2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードのセキュリティーコード(番号)とは?犯罪は防げる?

セキュリティコードとは

 インターネットで買い物をするとき、クレジットカードを使って支払いをするととても便利ですよね。振り込みや代引きを利用するとどうしても銀行へ足を運ばなくてはならないのですが、クレジットカードで支払いをするとカード番号などを入力するだけです。とても簡単に買い物が済んでしまいます。しかし便利の裏には常に危険が潜んでいるものです。クレジットカードは安全なのでしょうか。

 もしあなたがカードを利用した伝票などを紛失してしまったとします。伝票にはカード番号などの情報が書かれているため、もしこれが第3者の手に渡ってしまったらそれだけでカードを不正に利用されてしまう可能性があります。確かにカードを使った買い物は簡単なのですが、それゆえの危険もあります。

 クレジットカードをより安全に利用するためのシステムとして「セキュリティコード」というものがあります。これはカードの裏面に表示されている番号のことです。
csc-img-01
出典:http://www.cardservice.co.jp/service/creditcard/images
この番号は不正利用を防止する目的があり、インターネットや電話で注文・決済を行う際に使用します。これによってカード番号だけではカードを利用することができなくなり、不正利用を防止することができます。ちなみに表面に表示されているカード番号とは区別されます。カード番号は、そのカードが本当に存在するのかということを示すための数字です。それに対してセキュリティコードは、正しい使用者に使われているかどうかを識別するための番号という感じです。

スポンサードリンク

セキュリティコードで犯罪は防げるのか

 ではセキュリティコードで犯罪を防ぐことができるのでしょうか。お店などでカードを利用する際にはクレジットカードを機械に通してカードの情報を読み込んで決済を行います。その際、カード番号や氏名、有効期限などが読み込まれるのですが、セキュリティコードは読み込まれません。そのため「スキミング」などの犯罪ではセキュリティコード番号は流出しません。

 スキミングとはカードを使って買い物をした際に、機械に読み込んだカードの除法を不正に利用するという犯罪です。一昔前はクレジットカード関連の犯罪と言えばスキミングでした。セキュリティコードが登場してからは、この犯罪は簡単に防止できるようになりました。ですが、どこでカード情報が抜き取られているかはわからないので、怪しいお店などでカードを使うのは控えましょう。

 一方で利用者自らがカード番号、セキュリティコードを入力する「フィッシング」ではすべての情報が流出してしまいます。フィッシングとは、例えば、「○月×日までに買い物をすると、○○円キャッシュバック」というような嘘のキャンペーンのメールをまわし、相手にクレジットカードの番号を入力させる詐欺です。この手法ではカード番号だけでなくセキュリティコードなどのすべての情報が第3者に知られてしまいます。あらかじめ警戒していれば被害を防ぐことはできますが、セキュリティコードがあれば安全ということではありません。セキュリティコードは犯罪に対して決して万全の対策ではないということを覚えておきましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です