2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードのサインレスとは?サイン不要な金額上限や条件、そのリスクについて。海外だと怖い?

クレジットカードのサインの有無

クレジットカードを使う際にサインを求められることがあれば、サイン不要で買い物ができることもあります。一体何が違うのか?疑問に感じる方は多いのではないでしょうか。

基本的にサインの有無はICチップが搭載されているかどうかで変わります。ICチップが搭載されているとサイン不要で暗証番号の入力から買い物ができます。ICチップが搭載されていないカードはサインで買い物をすることになります。

上記を基本として、どちらのタイプにおいてもサイン不要で買い物できるケースがあり、それをサインレスと言います。

ICチップ型はサインでも暗証番号でも買い物が可能

ICチップが搭載されているクレジットカードは基本的に暗証番号を入力して買い物しますが、サインで買い物したいならサインを希望するとサインから買い物ができます。

どんなシーンで役立つのか?それは暗証番号を忘れてしまった場合などです

そもそも、ICチップというのは暗証番号を入力しなければ買い物ができないため、これによってセキュリティが高いとされています。しかし、サインを希望するならサインからでも買い物ができるため、実際のところはICチップなしの磁気ストライプ型と同じです。

磁気ストライプ型はサインだけ

クレジットカードの裏面には磁気ストライプがあります。磁気ストライプで買い物する時は機械にカードを通して、その次にサインを求められます。しかし、お店によってはサインを求められないことがあります。

サインレスが可能かどうかはお店による

ICチップ型でも磁気ストライプ型でも、サインレスで買い物ができるケースがあります。サインレスが可能かどうかはお店によって決まり、その上限額についてもお店によります。

身近なお店だと「コンビニ」や「スーパー」などでサインレスが可能です。その際の上限額はコンビニなら1万円が多く、スーパーなら5万円が多いようです。

サインレスの上限額はお店によるため、日頃から買い物をしているお店でサイレンスの上限額を訊ねてみるのが良いですね。

どうしてサインレスが可能なの?

サインレスができるお店があればできないお店もあるわけですが、その違いは何か?

クレジットカードを使えるお店はカード会社の加盟店になる必要があります。要するにお店がカード会社と契約することで、そのカード会社のカード決済が可能になるわけです。

カード会社と契約する時にサインレスをお店が希望すると、サイレンス決済が認められるようになります。そのため、サイレンスができるお店はカード会社がサイレンスの許可を得ていることになるため、サインレスの可否はそのお店のカード会社との契約内容によると言えます。

また、カード会社の立場で考えるとサインレス決済をすべてのお店で許可することは難しいと現状がありそうです。コンビニやスーパーなどは買い物代金が高額になることが少なく、不正使用のトラブルに繋がるケースが低いことからサインレス決済を導入しやすいのだと思います。

海外でもサインレスのお店はある

海外でも日本と同じように「コンビニ」や「スーパー」など、サインレスでカード決済ができるお店があります。また、サインレスの可否やサインレスの上限はお店によるので、日本と同じような感覚です。

海外の場合は国によっては磁気ストライプ型のカードを使えないお店も多いようです。その場合、ICチップ搭載型で暗証番号入力からカードを使う必要があるため、根本的にサインレスが出来るかどうかは関係がなくなります。

ICチップ型のクレジットカードでもサインから買い物ができますが、お店によってはセキュリティを考慮して暗証番号入力を絶対としているところがあり得ることは念頭に置いておきましょう。

サイレンスのリスクは?

サイレンスでカードを使えるメリットはレジの支払いが早くなることです。しかし、カードを機械に通すだけで使えてしまうのでリスクも高いイメージがありますね?

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

やはり、サイレンス決済が可能になると不正使用されてしまう可能性は絶対に高くなります。また、ICチップ型でも磁気ストライプ型でもリスクは同様に高いと言えます。

スポンサードリンク

ICチップ型は意味をなさない?

ICチップ型と磁気ストライプ型なら前者の方が安全性は高いです。しかし、ICチップ型でもサイン決済が可能なお店があることで、結局は双方の安全性はさほど変わらないように思います

これからクレジットカードを作るなら一応はICチップ型を選んでおく方が良いですが、絶対に安全であるとは限らないのが残念な点です。

サイレンスはリスクがあるが上限が決まっているのが救いだが・・・

サイレンス決済ができるお店は基本的に上限額が決まっています。リスクが高い決済方法ですが、仮に不正使用されても上限額で不正使用を防げるのは救いです。

しかし、サインレス決済が可能なお店を数日に渡って転々と使われてしまうと、結局は高額な不正額が発生することになります。好きなお店で好きな物は買わせない!悪用者に対するちょっとした抵抗といった程度のセキュリティです。

リスクを回避するには?

サイレンス決済だけに限らず、クレジットカードの不正使用のリスクを回避するためには定期的にカードの利用額を確認することが大切です。

最近はオンラインからカードの利用状況をすぐに確認できるカードが多くなっていますし、メールアドレスと連動させるとカードを使った瞬間に登録先のアドレスにメールが送付されるカードもあります。

小まめにカード管理をしておくと、不正使用された場合に早期に不正を見つけることができます。不正を発見したらカード会社に連絡をしてカードを利用停止にします。その後、紛失・盗難補償から不正使用に対する利用額を補償してもらうといった流れになります。

ショッピング保険と紛失・盗難補償の違い

クレジットカードにはショッピング保険と紛失・盗難補償という似たような保険があります。不正使用された場合の補償は後者の紛失・盗難補償を利用することになります。

ショッピング保険は自分で買い物をした商品が盗まれたり破損した場合に適用される保険です。

紛失・盗難補償はカードを紛失したり盗まれた場合、それが原因でカードを不正使用されたら補償が適用されるという保険です。

定期的にカードの利用状況を確認しておき、不正が発覚したらカード会社の「紛失・盗難補償」の窓口に連絡をしましょう。

○○日に遡って補償します!

紛失・盗難補償は連絡した日から○○日を遡って補償という内容です。要するに連絡が遅くなると補償を受けられない可能性があります

不正使用を早く発見して速やかに連絡をすることが大切です。

サインレスの有無は気にする必要はない

クレジットカード生活を送る中で、サインレスについては気にする必要はありません。基本的にクレジットカードを使う時はサインを求められることを前提としておけば、どんなお店でも問題なくカード決済ができます。

カードを発行したらカードの裏面にしっかりとサインをしておいてください。そのサインと同じサインをすることが基本となり、お店によってはカードの裏面にサインがないカードは利用不可となることがあります。

また、カードのサインは何を書いても良いため、誰かにカードを拾われてしまった場合に適当なサインを書かれてしまうと、簡単に悪用されるとも言えます。

まとめ

クレジットカードのサインレスはお店によって可否が異なり、お店によってサインレスの上限額が異なることを覚えておきましょう。

サインレスによるリスクは国内も海外も同じであり、カード本体があれば簡単に不正使用されてしまうことは否めません。損害を抑えるためにはカード管理を徹底することが大事です。不正使用を早く発見して、紛失・盗難補償から損害金を補償してもらいましょう。

参考記事

クレジットカードのサインは漢字?カタカナ?英語のイニシャルでもいいの?サインにまつわる疑問を徹底解説
クレジットカードのセキュリティーコードって何?暗証番号、PINコード、それぞれ何が違うの?
海外通販サイトで日本のクレジットカードは使えない!?安全にカード決済するために注意すべきこと
クレジットカードのスキミングに要注意!実際のトラブル事例からその手口・悪用されない方法を解説します!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪