2018年最新!おすすめクレカランキング→

意外にも現金でしか払えないものはこれだけしかない!?クレジットカード決済できるもの・できないもの

fireshot-capture-421-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-%e3%83%98%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%a1

クレジットカード決済は加盟店で決まる

クレジットカードで購入できない物は殆どありません。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

身近な商品であれば殆どの商品をクレジットカードで購入することができます。しかし、一部の商品はクレジットカードを使えるお店なのにカード払いが不可となるケースがあります。

クレジットカードで購入できる商品や購入できない商品を知る前に、クレジットカードで決済できるお店について知識を身に付けておきましょう。

カード払いは国際ブランドで決まる

クレジットカードの基本として覚えておきたいのが「国際ブランド」です。

自分が持っているクレジットカードが使えるかどうか?これはカードブランドによって決まります。カードブランドは国内ブランドと国際ブランドがありますが、重要なのは国際ブランドです。

国内ブランドで使い勝手は変わらない

国内ブランドは「DCカード」など、国内のカード会社が発行しているブランドのことです。カード会社によってはその会社の名前がブランドになっていることがあり、その典型例は「セゾン」です。

セゾンは様々なカードを発行していますが、「セゾン」自体がカードブランドと言えます。一方、東京UFJニコスの場合だと「MUFGブランド」や「DCブランド」など、自社で国内ブランドを持っています。

基本的に国内ブランドでカードの使い勝手が決まるのは「国際ブランド」が付帯されていないケースのみとなります。また、そうしたカードは「国際ブランド」が付帯されているカードよりもかなり数が少ないため、一般的には自然と国際ブランド付帯のカードを作ることが多いです。

国際ブランドは5大ブランド+銀聯を覚えておきたい

FireShot Capture 1283 - 無料の写真_ クレジット カード, Visa カード, クレジット, ビザ_ - https___pixabay.com_ja_%

国際ブランドは以下の5大ブランドと「銀聯」を覚えておきましょう。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ

上記の中でも加盟店が多いのは「VISA」です。次いで「Master Card」の加盟店が多いとされていますが、国内でカードを使う場合は上記の5大ブランドはそれほどの差はありません。特に「VISA」「Master Card」「JCB」については使い勝手の差を見つけることの方が難しいです。

銀聯は国内では使い勝手が良くないかも

FireShot Capture 1310 - 銀聯カード(ぎんれんカード)|クレジットカードの_ - https___www.smbc-card.com_mem_addcard_ginren.jsp
出典:https://www.smbc-card.com/mem/addcard/ginren.jsp

銀聯は中国のブランドですが、現状では銀聯だけは少し加盟店が少ない印象があります。中国が本拠地なので、中国へ旅行へ行くことが多い方にとっては便利です。

銀聯を推しているカード会社の1つに「三井住友銀行」があります。他社とは違って「銀聯カード」が用意されていることが印象的です。銀聯ブランドのクレジットカードを作りたい方はチェックしてみてくださいね。

クレジットカードで決済できる?できない?

fireshot-capture-1019-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e6%a9%9f-%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88

クレジットカードで決済可能かどうかは基本的に加盟店で決まります。

クレジットカードで決済できるお店なのにカード決済が不可なケース、これはカード会社によって違いがあります。

基本的に金券や商品券は決済不可となっているカードが多く、それはカード会社の規約によって決済不可となっています。要するに決済できるかどうかはクレジットカードの規約を見れば分かるというわけですね。

金券は不可が多い

FireShot Capture 1311 - 無料の写真_ スタンプ, コレクション, フィラテリー, フランス切手 -_ - https___pixabay.com_ja_%

スポンサードリンク

金券というのは商品券やテレフォンカードなど、○○カードのことを指します。切手や収入印紙も金券に分類され、一言に金券といっても様々なものがあります。

基本的に金券類はクレジットカードで決済することができず、現金払いのみとなっているケースが大半です。

商品券も不可が多い

金券がクレジットカード決済不可なのと同じで、商品券についてもクレジットカード決済ができないケースが殆どです。

カード会社によっては独自に商品券を販売しているところがありますが、そうした商品ならカード払いができます。

高級品はケースバイケース

宝石や高級時計など、高額な商品はクレジットカード決済ができます。しかし、悪用禁止の為にカード払いが不可となっているケースもあります。

高級品をクレジットカードで購入する時はお店や商品によってカード払いの可否が異なるため、ケースバイケースと覚えておきましょう。

宝くじは銀行によってはクレジットカード決済可能

FireShot Capture 1312 - 無料の写真_ ゲーム, ランダム, ロト, 宝くじの当選者 - Pixab_ - https___pixabay.com_ja_%

宝くじを店頭で購入する場合はクレジットカード決済ができません。そもそも、宝くじ売り場がカード払いに対応していないところが多いため、それによってクレジットカード決済ができないという方が正しいでしょうか。

銀行によっては宝くじを販売しているところがありますが、その場合はクレジットカード決済が可能なケースがあります。みずほ銀行の場合はクレジットカード決済ができるようなので、自分が利用している銀行をチェックしてみると良いですね。

車もケースバイケース

車を購入する時にクレジットカード決済できるかどうか?これもケースバイケースです。

簡単に言うと、一部の代金まではカード払い可能としているところ、完全にクレジットカード決済を不可としているところなど、お店によって対応が大きく異なる状況です

また、車をクレジットカードで購入する場合はそもそも利用枠が足りるのか?という問題点があります。高額な利用枠を持つためには相応した返済能力が求められるので、収入の低い方が高額な利用枠を持つことは難しいです。

公共料金などの固定費は可能

FireShot Capture 1052 - 無料の写真_ 光, ランプ, 電気, 電源, デザイン, 明るい, 電球,_ - https___pixabay.com_ja_-

毎月の携帯電話の料金や光熱費などはクレジットカードで決済できます。

むしろ、クレジットカードをお得に使うという意味では固定費をカード払いしておく方がメリットが高いです。毎月の固定費をカード払いすると、安定して継続的にポイントを獲得できることが利点となります。ちなみに家賃についても基本的にクレジットカード払いが可能です。

固定費をカード払いする時はポイントが付与されるのか?この点をしっかりと確認しておきましょう。また、カード会社によって支払可能な公共料金等が異なるケースもあります。

マイホームはカードで買えるの?

FireShot Capture 1313 - 無料の写真_ 休日の家, 夏の家, ホーム, カントリーハウス, コテージ_ - https___pixabay.com_ja_%

マイホームはクレジットカードで買えません。これはそもそもクレジットカードの利用枠では金額が足りません。

クレジットカードの利用枠は最高でも200万円や300万円ほどであり、高所得者向けのカードになるとその人に収入に応じて利用枠が決まるカードが多いです。例外としては、ダイナースクラブだけは一律の利用枠が決まっていません。

どんなクレジットカードを使ってもマイホームをカードで購入するのは無理だと思います。また、仮にカードで購入できても住宅ローンに比べると圧倒的に金利が不利なことは覚えておきたい知識です。

クレジットカードのショッピング枠の利率は15.0%前後が平均ですが、住宅ローンは2%や3%など比較にならないほど金利が低いです。

金券や高額商品は不可と覚えておこう

クレジットカードを使う上でカード決済ができる商品とできない商品はそこまで気にする必要はありません。

身近な商品でいえば、金券や高額商品を購入する場合はカード決済が不可なケースが多いという点を覚えておきましょう。

まとめ

クレジットカードで決済できない商品は殆どないため、過度に気にする必要はありません。それよりも、クレジットカードを作る際に国際ブランドを意識しておく方が大事です。

特に海外でクレジットカードを使おうと思っているなら、「VISA」や「Master Card」など加盟店が多いブランドを選んでおきたいところです。この2つのブランドは他ブランドに比べると世界基準で加盟店が多いため、使い勝手が良いです。

国内でカードを使う場合でも、ネットショッピングをする際にサイトによって対応しているブランドが異なることも気にしておきたいポイントです。使えるお店が多いブランドほど、カード決済できる商品が増えることになります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード