今すぐクレカが必要な方は→

銀行カードローンとは?消費者金融との違い・審査・金利・限度額などを徹底解説。

銀行

お金を借りなければならない時の選択肢の一つに「銀行カードローン」があります。

名前に「銀行」とついているだけに消費者金融カードローンよりも安心そうな気もしますね。

「そもそもカードローンとは何?」

「消費者金融とは何が違うの?」

「キャッシングとの違いは?」

これらの疑問がすっとわかる銀行カードローンについての徹底解説です。

ケロンくん

銀行カードローンの上手な利用方法やリスクについて話していくよ♪
すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

この記事の目次

そもそも「カードローン」って何?

?

ローンには「住宅ローン」や「マイカーローン」をはじめ、さまざまな「〇〇ローン」があります。

その中の一つである「カードローン」とはそもそもどのような特徴を持ったローンなのでしょうか?

カードローンとは

カードローンとは、担保不要でいつでもお金を借りることができるサービスです。

設定した利用限度額の範囲内であれば専用ATMなどを利用し、カードローン専用のカードで自由に何度でも借り入れや返済ができます。

ポイント!
カードを使い、借りたり返したりをいつでも簡単にATMを使ってできるのが、他のローンとの最大の違いです。

カードローンの特徴

本

では次に、カードローンの特徴を見てみましょう。

利用限度額が設定されています

カードローンには、利用限度額が設定されています。

契約時の年収や信用情報機関の情報をもとに、最大いくらまで借りられるかを審査します。

注意
ただし大抵の場合、総量規制により借りられる金額は最大でも年収の1/3までと決められています。

担保の提供や保証人などが不要

カードローンは住宅ローンなどとちがい、担保も保証人も不要です。

注意
ただし担保も保証人もない分、住宅ローンや事業資金の融資ほどの金額を借りることはできません。

利用目的は問われません

住宅ローンであれば住宅を、マイカーローンであれば自動車の購入資金としなければなりません。

しかし、カードローンは利用目的を一切問われませんので利用の幅が広がります。

いつでも簡単に借りれる・返せる

借り入れも返済も、コンビニに設置してある提携ATMを利用して行うことができます。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

そのため、24時間いつでもどこでも簡単に利用することができます。

カードローンの種類

本
カードローンは大きく分けると8つの種類に分類することができます。

それらの特徴を簡単にまとめたものを見てみましょう。

▼銀行カードローンの特徴

  • メガバンクカードローン:圧倒的な信頼度の高さと全国各地の支店数の多さから多くの人に利用されています。
  • 地方銀行カードローン:メガバンクより利便性は低いですが、その分金利も低いです。
  • ネットバンクカードローン:店舗を持たないため金利を低く設定することができます。

ケロンくん

これら4つをまとめて「銀行カードローン」と言うよ!

▼その他金融機関のカードローン

  • 信託銀行カードローン:住宅ローンに連動したカードローンが主です。
  • 信金カードローン:信用金庫の出資会員に対して低利で貸し付けを行っています。
  • 消費者金融カードローン:最短30分の審査で即日融資も可能。借り入れや返済の利便性はナンバーワンです。

カードローンとキャッシングとの違いは?

ATM

クレジットカードについている「キャッシング機能」「カードローン」にはどのような違いがあるのでしょうか?

金利がちがう

クレジットカードのキャッシング金利は、だいたいどのカードでも12%前後~最大18%程度です。

いっぽうカードローンの金利は、3%~14%程度でキャッシングよりも低めに設定されています。

返済方法がちがう

キャッシングの返済方法は、借入を行った翌月に1回払いで支払う「一括返済」が一般的です。

いっぽうカードローンは、借入額に応じて毎月決まった返済額をATMから入金したり、口座引落で返済する「残高スライドリボルビング方式」を採用している会社が一般的です。

借入限度額がちがう

キャッシングの借入限度額はたいてい「10万円~100万円」程度の設定です。

カードローンの場合は「10万円~1,000万円」までとかなり幅広く設定されています。

注意
ここまで両社の比較を見ていくとカードローンの方がキャッシングよりも優れているように思われるかもしれませんが、たとえば海外で現地通貨を借りるのは、キャッシングしかできません。
このように、どちらにもそれぞれの特徴があり、得意・不得意な分野があります。

カードローンはどのような時に使うのに向いてるの?

カードローンでお金を借りる場合、個人の信用能力が高ければ1%台の低金利で借りることも可能です。

またキャッシングなど比べ借入限度額が大きいため、低利で借りることができるのであれば短期的な資金調達の手段の一つとして考えることも十分に可能です。

逆にいうと、契約時の金利が高く長期間借りることになりそうであればカードローンを利用しない方がよいでしょう。

銀行カードローンとは

銀行

カードローンの中でもっとも手堅く信頼度が高いのが「銀行カードローン」です。

とくにカードローンがはじめての人にはオススメのカードローンです。

銀行カードローンとは

ここが素敵!
消費者金融のカードローンと比べると、ほとんどの場合低金利で借りることができます。

銀行カードローンとは、メガバンクをはじめとする金融機関が行っている金融サービスのひとつです。

金利に関しては、消費者金融のローンと比べると安く三井住友銀行のカードローンは上限金利が14.5%に抑えられています。

注意
ただし消費者金融カードローンの多くは、初回利用に限り「30日間の無利息期間サービス」を行っています。
そのため初回利用のみを比較した場合、消費者金融カードローンの方が金利が安く済む場合もあります。
すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

銀行カードローンの限度額はどれくらい?

各カードローン会社が設定している借入利用限度額と本人の年収の三分の一のどちらか少ない方が限度額となります。

たとえば年収が3千万円ある場合、年収の三分の一は1,000万円ですが、カードローン会社が設定している借入限度額が800万円であれば800万円以上を借りることはできません。

消費者金融カードローンは何がちがうの?

銀行カードローンと消費者金融カードローンはどちらも同じカードローンですが、経営母体のちがいから大きくまとめると以下の4点がことなります。

  • 最低金利・最高金利のどちらも銀行カードローンの方が低い
  • 手数料無料で利用できるATMが消費者金融カードローンよりも多い
  • 審査は銀行カードローンの方が厳しい
ポイント!
カードローンはいつでも簡単に借りたり返したりできるのが魅力ですが、そのたびにATMで利用料を取られてはたまりません。
銀行カードローンは無料で利用できる提携ATMの数が豊富なため、その点は消費者金融カードローンよりも有利と言えます。

銀行カードローンはどんな時に使えばいいの?

銀行カードローンはカードローンの中でも低利で借りることができるローンです。

どんなときに使えばいいのでしょうか?

▼銀行ローンがオススメのシーン

  • 低金利で借りることができる(金利が最高金利に近ければ止めた方が無難です)
  • 借り入れ期間が数日から数か月である
  • キャッシングなどではまかなえない程度の金額が必要である
  • 間違いなく返せるあて(もしくは返せる期限)がある

銀行カードローンの審査

コーヒーとノート

銀行カードローンの審査は、他のカードローンと比べると厳しいと言われています。

では具体的にどの点に気をつけなければいけないのかをチェックしてみましょう。

銀行カードローンの審査時にチェックされる項目についてまとめてみます。

1,満20歳以上で安定した収入があるか

「満20歳以上で安定した収入がある」これはほぼすべてのカードローン会社の利用条件となっています。

この条件を満たさないと、審査を受けることはできません。

ポイント!
利用条件には「安定した収入」とありますが、専業主婦であっても世帯として安定した収入があると判断された場合は審査を通過することができます。
また派遣社員も「安定した収入」に含まれるので大丈夫です。

2,個人信用情報の履歴

CICやJICC、KSCなどの個人信用情報機関と呼ばれる会社が管理している個人情報の照会が行われます。

過去に返済が遅れたり自己破産や債務整理をしたことがあるかなどの履歴が調べられます。

3,他社借入の状況

個人信用情報機関への照会を通じて、他社からの借り入れ状況も必ず確認します。

そのため借入金額の合計が年収の三分の一を超えてまで借りることはできません。

4,申込者の属性

カードローンを申し込んだ人の年収や勤務状況などを、申込書に記載された内容を中心に確認します。

▼申込者の属性

  • 勤務している会社の規模
  • 年収
  • 勤続年数
  • 居住環境(持ち家かどうか)と居住年数
  • 独身か結婚しているのか

銀行カードローンとクレジットカードの審査の違い

銀行カードローンは「銀行法」の適用を受けます。

いっぽうクレジットカードは、ショッピング利用は「割賦販売法」の適用を受け、キャッシングに関しては「貸金業法」の適用を受けます。

このようにそれぞれに適用される法律がちがうため、審査もそれに応じたものになります。

銀行カードローンの問題点

本

次に銀行カードローンの問題点について考えてみます。

「銀行」という名前のイメージ

注意!
銀行カードローンを利用してしまうと、借り過ぎの状態になってしまう可能性があります。

「銀行」という名前の持つ安心感から、「銀行がやっているサービスなら大丈夫だろう」と思い込んでしまい、借りることに対する抵抗感が少なくなってしまいます。

また審査の申し込みから借り入れまで、オンライン上ですべてが完結してしまいます。

おまけに「借りる」「返す」がコンビニのATMでできてしまうため、気軽に借りるくせがついてしまいます。

実は総量規制の適用外である

自己破産者の急増を防ぐため、貸金業法では年収の三分の一を超える融資を禁じています。

銀行はこの「総量規制」の適用外のため、今でも一部の銀行のカードローンは年収の三分の一以上の融資を行っています。
※銀行によっては自主的に年収の三分の一の借入を規制しているところもあります。

銀行カードローンと過払金

銀行カードローンには過払金は発生しません。

なぜなら利息制限法において「過払金」とみなす高金利(15%~20%)の設定がカードローンではなされていないため、過払金が発生しないからです。

銀行カードローンを利用する場合に気をつけたいこと

ノート

▼銀行カードローンを利用するときに気を付けたいこと

  1. 返済は長期間でなくできるだけ短期間で返すようにする
  2. (自主規制がない場合)借入金額の合計が「年収の三分の一」を超えないようにする
  3. 少額だからと言って気楽に利用しない
  4. いつまでに返すかを決めてから利用する

銀行カードローンを実際に利用した人の口コミ

sns

では実際に銀行カードローンを利用した人の口コミを見てみましょう。

審査スピードや金利は普通レベルであり、大手の安心感があるという感じです。

はじめてカードローンを利用する人などにおすすめですね。

引用:価格.com

→三井住友銀行のカードローンはメガバンク系の大手ですから、はじめて銀行カードローンを利用する人でも安心ですね。

10万円なら2000円からと返済額が少額なのは主婦の私には凄く助かってます。

収入や出費が毎月安定しない人には凄く良いと思います。

返済額が少ないと長く支払わなければならないけれど生活に困るなんて事にはならないので借りたら返せるか不安な人には向いてます。

引用:価格.com

→横浜銀行カードローンは神奈川・東京にお住まいの方には大変便利な地銀カードローンですから、いざという時には安心して利用できますね!

口座を持っていましたので、キャッシュカードと併用で便利です。

残高確認等の管理も銀行取引と同様にできるところが良いです。

引用:価格.com

→住信SBIネット銀行カードローンはインターネットバンキングのカードローンだけあって、利便性が高いのが魅力ですね。

これなら安心!オススメの銀行カードローン3つ

5つ星

それでは最後に、数ある銀行カードローンの中から安心して利用できるオススメの銀行カードローンを3つほどご紹介します。

メガバンク系の安心感!三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

メガバンクならではの安心感と全国の支店・提携ATMの多さによる利便性の高さから、はじめて利用する方にとくにオススメなのが三井住友銀行カードローンです。

項目 詳細
金利(実質年率) 4.00%~14.50%
借入限度額 最大800万円
Webで完結できるもの 契約完了まで

三井住友カードローンの特徴

  • 申込は24時間365日、スマホ・パソコンから可能です
  • 三井住友銀行ATM・提携コンビニATMで利用可能。おまけに振込・引出手数料が無料です
  • 毎月の返済は2,000円~のため、少額返済を望む人には大変便利です
ポイント!
三井住友銀行カードローンは、利用しやすさや返済しやすさ、金利の低さや借入限度額の高さなど、どれを見てもとてもバランスのよい内容です。
カードローンがはじめての人でも安心して利用できるのが特徴です。

神奈川・東京に居住またはお勤めの方ならコレ!横浜銀行カードローン

地銀系ならではの地元密着型でありながら、金利は安く限度額もかなりの額までカバーすることができます。

項目 詳細
金利(実質年率) 1.50%~14.60%
借入限度額 10万円~1000万円
Webで完結できるもの 契約完了まで

横浜銀行カードローンの特徴

  • 借入3秒診断で事前チェックができます。もちろん口座が無くても来店不要で申し込み可能です
  • 1,000円から借り入れ可能で返済も2,000円からと少額の利用もできます
  • 最低金利が1.50%と大変低く、借入限度額は1,000万円と大変大きく設定されています
ポイント!
神奈川・東京に居住またはお勤めの方しか利用できないのが残念ですが、金利・借入限度額・利便性のどれをとっても高レベルな商品です。

すべてがWEebで完結!新しいタイプの銀行カードローン・住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行

インターネットバンキングならではの利点を生かし、契約完了まででなく借り入れや返済までWeb上で完結することができます。

また借入限度額は業界最大規模の1,200万円となっています。

項目 詳細
金利(実質年率) 1.59%~14.79%
借入限度額 10万円~1200万円
Webで完結できるもの 融資・返済まですべて

住信SBIネット銀行カードローンの特徴

  • 金利は1.59%~とかなり低いですが、条件を満たすと基準金利からさらに最大年0.6%を下げることができます
  • 借入も返済も、コンビニ提携ATMはもちろんWebからも24時間365日可能です
  • 申し込みから融資・返済まですべてがWebだけで完結できます
ポイント!
住信SBIネット銀行カードローンは後発のネットバンクである利点を最大限に生かし、融資・返済も含むすべてをネット上で完結することができます。
おまけに金利は安く借入限度額も業界最高レベルであり、これからの時代の銀行カードローンといえます。
すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

まとめ

銀行カードローンは他のカードローンと比べ母体が銀行であることから信頼性も強く、金利は消費者金融などと比べると全体的にかなり低く設定されています。

安易に使い始めると危険ではありますが、こういった商品は使い方さえ間違えなければいざという時には大変心強い存在です。

銀行カードローンを利用する場合には、利用者である私たちが常に無理のない使い方を心がけるようにしましょう。

すぐにお金が必要なら...!

※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

画像の出典

  • 出典:三井住友銀行カードローン(公式サイト)
  • 出典:横浜銀行カードローン(公式サイト)
  • 出典:住信SBIネット銀行(公式サイト)
  • ▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

    ケロンくん

    ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

    ▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


    ※クリックだけで完了します!

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
    ■随時更新!リアルな人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 マイルが貯まりやすいアメックス
     ※当サイトの申込データを随時参照

      ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
    【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
    【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

      ■急ぎでカードが必要な方には
    【店舗数No.1】 ACマスターカード
     まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

    その他、注目のコンテンツも要チェック!

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


    皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 「おすすめカードを教えて」という質問
    • クレカの券種レビュー
    をお待ちしています!気軽にお送りください^^

    自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪