2018年最新!おすすめクレカランキング→

コストコで使えるカードはアメリカンエキスプレスだけ!?コストコで使えるアメックスの提携カードを紹介します!

FireShot Capture 1278 - Costco Japan - http___www.costco.co.jp_p_
出典:http://www.costco.co.jp/p/

コストコで使えるクレジットカードは2タイプだけ!

すでに日本でも人気のスーパーとなっている「コストコ」ですが、コストコは使えるカードが少ない!というのがデメリットとされていますね。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

現状では「アメリカンエキスプレス」と「コストコ・オリコマスターカード」しか使うことができません。

「アメリカンエキスプレス」についてはプロパーカードでなくても、提携カードでも利用可能となっています。一方、「オリコマスターカード」については「コストコ・オリコマスターカード」しか使うことができません。

コストコってどんなとこ?

FireShot Capture 1266 - Costco Japan - http___www.costco.co.jp_p_
出典:http://www.costco.co.jp/p/

「コストコ」はアメリカのスーパーです。日本には「イオン」など様々なスーパーがありますが、コストコは身近なスーパーとは異なる特徴があります。

商品の値段はやや高めになっており、普通なら500円ほどで買えそうな商品が700円や1,000円ほどの値段となっています。価格設定がやや高い代わりに商品のボリュームが大きい、それがコストコの特徴です。

分かりやすい例としては「マクドナルド」があります。マクドナルドの本拠地はアメリカですが、アメリカのマクドナルドは日本よりも商品サイズが大きいという話を聞いたことがありませんか?

コストコも日本のスーパーよりサイズが大きいため、マンネリ化したスーパーでのショッピング生活に刺激を与えたいなら足を運んでみてくださいね。普通に商品を見ているだけでも楽しめるのでお店です。

コストコを利用するには会員になる必要がある

基本的にスーパーは自由に出入りが可能なお店です。しかし、コストコは会員でなければ入店することができません。

コストコの会員は年会費が4,400円必要であり、割と高い年会費を取られます。いくつか無料で入店する方法が存在しますが、継続してコストコを利用するなら会員になるしかありません。

4,400円の年会費は高いですが、1つだけ救いがあります。それは家族の一人が会員になると、大家族でない限りは全員が入店可能になるという点です。

同伴者2名までは入店可能!

コストコ会員1人に対して同伴者2名までは入店可能です。友達同士でコストコへ行くなら、合計で3人までなら入店できることになります。

家族の場合、家族の誰かがコストコ会員になると家族カードを1枚だけ無料で発行できます。その家族カードも、1つの家族カードに対して同伴者2名まで入店できます。

要するに家族の1人が会員になると、本会員と家族会員の2名にプラスして同伴者計4名が無料で入店できるわけです。ちなみに18歳未満の方は何人でもOKとなっています。

コストコで使えるクレジットカード

fireshot-capture-421-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%e3%83%98%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%a1

コストコは日本のスーパーに比べて販売価格の平均が高いです。そんなコストコで買い物する時にカード払いができると便利なわけですが、冒頭で紹介したように2タイプのクレジットカードしか使えません。

後に詳しく紹介しますが、コストコ目的でクレジットカードを作るなら「アメリカンエキスプレス」がオススメです。「コストコ・オリコマスターカード」は特筆するほどのメリットがありません。

アメリカンエキスプレスがオススメです!

FireShot Capture 1273 - ゴールドカードIアメリカン・エキスプレス - https___www.americanexpress.com_jp_content_gold-card_
出典:https://www.americanexpress.com/jp/content/gold-card/

コストコでカード払いをするためにクレジットカードを作るなら、メリットを考えると「アメリカンエキスプレス」の方がオススメです。

「アメリカンエキスプレス」なら提携カードも可能なので、「アメックスブランド」のカードならどんなカードでもコストコで使うことができます。アメックスプロパーの定番である「グリーンカード」でも良いですし、セゾンのアメックスシリーズ「ブルーカード」でも使えます。

オリコには「コストコ・オリコマスタカード」以外にも、様々なクレジットカードがリリースされています。しかし、コストコで使えるのは「コストコ・オリコマスタカード」だけなので、ここは注意をしておいてください。

コストコ・オリコマスタカードは魅力に欠ける

FireShot Capture 1263 - COSTCO ウェルカムキャンペーン - http___www.orico.co.jp_merchant_costco_index.html
出典:http://www.orico.co.jp/merchant/costco/index.html

「コストコ・オリコマスタカード」はコストコのオフィシャルカードと言っても過言ではありません。しかし、このカードを作るにしては魅力に欠けるのが本音です。

「コストコ・オリコマスタカード」は年会費が無料ですが、コストコ会員の年会費4,400円はしっかりと取られます。せめて、このカードを作ることで4,400円を無料にしてくれなければメリットを感じません。

オリコにはポイント還元率が高いことで有名な「ザ・ポイントシリーズ」があります。どちらかと言えば、「ザ・ポイントシリーズ」を選んでおく方がポイント還元率の高さからメリットを得られると思います。

また、「コストコ・オリコマスタカード」が会員証として使えるわけでもなく、コストコで買い物するとポイント率がアップするわけでもなく、どうしてこのカードが存在しているのか謎です。

「コストコ・オリコマスタカード」を完全否定するわけではありませんが、「コストコでカード払いができる」という点以外に評価するポイントが見当たらないのが残念です。

選択肢が多い時点でアメックス一択である

「アメリカンエキスプレス」なら提携カードでもコストコで使うことができます。

提携カードについて詳しく説明しておくと、「アメリカンエキスプレス」のクレジットカードは大きく分類すると2種があります。1つは「アメリカンエキスプレス」が発行しているカード、もう1つはアメックス以外が発行しているカードです。

前者のカードをプロパーカードやオリジナルカードと呼び、後者を提携カードと呼びます。カード表面に「アメリカンエキスプレス」のマークがあれば、どんな種類のカードでもコストコで使えるということです。

コストコで使えるクレジットカードを作るなら、選択肢の多さを考慮すると「アメリカンエキスプレス」一択となります。

アメックスならどれがオススメ?

FireShot Capture 1272 - 初めてのクレジットカード I アメッ_ - https___www.americanexpress.com_jp_content_green-card_
出典:https://www.americanexpress.com/jp/content/green-card/

提携カードを含めると「アメリカンエキスプレス」のカードは相当な枚数がリリースされています。

「アメリカンエキスプレス」が発行しているプロパーカードを選ぶなら、これは「グリーンカード」がオススメです。

スポンサードリンク

提携カードについては目的によってメリットが変わるため、特にこれといって選ぶ基準がない方は「グリーンカード」で良いと思います。

ただし、審査難易度や年会費を考えると学生の方などにとっては提携カードの方が作りやすいです。「グリーンカード」は年会費から審査基準まで、ゴールドカードであるという認識を持っておく方が良いと思います。

アメックスブランドの使い勝手は?

FireShot Capture 1283 - 無料の写真_ クレジット カード, Visa カード, クレジット, ビザ_ - https___pixabay.com_ja_%

クレジットカードはどんな国際ブランドなのかによって、そのカードの使い勝手が大きく変わります。

海外においてはアメックスは「VISA」や「Master Card」に劣るというのは有名な話ですが、実際のところは一概にそうとは言えません。例えば、アメリカに的を絞るなら「アメックス」と「VISA」と「Master Card」は大差がありません。この3社の本拠地はアメリカだからです。

国内においてもアメックスの加盟店は多いため、ネットショッピングを含めて「VISA」や「Master Card」との違いを痛感することは殆どないと思います。

要するにアメックスブランドの使い勝手が悪いと感じる方は、世界の様々な国を飛び回っている方くらいであり、庶民目線から見るとアメックスブランドは使えない!と感じるシーンに遭遇する方が珍しいと思います。

アメックスプロパーカードのメリット&デメリット

アメックスプロパーカードのメリットは一般ランクのカードでも、他社には見られないほど充実した特典や旅行傷害保険が付帯されていることです。また、アメックスプロパーカードを持っていることが、自分の所得の高さの裏付けとなることもあります。

一方、デメリットになるのは年会費が高いことです。アメックスプロパーカードはキャンペーンを除き「年会費無料」のカードが1枚もありません。また、アメックスは高級志向のブランドあり、昔からブランド自体が高級なイメージを維持しているため、審査基準は他社のカードに比べてやや高いと想定されます。

アメックスの付帯特典も高級ホテルなどが対象となっていることが多いため、その辺りも考慮してアメックスプロパーカードを検討しておきたいところです。

アメックス提携カードのメリット&デメリット

FireShot Capture 1285 - 【公式】セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード【セゾン・アメックス|SAI_ - https___www.saisoncard.co.jp_amex_
出典:https://www.saisoncard.co.jp/amex/?tp001=bnr

アメックス提携カードのメリットはプロパーカードよりも審査基準が低いカードが多く、さらには年会費もリーズナブルなカードが多数ラインナップされていることです。また、日頃から愛用しているお店に特化している提携カードなら、実用性がかなり高くなることも魅力です。

一方、デメリットに感じるのは好ましい提携カードが見つからない場合、どこかで妥協しなければならないことです。その妥協点として選ばれやすい代表的なカードが「セゾンブルーカード」となりますが、このカードは○○のお店で超お得というカードではありません。

セゾンにおける特典を得られることはアメックスプロパーカードにはないメリットですが、自分にとって本当にお得な提携カードを探し出すのに苦労することがネックです。

グリーンカードは実質ゴールドカード

アメックスのプロパーカードのメリットは「アメックス特典」が付帯されていることです。「アメックス特典」は非常にボリュームが厚く、国内外のホテルやレストランなどで優待割引を受けられることが魅力です。

プロパーカードの中でも定番なのが「グリーンカード」であり、これは一般ランクに該当するカードでありながらも、他社のゴールドカードに引けを取らないスペックになっていることが特徴です。

そのスペックというのは旅行傷害保険が国内外で最高5,000万円で付帯されていたり、「アメックス特典」のボリュームがかなり分厚いことなどです。これらの内容をすべて総評すると、他社のゴールドカードと同じくらいの価値あるカードと評価できるわけです。

年会費が高いのがマイナスポイント

ただし、1つのネックは年会費が1万2,000円と高いことです。「アメリカンエキスプレス」が高級ブランドと呼ばれる所以は年会費の高さ、審査を含めて相応した所得を求められる点などにあります。

セゾンブルーカードは庶民向けの定番カード

FireShot Capture 1276 - 【公式】ゴールドカード|セゾンゴールド・アメリカン・エキ_ - http___www.saisoncard.co.jp_amextop_gold-cs_
出典:http://www.saisoncard.co.jp/amextop/gold-cs/?=dropdown

提携カードで定番なのは「セゾンブルーカード」です。これはセゾンがリリースしている「アメックスシリーズ」のブルーカードです。

上記で紹介した「グリーンカード」に比べて、セゾンブルーカードは誰にとっても所持しやすいカードです。キャンペーンを通せば初年度年会費無料、通常は3,000円の年会費となります。

セゾンブルーカードも一部の「アメックス特典」が付帯されており、さらにはセゾン特典も付帯されていることが特徴的です。セゾン特典は「永久不滅.com」でポイントが最大30倍、SEIYU&LIVINで5%OFFなどがあります。旅行傷害保険は国内外で最高3,000万円で付帯されているので、トラベラーカードとしても実用性が高いです。

永久不滅ポイントは失効しません!

セゾンブルーカードは長期的にカードを使う方にオススメです。その理由は「永久不滅ポイント」はポイントの有効期限がないため、長期利用してもポイントを失効することがないからです。

カードの利用頻度が低い方でも、長期利用してポイントをコツコツと貯金することができます。年会費を含めて総評しても、誰にとっても扱いやすいクレジットカードだと思います。ちなみにセゾンブルーカードは学生の方でも作れます。

ロフトカードorパルコカードという選択も実用性が高い

FireShot Capture 1277 - ロフトカード|クレジットカードはセゾンカード - https___www.saisoncard.co.jp_lineup_ca017.html
出典:https://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca017.html

「ロフトカード」はロフトで買い物すると10%OFFを受けられるなど、ロフトに特化したクレジットカードです。

発行元はセゾンであり、「ロフトカード」はアメックスブランドとして作ることが可能です。通常は年会費が無料ですが、アメックスブランドだけは年会費が3,000円必要です。

「パルコカード」はパルコで5%OFFを受けられるなど、パルコに特化したクレジットカードです。

こちらも発行元はセゾンであり、通常は年会費が無料ですが年会費3,000円でアメックスブランドから「パルコカード」を作ることができます。

これらのクレジットカードなら、それぞれの提携先でメリットを得ながらもコストコで決済カードとしても使えます。パルコやロフトを愛用している方にとっては、「グリーンカード」や「セゾンブルーカード」よりも実用性の高いカードとなります。

また、無印を利用することが多いなら「無印良品・MUJI Card」という選択肢もあります。こちらもセゾン発行で年会費は3,000円となります。

リリース数が相当多いのでじっくりと比較検討を!

アメックスプロパーカードはさほどリリース数が多くありませんが、提携カードは本当に様々なカードを見つけることができます。

コストコで買い物する際の決済手段としてアメックスカードを作るにしても、やはりコストコ以外における実用性やメリットは考慮しておきたいところです。たくさんのカードがリリースされているので、今回ご紹介したカードを含めてじっくりと比較検討してみてくださいね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード