2018年最新!おすすめクレカランキング→

国税庁が2017年からクレジットカード納税を解禁!法人税・所得税もカードで納付できちゃいます!

クレカで納税が可能になりました!

2017年からはクレジットカードで各種税金を納めることができるようになりました。まずは、以下の国税庁の説明を一読してください。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。「国税クレジットカードお支払サイト」は国税庁長官が指定した納付受託者が運営する国税のクレジットカード納付専用の外部サイトです。

引用元:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/credit_nofu/

上記の内容を簡潔に説明すると、国が指定している委託業者の元ならクレジットカードで税金を納付できるということです。その委託業者が「トヨタファイナンス株式会社」であり、納付専用サイトがこちらとなります。

クレジットカードで税金を支払えるのは便利ですし、メリットもあります。しかし、日頃からクレジットカードを使っている感覚で税金を納められるわけではなく、人によっては分割払いをするにしてもカード払いの方が損するケースもあります。

クレカの納税方法

クレジットカードで税金を支払うためには上記で紹介した外部リンク先で登録を済ませる必要があります。

リンク先では

「利用規約の確認」→「納付情報の入力」→「カード情報の入力」→「手続き内容の確認」→「納付手続きの最終確認」

となっています。この一連の作業をやればクレジットカードで税金を支払えます。

対応ブランドは6ブランド


出典:http://ts3card.com/index.html

税金のカード払いに対応しているブランドは6社です。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナースクラブ
  • TS CUBIC

上記の中でも「TS CUBIC」だけは国内ブランドとなります。TS CUBICは「トヨタファイナンス株式会社」のカードなので、国が指定する委託業者なので決済が可能となっているのでしょう。

基本的にクレジットカードは国際ブランド付帯が多いため、「銀聯」を除く5大ブランドのクレジットカードなら納税が可能と覚えておきましょう。

ほぼすべての税金に対応


出典:https://kokuzei.noufu.jp/

カード払いできる税金の種類は「ほぼすべて」となっているので、身近な税金はすべてカード決済が可能という認識で良いと思います。

ちなみに所得税や消費税など複数の税目をまとめて納付することはできず、1つの税目ごとに支払いをしなければなりません。また、毎回の納付において上記で紹介した手続きを行う必要があるため、一度登録すれば継続的にカード決済ができるわけではありません。

クレカ納税の注意点

クレジットカードで納税するなら2つの注意点を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

まず、コンビニ等でクレジットカードから税金を支払うことはできません。冒頭で紹介したようにあくまでも委託業者の元でカード決済が可能となるので、店頭で支払う場合は今までと同じです。指定されている金融機関の元で支払うことになります。

次にカード払いによるメリットやデメリットは「すべてカード会社による」という国税庁の説明なので、具体的な詳細を知りたい場合はカード会社に問い合わせる必要があります。これについては後に詳しく解説します。

クレカ納税のメリットとデメリット

クレジットカード納税は一方的にメリットがあるとは言えません。人によってはメリットの比重が大きくなり、人によってはデメリットの比重が大きくなります。

国にとってはカード納税を解禁することで今までよりは税金を徴収しやすくなりますが、カード納税というのはカード決済から納税するため具体的な詳細は結局のところカード会社となることを認識しておく必要があります。

要するに税金をクレジットカードで納めるメリットやデメリット、それはクレジットカードを使うメリットやデメリットと同じです。

ポイントは付くの?

クレジットカードで税金を支払うと基本的にポイントは付与されます。しかし、カードによってどんな買い物がポイント付与の対象となっているのか違いがあるため、自分が使っているカードにおいて税金の支払いがポイント付与の対象になっているかどうかを確認しておきましょう。

例えば、キャッシングは殆どのクレジットカードはポイント付与の対象になっていません。

また、ポイントが付くかどうかを国税庁に問い合わせても「カード会社に聞いてください。」と言われるだけであり、支払回数や利息についても同様の回答となることを覚えておきましょう。デビットカードやプリペイドカードでも支払いができるのか?これについても同じ回答となります。

分割払いするなら・・・

クレジットカードで納税できるとお金がピンチの時でも延滞を回避できます。しかし、クレジットカードで決済をして税金を分割払いやリボ払いで支払うのは損です。カードで分割払いやリボ払いをすると、そのカード会社が定めている利率から利息を取られます。

税金というのは税目によっては分割払いができます。その場合、遅延損害金を除けば基本的に無利息で分割払いできます。

身近な税金で言うと「市民税」があります。市民税というのは基本的に分割払いができませんが、最寄りの市役所へ行って「お金がないので分割払いお願いします・・・。」と言えば相談に乗ってくれます。

市役所で市民税を分割払いできると利息が掛かりません。一方、クレジットカードで分割払いやリボ払いをするとしっかりと利息を取られます。また、返済猶予についても市役所に相談する方が融通が利くことは覚えておくべきポイントだと思います。

税金の滞納はダメです!財産没収となります・・・

税金というのは滞納し続けると財産凍結となるので注意をしましょう。もし、支払いが厳しいなら国に相談しましょう。それでも返済の猶予がなければクレジットカードで納税してください。

税金延滞のリスク


出典:http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/

1つ税金延滞によるリスクを紹介しておきます。

国民年金って毎月の支払いが大きいですね?国民年金は20歳から支払い義務が発生します。年金を滞納すると「催促&督促」という流れになり、それを放置すると財産を没収されます。催促&督促が執行されるのは滞納期間が13か月を超えてからと言われますが、これは1ヶ月の滞納でも可能性があることは覚えておいてください。

催促や督促が執行されると途中で分割払いの手続きができないこともあります。延滞による財産没収は本人の口座凍結、本人にお金がないなら世帯主となります。口座にお金がない場合は車やテレビなどを没収されます。これはある日突然自宅にやってきて、支払義務のある人の財産を没収されるので気を付けましょう。

国民年金の支払いは「お金がない!」の押し問答が通用しません。支払えないなら事前に分割や免除の手続きをしておくのがルールです。土壇場になって泣きついても冷酷に財産を没収されるので、しっかりと知識を身に付けておきましょう。

まとめ

クレジットカードの納税はとても便利ですが、手続きの手間を含めてメリットがあるかどうかは人によります。すでに税金の支払いが厳しい方にとっては、利息を考慮するならデメリットの方が大きい気もします。

国の手続きで分割払いが不可能であり、数日後には財産を凍結されてしまう、そんな状況ではクレジットカードに救われる可能性があると思います。しかし、普通に国が分割に対応してくれるならそちらの方が利息がお得なケースがあることは覚えておいてください。

クレジットカードの納税はやはりクレカの使い方の基本である「一括払い」にメリットがあるように感じます。クレジットカードで納税するなら、クレジットカードの基本知識をしっかりと身に付けておくことが鉄則です!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード