2018年最新!おすすめクレカランキング→

【みんなの評判は?】リクルートカードの口コミまとめ

fireshot-capture-642-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-recruit-card-http___recruit-ca
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードは評判が高いカードですが、その最大の理由はポイント還元率1.2%である事です

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

しかも、年会費無料でありながらも旅行傷害保険も完備されており、トップクラスに人気が高いクレジットカードとなっています。

お得にポイントを貯められるカードをお探しなら、還元率1.2%のリクルートカードは必見です

リクルートカードってどんなカード?

fireshot-capture-683-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-recruit-card-http___recruit-ca
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

初めての方にとってリクルートカードはどんな特徴を持ったカードなのか分かりずらいと思います。

リクルートという名前からすると、企業向けのカード?転職で使うカード?といったイメージが湧きやすいですね

株式会社リクルートのカード

リクルートカードは東京に本社を置く「株式会社リクルート」のクレジットカードです。

ブランドは「JCB」と「VISA」が用意されており、好みのブランドを選択して申し込むことができます。

リクルートとは?

fireshot-capture-656-%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%83%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a1-%e3%80%90%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e4%ba%88%e7%b4%84
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

株式会社リクルートは転職サイト「リクナビ」で有名ですが、「ホットペッパー」や「じゃらんnet」など身近な人気サイトの運営会社でもあります。

リクルートカードを持ちますと、「ホットペッパー」や「じゃらんnet」などリクルートサービスにおいて、お得にポイントを貯められたりお得にポイントを使うことができるようになります

一般的なクレジットカードと同じです

リクルートカードは転職する人が持つべきカードというわけでもなく、一般的なクレジットカードと概要は全く同じです。

日頃のショッピングでカードを使うとリクルートポイントを貯めることができ、そのポイントをリクルートサービスやPonta提携店で使うことができます。

リクルートポイントはPontaポイントに交換できる

fireshot-capture-646-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-recruit-card-http___recruit-ca(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

1つの特徴として覚えておいて欲しいのが「Ponta提携店」でもポイントを使えるということです。

リクルートポイントをPontaポイントへ等価値で移行することができるので、リクルートサービスの中に魅力的な商品やサービスがなくてもPontaポイントに移行してポイントを消化できるのが魅力でもあります

リクルートカードの評判が良い理由

fireshot-capture-644-%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%92%e8%b2%af%e3%82%81%e3%82%8b%e3%83%bb%e4%bd%bf%e3%81%86-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードの評判が良い理由は冒頭で紹介したようにポイント還元率にあります。

クレジットカードで1.2%のポイント還元率というのはかなり高い方であり、殆どのクレジットカードは0.5%前後のポイント還元率です。

同じ金額をカードで使うとしてもリクルートカードはおよそ2倍の早さでポイントが貯まるわけです

0.5%と1.2%のポイントの貯まり方の違い

クレジットカードのポイント還元率は0.5%前後が非常に多く、有名どころのカードなら「イオンカード」や「セゾンカードインターナショナル」などが該当します。

リクルートカードのポイント還元率がいかに高いのかを見てみましょう。

ポイントの貯まり方シミュレーション

1ヶ月に5万円を使った場合のポイントの付与率を計算してみると、0.5%のポイント還元率なら

「5万円×0.5%=250ポイント」

となります。

リクルートカードの場合は

「5万円×1.2%=600ポイント」

となるので、2倍以上のポイントの差となります。

1ポイント=1円の価値

fireshot-capture-669-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-recruit-card-http___recruit-ca
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードの1ポイントの価値は1円です。

5万円を使った場合に600円が還元されることになります。

ちなみにイオンカードの「ときめきポイント」も1ポイントが1円なので、ポイント還元率が0.5%と1.2%ではお得さが全く違うことが良く分かります。

ポイントの使い道はどうなの?

ポイント還元率が高いほどお得なクレジットカードですが、ポイントの使い勝手が悪ければ意味がありませんね?

リクルートカードのポイントは「リクルートサービス」と「Ponta提携店」で使うことができるため、ポイントの使い道に困ることはありません。

スポンサードリンク

リクルートサービスでポイント消費

fireshot-capture-654-%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%83%e3%82%89%e3%82%93net-%e6%8f%90%e6%90%ba%e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%80%e8%a6%a7-i-pon_-https___point-recruit-co-jp_pontaweb_partner_jalan_
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートサービスには「ポンパレモール」や「しゃらんnet」など、様々なジャンルが用意されています。

どれも日常生活で役立つジャンルとなるため、美容やグルメ、旅行やゴルフなど、好みのサービスや商品にポイントをしっかりと消費できます。

Ponta提携店でも使える!

fireshot-capture-667-%e5%85%b1%e9%80%9a%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88-ponta-%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%bf-i-ponta-web_-https___point-recruit-co-jp_point_
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートサービスに比べるとPonta提携店はとても多くの対象店舗があります。

Ponta提携店でポイントを使うためにはリクルートポイントをPontaポイントに移行する必要がありますが、その際に手数料は一切かかりません。

また、リクルートポイントとPontaポイントは等価値となっているため、ポイントの相互関係はとてもシンプルです。

年会費が無料!

fireshot-capture-663-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99recruit-card_-http___recru
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードは「JCB」と「VISA」のどちらかのブランドを選ぶことができますが、どちらのブランドを選んでも年会費は無料です。

年会費が無料でポイント還元率1.2%、これがリクルートカードの評判が高い理由です。

下手に年会費有料で特典が色々と付帯されているカードを作るより、年会費が無料でポイント還元率1.2%というのは利用者にとって魅力が分かりやすいです。

家族カードが年会費無料なのも魅力的!

また、リクルートカードは家族カードも年会費無料で発行することができます

家族カードを発行しておくと、家族みんなで1.2%の還元率からポイントを貯められるようになります

電子マネーチャージでも1.2%でポイントが付く

リクルートカードは電子マネーに対応しており、電子マネーにチャージすることでも1.2%でポイントが付与されます。

ブランドによって対応している電子マネーが異なるため、以下を参考にしておいてください。

対応している電子マネー

fireshot-capture-664-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99recruit-card_-http___recru
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

JCBリクルートカードは

  • 「nanaco」
  • 「Suica」

に対応しています。

VISAリクルートカードは

  • 「nanaco」
  • 「Suica」
  • 「楽天Edy」
  • 「SMART・ICOKA」

にチャージしてもポイントが付与されます。

日頃の生活で電子マネーを活用する方にとってもチャージポイントの付与率が1.2%なので、効率よくポイントを貯められるようになります。

リクルートカードのポイントはプラスαが魅力的

fireshot-capture-645-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-recruit-card-http___recruit-ca
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードのポイント還元率は1.2%ですが、実際にリクルートカードを使う時はそれ以上の還元率からポイントを貯められます

ポンパレモールで

「1.2%+3.0%=4.2%」

貯まります。

じゃらんnetで

「1.2%+2.0%=3.2%」

貯まります。

リクルートサービスでカードを使うと1.2%以上からポイントを貯められるようになっています。

固定費の支払もリクルートカードがオススメ

また、各種公共料金の支払いやインターネットのプロバイダの支払いなど、固定費用についてもリクルートカードで支払いが可能です

毎月の固定費用から安定してポイントを貯め、さらにはリクルートサービスでプラスαからポイントを貯めると短期間でも高額なポイントを貯めることができます。

審査が簡単で学生もOK

リクルートカードはポイント還元率が高いだけに審査が厳しいイメージがあります。

しかし、実際は審査の難易度はそこまで高くなく、学生でも所持できるレベルだと思われます

学生の場合は社会人に比べて利用枠が小さくなりますが、ポイント還元率は1.2%でありカードステータスは変わりません。

悪い評判はないの?

リクルートカードの悪い評判は特にありませんが、すでに廃盤となっている「リクルートカードプラス」であまり良くない評判が目立ちます

リクルートカードプラスとは?

fireshot-capture-673-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%b9jcb%e8%a9%b3%e7%b4%b0-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードプラスは「JCB」からリリースされていたリクルートカードの上位互換であり、ポイント還元率が2.0%というのが魅力でした。

2016年9月で「リクルートカードプラス」は新規申込が終了しており、それまでにカードを発行した方だけが利用可能となっています。

また、それらの方にとって悲報とされているのが「nanaco」と「Suica」へチャージをしてもポイントが付与されなくなったという点です

まとめ

リクルートカードの評判はとても良いです。

年会費無料のポイント還元率1.2%、ここに惹かれて申し込みを決める人が非常に多いです。

ポイント還元率を重視してクレジットカードを検討している方は、これを機会にリクルートカードをチェックしてみてはいかがでしょうか?

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード