2018年最新!おすすめクレカランキング→

リボ払いやキャッシングの先に待つカード破産とは?破産後どのくらい経てばクレジットカードが作れるのか

FireShot Capture 1327 - 無料の写真_ 信用収縮, 課税, 財布, 税, 経済的ストレス, タイトな_ - https___pixabay.com_ja_%

リボ払いやキャッシングの先に破産があると言われる理由

はじめに、過度な不安を与えないために「リボ払い」と「キャッシング」について正しい知識を紹介しておきます。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

基本的に「リボ払い」を利用すると破産する可能性が高くなるのではなく、借り過ぎた場合にリボ払いから少額払いをすると借金が減らずに利息だけを支払い続ける現象が起きることがあります。

この現象はクレジットカードのショッピング枠のリボ払いだけではなく、キャッシングやカードローンも全く同じです。

リボ払いの仕組み

リボ払いはクレジットカードのショッピング枠にもキャッシング枠にもある返済方法です。また、キャッシングやカードローンの単体商品にもある返済方法です。

リボ払いは毎月の支払額を一定額に調整することができ、これによって少額払いを継続することが可能となります。一見すると、メリットの高い返済方法に見えますが、返済額によっては借金がなかなか減っていかないという事態が起こります。

具体例

かなり単純に紹介しますが、50万円の借金を毎月1万円のリボ払いをすると50ヶ月で完済できます。しかし、実際には毎月1万円の返済額に利息が含まれる場合は完済までに50ヶ月以上掛かります。

18%の利率で計算すると、50万円×18%÷365日×30日=7,380円となります。1万円の返済に利息が含まれるなら1万円-7,380円=2,620円しか借金が減りません。これがリボ払いのデメリットです。

キャッシングはリボ払いである

FireShot Capture 1300 - 無料の写真_ Ec, 自動, Atm, お金の問題, ユーロ - Pixa_ - https___pixabay.com_ja_ec-%

キャッシングの返済方法は一括払いであってもリボ払いとなります。

ショッピング枠の場合、一括払いなら利息が掛かりません。しかし、キャッシングは一括払いでも利息が発生します。これがクレジットとの大きな違いです。

キャッシングも序盤は無利息になることがあります。無利息キャッシングをご存知だと思いますが、一定期間だけ無利息で融資をしている会社がちらほらとあるため、そうしたところでキャッシングを利用すると序盤の数日は無利息で過ごせるのでメリットが大きいです。

無利息キャッシングを利用したとしても、無利息期間を過ぎると利息が発生します。そのため、結局はキャッシングは金利が重要なポイントとなります。

リボ払いは危険ではない

FireShot Capture 1328 - リボ払いの特徴と利用上の注意 I _ - http___www.j-credit.or.jp_customer_basis_revolving.html
出典:http://www.j-credit.or.jp/customer/basis/revolving.html

リボ払いは使い方を考えることが大切であり、高額な借金を抱えて毎月少額払いをすると破産することがあり得ます。

しかし、返済をしっかりと管理した上でリボ払いを利用するのは効果的です。

要は毎月の返済でしっかりと「借金=元金」を減らすことが重要なわけです。あまりにも少額の返済額だと一向に借金が減りませんが、完済目途を考えた上でリボ払いを活用すれば着実に借金を減らせます。

本当に危険なのは「借り過ぎ」です!

FireShot Capture 1329 - リボ払いの特徴と利用上の注意 I _ - http___www.j-credit.or.jp_customer_basis_revolving.html
出典:http://www.j-credit.or.jp/customer/basis/revolving.html

極論を言うと、クレジットカードの「分割払い」でも、支払い状況次第で破産する可能性は大いにあります。

ショッピング枠の分割払いは利息がお得というイメージがあるかもしれませんが、分割回数が多くなるほど利息の総支払額は高額になります。

クレジットカードでもキャッシングでも、本当に危険なのは無計画で借り過ぎることです。これをやってしまうと、毎月の収入では対応できない状況になります。そうなった時にリボ払いで少額返済をするしかないため、一般的にリボ払いは危険というイメージが付いているわけです。

返済不能になると債務整理するしかない

fireshot-capture-871-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-ec-%e7%8f%be%e9%87%91-paymentsatm-%e3%81%8a%e9%87%91-%e7%8f%be%e9%87%91%e4%b8%8d%e8%a6%81%e3%81%ae-_-https___pixabay-com_ja_e

カードを使い過ぎてしまうと返済不能に陥ることがありますが、返済不能の対処法は債務整理しかありません

スポンサードリンク

債務整理は法的に借金を整理して完済を目指すことです。

債務整理には

  • 「任意返済」
  • 「個人再生」
  • 「自己破産」
  • 「特定調停」

 

の4つの方法がありますが、一般的に破産と言われるのは「自己破産」を指します。

クレジットカードの債務整理は「任意整理」で解決できるケースが多く、他の借金を含めて対処方法が一切ないという状況なら「自己破産」するしかないケースもあります。

債務整理のメリット

債務整理のメリットは法的に借金問題を解決できることですが、すでに多重債務で返済不能になっている状況だとメリットやデメリットを考慮する余地がありません。

返済不能の状態でしっかりと考えるべきことは、債務整理について勉強しながら最善策を見つけることです。

一般的には自分で対応することが難しいため、債務整理専門の法律事務所を利用して今の借金の状況からアドバイスを受けます。

債務整理はそれぞれの方法によってメリットとデメリットが異なるため、ここをしっかりと理解する必要があります。

債務整理のデメリット

債務整理のデメリットは費用が掛かる、準備に時間が掛かるなど、挙げれば色々とあります。しかし、やはり返済不能な状況では債務整理以外に選択肢がないため、あまりデメリットを考えても仕方のない部分もあります。

債務整理後におけるデメリットとしては、「信用ブラックになる」というデメリットがあります。

これはどんな方法から債務整理をしても必ず債務整理をした記録が残ってしまうため、債務整理後の一定期間は審査を必要とする金融商品を利用しずらくなります。

3つの信用機関と審査について

クレジットカードを作る時は「信用情報」をチェックされますが、それは

  • 「CIC」
  • 「JICC」
  • 「KSC」

 

の3つの機関から記録を確認されます。

簡単に言うと、債務整理をしたり遅延行為をすると自分にとってマイナスとなる記録が残ってしまうので、それによってクレジットカード審査に合格しずらくなるというわけです。

CICは信販系

FireShot Capture 1330 - 指定信用情報機関のCIC - http___www.cic.co.jp_index.html
出典:http://www.cic.co.jp/index.html

CICは指定信用情報機関の略語ですが、この機関はクレジットカード等の信販系の情報を確認されることが多いです

今の自分のCICの情報を知りたい時は開示請求から情報を確認できます。CICの場合はWEBから開示請求が可能であり、手数料1,000円で情報を郵送してもらうことができます。

一部のクレジットカードは情報を確認できないケースがありますが、「JCB」や「セゾン」など有名どころのクレジットカードなら問題なく信用情報を開示してもらうことができます。

JICCは消費者金融系

FireShot Capture 1331 - JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)|HOME - https___www.jicc.co.jp_
出典:https://www.jicc.co.jp/

JICCは日本信用情報機構の略語ですが、この機関はアコムやプロミスなど消費者金融系の情報が確認されます。

JICCでも信用情報の開示請求が可能ですが、郵送から開示請求するのがセオリーとなります。またはアプリから開示請求することもできますが、その場合は手数料の支払方法が異なるので注意をしておきましょう。

JICCに情報開示する場合も定額小為替証書かクレジットカード払いで1,000円の手数料を支払う必要があります。

KSCは銀行

FireShot Capture 1332 - 全国銀行個人信用情報センター - 全国銀行協会 - http___www.zenginkyo.or.jp_pcic_
出典:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

KSCは全国銀行個人信用情報センターの略語ですが、ここでは銀行系の情報が確認されます。

KSCも情報開示することができますが、その方法は郵送のみとなっています。また、手数料の支払方法も定額小為替証書だけなので、事前に郵便局等で購入しておく必要があります。手数料は他と同じで1,000円です。

3つの機関はCRINで情報を相互利用している

FireShot Capture 1333 - CRIN|信用情報について|指定信用情報機関_ - http___www.cic.co.jp_confidence_exchange_crin.html
出典:http://www.cic.co.jp/confidence/exchange/crin.html

上記の3つの信用機関はCRINというシステムから情報をお互いに利用しています。

情報が共有されているということは、クレジットカードでブラックになると消費者金融や銀行でも審査に落ちやすくなるというわけです。

記録抹消は5年から10年

各信用機関にマイナスの記録が残ってしまうと、その後は5年から10年は審査に合格することが難しくなります。

CICは自己破産だけ登録され、その他の債務整理は登録されません。記録は5年間保管されるため、破産から5年後には記録が抹消されています。

JICCはすべての任意整理が登録され、記録の保管年数は5年間です。

KSCは基本的に破産と個人再生が記録され任意整理の記録は残りません。記録の保管年数は10年間となっているため、他の期間よりも記録が抹消されるまでの年数が長いです。

気にせず申し込みをすればOKです!

すでに信用ブラックになっている方は記録抹消まで待つのが得策となりますが、実際はそこまで待つのが難しいこともありますね?

一般的に信用ブラックは審査に合格できないと言われますが、それは絶対とは言えません。また、それを確かめる方法も存在しないわけですが、基本的に審査に落ちてもデメリットはないので審査にチャレンジしてみれば良いと思います。

少しでも可能性を高めるならキャッシング枠は絶対に0円にしておきましょう。意外と信用ブラックでも合格できる可能性があるかもしれませんし、絶対に合格不可とは言い切れません。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード