額方式から選択可能です。

【2019年最新】ライフカードの全種類解説!それぞれの違いや機能・デザイン・おすすめカードについて。

ライフカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント特典
(4.0)
還元率
(4.0)
誕生月のお得さ
(5.0)
学生へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

ライフカード<公式サイト>

すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

まとめ

カードローンとキャッシングは金利や限度額、返済方法に違いがあります。

  • カードローン:金利が低め、限度額が高め、返済方法はリボルビング方式(一括払いを選べるものもあり)
  • キャッシング:金利が高め、限度額が低め、返済方法は一括払いとリボルビング方式を選べる

さらにカードローンには銀行系と消費者金融系があり、銀行系はより金利が低くなっています。

そのため、大きな金額を借りる場合は銀行系カードローンがオススメです。

逆に少しの金額を短い期間借りるのであれば、クレジットカードのキャッシングが手軽で便利です。

すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ACマスターカード

即日発行可能・年会費無料。クレジットカードの審査が不安な人・急ぎでクレカが欲しい方は申し込んでみましょう。※リボ専用カード

入会特典-
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
0.25% 0.25%
発行スピード(最短)
即日
  • 保険(海外旅行)-(付帯なし)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)なし

-

エポスカードVISA

即日発行可能。海外旅行保険もついて年会費無料!マルイだけでなく、いろいろなお店1万店舗以上で割引や優待特典が受けられるお得なカードです。

入会特典5,000円分のエポスポイントプレゼント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
0.5% 2.5%
発行スピード(最短)
即日
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)なし

-

画像の出典

  • 出典:三井住友銀行(公式サイト)
  • 出典:横浜銀行(公式サイト)
  • 出典:住信SBIネット銀行(公式サイト)
  • 出典:住信SBIネット銀行 スタンダードコース(公式サイト)
  • ▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

    ケロンくん

    ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

    ▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


    ※クリックだけで完了します!

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
    ■随時更新!リアルな人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 マイルが貯まりやすいアメックス
     ※当サイトの申込データを随時参照

      ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
    【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
    【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

      ■急ぎでカードが必要な方には
    【店舗数No.1】 ACマスターカード
     まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

    その他、注目のコンテンツも要チェック!

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


    皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 「おすすめカードを教えて」という質問
    • クレカの券種レビュー
    をお待ちしています!気軽にお送りください^^

    自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪