2018年最新!おすすめクレカランキング→

セブンカード・プラスの年会費の元を取るためにはどのくらいnanacoポイントが貯まれば良い?その利用金額を計算してみました!

fireshot-capture-1005-%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc-nanaco-%e3%80%90%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%91-%ef%bc%9a-%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99
出典:https://www.nanaco-net.jp/index_pc.html

セブンカード・プラスの年会費はたったの500円ですが、カードを使う上でコスト回収のラインは気になるところです。年会費500円のコストを回収するためにはnanacoポイントをいくら貯めれば良いのかを計算してみたので、一つの目安として参考にしてみてください。

年会費500円=nanaco500ポイント

fireshot-capture-1000-%e3%82%aa%e3%83%a0%e3%83%8b7-nanaco%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%99-http___nanaco-omni7-jp_fair_nanacotop_
出典:https://www.nanaco-net.jp/index_pc.html

セブンカード・プラスのポイントプログラムは「nanacoポイント」です。電子マネーでお馴染みのポイントであり、他社のクレジットカードのポイントでも「nanacoポイント」へ移行できるケースが良くありますね。

セブンカード・プラスは電子マネーとしてnanacoが搭載されているため、クレジット機能とnanaco機能を併用できることが利点です。どちらの機能を利用しても「nanacoポイント」を貯めることができます。

nanacoポイントの価値は?

「nanacoポイント」は1ポイントが1円の価値となっているため、セブンカード・プラスの年会費500円の元を取るためには「nanacoポイント」を500ポイント貯めれば良いことになります。500ポイントを貯めることができると500円が還元されることになるため、年会費を相殺することができますね。

セブン-イレブンで4万円を使えば終了です!

fireshot-capture-1006-%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%b9-%e7%89%b9%e9%95%b7-%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

セブンカード・プラスはセブン-イレブンでカード払いをすると、ポイントが200円に付き3ポイント付与されます。2,000円の買い物なら30ポイント、2万円の買い物なら300ポイントとなります。4万円の買い物をすると600ポイントが貯まるので、あっさりと年会費の元を回収できます。

チャージから電子マネーでもOK

セブンカード・プラスで電子マネーnanacoにチャージすると、チャージにおいて200円に対して1ポイントが付与されます。さらにnanacoで買い物をすると100円で1ポイントが付与されるため、上記で紹介したセブン-イレブンでカード払いする場合と同様のポイント還元率となります。

年会費の元を取るという意味では、チャージから電子マネーを使ってセブン-イレブンで買い物をしても簡単に元を回収できます。ただし、翌年度の年会費無料と同時に目指す場合は電子マネーの利用代金は対象外となっているので注意をしておいてください。

セブン-イレブン以外ならいくら?

fireshot-capture-1007-%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%b9-%e7%89%b9%e9%95%b7-%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

セブンカード・プラスのポイントはセブン&アイグループにおいて200円=3ポイントですが、対象店舗以外では200円=1ポイントとなります。
このポイント還元率から計算した場合、100円で0.5ポイントが付与されるため10万円を使ってようやく500ポイントとなります。

実際にセブンカード・プラスを活用する場合、200円=1ポイントでポイントを貯める方は殆どないと思います。セブンカード・プラスを作りたいという方はセブン-イレブンを筆頭にセブン&アイグループのお店を利用したい方が大半ではないでしょうか?

セブンカード・プラスのポイント還元率はセブン&アイグループにおいて200円=3ポイントとなります。セブン-イレブン以外には「イトーヨーカドー」や「ヨークマート」、「デニーズ」も対象となっています。

5万円をクリアすれば一石二鳥です!

200円=3ポイントからポイントを貯める場合は4万円を使えば年会費の元を回収できるわけですが、あと1万円を使って合計5万円を達成すると翌年度の年会費が無料となります。これは電子マネーの利用代金が対象外となっているため、カード払いの合計金額だけで5万円をクリアしなければなりません。

スポンサードリンク

セブン-イレブンで4万円を使うなら、あと1万円を頑張って使う方が絶対にお得ですね。200円=3ポイントで5万円を使うと750ポイントが貯まります。初年度は年会費無料がないため、750ポイントから500ポイントを差し引くと250ポイントの貯金です。

翌年度からも同様に5万円を使っていくと、毎年750ポイントが貯金できるようになります。年会費の元を取るために4万円を目指すなら、あと一歩頑張って年会費無料を達成しましょう。

家族カードを発行すれば簡単に元を取れます!

fireshot-capture-1004-%e3%80%8c%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%80%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

家族カードは年会費が200円必要ですが、家族カードを発行すると500ポイントがプレゼントされます。その500ポイントを本会員の年会費500円と相殺すると、初年度は家族カードの年会費200円だけを回収すれば良いことになります。

家族カードの翌年度の年会費も本会員と同様に5万円の達成で無料となります。5万円達成を目指すと750ポイントが貯まりますが、初年度のコスト回収は家族カードの200円分だけで良いため750ポイントから200ポイントを差し引いて500ポイントが貯金できることになります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

ポイント還元率1.5%の恩恵が高い!

こうして年会費の元を回収するラインを計算すると、セブンカード・プラスの特典でもあるポイント還元率1.5%が非常に大きいことが分かります。通常は200円=1ポイント、セブン&アイグループなら200円=3ポイント、両者を比較するとそれほど大差がなさそうです。

通常のポイント還元率0.5%なら10万円で500ポイントが貯まり、1.5%のポイント還元率なら4万円で600ポイントが貯まります。同額の10万円に揃えると「500ポイント」VS「1,500ポイント」となるため、セブンカード・プラスを長期利用する場合はセブン&アイグループをフル活用しておきたいところです。

4万円使うことがないなら電子マネーでも良いと言えるが・・・

セブンカード・プラスでポイントをガンガン貯めるには基本的にカードを積極的に使う必要があります。これはどんなクレジットカードでも同じですが、カードを持っているだけではポイントは貯まりません。

セブンカード・プラスの魅力はセブン&アイグループにおいてポイント還元率が1.5%になることですが、その魅力を活かすためには4万円のカード利用は良い目安になると思います。

少額利用はメリットを活かせない

fireshot-capture-1008-%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc-nanaco-%e3%80%90%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%91-%ef%bc%9a-nana_-https___www-nanaco-net-jp_howto_shopping
出典:https://www.nanaco-net.jp/index_pc.html

セブンカード・プラスを発行しても利用代金の合計が4万円に届かない場合、これは電子マネーnanacoを愛用する方が良いかもしれません。電子マネーnanacoはコストが掛かりませんし、コスト回収を気にすることもなく気軽に利用することができます。

また、電子マネーnanacoは100円で1ポイントを貯められるのでポイントの付き方も悪くありません。セブンカード・プラスの魅力を活かすという意味では、年間の利用代金もしっかりと考慮しておきたいところですね。

高額利用するほどメリットを得られる

セブンカード・プラスは高額利用するほどポイント還元率のメリットが高くなります。また、セブンカード・プラスは「イトーヨーカドー」と「ヨークマート」を対象としてボーナスポイントが用意されているため、100万円以上の利用がある方は覚えておきたい特典です。

対象店舗において100万円を利用すると3,000ポイント、150万円を利用すると1万ポイント、150万円以上は100万円を使う度に1万ポイントがプレゼントされます。

4万円を使わなくてもチャージのポイント付与は魅力

fireshot-capture-1009-%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%b9-%e7%89%b9%e9%95%b7-%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

セブンカード・プラスを発行しても電子マネーnanacoを愛用するなら、チャージによるポイント付与だけは魅力となってきます。どちらにしても電子マネーnanacoを利用するなら、セブンカード・プラスからチャージをすると「200円=1ポイント」分がお得になるため、このメリットを活かすようにしましょう。

まとめ

セブンカード・プラスの年会費500円の元を回収するためには4万円を使うことを目標にしておきましょう。セブン&アイグループで4万円を使えば600ポイントを貯められるので、年会費500円を簡単に回収することができます。

また、それと同時に5万円の利用を目指すことで翌年度の年会費を無料にすることができるため、どちらかと言えば5万円達成を目指してセブンカード・プラスを使いたいところです。

セブンカード・プラスを作るなら、こちらから


more-or500

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪