2018年最新!おすすめクレカランキング→

オリコカードザプレミアムゴールドを一般カードと比較してみた!

fireshot-capture-989-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%99-%e5%af%8c-%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9

オリコカードザプレミアムゴールドはオリコカードザポイントの上位版となるカードです。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

一般カードであるオリコカードザポイントはポイント還元率が高いことで高評価を受けていますが、その上位版となるオリコカードザプレミアムゴールドはさらにポイント還元率が高いカードとなります。

明確なメリットを持っている1枚

オリコカードザプレミアムゴールドはオリコカードの「ザ・ポイントシリーズ」のゴールドカードとなります。「ザ・ポイントシリーズ」というのはポイント還元率が高いことが特徴であり、一般カードでも常に1.0%のポイント還元率となっています。

オリコカードザプレミアムゴールドは他社の良くあるゴールドカードに比べると、ポイント還元率が高いという明確なメリットを持っています。下手に特徴が分かりずらいゴールドカードを作るよりは確実にメリットを得られるカードなので、誰にとっても選びやすい1枚となります。

一般カードと6項目を比較してみよう

fireshot-capture-990-orico-card-the-poi_-https___www-orico-co-jp_creditcard_thepointpremiumgold_
出典:https://www.orico.co.jp/

オリコカードザプレミアムゴールドを検討する方の多くはオリコカードザポイントとの違いが気になると思います。そこで、一般カードのオリコカードザポイントと6項目を比較してみます。

年会費

一般カードは年会費が永年無料となっていますが、オリコカードザプレミアムゴールドは年会費が1,950円です。年会費が必要なことでがっかりする方もいるかと思いますが、オリコカードザプレミアムゴールドはゴールドカードです。

ゴールドカードの年会費相場は1万円から3万円ほどが平均であり、それに比べると破格に年会費が安いです。また、以下に詳しく解説しますが、年会費が安い割には付帯保険からゴールド特典まで充実しています。

国際ブランド

fireshot-capture-991-orico-card-the-point%e6%a6%82%e8%a6%81%ef%bd%9corico-card-t_-http___www-orico-co-jp_thepoint_about_
出典:https://www.orico.co.jp/

オリコカードザプレミアムゴールドの国際ブランドは一般カードと同じです。

「JCB」と「VISA」と「Master Card」の3つのブランドを選べるようになっています。一般カードとの違いとしては、オリコカードザプレミアムゴールドは「VISA」と「Master Card」においてはそれぞれのブランド特典が付帯されていることが特徴となります。

「VISAゴールドカード優待特典」と「Master Card優待特典」がそれぞれのブランドを選んだ場合に付帯されるため、特典のボリュームという意味ではどちらかのブランドを選んでおく方がお得でしょう。

3つの国際ブランドはどれを選んでも年会費が1,950円なので、あえて「JCB」を選ぶメリットがないというのが残念な点でもあります。

電子マネー

fireshot-capture-992-orico-card-the-point%e6%a6%82%e8%a6%81%ef%bd%9corico-card-t_-http___www-orico-co-jp_thepoint_about_
出典:https://www.orico.co.jp/

電子マネーも一般カードと同じであり、「ID」と「QUICPay」が搭載されています。一般カードの場合は電子マネーを使ってもポイントの付与率が1.0%ですが、オリコカードザプレミアムゴールドの場合は電子マネーを使うと0.5%がプラスされます。

電子マネーを活用することが多いという方は一般カードよりもオリコカードザプレミアムゴールドを選んでおく方がポイントがややお得です。また、「ID」と「QUICPay」はApple Payに対応しているのでiPhoneユーザーにとっては使い勝手が抜群です。

ポイント還元率

fireshot-capture-993-%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e6%96%b9%ef%bd%9corico-card-the_-http___www-orico-co-jp_thepoint_point_save
出典:https://www.orico.co.jp/

スポンサードリンク

オリコカードザプレミアムゴールドも一般カードと同じくベースのポイント還元率は1.0%です。しかし、オリコモールや電子マネー、リボ払いを利用する際のポイントの付与率が高くなっています。

  • オリコモール=一般カード0.5%・ゴールドカード1.0%
  • 電子マネー=一般カード特別加算なし・ゴールドカード0.5%加算
  • リボ払い=一般カード特別加算なし・ゴールドカード0.5%加算

特に魅力的なのがオリコモールのポイントが1.0%プラスとなることです

オリコモールは「amazon」など有名なショップが加盟していますが、ショップによってポイント率が異なります。オリコカードザプレミアムゴールドをオリコモールで使うと、「通常のポイント1.0%+特別加算1.0%+ショップによるポイント率」となります。最低でも2.0%でポイントが付与されるのは大きなメリットですね。

旅行傷害保険

オリコの旅行傷害保険は年会費が有料のカードに付帯されているため、オリコカードザポイントには旅行傷害保険がありません。オリコカードザプレミアムゴールドは年会費有料なので、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯されています。

・旅行傷害保険
〔海外:最高2,000万円(自動付帯)、
国内:最高1,000万円(利用付帯)〕

出典:https://www.orico.co.jp/

海外旅行傷害保険は最高2,000万円までが自動付帯されており、国内旅行傷害保険は利用条件付きで最高1,000万円まで付帯されています。旅行傷害保険が付帯されていることからも、海外志向の方や旅行が多い方にとっては一般カードよりもオリコカードザプレミアムゴールドの方が恩恵が高くなります。

その他の特典

fireshot-capture-994-orico-club-off%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b3-%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88-%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99%e3%82%aa%e3%83%95%ef%bc%8f
出典:https://www.orico.co.jp/

一般カードはこれといって特別な特典は付帯されていませんが、オリコカードザプレミアムゴールドはゴールド特典が付帯されています。基本的にはClub Offから福利厚生や優待サービスを受けられますが、その他には「VISA」と「Master Card」それぞれの優待特典を得られることが魅力です。

  • Master Card優待特典
  • VISAカード優待特典
  • 福利厚生
  • Club Off

「VISA」と「Master Card」ならどちらの方が良いのか?これは迷いどころとなります。両方とも優待割引が用意されているため、特筆するほどの差はありません。両者のブランド力を比較した場合はやや「VISA」の方が有利な状況なので、加盟店のシェアという意味では「VISA」の方がおすすめです。

オリコカードザプレミアムのメリットは?

オリコカードザプレミアムを一般カードと比較した場合、そのメリットとなるのはポイント還元率がより高くなっているという点です。普通に店頭で買い物をする場合は電子マネーをフル活用するのがお得であり、ネットショッピングならオリコモールを利用すれば2.0%のポイント還元率となります。

スペックはバランスが良い

fireshot-capture-995-orico-card-the-point%e6%a6%82%e8%a6%81%ef%bd%9corico-card-t_-http___www-orico-co-jp_thepoint_about_
出典:https://www.orico.co.jp/

オリコカードザプレミアムのスペックは全体にバランスが良いです。旅行傷害保険やゴールド特典がしっかりと備わっており、さらにはポイント還元率から明確なメリットもあります。ゴールドカードを作る時は特典からメリットを得られるかどうか?ここが1つの不安要素となりやすいですが、その点についてはポイントがお得に貯められるという明確なメリットが良いサポートとなります。

他社の特典が充実しているゴールドカードに比べるとやや特典が薄い感じもありますが、「VISA」と「Master Card」の独自特典があることで多少はカバーされると思います。

最終的には年会費の安さが決め手となる!

他社のゴールドカードを作るべきか?それとも一般カードのオリコカードザポイントを作るべきか?オリコカードザプレミアムゴールドの申し込みは色々と迷いが生じると思いますが、最終的には年会費の安さが決め手となってきます。

上記で紹介したようにスペックはバランスが良く明確なメリットも持っています。その上で年会費が1,950円なので、コストパフォーマンスは間違いなく優秀と断言できます。オリコカードザプレミアムゴールドの申し込みに迷った時はコスパという観点から熟考してみてください。

まとめ

「ザ・ポイントシリーズ」はクレジットカード界でもトップクラスにポイント還元率が高いです。特にオリコカードザプレミアムゴールドはオリコモールにおいて真価が発揮され、さらにオリコモールは「amazon」や「楽天市場」など大手ショップが多数参加していることが嬉しい点となります。

カードを使った分だけしっかりと還元を受けたい、そんな方にオリコカードザプレミアムゴールドはおすすめです。

オリコカード・ザ・ポイントの申し込みは、こちらから。

カード評価
入会特典
(4.5)
還元率
(5.0)
ポイントの使いやすさ
(4.5)
日々の買い物やメインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

オリコカード<公式サイト>

年会費無料・入会から6カ月は還元率2.0%のスペック、すごすぎます…。 ※プレミアムもこちらから申し込み可能です

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500