2018年最新!おすすめクレカランキング→

ダイナースクラブの提携カードとは?プロパーカードとの違いは何?

fireshot-capture-871-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-ec-%e7%8f%be%e9%87%91-paymentsatm-%e3%81%8a%e9%87%91-%e7%8f%be%e9%87%91%e4%b8%8d%e8%a6%81%e3%81%ae-_-https___pixabay-com_ja_e

ダイナースクラブには提携カードとプロパーカードの2種類があります。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

基本的な違いは年会費と特典内容となり、付帯保険や限度額などについてはどのカードも共通する内容となっています。

目的によってはプロパーカードよりも提携カードを選ぶ方がメリットが高くなるため、しっかりと内容を比較検討しておくことが大切です

あなたはどっち派?

ダイナークラブはカードのリリース数がそれほど多くありません。

インビテーションのブラックカードを含めて14種類のランナップとなっています。

タイプ別としては

  1. 「プロパーカード」
  2. 「提携カード」
  3. 「法人カード」


の3タイプとなります。

基本的にダイナースクラブカードはプロパーカードが人気ですが、目的によっては「銀座・ダイナースクラブカード」や「BMW・ダイナースカード」など提携カードを選ぶ方がメリットが高くなります。

プロパーカードとは?

プロパーカードというのはその会社のオリジナルクレジットカードのことです。

ダイナースクラブの場合なら、「ダイナースクラブカード」がプロパーカードであり、ダイナース以外の社名が入っているカードはすべて提携カードとなります

プロパーカードの特徴は?

fireshot-capture-852-bmw-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%ef%bd%9c%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

プロパーカードの特徴はその会社の特典や魅力がぎっしりと詰まっていることです。

その分かりやすい例がポイントプログラムです。

ダイナースクラブの場合なら、「ダイナースクラブカード」は自社のポイントプログラムであるリワードポイントが搭載されていますが、「BMW・ダイナースカード」になるとBMWならではのプログラムとしてキャッシュバックも搭載されています

プロパーカードのメリットは?

プロパーカードのメリットはその会社の魅力だけを得られることです。

提携カードになるとオリジナルの魅力よりも提携先の魅力の方が高くなることがあります。

例えば、ダイナースのフライトシリーズのカードならマイル特化が強みとなりますが、マイルが必要ない人にとってはプロパーカードの方が便利となりますね

提携カードとは?

提携カードというのはその会社と他社が一緒になっているカードです。

ダイナースクラブでは「ANA・ダイナースカード」などフライトシリーズが提携カードとなりますし、「銀座・ダイナースクラブカード」など銀座シリーズも提携カードとなります

提携カードの特徴は?

fireshot-capture-770-ana-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9-%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%80%81ana-%e3%82%bf
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

提携カードの特徴は提携先における特典が付帯されていることです。

また、提携先によっても様々な特典が用意されているため、目的に合ったカードを見つけやすいです。

例えば、日本の航空会社でマイルを貯めるなら、「ANA・ダイナースカード」と「JAL・ダイナースカード」の入会ボーナスマイルを比較すると「ANA」は2,000マイルですが「JAL」は5,000マイルとなっています。

提携カードのメリットは?

fireshot-capture-751-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99_-ht
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

提携カードのメリットは提携先における特典も得られることです。

例えば、JALマイルが貯まるカードを作りたい場合にダイナースの魅力も同時に得たいというなら「VISA」や「JCB」を選ぶよりも「JAL・ダイナースカード」を選ぶ方がメリットが高くなります。

JALにおける特典を満喫しながらもダイナースが用意している特典も得られるため一石二鳥です

ステータスに違いはないの?

ダイナースクラブの「プロパーカード」と「提携カード」はどちらもダイナースが関連しているわけですが、基本的にカードのステータスはほぼ同じです

例えば、ダイナースクラブの特徴の1つとして限度額の制限なしがありますが、これはすべてのカードに共通しています。

一方、カードによって異なるステータスとしては年会費と特典の違いがあります

特典の違いを簡単に説明しておくと、提携カードの場合は提携先における特典が付帯されていることです。

逆にダイナースの特典については対象カードが指定されている特典を除けば、すべてのカードにダイナースの特典が付帯されていることになります

提携カードならではの特典

fireshot-capture-844-%e9%8a%80%e5%ba%a7%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%ef%bd%9c%e3%82%bf%e3%82%99
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

分かりやすい特典の違いとして「銀座ラウンジの利用」については、銀座・ダイナースクラブカードが対象となっています。

プロパーカードを作っても銀座ラウンジを利用することができません。これは提携カードならでのは分かりやすい例です

スポンサードリンク

どちらがオススメ?

プロパーカードと提携カードはどちらがオススメなのかは一概に答えが出ません。

どれにするのか迷うならプロパーカードの「ダイナースクラブカード」がオススメですが、フライトが多くてマイルをしっかりと貯めたいならフライトカードが一番オススメとなります

利用シーンを想定して選ぶのがベスト!

また、銀座でグルメやショッピングをすることが多い方なら「銀座・クラブカード」など銀座シリーズの方がメリットが高くなります。

本当に目的やカードを使う場所などによって選ぶべきダイナースカードが変わってくるため、ここはじっくりと比較しておくべきポイントです

ダイナースクラブのカード一覧

fireshot-capture-769-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%ef%bd%9c%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

ダイナースがリリースしているカードを全て紹介しておきます。

プロパーカードと法人カードは1枚ずつしかありませんが、提携カードは合計で6枚あります。

また、フライトシリーズのカードは合計で5枚がリリースされているため、目的に合ったカードを見つけられると思います。

プロパーカードは1つだけ

fireshot-capture-744-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%ef%bd%9c%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

ダイナースクラブのプロパーカードに該当するのは「ダイナースクラブカード」だけです。

ダイナースクラブの魅力をすべて感じたいという方は「ダイナースクラブカード」を選んでおきましょう

年会費は2万2,000円の家族カードは5,000円です。

ダイナースクラブカードの申し込みは、こちらから。

審査・年会費のハードルはありますが最高峰のサービスで生活が大きく豊かになるダイナース。ぜひ公式サイトで特典や優待・サービスについて詳細をご覧ください。
カード評価
特典・優待
(5.0)
保険
(5.0)
アシスタンス・コンシェルジュ
(4.5)
ステータス
(5.0)
総合評価
(4.5)

ダイナースクラブ<公式サイト>

法人カードも1つだけ

fireshot-capture-832-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99-%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

ダイナースクラブの法人カードは「ダイナースクラブ・ビジネスカード」だけです。

年会費は2万7,000円で追加カードは無料となっています。

4大ビジネス特典として会計ソフト「free」が優待価格になっているなど、様々なビジネスシーンで活躍に期待が持てるカードです

フライトシリーズは5枚あるよ

fireshot-capture-552-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-%e5%b9%b3%e9%9d%a2-%e8%88%aa%e7%a9%ba%e6%a9%9f-%e9%9b%a2%e9%99%b8-%e7%a9%ba-%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f-%e3%82%b7%e3%82%99

フライトシリーズも提携カードとなります。どれもマイルを貯められるダイナースカードとなりますが、カードの選び方は利用する航空会社から選びましょう

世界の航空会社を利用するなら「Mileage Plus」がおすすめです。スターアライランスに加盟している航空会社の利用でマイルを貯めることができます。

フライトシリーズ提携カード一覧

fireshot-capture-803-jal%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%ef%bd%9c%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

  • ANA・ダイナースカード・年会費2万7,000円(家族カード6,000円)
  • JAL・ダイナースカード・年会費2万8,000円(家族カード9,000円)
  • デルタスカイマイル・ダイナースクラブカード・年会費2万8,000円(家族カード9,000円)
  • Mileage Plus・ダイナースクラブカード・年会費2万8,000円(家族カード9,000円)
  • Mileage Plus・ダイナースクラブファースト・年会費4万3,000円(家族カード9,000円)

編集部イチオシはANAダイナース!

ANAダイナースカードの申し込みは、こちらから。

審査・年会費のハードルはありますが最高峰のサービスで生活が大きく豊かになるダイナース。ぜひ公式サイトで特典や優待・サービスについて詳細をご覧ください。
カード評価
特典・優待
(5.0)
ANAマイルとの相性
(5.0)
アシスタンス・コンシェルジュ
(4.5)
ステータス
(5.0)
総合評価
(4.5)

ANAダイナース<公式サイト>

提携カードは6枚あるよ

フライトシリーズを除いて提携カードは6枚あります。

その中の3枚は銀座シリーズとなります。

以下の6枚において「BMW」や「三井住友信託」など、提携先が明確となっているカードは目的に合致するかどうかを判断しやすいと思います

銀座シリーズについてはどれも銀座エリアにおいて魅力的な特典が付帯されているため、「和光」や「ヴィーナス」の利用頻度が低い方は「銀座・ダイナースクラブカード」で良いと思います

その他の提携カード一覧

fireshot-capture-828-%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99-%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc
(出典:https://www.diners.co.jp/ja/

  • BMW ダイナースカード・年会費2万5,000円(家族カード7,000円)
  • 三井住友信託ダイナース・クラブカード年会費2万2,000円(条件次第で1万2,000円、家族カード5,000円)
  • ニューオータニクラブダイナースクラブカード・年会費2万2,000円(家族カード5,000円)
  • 銀座ダイナースクラブカード・年会費2万5,000円(家族カード無料)
  • 銀座ダイナースクラブカード和光・年会費2万5,000円(家族カード無料)
  • 銀座ダイナースクラブカードヴィーナス・年会費2万5,000円(家族カード無料)

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード