2018年最新!おすすめクレカランキング→

もしもの時のために知っておく!クレジットカードが使えないトラブルに遭遇した時に考えられる理由とは

クレジットカードを使えない原因は様々

ある日突然クレジットカードを使えなくなる!その原因は1つではありません。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

カードの機能性に問題があるケース、利用枠が満額に達しているケース、カード会社の独断で利用停止になっているケースなどなど、本当にいろんなケースがあります。

もしもの時のために考えられる原因を知っておくと、すぐに対処できてカードを復活させることができるかもしれません。

ICチップ&磁気ストライプが原因

クレジットカードを使えない時に根本的な原因となるのが「ICチップ」と「磁気ストライプ」の故障です。

クレジットカードは「ICチップ」が搭載されているタイプがあり、「磁気ストライプ」についてはどんなクレジットカードにも付いています。どちらのタイプでも、それぞれの機能性が失われているとクレジットカードとして機能しなくなります。

ICチップの故障とロック

ICチップはカードの表面に付いていますが、その部分が損傷しているとICチップが機能しなくなることがあります。もし、ICチップが壊れているようならカードを再発行して貰いましょう。

基本的にICチップが機能しているかどうかは買い物する時に正しい暗証番号を入力すると分かります。レジで暗証番号を入力したのにカードを使えませんと言われたら、ICチップが故障している可能性があります。

また、ICチップ搭載型は暗証番号を一定回数以上間違えるとロックされてしまいます。ロックされてしまうとICチップが機能しなくなるため、暗証番号が分からない時は無理に暗証番号を入力しないようにしましょう。

ICチップ搭載型は暗証番号の入力による買い物だけではなく、従来のクレジットカードと同じようにサインでも買い物ができます。もし、磁気ストライプが機能しているなら、その場はサイン決済で凌ぎましょう。

磁気ストライプの故障

磁気ストライプはカードの裏面に付いています。磁気ストライプが故障すると、カードを機器に通しても決済できないようになります

カードを財布に入れっぱなしにしたり、カードの利用頻度が高い場合など、磁気ストライプが擦り減って故障することがあります。これも新しいカードを再発行してもらうしかありません。

利用枠が満額に達していませんか?

クレジットカードは利用枠が決められていますが、利用枠が満額に達していると当然ながらカードを使えなくなります。

利用枠については不正使用も含めて注意をしておきたいところです。

利用枠が原因なら返済するしかない

利用枠は返済をすれば復活するため、利用枠が満額に達しているならとにかく返済するしかありません。返済する余裕がない状態でどうしてもカードを使いたいなら、これは増額という方法もあります。

増額するには増額審査を突破しなければならないため、所得が高い方なら増額から窮地を凌げる可能性があります。また、今のカードで増額せずに新しいカードを発行するという方法もあります。

知らない間に満額に達していた・・・不正使用か!

自分がカードを使っていないのに利用枠が満額に達しているなら、それは不正使用の可能性が極めて高いです。

スポンサードリンク

不正使用が発覚したらすぐにカード会社へ連絡をしましょう。紛失盗難補償は連絡した日からさかのぼって補償をしてくれるので、早目に不正使用をカード会社に知らせることが大切です。

カード会社の独断で利用停止・どうして?

基本的にカード会社が勝手にカードを利用停止にすることはありませんが、何かしらの原因がある時は自動的に利用停止にされることがあります。

その原因が自分にあるのか?それとも不正使用に繋がる理由があるからなのか?これはカード所持者の状況によります。

自分に原因がある場合


出典:http://www.cic.co.jp/

遅延行為をするとカードを利用停止にされることがあります。数日ほどの遅延行為は問題ありませんが、数か月や数年と遅延行為をするとさすがにカードを利用停止、あるいは解約させられるでしょう。

遅延行為は信用低下にも繋がります。遅延行為を2ヶ月続けるとCICに「異動」という情報が記録され、今後においてクレジットカード等の審査が不利になってしまいます。

他の原因で考えられること

遅延行為も債務整理もしていないのにカードを利用停止されることがあります。

これはいろんな原因が考えられますが、クレジットカード現金化という意味では高額な商品を連続して購入した場合などはあり得そうです。また、カード会社からパスワードや登録情報の変更指示が来ているのに、それを長期的に無視していると利用停止になることも考えられます。

その他には何がある?

基本的にクレジットカードを使えない理由は「カードの故障」と「利用枠の満額」と「利用停止」が考えられますが、その他には「有効期限切れ」や「お店側の不備」などもあり得ます。

有効期限切れはタイミングの問題

クレジットカードには有効期限がありますが、基本的に有効期限が切れると自動的に新しいカードが発行されます。そのため、カードを利用できない瞬間があるとしても、限られた時間だけだと思います。

新しいカードが手元に届くと古いカードと新しいカードの2枚を持つことになりますが、デザインが同じなら間違えることもあります。今使おうとしているカードは実は古いカードなのかもしれませんね?しっかりと有効期限を確認してみてください。

お店側の不備

店頭でクレジットカードを使う場合はお店側の都合でカードを使えないというケースもあります。暗証番号を入力する機械の故障、磁気ストライプを通す機械の故障などが考えられます。

クレジットカードは加盟店なら問題なく使うことができ、加盟店なのにカード決済を拒否されることは殆どないと思います。しかし、デビットカードの場合は加盟店であっても取扱いを拒否しているケースが見られるので、お店による対応の違いというのも無くはありません。

困った時はカード会社へ連絡

クレジットカードを使えなくなったら、上記で紹介した例を参考に原因を調べてみてください。どうしても原因が分からない場合はカード会社へ連絡をしましょう。

原因によっては再発行

クレジットカードを使えない原因によってはカードを再発行しなければなりません。カードの再発行はカード会社によって発行手数料を取られます。

セゾンカードなら1,050円、イオンカードは1,080円、オリコカードは場合によっては手数料発生のようです。各社によって発行手数料には違いがあり、カードの再発行の理由によっても手数料の有無は変わってきそうです。

再発行は1週間から2週間は見ておきたい

カードの再発行はある程度時間が掛かると思っておきましょう。今日や明日までに新しいカードを発行してくれるところは殆どなく、即日発行可能なカード会社くらいでしょうか。

カードの再発行はおよそ1週間から2週間ほどを目安に見ておく方が無難です。また、その間はカードを使えないため、カードを利用できなくなったら早めに行動することが大事ですね。

カードの再発行は電話から手続き可能

カードの再発行は手続きを済ませて郵送という形になります。再発行の手続きは電話から可能なカード会社が殆どなので、時間のある時にお問い合わせに連絡をしておきましょう。

再発行するにあたり、収入証明書などややこしい書類は不要です。電話越しで名前等の情報を伝えれば、それで再発行の手続きを完了できます。

まとめ

クレジットカードを急に使えなくなったら、慌てずに原因をしっかりと調べてください。

単純に暗証番号を間違えているだけかもしれませんし、カード更新から古いカードを間違えて使っているだけかもしれません。本当に人によってクレジットカードを使えない原因が様々なので、何よりも原因を見つけて対処していくことがポイントとなります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード