2018年最新!おすすめクレカランキング→

セブンカード・プラスの年会費を「無料」にし、さらにnanacoポイントも獲得する簡単な裏ワザとは!?

fireshot-capture-1010-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-%e5%a4%a7%e4%ba%ba-%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99-%e6%9b%b8%e7%b1%8d-%e8%8c%b6%e8%89%b2%e3%81%ae%e9%ab%aa

セブンカード・プラスの年会費が気になる方にとって朗報があります。

年間に5万円以上カードを使うと年会費を無料にすることができ、その利用代金は家族カードの利用分も合算されます。家族カードを発行して家族みんなでセブンカード・プラスを使うと、簡単に年会費を無料にできるので実践してみてください。

セブンカード・プラスの年会費は安い?

セブンカード・プラスの年会費は500円です。何とも中途半端な金額であり、500円の年会費なら思い切って無料にすれば良いのにと思ってしまいます。セブンカード・プラスはクレジットカードのランク別でいうと「一般ランク」に該当しますが、一般ランクにおいては年会費が安い部類です。

一般ランクの年会費相場

クレジットカードの一般ランクは年会費無料が多いですが、有料のカードの場合は年会費相場が1,000円~3,000円ほどです。この相場帯から見ると、セブンカード・プラスの年会費は安いと判断できます。

コスパ的にも高くはない

fireshot-capture-985-%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%b9-%e7%89%b9%e9%95%b7-%e6%a0%aa%e5%bc%8f_-http___www-7card
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

年会費が有料のクレジットカードは相応した特典や付帯保険が備わっているケースが多いわけですが、セブンカード・プラスは旅行傷害保険がないものの、イトーヨーカドーで5%割引を受けられたり、セブン旅デスクで割引が適用されるなど、ちらほらと優待特典が備わっています。

また、何よりも大きな特典となるのはnanacoポイントのポイント還元率が最大で1.5%まで跳ね上がることです。しかも、セブン-イレブンなど身近なセブン&アイグループのお店が対象となっているため、優待割引やポイント還元率から考慮しても年会費は安いと言えます。

入会は、是非この機会に!

セブンカード・プラスを作るなら、こちらから


more-or500

家族カードの年会費は200円

fireshot-capture-1003-%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

セブンカード・プラスの家族カードの年会費は200円ですが、本会員と同様に5万円以上の利用があると翌年度は無料となります。家族カードの機能性やポイントについては「セブンカード」と混同しないように注意をしておいてください。

セブンカードと仕組みが違う

セブンカードは家族カードでもカードを使うお店によっては家族会員が独自にポイントを貯めることができます。しかし、セブンカード・プラスはどこで買い物をしてもポイントはすべて本会員のところに合算されるので、この点は注意をしておきましょう。

家族カードは迷わず発行すべき!

セブンカード・プラスで家族カードを発行すると2つのメリットがあります。1つ目のメリットは年会費を無料にするためのノルマである5万円をクリアしやすくなること、2つ目のメリットは家族カードを発行するだけで500ポイントがもらえることです。

無条件で500ポイントGET

fireshot-capture-998-%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

家族カードを発行すると条件なしで500ポイントが貰えます。家族カードの申込資格は「高校生を除き、本会員と生計を共にする18歳以上の家族」となっています。200円の年会費が必要となりますが、家族カードを発行するだけで500ポイントを獲得できるのでお得です。

スポンサードリンク

家族カードは審査がない

セブンカード・プラスを作るためには審査を突破しなければなりませんが、家族カードは審査がありません。申込資格を満たすことができれば誰でも簡単に家族カードを発行できます。

本会員と家族会員の年会費の合計は700円

家族カードを発行した場合、本会員の年会費500円+家族会員の年会費200円の合計700円のコストが掛かります。高いというほど高額な年会費ではないため、割と気軽に家族カードを発行できるのは嬉しい点です。

合計700円の年会費は簡単に無料にできます!

合計700円の年会費は1年間で5万円以上カードを使えば無料となります。この5万円という条件は本会員と家族カードの利用代金を合算して達成することができます。一見すると、5万円を使うというのは難易度が高く感じますが、1年間で5万円を使えば良いため割と簡単に達成できます。

セブン-イレブンでカード払いしておけば余裕です!

fireshot-capture-1005-%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%83%bc-nanaco-%e3%80%90%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%91-%ef%bc%9a-%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99
出典:https://www.nanaco-net.jp/index_pc.html

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

セブンカード・プラスは電子マネーnanacoが搭載されていますが、家族カードは電子マネーnanacoがありません。そのため、5万円達成を目指す時は家族カードについてはカード払いとなることを覚えておいてください。

簡単に5万円をクリアする方法として、セブン-イレブンで買い物をする時にカード払いをしておけば余裕で条件をクリアできます。

セブン-イレブンで毎週1,000円使えばOK

人によってセブン-イレブンの利用頻度には差がありますが、セブンカード・プラスを発行する方の多くはセブン-イレブンの常連さんではないでしょうか?

さて、1週間に1,000円の買い物をした場合、月間では4,000円から5,000円の利用代金となります。年間では4万8,000円から6万円の利用代金となるため、これを目安にしておくと簡単に条件をクリアできると思います。

1ヶ月に4,000円から5,000円をセブン-イレブンで使うのは簡単です。もし、コンビニを使うことが少ない場合はネットショッピングでカードを使うなど、他にも色々と方法があります。

セブン-イレブンの豆知識

fireshot-capture-987-%e3%82%bb%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%e2%80%90%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%b3%ef%bd%9e%e8%bf%91%e3%81%8f%e3%81%a6%e4%be%bf%e5%88%a9%ef%bd%9e-http___www-sej-co-jp_
出典:http://www.sej.co.jp/index.html

今やセブン-イレブンはコンビニ業界の王様として君臨していますが、セブン-イレブンがどうしてトップに君臨しているのか?これは綿密に計算されたビジネス戦略が功を奏しているからです。

昔に比べてコンビニの利用者は女性客が増えているというデータがあります。それに合わせて商品サイズを女性サイズに合わせたり、多忙な毎日において女性の間食が増えているため店内に食事が出来るスペースを設けるなど、緻密な計算が大成功の秘訣となっています。

コンビニの従業員の接客レベルも高いものがあります。コンビニといってもたかがコンビニという概念を持っている方が多いと思いますが、そうしたイメージを払拭するほど徹底された指導マニュアルも成功のポイントのように感じます。

サンドウィッチを比較してみた

最近はコンビニのサンドウィッチは少々お値段が高くなっています。昔は100円から200円ほどで購入できましたが、今は200円から250円ほどが相場となっています。筆者はサンドウィッチが大好物なのですが、ローソンやファミリーマートなど代表的なコンビニでサンドウィッチを食べ比べてみました。

基本的にどこのコンビニでサンドウィッチを買っても味の違いはそれほど変わりませんでした。ただし、セブン-イレブンのサンドウィッチだけはパンの食感が違いました。

サンドウィッチってどうしてもパンがパサパサになりやすいわけですが、何故かセブン-イレブンだけは水分が飛んでおらずしっとりした食感がありました。

セブンの商品開発力が凄いというのは有名な話ですが、サンドウィッチのパンの質感も計算されているのかな?と思ってしまいます。

電子マネーnanacoは対象外なので注意!

セブンカード・プラスや家族カードの年会費を無料にするために5万円の利用を目指す場合、これはあくまでもカード払いが対象となっています。電子マネーnanacoの利用分や紐づけは対象外となっているので注意をしておきましょう。

要するにカード払いで5万円をクリアすれば良いだけなので、基本的にはどこでカードを使ってもOKです。ただし、セブンカード・プラスのメリットを活かしてカードを使うなら、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどポイント率がアップするお店がおすすめです。

また、ネットショッピングから条件クリアを目指す場合はオムニ7を活用しておくのがおすすめです。7netならお得にポイントを貯めることができます。

「JCB」と「VISA」を選べるため使い勝手は抜群

fireshot-capture-991-orico-card-the-point%e6%a6%82%e8%a6%81%ef%bd%9corico-card-t_-http___www-orico-co-jp_thepoint_about_
出典:http://www.7card.co.jp/index.html

セブンカード・プラスのブランドは「JCB」と「VISA」の2種から選べます。どちらのブランドを選んでも国内においては使い勝手は抜群です。「JCB」の場合は日本は本拠地ですし、海外の場合なら世界最強の「VISA」でしっかりと加盟店を見つけられます。

まとめ

セブンカード・プラスの年会費は5万円以上のカード利用で無料にできます。

また、家族カードを発行すると年会費200円が必要ですが、本会員と家族会員の利用代金を合算して条件クリアを目指せます。家族カードの発行特典で500ポイントをGETできることも魅力なので、家族カードと合わせてセブンカード・プラスを検討してみてください。

セブンカード・プラスを作るなら、こちらから


more-or500

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪