今すぐクレカが必要な方は→

意外にも現金でしか払えないものはこれだけしかない!?クレジットカード決済できるもの・できないもの

分割払い

現状、「この商品は現金でしか買えないもの!」というケースは少ないため、クレジットカードで払えないものは少ないと言えます。

身近な商品であれば、ほとんどの商品をクレジットカードで購入することができるでしょう。

しかし、一部の店舗ではクレジットカードが使えるお店にも関わらず、クレジットカードで払えないものが存在するケースも事実です。

他にも、そもそも現金しか使えない店もあるかもしれません。

今回はクレジットカードで購入できる商品や購入できない商品など、クレジットカードで決済できる種類についてご紹介します。

カード払いは国際ブランドで決まる

買い物

クレジットカードの基本として覚えておきたいのが「国際ブランド」です。

自分が持っているクレジットカードが店舗で使えるかどうかはカードブランドによって決まります。

特定ブランドの加盟店でない場合は現金しか使えない店であることも多く、クレジットカードで支払いが出来るかどうかブランドによって違いが発生することも…。

▼「国際ブランド」について詳しくはこちら

クレジットカードの国際ブランド(国際クレジットカード)は何が違う?どれがいい?比較のポイントを徹底解説

国内ブランドで使い勝手は変わらない

国際ブランドとは別に「国内ブランド」というものもあります。

DCカードなど、国内のカード会社が発行しているブランドのことです。

カード会社によっては「ニコス」や「セゾン」など、その会社の名前がブランドになっていることがあります。

その系列店だけで考えると、国内ブランドの使い勝手は大きく代わりません。

しかし、国内ブランドカードを幅広く使うためには、「国際ブランド」が付帯しているかどうかによって使い勝手が大きく左右されるといえるでしょう。

ポイント!
国際ブランドは加盟店が多いため、クレジットカードで支払えるケースが多くなります。

国際ブランドは5大ブランド+銀聯を覚えておきたい

国際ブランドは以下の5大ブランドと「銀聯」を覚えておきましょう。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ

上記の中でも加盟店が多いのは「VISA」です。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

スポンサードリンク

次いで「Master Card」の加盟店が多いとされていますが、国内でカードを使う場合は上記の2大ブランドにそれほどの差はありません。

日本においては「VISA」「Master Card」「JCB」の3ブランドは使い勝手がいいとされています。

注意
国内においてJCBは有力な国際ブランドですが、海外旅行となるとVISAやMaster Cardに比べシェア率が低い点は注意しましょう。

銀聯(ぎんれん)は国内では使い勝手が良くないかも

銀聯(ぎんれん)は中国のブランドですが、国内の現状では銀聯だけ加盟店が少ない印象を受けます。

中国内シェアは日本国内の「JCB」のようなものなので、中国へ旅行することが多い方にとっては便利なクレジットカードです。

そんな銀聯を推しているカード会社の1つに「三井住友銀行」があります。

他社とは違って「銀聯カード」が用意されているため、銀聯ブランドのクレジットカードを作りたい方はチェックしてみてくださいね。

日本で発行できる銀聯カードを全て紹介します!必要書類からATM利用方法まで徹底解説

クレジットカードで決済できる?できない?

クレジットカードを持つ手

クレジットカードで決済できるお店なのにカード決済が不可なケースなど、カード会社によって対応に違いがあるのも事実です。

金券や商品券のような換金性の高い商品はクレジットカードで払えないケースも多いです。

ムリな利用はクレジットカード会社の規約によっては利用停止となってしまうことも…。

決済できるかどうかはクレジットカードの規約を見れば一目瞭然のため、事前にチェックすることをオススメします。

スポンサードリンク

ケロンくん

換金性の高い商品を何度も買う行為は、現金化を疑われてカードの利用を止められてしまうケースもあるみたい。

クレジットカード現金化は犯罪なの?その詐欺手口・店舗の例・悪徳業者についてまとめ

金券は不可が多い

金券というのは〇〇券や図書カードなど換金性の強いものを指します。

切手や収入印紙も金券に分類されるため、一言に金券といってもさまざまなものがあるでしょう。

そんな金券類は基本的にクレジットカードで決済することができず、現金でしか買えないものとなっているケースが大半です。

商品券も不可が多い

金券がクレジットカードで払えないものとしてあるように、商品券についてもクレジットカード決済のできないケースがほとんどです。

カード会社によっては独自に商品券を販売しており、そうした一部商品であればカード払いが可能なケースも存在します。

高級品はケースバイケース

宝石や高級時計など、高額な商品はクレジットカード決済ができます。

しかし、悪用禁止の為にカード払いが不可となっているケースもありますので、事前に確認しておきましょう。

高級品をクレジットカードで購入する時はお店や商品によってカード払いの可否が異なるため、ケースバイケースと覚えくといいです。

宝くじはクレジットカード決済可能?

宝くじを店頭で購入する場合、一部ブランドのクレジットカードでは決済ができません

また、場合によっては宝くじ売り場がカード払いに対応していないところも多く、クレジットカード決済自体が出来ない店舗も存在します。

銀行が販売している宝くじではクレジットカード決済が可能な傾向にあり、みずほ銀行の場合はクレジットカード決済が出来るため、自分が利用している銀行をチェックしてみるのもオススメです。

ポイント!
宝くじ公式サイトでは利用可能なクレジットカードが表示されているため、「宝くじをクレジットカードで買いたい!」という場合は対応ブランドかどうか確認しておきましょう。

車もケースバイケース

車を購入する時にクレジットカード決済できるかどうかもケースバイケースです。

簡単にいうと、一部の代金まではカード払い可能としていたり、完全にクレジットカード決済を不可としていたり、現金しか使えない店など対応が大きく異なる状況です。

また、車をクレジットカードで購入する場合はそもそも利用限度枠が足りるのか?という問題点があります。

高額な利用枠を持つためには相応の返済能力が必要です。

ポイント!
カード会社のほとんどは一時的な利用限度枠の増額を行っているため、希望額に後少し届かない!という場合はそちらのサービスを活用してみましょう。
※必ず審査に合格するわけではないためご注意ください。

一時的な限度額引き上げ方法。海外旅行や高額な買い物の前に要チェック!

公共料金などの固定費は可能

毎月の携帯電話の料金や光熱費などはクレジットカードで決済できます。

むしろ、クレジットカードをお得に使うという意味では固定費をカード払いしておく方がメリットが高いのをご存知ですか?

毎月支払っている家賃など、固定費をカード払いにすることで、安定して継続的にポイントを獲得できるようになるのです。

カード会社によって公共料金の支払い可能範囲が異なるケースもあるため、クレジットカードで支払う場合は事前にチェックしておきましょう。

クレジットカードを使ってポイントを貯めよう!お得で効率的な貯め方を紹介。

まとめ

クレジットカードで決済できない商品はほとんどないため、過度に気にする必要はありません。

それよりも、クレジットカードを作る際に国際ブランドが付帯しているかどうかを意識しておきましょう。

とくに、海外でクレジットカードを使おうと思っている場合は、「VISA」や「Master Card」など加盟店の多い国際ブランドをオススメします。

あとは、金券など特殊な一部の商品は購入できない点を頭に入れておきましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード
  • マイルのことをゼロから徹底解説!
  • アメックス徹底解説!
  • 即日発行できるカードはこれ!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪