2018年最新!おすすめクレカランキング→

リクルートカードはVISA?それともJCBを作るべき?

fireshot-capture-662-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99recruit-card_-http___recru
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードは「JCB」と「VISA」のどちらのブランドで作っても大差はありません。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

覚えておきたい違いは主に2つです。

  • 対応している電子マネーの種類が異なること
  • 海外でリクルートカードを使う場合にそれぞれのブランドのシェアによって使い勝手が変わること

です。

リクルートカードは「JCB」か?それとも「VISA」か?

その答えを電子マネーの種類や国際ブランドの加盟店から解説していくので参考にしてみてください。

ステータスはどちらも同じ

リクルートカードのステータスについては「JCB」も「VISA」も同じです。

ブランドが変わることでリクルートカードのステータスが変化することはありません

どちらもリクルートで申し込めるよ

fireshot-capture-683-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-recruit-card-http___recruit-ca
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードは「JCB」と「三菱UFJニコス」の公式サイトでも見つけることができますが、申込の窓口は「リクルート公式サイト」となります。

それぞれのカード会社から申し込みをしてもリクルートの窓口へ辿り着くことになります。

リクルートIDの作成から始めよう

fireshot-capture-691-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88id%e8%a6%8f%e7%b4%84-http___cmn-point-recruit-co-jp_terms_terms_card-html
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

リクルートカードの申し込みをするにあたり、「リクルートID」を持っていない方はこれを先に作成することになります。

リクルートIDの作り方

「リクルート公式サイト」の申込ページから、そのままの流れでリクルートIDを無料作成できます。

リクルートIDを作成するために「メールアドレス」が必要となります。

リクルートIDはリクルートカードを所持してからも重要となる情報です。

様々なサービスと連携しているIDなので、登録情報は大切に保管しておきましょう

年会費から付帯保険まで全く同じ

「JCB」と「VISA」のどちらを選んでも年会費から付帯保険まですべて同じステータスとなっています。

    LINEでも相談受付中

    公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

    ケロンくん

    時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^
  • 年会費は無料
  • 家族カードも年会費無料、
  • 旅行傷害保険付帯

  • 旅行傷害保険は海外旅行傷害保険が最大2,000万円、国内旅行傷害保険が最大1,000万円

  • ショッピングガード

  • ショッピングガードは年間で200万円まで補償されています。

です。

唯一の違いは電子マネーの種類

リクルートカードはどちらのブランドを選んでもステータスが同じわけですが、唯一の相違点として電子マネーの種類があります。

JCBリクルートカードは

  • 「nanaco」
  • 「Suica」

に対応しています。

VISAリクルートカードは

  • 「nanaco」
  • 「Suica」
  • 「楽天Edy」
  • 「SMART・ICOKA」

に対応しています。

カードによって対応電子マネーの種類が異なるので注意

「nanaco」と「Suica」についてはどちらのブランドでも利用可能ですが、「楽天Edy」と「SMART・ICOKA」はVISAリクルートカードのみとなっているわけですね。

使いたい電子マネーの種類から「JCB」か「VISA」かを選んでください

電子マネーチャージに関するポイント付与

fireshot-capture-664-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99recruit-card_-http___recru
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

関連する情報として電子マネーチャージのポイント付与についても紹介しておきます。

リクルートカードは「リクルートカードプラス」の存在によって電子マネーチャージのポイント付与が少々ややこしくなっています。

リクルートカードプラスとは?

fireshot-capture-673-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%b9jcb%e8%a9%b3%e7%b4%b0-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

「リクルートカードプラス」はJCBからリリースされていたカードであり、ポイント還元率2.0%が魅力のリクルートカードの上位版です。

「リクルートカードプラス」は発行会社がJCBなので、対応している電子マネーは「nanaco」と「Suica」です

チャージでポイント付与の対象外に

「リクルートカードプラス」は2016年9月で終了しており、これを境に「リクルートカードプラス」の「nanaco」と「Suica」へのチャージはポイント付与の対象外となりました。

これが原因で通常のリクルートカードの電子マネーのポイント付与について勘違いする人が続出しています。

スポンサードリンク

通常のリクルートカードはポイントもらえます!

電子マネーチャージでポイントが付与されなくなったのは「リクルートカードプラス」のみであり、通常のJCBリクルートカードとVISAリクルートカードはしっかりとポイントが付与されます

ここは勘違いしないように正しい情報を覚えておいてください。

電子マネーチャージでも1.2%のポイントが付くよ

fireshot-capture-644-%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%92%e8%b2%af%e3%82%81%e3%82%8b%e3%83%bb%e4%bd%bf%e3%81%86-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

「リクルートカードプラス」は対象外ですが、通常のリクルートカードは電子マネーチャージでもポイントが付与されます

その際に

  • JCBリクルートカード

  • 「nanaco」と「Suica」に対するチャージで1.2%

  • VISAリクルートカード

  • 「楽天Edy」と「SMART・ICOKA」に対して1.2%のポイントが付与

となっています。

「JCB」vs「VISA」どちらが強い?

リクルートカードの選び方は上記の通り対応している電子マネーから好ましいブランドを選択しますが、それ以外に考慮しておきたいのが「JCB」と「VISA」のブランド力です

これを簡潔に解説すると、海外においては「VISA」の方がシェアが高いことが焦点となります。

2つは国際ブランド

fireshot-capture-692-jcb%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%82%92%e6%9c%80%e7%9f%ad%e7%bf%8c%e6%97%a5%e3%81%8a%e5%b1%8a%e3%81%91
(出典:http://www.jcb.co.jp/

リクルートカードの2つのブランドはどちらも国際ブランドです。

国際ブランドというのは海外でもカード決済ができることが特徴であり、「JCB」と「VISA」以外にも「アメリカンエキスプレス」や「Master Card」、「銀聯」や「ダイナースクラブ」などがあります

各ブランドで何が違う?

各ブランドによる違いは何かというと、これは国内でカードを使う場合と同様にカードを使えるお店が変わります。

JCBなら「JCB」の加盟店でカードを使うことができ、VISAなら「VISA」の加盟店でカードが使えるわけです

JCBってなに?

JCBというのは日本で初めての国際ブランドであり、日本で唯一の国際ブランドでもあります。

JCBは国際ブランドとしての役割を持っているだけではなく、リクルートカードを発行しているように自社でカードをリリースしていることが特徴でもあります。

また、非常に多くのカードをリリースしていますが、その中でも「ディスニーランド」のオフィシャルカードを発行していることが印象的です

ディズニーのオフィシャルスポンサー

fireshot-capture-570-%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99%ef%bd%9c%e3%83%86%e3%82%99
(出典:http://www.jcb.co.jp/

すでにご存知の方も多いと思いますが、JCBは「東京ディズニーランド」のオフィシャルスポンサーです。

そのため、他社にはないデザインのディズニーカードを作れるなど、「JCB」にはJCBならではのメリットがあります。

国際的に見たJCB

国際ブランドに話を戻しますと、JCBは世界的なシェアがまだまだ低いと言われています。

国内においては至るところでJCBブランドのカードを使えますが、海外に行くとJCB加盟店が少ないケースがちらほらとあります

VISAってなに?

VISAという名前を知っている方は非常に多いと思いますが、どこの国の会社なのかご存知でしょうか?

VISAはアメリカの会社であり、本社はカリフォルニア州にあります。

海外に行くならVISAカードがあれば問題ない、このセリフは昔からよく耳にします。

国際的に見たVISA

いろんな国際ブランドがある中でも、加盟店が最も多いブランドはVISAだと言われています。

また、最強と呼ばれるVISAに対抗できるのが「Master Card」と言われており、こちらもアメリカのカード会社です。

また、「アメックス」や「ダイナースクラブ」もアメリカの会社であり、アメリカがカード大国と呼ばれる理由はここにあります

JCBは自社でカードを発行していますが、VISAは「VISA」というブランドの権利をカード会社に売っているだけでカードは発行していません

そのため、VISAリクルートカードの情報が三菱UFJニコスで見つかるわけですね

日本においてはどちらも一緒

fireshot-capture-642-%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-recruit-card-http___recruit-ca
(出典:http://recruit-card.jp/?campaignCd=crda0001

日本国内において「JCB」は使えるけど「VISA」は使えない、あるいはその逆の光景を目にすることは殆どありません。

最も身近なお店であるコンビニでも両方のブランドに対応しています。

日本国内でリクルートカードを使うなら、どちらのブランドを選んでも大差はないでしょう

海外ならVISAが無難

海外でリクルートカードを使うなら「VISA」を選んでおく方が無難です。

行先によっても多少は変わってきますが、世界的なシェアという意味ではJCBよりVISAの方が加盟店が多いことからもカードを使えないというシーンは少ないでしょう

まとめ

リクルートカードを作る時は電子マネーの対応種類から「JCB」か「VISA」を選んでください

また、両者のブランド力については日本国内においては大差がありませんが、海外に的を絞った場合は「VISA」の方が使い勝手が良くなります。

その他の点についてはどちらのブランドを選んでも大きな違いはありません。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪