2018年最新!おすすめクレカランキング→

悩んだらまずはこれ!スタンダードな『セディナカードクラシック』でお買い物の度お得がいっぱい

FireShot Capture 1152 - カードをつくる | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedy_ - http___www.cedyna.co.jp_card_index.html
出典:http://www.cedyna.co.jp/index_pc.html

初心者に最適!バランスの良いスペック

セディナは「三井住友フィナンシャルグループ」のカード事業者です。多数のクレジットカードをリリースしていることが特徴であり、その中でも「セディナカードクラシック」はスタンダードな1枚となっています。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

優待サービスやポイントアップの特典を含めると全体的にバランスの良いスペックです。年会費もリーズナブルであり、カード選びで悩んだときに「セディナカードクラシック」を選べば大失敗することはありません。

学生でも申込可能です!

「セディナクラシックカード」は18歳以上で電話連絡が取れる方が申込対象となっています。高校生は対象外となっていますが、それ以外の18歳以上の方なら申し込むことができます。学生の方でも初めてのクレジットカードとして作ることが可能です。

年会費は1,000円とリーズナブル

FireShot Capture 1154 - セディナカードクラシック | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Ced_ - http___www.cedyna.co.jp_card_line
出典:http://www.cedyna.co.jp/index_pc.html

「セディナクラシックカード」の年会費は1,000円です。追加オプションで家族カードを発行することができますが、家族カードの年会費は300円です。一般ランクのクレジットカードなので年会費無料を望みたいところですが、「セディナクラシックカード」は旅行傷害保険付帯など特典が充実しています。

特典が充実していることを考慮すると、年会費1,000円は安いと言えます。コスパに優れたクレジットカードと評価できます。

国際ブランドは定番の3ブランドから選択可能

「セディナクラシックカード」の国際ブランドは定番の3つのブランドを選べます。「Master Card」と「VISA」と「JCB」が用意されているので、好みの国際ブランドを選んでください。

加盟店の数が多いほどクレジットカードの実用性は高くなりますが、国内においては3つのブランドは大きな差がありません。海外で「セディナクラシックカード」を使うことを考えると、「JCB」がやや不利でしょうか。

世界における加盟店は「Master Card」と「JCB」の方が多いため、海外旅行で「セディナクラシックカード」を使いたいという方は参考にしてください。

追加オプションも充実

FireShot Capture 1167 - セディナiD | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyn_ - http___www.cedyna.jp_use_add_id_id.html
出典:http://www.cedyna.co.jp/index_pc.html

「セディナクラシックカード」は追加オプションを色々と選べます。カードとしては「家族カード」と「ETCカード」を発行することができ、電子マネーは「ID」と「QUICPay」があります。あとはJR東海の「プラスEX」が付帯されています。

国内海外の旅行傷害保険完備

旅行傷害保険は海外保険が最高1,000万円、国内保険が最高1,000万円となっています。海外と国内の旅行傷害保険が完備されていることで、旅行向けのクレジットカードとしても使いやすくなります。

ポイントプログラムは「わくわくポイント」

FireShot Capture 1168 - わくわくポイント | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(_ - http___www.cedyna.jp_point_waku_index.html
出典:http://www.cedyna.co.jp/index_pc.html

スポンサードリンク

「セディナクラシックカード」のポイントプログラムは「わくわくポイント」です。ギフト券やキャッシュバックなど、好きな商品に交換することができます。1ポイントの価値は交換先の商品によって異なり、一律で1ポイント=1円のように価値が設定されていません。

例えば、キャッシュバックにポイントを消費する場合なら、1,000ポイント=800円となっています。ポイントを使う際に1ポイントの価値が高い商品を選んでおくと、多少はお得にポイントを使えるようになります。

ポイント還元率は0.5%前後

「セディナクラシックカード」は200円の買い物で1ポイントが付与されるため、1ポイント=1円の等価値ならばポイント還元率は0.5%となります。キャッシュバックの場合なら1,000ポイント=800円なので800円÷1,000ポイント=0.8円となります。

200円で0.8円が付与されるので、これを100円に揃えると100円=0.4円となります。この場合はポイント還元率が0.4%となるため、商品によってポイント還元率がやや変わります。平均としては0.5%なので、目安として覚えておきましょう。

セディナクラシックの特徴はポイントアップ

「セディナクラシックカード」はお得にポイントを貯めやすいカードです。基本のポイント還元率は0.5%と至って平均的な数値ですが、ポイントアップ特典が色々と付帯されていることから実際はポイント還元率が0.5%以上となります。

3つのお店で毎日ポイント3倍

FireShot Capture 1169 - ポイント3倍について | クレジ_ - http___www.cedyna.jp_card_lineup_detail_iysev_popup.html
出典:http://www.cedyna.co.jp/index_pc.html

「セディナクラシックカード」はセブンイレブン、イトーヨーカドー、ダイエーの3つのお店で毎日ポイントが3倍となります。通常は200円=1ポイントですが、これらのお店では200円=3ポイントとなります。1ポイント=1円としてポイント還元率を計算すると1.5%となります。

ポイント3倍を活用するためにはショッピングの際にカード払いをしなければなりません。カードを提示して現金払いをしてもポイントが3倍にならないので注意をしておきましょう。

年間に利用代金によるステージ制あり

「セディナクラシックカード」でポイントをガンガン貯めるにはカードを使わなければなりません。積極的にカードを使う方にとってステージ制によるポイントアップがあるので、こちらを抑えておいてください。

年間のカード利用代金が50万円以上なら1.1倍、100万円以上なら1.15倍、200万円以上なら1.3倍となります。利用金額に対する倍率はやや低い印象を受けますが、それでもポイント3倍と併用できることはメリットです。

他のクレカに比べてポイントは本当にお得?

ポイントがお得といわれるクレジットカードはたくさんありますが、ポイント還元率がいくらなら優秀と言えるのか?これはポイント還元率1.0%以上です。基本的にクレジットカードのポイント還元率は0.5%が平均です。

「セディナクラシックカード」は通常のポイント還元率は0.5%なので、ポイント3倍のメリットを活用することが重要となります。ちょっとした買い物をする時でも、対象店舗であるセブンイレブンやイトーヨーカドー、ダイエーを利用しておくのが理想です。

ネットショッピングはセディナポイントモールを使いましょう!

FireShot Capture 1170 - ご利用ガイドIセディナポイントモールでセディナのポイントがもれなくもらえる - http___www.cedynamall.com_about_
出典:http://www.cedyna.co.jp/index_pc.html

ネットショッピングするなら「セディナポイントモール」を経由しておくと、最大で3倍から21倍でポイントを獲得できます。ショップによってポイント率が異なるので、目的のショップのポイント率が高倍率となっていると大きなメリットとなります。

普通にネットショッピングするだけではボーナスとしてポイントが付与されないので、目的のショップがあるかどうかに関わらず一応は「セディナポイントモール」をチェックしておいてください。

マルエツ等で5%割引

マルエツ等の各店舗では、毎月に第2・4の日曜日に殆どの商品が5%割引となります。また、マルエツとマルエツプチ、リンコスについては毎週の日曜日が5%割引となります。

買い物で得しやすいカード

セブンイレブン等の対象店舗で毎日がポイント3倍になり、さらにマルエツ等の対象店舗では5%割引があります。対象店舗を日頃から利用することが多い方にとっては、買い物をする度にお得を実感できるのではないでしょうか?

特にセブンイレブンでポイント3倍はかなり魅力的です。セブンイレブンで高額な買い物をすることは殆どありませんが、少額の買い物でも200円=3ポイントでコツコツとポイントを貯金できます。

セブンイレブンにおけるポイント還元率としては、セブンの代表的なクレジットカード「セブンカードプラス」と同レベルのポイント還元率です。他社のフィールドでこれほどのポイント還元率を発揮するのはユーザーにとって嬉しいメリットとなります。

まとめ

「セディナクラシックカード」は年会費が安く特典も充実しています。冒頭で紹介したように全体的にバランスの良いスペックです。初心者にとってもポイントアップや優待割引の対象となっているお店でカードを使えば、それだけでメリットを実感できます。

コスパが良い上に扱いやすさも抜群なので、カード選びに迷った時は「セディナクラシックカード」を検討してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード